しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

雑記

【雑記】カラスは規則正しい生活?

カラスは規則正しい生活?
最近、筆者は朝、カラスの鳴き声で目が覚めることが多くなりました。

IMG_1571

karasu

karasu2

朝5時前くらいからでしょうか。

まだ太陽が昇る前から聞こえる、カァ~カァ~、グワァ~グワァ~、アホ~アホ~といった大きな鳴き声。

他にも色々な鳴き声があるようですが、とにかく元気。

彼らは早朝から餌を求めて飛び回っているようです。
住宅街のゴミ集積所などを荒らしに来るのも食糧調達の一環なのでしょう。

他には日中、運動のための飛行をしたり、日光を浴びたり水浴びしたりして健康を維持しているようです。

一方、カラスは夜、鳴き声はたまに聞こえますが、姿を見ることは殆どありません。

朝から活動し夕方から夜前にねぐらに帰って就寝。
やはり規則正しい生活です。

厄介者扱いされることが多いカラスですが、新型コロナウイルスを含めた感染症予防。
そして健康維持のための規則正しい生活という点では学ぶべきところがありそうです。

(2020年11月9日:横浜市旭区内にて撮影)

【雑記】鶴見川で羽を伸ばす?

鶴見川で羽を伸ばす?
正しい羽の伸ばし方、まさにお手本と言えるシーンです。

IMG_2258

IMG_2262

IMG_2266

IMG_2267

横浜・綱島の大綱橋から捉えた鶴見川の野鳥の様子です。
野鳥が羽を伸ばしながらのんびりしていました。

白い鳥はアオサギでしょうか。
黒い鳥は最初カラスかと思いましたが、違うようです。種類は分かりません。

IMG_2249

IMG_2247

この日は心地いい陽気。
他にもカモのような鳥が数匹、日差しを浴びていました。
健康のための日光浴が必要なのは野鳥も同様なのでしょうか。

今も世界中の人間が新型コロナ騒動に翻弄されています。

最近はウイルスそのものよりも騒動にストレスが溜まるところですが、鶴見川の野鳥は騒動などものともせず普段通り飛び回ったり歩き回ったりしていました。

当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、野鳥なら強毒性の鳥インフルエンザ感染のリスクもあるはずです。

情報過多に惑わされず、過剰反応せず、普段通り過ごす。
この日、野鳥をずっと観察していて、筆者は何となくですが、改めてそう感じた次第。

身近にいる野鳥の動きを観察していると、ひょっとしたらコロナ騒動のストレス緩和のヒントを得られるかも?しれません。

(2020年11月26日:横浜市港北区大綱橋にて撮影)

【雑記】コロナ騒動でカラスも緊急事態?

コロナ騒動でカラスも緊急事態?
春先の繁華街の休業で"食糧逼迫"か。

地元でもそれ以外でも、繁華街から離れた住宅地などで見られるカラスの数が明らかに増えたと感じます。

IMG_1695
筆者は先日、北海道函館市を訪れていました。

IMG_1684

函館駅へ向かって歩いていたら、カラスが近づいてきました。
逃げることなく、むしろ筆者に向かって「エサをくれ」と言っているかのように見つめて来ます。

残念ですが、エサはあげられません。

IMG_1691

今度は別のカラスがやって来ました。

仲間や家族を呼んでいるのか、単にイライラしているのかは分かりませんが、吠えるように「カァー!カァー!」と鳴いていました。

しかしこのカラスの嘴(くちばし)、見てみると本当に鋭そうです。

他の鳥や虫などが突かれたり引っ張られたりしたらひとたまりもないでしょう。
我々人間でも怪我を負いそうです。

IMG_1698

IMG_1708

函館朝市広場や函館駅のバスターミナルでは数匹のカラスが、エサになりそうなものは何でも食べたりストックしたりしていました。

カラスの朝早くからの鳴き声やエサ目当ての住宅地のゴミ集積所の荒らし。
巣作りのため、自宅のベランダや庭からの針金ハンガーの持ち去り。
思いつくときりがありませんが、カラスのずる賢さや図々しさには腹が立つことも多いです。

しかし逆に考えれば、カラスもそれだけ必死ということです。

2020年、繁華街ではコロナ騒動による長期休業でごみが減り、これまで繁華街のえさをあてにしていたカラスは死活問題となるはず。

減った餌を補うために住宅地まで行動範囲を広げて来ているケースも相当数あるでしょう。

コロナ騒動はカラスにとっても食糧逼迫の緊急事態を引き起こし、おかしな日常を生み出してしまったようです。

(2020年11月13日:北海道函館市函館朝市広場・函館駅前にて撮影)

【雑記】3連休は#外に出よう!

本日11月21日からは3連休。連休3日目の11月23日は2020年内最後の祝日です。
楽しい3連休にしたいものですね。

是非、この3連休は#外に出よう!
GoToキャンペーンなどを使い#旅に出よう!

我々の外出や旅行、消費が経済を動かします!

IMG_2060

IMG_2058

11月19日、横浜の最高気温は24.3度と夏日の一歩手前の暖かさ。
歩いていると少し汗ばむくらいでした。

大気の状態が不安定なのか、この時期にしては珍しく入道雲が見られましたが良い天候でした。

さて、横浜・山下公園では色々な野鳥を見ることが出来ます。
野鳥を観察しながらのんびり過ごすのもお勧めです。

IMG_2069

IMG_2078
観光客の方に大人気?と言われているユリカモメ。
この羽を伸ばし飛んでいる姿がのびのびとしていて良いですね。

IMG_2122
こちらはスズカモの群れの一部です。
彼らはカメラを向けると海中に潜って隠れてしまいます。
写真を撮られるのが恥ずかしいのでしょうか。

IMG_2117

こちらはどこでも見られるハトですが、2匹が木に止まって対面しています。
何を思い、語りかけているのでしょうか。

地元や地元近くでその季節ごとに見られる野鳥を見比べたり、野鳥の動きを観察。
また野鳥が何を考えながら飛び回ったり海に浮いたりしているのか。
想像してみるのも面白いですね。

(2020年11月19日:横浜市中区山下公園付近にて撮影)

【雑記】11月21日からは"楽しい三連休"を過ごそう!

いつ旅に出るの?今でしょ!
そしてこの秋はGoTo活用し#旅に出よう!

新型コロナCOVID19は不治の病でも難病でもなく"風邪"です。
旅行をキャンセルする必要も全くありません。

明日11月21日からは三連休。11月23日は2020年内最後の祝日です。

どこかの専門家が11月19日の記者会見で言っていた「我慢の三連休」ではなく是非、「楽しい三連休」を過ごしましょう。

DSC_2231

DSC_2229
(2020年11月13日:札幌市中央区札幌駅前・すすきの地区にて撮影)

11月13日夜の札幌市街地の様子です。

週末のはずでしたが、コロナの警戒ステージが3に引き上げられたせいか非常に閑散としている気がします。
(札幌市内のみ記事執筆時点でステージ4となっています)

街が空いているのは快適ですが、非常に厳しい経済状況であるのは明白です。

航空業界や旅行業界ではANA・JAL・HISが2021年春卒業予定者の採用活動の中止。

ANAは2022年春の卒業予定者の採用も抑制。

HISは国内店舗もおよそ260店あるうちの3分の1に当たる80~90店舗を閉鎖するとしています。

他には大阪の旅行会社、ホワイト・ベアファミリーは6月30日に破綻したことが報じられました。

これらはあくまでほんの一例ですが、企業活動はボランティアでは無いということです。
採用活動の中止や縮小、リストラはやむを得ないでしょう。

旅行や観光ではなく普段の生活でも、この10ヶ月で行きつけだったお店や銭湯が潰れてしまったというケース、振り返ると多くありますね。

営業できず収入が得られなければ食べて行かれないのです。

既に日本国内は倒産・失業・就職難の大嵐となっています。

リーマン越えとも言われる未曽有の大不況。
新型コロナ自体よりも遥かに恐ろしいものになるでしょう。

やはり楽しい休日、楽しい三連休を過ごし、経済を回さなければいけません。