しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

暮らし

【暮らし】台風14号は静岡・関東地方に接近へ

台風14号は次の週末にかけ日本列島に接近。
既に台風+秋雨前線の影響で西日本~東日本の広い範囲で雨模様となっております。

DSC_2131

DSC_2130

DSC_2129
(2020年10月8日:横浜市中区・山下公園にて撮影)

10月8日午後の横浜市中区・山下公園の様子です。
空はどす黒い雲に覆われ雨が降り続き、本降りの雨となる時間帯もありました。
風も強く、台風が刻々と近づいていることを実感します。

そして気象庁が10月8日23時45分に発表した台風進路予想によると、台風14号は暴風域を伴った状態で静岡・関東地方に接近。

台風の中心は伊豆諸島の三宅島・神津島付近から房総半島沿岸を通過する予想となっています。

しかし進路が北寄りとなった場合、静岡県の伊豆半島南端や千葉県の房総半島南端に上陸する可能性も残っています。

2014-00 (3)
(2020年10月8日:気象庁サイト台風情報より引用)

台風14号は九州南方沖から四国沖、東海道沖を経て伊豆諸島の三宅島・神津島付近、房総半島沿岸を通過する予想となっています。

wp1620 (3)
(2020年10月8日:JTWCより引用)

JTWCでも台風14号の進路予想は日本の気象庁とほぼ同じです。
伊豆諸島北部の神津島付近から房総半島沿岸を通過する予想となっています。

仮に静岡県や関東平野への台風14号上陸が避けられたとしても秋雨前線を刺激し、数日にわたる大雨、そして台風本体が接近した時の暴風なども予想され、影響は大きそうです。

欧州など他の海外の予報では、台風14号の日本本土上陸を予想しているものあるようです。

日本の気象庁やJTWCも前日7日の予想では、熊野灘・遠州灘を経て静岡県伊豆地方や房総半島南端に上陸する予想としている時間帯もありました。

進路や勢力の予想が再度変わることも考えられるため、最新の情報に用心が必要です。

【暮らし】台風14号、静岡・関東地方を直撃か?

台風14号、次の週末にかけて日本列島に接近することが確実となっています。
既に台風+秋雨前線の影響で西日本~東日本の広い範囲で雨模様となっています。
地元神奈川県でも15時過ぎくらいから雨が降ったり止んだりという状況です。

そして気象庁が10月7日21時50分に発表した台風進路予想によると、台風14号は暴風域を伴ったまま静岡・関東地方にかなり接近。
最悪の場合、上陸の可能性も出てきました。

2014-00 (2)
(2020年10月7日:気象庁サイト台風情報より引用)

台風14号は九州南方沖から四国沖、熊野灘・遠州灘を経て静岡県伊豆地方に上陸する予想となっています。

wp1620 (2)
(2020年10月7日:JTWCより引用)

JTWCは記事執筆時点で台風14号は伊豆諸島北部の神津島付近を通過する予想となっています。

ただ、仮に静岡県や関東平野への上陸はギリギリ避けられたとしても秋雨前線を刺激し、数日にわたる大雨、そして台風本体接近時の暴風が懸念されるところです。

甚大な被害もたらした2019年台風19号(令和元年東日本台風)襲来から来週12日で1年。
10月はまだまだ台風シーズンです。
進路や勢力の予想が変わることも考えられるため、最新の情報に注意が必要です。

【暮らし】10月の日本は台風シーズン。台風14号日本接近か?

10月に入り、神奈川県では汗ばむ日もある一方、涼しい日や肌寒さを感じる日も増えてきました。
鈴虫の鳴き声も聞こえるなど秋は確実に深まっています。

DSC_2131

DSC_2130
(2020年10月5日:横浜市西区みなとみらい地区・臨港パーク付近にて撮影)

寒暖差が大きくなってきています。体調管理には十分な注意が必要です。

8月の猛暑から解放され気が緩みそうなところですが、10月の日本は台風シーズンです。
次の週末にかけて、台風の動向に注意が必要です。

10月5日、日本の南の海上で台風14号が発生しました。
次の週末頃、鹿児島県種子島・屋久島地方に接近。

気象庁や米軍(JTWC)の予想では、鹿児島県種子島・屋久島地方に接近後は進路を北東方向へ転向。
日本列島の南岸を進む予想となっています。

2014-00
(2020年10月5日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

wp1620
(2020年10月5日:JTWCより引用)

記事執筆時点では10月10日までの予想しか出ていません。

まだ進路や勢力の予想が変わる可能性も考えられますが、西日本から東日本の広い範囲で荒天となる可能性を感じさせる進路予想です。

十分な備えと安全最優先の行動が求められます。

今月は2019年台風19号(令和元年東日本台風)の襲来から1年を迎えます。
静岡・関東への台風上陸日が2019年10月12日でしたので、ちょうど1年というタイミングでの台風14号接近。

少しでも日本列島から逸れることを祈りたいところですが、この時を教訓に、台風14号の最新情報に留意する必要があります。

【独り言】秋深まる中の不気味な地震(2020.10.03)

秋深まる中の不気味な地震です。

10月3日18時31分頃、伊豆諸島八丈島東方沖でM6.0、最大震度3(東京都八丈島・八丈町)を観測する地震がありました。
震源の深さは70kmと推定されています。

地元横浜市でも僅かに揺れを感じました。

20201003093534395-03183141
(2020年10月3日:気象庁公式サイト地震情報より引用)

震源が八丈島のかなり沖合であったことから、国内の観測点で震度4以上の強い揺れとなった地域はありませんでした。

ただ震源の深さが70km程度、地震の規模がM6.0となると、震源が島や陸に近ければ震度5強以上の揺れになってもおかしくありません。

地震は台風などとは異なり、突然やって来ます。

読者の皆様、災害への備え、出来ていますか??




先月、2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」から2年を迎えました。

地震の規模はM6.7、最大震度7(北海道厚真町)。
北海道では初めて震度7を観測する激震となり、土砂崩れに巻き込まれるなどして多くの方が犠牲となりました。

この地震もやはり何の前触れもなく、突然の発生だったことが思い出されるところです。

日本は災害大国。「天災は忘れた頃にやって来る」と昔から言われています。

煽るつもりは全くありませんが、不意打ちの地震など、いつやって来るか分からない災害の備えも今一度見直したいところです。

【独り言】新型コロナの陽性反応者・クラスター発生施設の詳細公表は必要か?

新型コロナ陽性反応者やクラスター発生施設の詳細公表は必要か?

IMG_20200929_205237
(2020年9月28日:横浜日吉新聞記事より)

陽性反応者の居住している市区町村や職業、勤務先、発生した施設・店舗、病院などの詳細公表。

世の中では感染者の詳細を公表しろという声が多いようですが、筆者は不要と考えています。

理由は、行政から詳細を公表され、第3者が知ったところでワクチンや特効薬が出来たり、ゼロリスクになるわけでもなく、逆に誹謗中傷に繋がるだけだからです。

横浜市は記事執筆時点で18区別の感染者数は週に1回のみの公表とすること。
そしてクラスター発生施設の詳細公表はしないとしています。

今はSNS最全盛の時代。

行政の詳細公表によりあっという間に拡散してしまいます。
拡散されることで陽性反応者や勤務先などの個人情報を詮索する者が現れ、特定されてしまう恐れがあります。

そうなると感染者が通う学校や職場、居住地域でいじめが起きる原因となります。

また、ネット上、特にツイッターなど不特定多数の人間が閲覧できるSNSで誹謗中傷を受けたり、その地域自体が変な目で見られ風評被害が起きる懸念があります。

経済面でもクラスター発生箇所の施設や店舗が袋叩きにあい、閉店・廃業に追い込まれる懸念もあります。

以上の理由から筆者は新型コロナ陽性反応者やクラスター発生施設の詳細公表は不要であるという考えを持っています。

プレスリリースで簡潔に発表すれば十分。

感染者や陽性反応者が発生するたびに行われる記者会見も不要です。

我々は知る権利もあります。
しかし第三者が野次馬のように感染者や陽性反応者の詳細を詮索したり、それまでの行動を糾弾する権利はありません。

特にSNS上で上述のような詮索行為や誹謗中傷行為が目立ちますが、八つ当たりそのものです。

年明けからの新型コロナ騒動。

筆者は2009年春の新型インフルエンザ(H1N1)の流行時を思い出しますが、当時よりも風評被害の方が深刻だと感じます。

そもそも新型コロナは不治の病でも難病でもなく"風邪"。

怖いのは新型コロナウイルスよりも"コロナ脳"。

コロナ脳が湧いてくるのは、いつまで経っても指定感染症(2類以上相当)から除外しない政府の責任でもあります。