しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

地域情報

【訪問記】台風19号被災後初めての秋(2020.09.20)

2019年10月、静岡・関東地方への台風19号襲来からまもなく1年。
台風19号被災後初めての秋を迎えました。

厳しい残暑となる日もある一方、鈴虫の声も聞こえてくるようになるなど、確実に秋が深まってきています。

筆者は9月20日、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川を訪れてみました。

IMG_0730

IMG_0702

台風19号による豪雨で多摩川は氾濫。

周辺が大きく浸水し、河川敷にあったはずの野球場やサッカー場も壊滅状態。
犠牲者も出るなど深刻な被害が発生しました。

IMG_0705

IMG_0704

IMG_0727

IMG_0719

懸命の復旧工事により、台風被災前の状態を取り戻しつつあります。
野球場やサッカー場の再整備も進んでいます。

キャッチボールやマラソンなどをする方も多くいらっしゃいました。
また、少年野球やサッカーのチームの試合や練習も行われるなど、河川敷に活気が戻って来ました。

一方、細かいところに目を向けてみると、まだまだ台風の爪痕が残っています。

IMG_0707

暴風や豪雨で流出したと思われる木々がそのままとなっています。

太くて頑丈そうに見える木々でも台風の暴風では簡単に根元からへし折られてしまうことが分かります。

IMG_0721

IMG_0724

こちらは野球場として使われていたエリアです。

台風襲来時はこの辺りも多摩川の氾濫で完全に浸水。
スコアボードも半分以上が水に浸かっているところが当日のニュースの映像などで放映されてました。

台風襲来後も長期に渡り、流された木々や、樹木が巻き付いたスコアボードがそのままの状態となっていました。

現在、木々や樹木は片付けられていますが、グラウンドがあったはずのところは草が生い茂った状態です。
野球の活動で使われていたり、グラウンドが再整備されている様子はありません。

もっとも他に再整備されているグラウンドも複数あり、少年野球団の活動などに問題は無いのかもしれませんが、こういう光景は虚しさを覚えるものです。

(2020年9月20日:東急二子玉川駅・二子新地駅周辺の多摩川河川敷にて撮影)

【地域情報】虹は幸運のサイン?入道雲は嵐のサイン!(2020.09.06)

虹は幸運のサイン?横浜みなとみらいにて。
見られた方は何か良いことがあるかもしれません。

DSC_2111

地元神奈川県は晴れたり曇ったり、突然雷雨になったり不安定な空模様がつづいていますが、そんな中、突然の"虹"出現。
道行く多くの方が虹に気付き、写真を撮られていました。

IMG_0351
横浜・赤レンガ付近も活気が戻って来ました。
コロナの関係でソーシャルディスタンスとか、適度な距離を取れ、三密を避けろと言われています。
しかしこの場所はある程度、訪れる方がいらっしゃらないと寂しいものです。

さて、虹は幸運のサインかもしれませんが、入道雲は嵐のサインです。

9月7日頃、台風10号が九州地方にかなり接近。
しかし、台風や熱帯低気圧から離れた地域でも暖湿気の影響でゲリラ豪雨が発生。

いわゆる熱帯擾乱の影響は広範囲にわたることがあり、決して侮れません。

同じような所で風がぶつかり合うときや、特にこの時期は、秋雨前線がある時は危険です。

IMG_0372

IMG_0409

IMG_0455

空を見上げると、青空の箇所がある一方、背の高い入道雲も見られました。

入道雲はまるで煙がモクモク上がっているような、灰色の不気味なものでした。

この後、予想通り豪雨となりました。

ゲリラ豪雨は浸水や河川の氾濫などを引き起こすことがあります。
常に安全最優先の行動を心がけましょう。

(写真は全て2020年9月6日:横浜市中区山下公園付近と西区のみなとみらい地区で撮影)

【暮らし】入道雲は嵐のサイン!ゲリラ豪雨に警戒!

九州を中心に大きな被害をもたらした台風10号。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

台風は徐々に日本から離れ、韓国・釜山付近に到達しようとしています。
しかし暴風域・強風域ともに大きく、まだしばらくは警戒が必要です。

2010-00 (3)
(2020年9月7日:気象庁公式サイト台風情報より引用)

台風10号の中心は予想通り、九州西方沖から長崎・五島列島、そして対馬周辺を直撃しました。
これらの地域では先週、台風9号も通過したばかりですが、甚大な被害が懸念されます。

また台風から離れている地域でも、暖湿気によるゲリラ豪雨に警戒が必要です。

DSC_2120

DSC_2119
(2020年9月7日:横浜市内にて撮影)

つい先ほど筆者宅のベランダから撮影したものです。
不気味な入道雲が絶えることなく南から北へ流れています。
前回の日記でも触れましたが、入道雲は嵐のサインです。

202009071020-00

202009071025-00
(2020年9月7日:気象庁サイトレーダー・ナウキャストより引用)

レーダーを見てみると、台風本体から離れているはずの四国~関東地方にかけて積乱雲が至る所にあることが分かります。

帯状のいわゆる線状降水帯のようなものも見られます。
長時間続くのか、短時間で収まるものなのかは分かりませんが、いずれにしてもゲリラ豪雨が起きると浸水や河川の氾濫の恐れもあります。

空の様子、そして入道雲が無いか注意し、安全最優先の行動を心がけましょう。

【独り言】立秋過ぎても"真夏"の暑さ続く(2020.08.20)

各地で立秋過ぎても"真夏"の暑さが続いています。

本日8月20日の最高気温は地元横浜市で34.0度。
東京都心で34.8度、羽田空港で35.0度など、危険な暑さです(いずれも気象庁・横浜地方気象台発表)。

新型コロナCOVID19の影響でマスクを着用している方も多いかと思います。
しかし四六時中着用しているのは熱中症の危険が高まります。
どうすれば命の危険がある熱中症を防げるか、自分自身でよく考えなければいけません。

IMG_9960

厳しい暑さの中ですが、筆者はおよそ1か月ぶりに"うみぞらデッキ"を訪問してみました。
JR横浜駅西口の新駅ビル、JR横浜タワーの12階にある屋上庭園です。

ガラス越しに景色を楽しむことが出来ます。

また、ベンチも設置されており、ゆっくりと快適に過ごすことも可能です。
芝生や木々も多く植えられており、開放感あふれる憩いの場所という雰囲気です。

IMG_9958

南西方向を眺めてみます。
厳しい暑さの一方、空気が澄んでおり、県西部の山もうっすら見ることが出来ました。

IMG_9957

続いて東側・東京湾の方を眺めてみます。
晴天で空気が澄んでいるため、ベイブリッジの遥か向こうの船も確認することが出来ます。

更に向こうにはうっすら房総半島が見えるような見えないような・・・?

そして真っ青な東京湾。晴天の日は絶景です。

新しい横浜のシンボル、そして観光スポット。
熱中症への備えを十分に行ったうえで、是非いらしてみては如何でしょうか。

尚、うみぞらデッキは強風が見込まれるときは閉鎖されてしまいます。
訪問される際は天気予報や現地の最新情報に要注意です。

(2020年8月20日:横浜市西区JR横浜タワー12階うみぞらデッキにて撮影)

【訪問記】ハンマーヘッド開業から9か月(2020.07.26)

地元横浜市でハンマーヘッド(新港ふ頭客船ターミナル)が2019年10月末に開業して早いもので9か月。
新たな日本の海の玄関口。そして、観光地や行楽地などとしても定着して来ています。

IMG_9730

IMG_9729

7月23日からは横浜市営バスで横浜駅東口~山下ふ頭を結ぶ連接バス(BAYSIDE BLUE)も運行開始。
横浜駅からも路線バス1本でハンマーヘッドの入口までアクセス可能となりました。

IMG_9737

2階テラスから東京湾を眺めてみます。
天候は快晴。青空に青い海は絶景です。
こちらでお茶やコーヒーを飲みながらゆっくりくつろぐのも良いでしょう。

IMG_9740


IMG_9738


IMG_9739

ハンマーヘッドパークの建設工事も進んでいます。
訪問時点で2階テラスと現在建設工事中の公園予定地を結ぶ通路と階段が出来ていました。

当初は2020年3月の開業予定とされていましたが、コロナ禍の影響か遅れています。
ハンマーヘッドも緊急事態宣言期間中は全館休業となっていました。

記事執筆時点で正式な告知等はありませんが、現地に設置されている看板などを見る限りでは、2020年内の開業を目指しているようです。

コロナに翻弄されてしまいましたが、完成は確実に近づいていると感じます。
完成が楽しみであります。

(2020年7月26日:横浜市中区新港地区付近にて撮影)