しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

暮らし

閑散とする羽田空港国内線ターミナル

閑散とする羽田空港国内線ターミナル。
保安検査場Dは未だ閉鎖状態です。

170032799_3788749761244015_2687967806064974075_n

この光景を目にするだけでも航空業界や旅行業界が非常に厳しい状況であることを実感します。
保安検査場が1つ不要になるくらい利用客も減り、航空便も減便されているわけです。

170048535_3788750077910650_5774689324127533643_n

ANAは2022年度入社の新卒採用予定者を一部の職種に限定し人数を大幅に圧縮。
JALは2022年度入社の新卒採用予定者は一部職種を除き採用を見送り。
AIRDOはすべての職種で採用見送りとしています。

スカイマークやソラシドエアは不明ですが、大手二大航空会社がこの状況では厳しいかもしれません。

これらはあくまでほんの一例ですが、企業活動はボランティアでは無いということです。
"STOPさせることしかできない"政治の行きつく果てと言えます。

GWは航空会社や旅行会社、宿泊業などは本来であれば稼ぎ時のはずです。

ろくに保証もせず、不治の病でも難病でも無い新型コロナが拡大しているという理由で、

・「GWは移動を控えて」
・「GWの旅行は延期してください!」
・「東京に来ないで!」


などと政府や行政が強要するのはこれらの業界への公的営業妨害です。

今年のGWに旅行などを計画されている方は自粛警察や同調圧力に負けないように、そして是非「あの時行っておけば良かった」などと悔いを残さない選択を。

(2021年4月9日:東京都大田区羽田空港第2旅客ターミナルにて撮影)

自粛政策の先には廃業・失業・就職難の大嵐?

自粛政策の先には廃業・失業・就職難の大嵐?
馴染みのお店などが突然、無期限休業や廃業となってしまったケースが最近増えてきました。

DSC_2490

DSC_2489

鹿児島空港3階にあるレストラン街の様子です。
写真より奥側の飲食店(キッチンさつまと米米麦麦)は休止となっています。
また、更に奥にはマッサージ店があったのですが、こちらは廃業となってしまいました。

個人的には米米麦麦の黒豚かつ丼が美味しくて、鹿児島空港に到着した時や出発前に入店して黒豚かつ丼を頂いていたので休業は残念です。

休業の期限は設けられていないようですが、何とか復活してもらいたいところです。

(2021年4月9日:鹿児島県霧島市溝辺・鹿児島空港内にて撮影)

この春は#旅に出よう!

この春は#旅に出よう!
GW中のご旅行は早めの予約がお勧めです。

DSC_2486
(2021年4月9日:ANA航空便機内にて)

数日間、ブログの更新をお休みしておりました。
これは筆者が"おそと"へ出かけていたことによるものです。

今回はGoToキャンペーンが停止となり、疲弊した観光地や空港、飲食店街などを見てきました。
やはり商売はボランティアではない、ということを実感します。

この模様は次回以降、順次掲載予定です。

それと最後に苦言です。
政府と行政はいい加減、公的営業妨害を止めなさい!
GW中の旅行延期・自粛要請など相手にする必要はありません。

この春は#おそとへ出よう!

この春は#おそとへ出よう!
コロナの空騒ぎに付き合っていられるか。

IMG_3488

写真はイメージです。
日差しを浴びながら歩くのはやはり気持ちが良いものです。

最近は新型コロナの変異株やまん延防止等重点措置(マンボウ)の適用範囲などが注目されています。

変異株ですが、そもそもウイルスが変異するのは珍しくありません。

例えばワクチンがあるはずの季節性インフルエンザ。

しかしシーズン前に予想されたものとは異なる形のウイルスや微妙に変異した方のウイルスが流行すれば重症化を防ぐことも出来ず大流行する年もあります。

夏風邪を引き起こすアデノウイルスも、毎年ウイルスの型が変異することにより人間の抗体が効かず流行します。

毎日のように〇〇型、〇〇株などとメディアや一部政治屋が騒いていますが大袈裟です。

日本において不治の病や難病でも無い新型コロナの陽性者の増加で目くじら立てるなら、是非これらのウイルスや細菌の感染者が増えるたびに緊急事態宣言やマンボウを発出するべきですね。

当然、命が最優先なので、陽性者が"ゼロ"になるまで聖火リレーや五輪、万博なし!でお願いします。

(2021年2月18日:横浜市中区山下公園にて撮影)

心身健康のため#おそとで過ごそう!

新年度最初の土日。
心身健康のため#おそとで過ごそう!

IMG_3805
(2021年3月27日:横浜市西区高島付近にて撮影)

年度末が迫っていた3月。
雨の日が多かったのですが晴れた日の太陽の日差しは気持ちがよく、歩きながらいい汗をかくことが出来ました。

やはり"おそと時間"は心身の健康維持のため、必要必急です。

一部の首長から宗教のように叫ばれている"ステイホーム"、"おうち時間"。

はっきり言いますがこんなことは運動不足や太陽光不足で生活習慣病の悪化。
精神疾患発症の原因になるだけだけです。
免疫力の低下にもつながります。

新型コロナはもちろん、他のウイルスや細菌性の風邪にも罹りやすくなるでしょう。

海外では罰則を伴う厳しい規制措置や首都封鎖(ロックダウン)を実施している所もあります。

しかしそういった国や地域でも新型コロナの感染が下火になるわけでもなく、"コロナゼロ"になっているわけでもありません。

これらは諸外国の新型コロナウイルスの政治利用の方法の例と言えばそれまでですが、日本国内での緊急事態宣言や「まん坊」など無意味なこと。

夏に向けてもっと気温が上がり、湿度が高くなり、飛沫感染のリスクが下がる時期が訪れるのを待つしかないでしょう。
そもそもどんな感染症もゼロリスク、ゼロコロナなどあり得ません。