しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

暮らし

【独り言】関東地方、2日続けて最大震度4の地震【2019.12.03~12.04】

20191204103923395-04193509
(2019年12月4日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

関東地方では12月3日~4日にかけて2日間連続で最大震度4のやや強い地震が発生しています。

昨日3日、10時23分頃発生の茨城県南部を震源とするマグニチュード4.7の地震。
今日4日、10時38分頃発生の茨城県北部を震源とするマグニチュード4.8の地震。


そして今日4日、つい2時間ほど前の19時39分頃発生の栃木県北部を震源とするマグニチュード4.7の地震。

この3つが該当で、いずれも茨城県や栃木県、群馬県で最大震度4を観測しています。
筆者の地元神奈川県でも、あれっ、揺れたかな?と言う程度でしたが、小さな揺れを感じました。

やはり改めて思うのは、地震はいつどこで起きるか分からないということです。
もちろん何も災害が発生しないことが一番ですが、日本は災害大国。
万が一の時のことを考え、対策しておかなければいけません。

水や電池の備蓄や懐中電灯、軍手、携帯ラジオの準備など、やらなくてはいけないことは意外とたくさんあります。




筆者も今一度、万が一の時の備えを見直してみようと思います。
取り組んでいるつもりではいますが、抜け落ちていることも多いと実感します。

【暮らし】災害時に備えよう!懐中電灯の動作を確認

kaichudento
(画像はイメージです)

災害時に備えよう!シリーズ。

過去の記事でラジオの動作確認非常用飲料水の備蓄・確認について触れました。
今回は懐中電灯の動作確認を行いました。
ひとまず正常に動作して一安心?です。

地元では2011年3月11日の東日本大震災で停電が起きた時、復旧が夜となりましたが、復旧までの間、筆者宅では懐中電灯が大活躍でした。
停電時、電気が使えなくなったとき、懐中電灯の明かりがあると少し安心します。

安価で使いやすいもので構いません。
ご自宅に懐中電灯があるかどうか、また正常に動作するか是非一度、確認されてみては如何でしょうか。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京マグニチュード8.0 BD 全11話 325分収録 北米版
価格:8240円(税込、送料無料) (2019/11/28時点)


11月27日、ツイッターで防災アニメ「東京マグニチュード8.0」がトレンド入りしました。
これは12月のアマゾンプライムで視聴できるようになったことが大きく影響しているようです。

大地震や巨大台風など自然災害による被災、明日は我が身?かもしれません。
防災意識を高めていきたいものです。
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ではいけません。


【暮らし】災害時に備えよう!ラジオの動作を確認

DSC_0970

この写真は筆者が昔から持っているラジオです。
筆者はラジオでは野球中継を聴くくらいですが、こまめに正常に動作するか確認をしています。
先日に引き続き、災害時に備えてのことです。

停電によりテレビの視聴が不可能となったり、インターネットから遮断され、情報が入らなくなるケースがあります。
最近ですと、千葉県を中心に大規模停電を引き起こした台風15号が特に当てはまるでしょうか。

そんな時、役立つのがラジオなのです。

既に8年半前の話となってしまいましたが、2011年3月11日に起きた東日本大震災では、筆者の地元・神奈川県でも停電が起きました。

テレビは視聴出来ず、インターネットも殆ど繋がりませんでしたが、たまたま持っていたこのラジオで情報を得ることが出来ました。
以来、ラジオは特に災害時の情報収集の手段の1つとして重要だと考えています。

高価なものや大型のものは必要ありません。
安価で小型、かつ操作が簡単そうなもので構わないので、本ブログではラジオの用意を推奨します。






【暮らし】災害時に備えよう!非常用飲料水を購入

突然ですが皆様、災害時の備えは出来ていますか?

2019年も残り1か月ちょっととなりましたが、やはり自然災害が非常に多かったと感じます。
地元神奈川を含め、関東地方でも9月の台風15号と10月の台風19号の襲来で大きな影響が生じました。

台風15号・19号共に関東地方に襲来する台風としては記録的な強さと言われています。
2010年代以降、これまで想定されていなかった大地震の頻発や、ゲリラ豪雨やゲリラ豪雪などが次々と起きています。
気候の極端化が叫ばれていますが、人間、自然には勝てないので、教訓にしなければいけないと思います。

さて、筆者宅では改めて災害時の備えを確認です。

家具の固定、懐中電灯や電池、非常用充電器の用意、ラジオの準備など、色々取り組まなければいけないことが多岐に渡ります。
今回は非常用飲料水を購入しました。

DSC_0956

2リットルのペットボトルの飲料水12本です。
9月の台風15号では大規模停電と共に断水も発生してしまいました。
断水により十分な水分補給が出来ず、熱中症を引き起こし犠牲となってしまった方もいらっしゃるようです。

非常用飲料水は1日3日分(1日3リットル)が目安と言われていますが、多めに確保しておくことに越したことはないでしょう。

自然災害はいつ起きるか、いつ、どこで巻き込まれるか分かりません。
万が一の時のため、何も起きていないうちに準備はしておきたいものです。




【独り言】改めて災害時の備えを確認!

先週の台風15号関東直撃から明日で10日。
東電が発表している情報によると千葉県ではおよそ未だ3万6000軒が停電状態にあるようです。
関東地方に襲来する台風としては記録的な強さと言われています。
2010年代以降、これまで想定されていなかった大地震の頻発や、ゲリラ豪雨やゲリラ豪雪など気候の極端化が叫ばれる今日、台風15号の被害は教訓にしなければいけないと思います。

さて、筆者宅では改めて災害時の備えを確認です。
家具の固定、懐中電灯や電池、非常用充電器の用意、ラジオの準備など、色々取り組まなければいけないことが多岐に渡りますが、今回は非常用の飲料水をチェックしました。

DSC_0630



DSC_0629

台風15号では大規模停電と共に断水も発生しました。
断水により十分な水分補給が出来ず、熱中症を引き起こし犠牲となってしまった方もいらっしゃるようです。

非常用飲料水は1日3日分(1日3リットル)が目安と言われています。
今日18日の天気予報等によると、沖縄の南では熱帯低気圧が発達を開始し、台風17号になる可能性もあるとのこと。
もちろん台風が来なければ一番良いのですが、次の台風が来る前に非常用の飲料水は改めてチェックしておきたい所です。