しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

雑記

【雑記】野鳥も熱中症対策?日陰に"密集"(2020.08.26)

野鳥も熱中症対策?日陰に"密集"
立秋過ぎても厳しい残暑のトンネルが見えません。

IMG_0003

IMG_0012


IMG_0005

横浜市中区山下公園の様子です。
観光地、そして野鳥スポットとしても有名ですが、野鳥たちも暑さに堪えたのか、芝生や木々の日陰の部分に集まっていました。

日陰の芝生の部分には鳩や雀、ムクドリといった複数の種類の野鳥が見られました。

人間社会でいう"三密"の状態にも見えますが、特に鳥同士が喧嘩することもなく、むしろ適度にソーシャルディスタンスを確保している?ように見えました。

野鳥に新型コロナ(COVID19)は関係ないかもしれません。
むしろ我々人間も発症する熱中症や鳥インフルエンザの方が怖いはず。

しかし今はこの暑さが危険であるか、熱中症にならないためにどうすれば良いか?ということを本能で知っているからこそ、日陰に集まったり水浴びするのでしょう。

野鳥たちは非常に気持ちよさそうに過ごしていたのが印象的でした。

IMG_0032

IMG_0027

厳しい残暑が続く一方、入道雲を目にする機会が多くなりました。
8月は1年の中で圧倒的に雷が多い時期と言われています。

実際、8月26日も大気の状態が不安定で、夕立の所もあるようです。

陽が落ちる時間も早くなってきました。
季節は秋に向かっていることは間違いありません。

(写真はすべて2020年8月29日:横浜市中区山下公園内にて撮影)

【雑記】ノコギリクワガタの雄に再会!

8月25日。先週よりは良いという声も聞かれますが、非常に蒸し暑い夜の帰り道。
ふと上を向いたら、またノコギリクワガタの小型の雄が目に入りました。

8月22日以来、3日ぶりにノコギリクワガタの雄に再会です。
(別の個体の可能性が高いでしょうが)

DSC_2024

IMG_20200825_211343

今回見かけた個体は建物の照明の近くにいました。
クワガタやカブトムシは夜行性で、光に集まってくる習性があります。

8月23日の記事でも触れましたが、現在の筆者宅の周辺には畑や雑木林も多く残っています。

夏の夜、住宅地の光を目当てに、クワガタやカブトムシのような昆虫もやってきます。
特に高温多湿の日。

見たくありませんが、ゴキブリや蜂が現れるのも珍しくありません。

人間にとっては非常に過ごしづらくストレスが溜まりますが、彼らはこんな環境こそ好むのです。

改めて昔、家でクワガタを飼っていた時のことを思い出します。
譲ってしまい、今は特に何も飼っていませんが、やはり風情があって良いなと思います。

このノコギリクワガタ、非常に気性が激しいのが特徴の1つでもありますが、寿命は成虫となってからは3~4か月くらい。
つまり一夏限りということになります。

8月もあと1週間を切りました。
酷暑の出口が見えませんが、日没時間も早くなり、季節が進んでいることを実感します。

(2020年8月25日:横浜市内某所にて撮影)

【雑記】ノコギリクワガタの雄を発見

8月22日。非常に蒸し暑く、稲妻も見える夜の帰り道。
ふと下を向いたら、ひっくり返りジタバタしているノコギリクワガタの小型の雄が目に入りました。

DSC_2021

DSC_2019

近くにあった木の枝で起こしてあげると、ホッとしたのか嬉しそうに?していました。
ひっくり返ったままだと体力を消耗して寿命が縮んでしまうのです。

現在の筆者宅の周辺には畑や雑木林も多く残っています。
夏の夜、住宅地の光を目当てに、クワガタやカブトムシのような昆虫もやってきます。
特に高温多湿の日。
人間にとっては非常に過ごしづらくストレスが溜まりますが、彼らはこんな環境こそ好むのです。

昔、家でクワガタを飼っていた時のことを思い出しました。
今はしていませんが、やはり風情があって良いなと思います。

そして、このノコギリクワガタは、新型コロナウイルスCOVID19に翻弄される我々人間に「自然に帰れ!」とメッセージを発しているような?
そんな気がします。

(2020年8月22日:横浜市内某所にて撮影)

【雑記】"コロナ疲れ"緩和のヒントは野鳥の動きにあり?

夏休みは#外へ出よう!
"Go Toキャンペーン"などを駆使し#旅に出よう!

筆者も含め、我々の旅行や外出が経済を動かします!

DSC_2034
(この写真のみ2020年7月31日:北海道札幌市中央区・赤れんが庁舎前にて撮影)

今年3月以来、久々に北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)に訪れました。
庁舎の中は建物老朽化に伴う大規模改修工事の為、閉館中です。
完成予定は2022年度中(令和4年度中)とされています。

IMG_9805

IMG_9810

IMG_9814

IMG_9836

赤れんが庁舎は野鳥が集まるスポットとしても有名です。
夕方でも蒸し暑さを感じるくらいでしたが、普段通り歩き回ったり飛び回ったり、水浴びしたりしていました。

「コロナ疲れ」という言葉が最近出て来ました。
新型コロナウイルスのおかげで社会全体が非常に殺伐とした空気になって来たことによるものでしょう。

現実として、コロナ禍でなくても、疲れやストレスを全く溜めないのは不可能です。

ただ、それを緩和するヒントは野鳥の動きにあるかも?しれません。
いわゆる野鳥のような"普段通り"という行動。

情報過多に惑わされず、コロナという"風邪"に過剰反応せず、普段通り過ごす。

この日、野鳥をずっと観察していて、筆者は改めてそのように感じた次第であります。

(写真は特記を除き2020年8月1日:赤れんが庁舎にて撮影)

【訪問記】この夏は"Go To OTARU"(2020.08.01)

夏休みは#外へ出よう!
"Go Toキャンペーン"などを駆使し#旅に出よう!

筆者も含め、我々の旅行や外出が経済を動かします!

この夏は"Go To OTARU"
筆者は8月1日、北海道小樽市へ足を運び、街の様子を見学していました。

IMG_9780

IMG_9778

IMG_9779

前回の訪問したのは今年の3月。
まだ雪深い時期。そして北海道で新型コロナの第一波が発生した頃でした。

北海道独自の緊急事態宣言が発表され、街中は非常に閑散。
小樽運河クルーズも臨時休業となっていましたが、現在は運航を再開しております。
利用されている観光客の方もいらっしゃいました。

IMG_9782

IMG_9795

DSC_2045

DSC_2046

小樽の観光案内所の温度計は(写真が見づらくて恐縮ですが)撮影時点で30.1度と表示。
やけに暑いなと感じていましたが、気のせいではありませんでした。
夏の北海道も暑くなることがあります。

DSC_2042

DSC_2043

DSC_2041

お昼ご飯はうろこ亭様に入店。
あれもこれも食べたくて、何を注文しようか迷いに迷いましたが、いくら丼を頂くことにしました。
このいくらは羅臼の鮭イクラを使用しているそうです。

羅臼含め知床半島の方にも何とか機会を作り、今後、足を延ばしてみたいところであります。

(2020年8月1日:北海道小樽市内にて撮影)