しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

地域情報

【訪問記】JR富岡駅周辺の今(2020.10.31)

前回の記事の続きです。

筆者はJR常磐線・富岡駅周辺を歩いて回って見ました。

IMG_1334

IMG_1329

駅周辺の海岸寄りの一体は完全に更地となり、建物1つ見当たりません。
見えるのは樹木と工事のクレーン車やトラックばかりです。

IMG_1332

IMG_1331

津波に浸かったと思われる木。
辛うじて流出だけは避けられたようですが、葉は生えていません。

頑丈そうに見える木も津波が来ようものなら簡単に破壊されてしまうことが分かります。

IMG_1337

富岡川河口の子安橋に到達します。
この日は空気が澄んでいて、福島県内陸側の山々もくっきりと見えました。

IMG_1342

続いて海岸側を覗いてみます。
非常に空気が澄んでいて、海岸からかなり沖合に居ると思われる船舶も見えました。

IMG_1368

カラスが「ガァ~ガァ~」と鳴きながら子安橋周辺を飛び回ったり木に止まったりしていました。
居心地良さそうにのびのびと過ごしているのが印象的でした。

カラスは平均寿命10~15年とされているそうです。

このカラスがもし成鳥で10歳以上なら、あの大地震の記憶はあるのでしょうか。
カラスの記憶力は人間以上とされていますが、このカラスを見て、ふと思った次第です。

(2020年10月31日:福島県双葉郡富岡町にて撮影)

【訪問記】大津波の爪痕随所に(2020.10.31)

10月31日~11月1日にかけては記事の更新を休止しておりました。
この間、筆者は東北地方の太平洋側を訪れていました。

IMG_1321

今からおよそ9年半前の2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。
2020年は大震災から10年目です。

震災による大津波と福島第一原発事故によって壊滅的な被害を受けたJR常磐線。

2020年3月14日、最後まで不通となっていた富岡~浪江間の運行が再開されました。
9年ぶりに常磐線全線が1本の線として再び繋がったことになります。

同日からは品川・上野~仙台を結ぶ「特急ひたち」も1日に3往復が運行されています。

IMG_1377

IMG_1378

富岡駅構内から海岸側を眺めてみます。
この日は快晴で空気も澄んでおり、かなり沖の海上に居たと思われる船舶の姿も確認できました。
海もとても穏やかでした。

しかし陸側を見てみると建物1つありません。
震災前は民家があったようですが、大津波でひとたまりもなく流されてしまったようです。
現在は更地になっており、クレーン車や大型車が入っています。

筆者は富岡駅周辺を少し歩いてみることにしました。
歩いてみると大津波の爪痕が随所に残っていることが分かります。
この模様は次回以降の記事で触れてみたいと思います。

(2020年10月31日:福島県双葉郡富岡町にて撮影)

【雑記】冬の訪れ近し?ユリカモメとスズカモの群れ(2020.10.27)

冬の訪れ近し?
横浜・山下公園広場にユリカモメとスズカモの群れがやってくるようになりました。

IMG_1262

山下公園広場から東京湾の方を向いたら、何やら黒い集団が見られます。
拡大してみると・・・、

IMG_1273

IMG_1261

かなりの数のスズカモが居ることが分かります。

そして観光客の方にも大人気であろうユリカモメの群れも。

IMG_1215

IMG_1211

ユリカモメの群れが訪れるようになったということは秋が深まり、そして冬の訪れが近いサインです。
最近は朝晩、冷え込むようになって来ました。

地元や地元近くでその季節ごとに見られる野鳥を見比べたり、野鳥の動きを観察してみたり、野鳥が何を考えながら飛び回ったり海に浮いたりしているのか。
想像してみるのも面白いかもしれません。

(2020年10月27日:横浜市中区山下公園広場にて撮影)

【地域情報】"秋の大九州味と枝めぐり"開催中(2020.10.23)

そごう横浜店8階会場にて、"秋の大九州味と枝めぐり"が開催されています。
この催物は、そごう横浜店開店35周年を記念してのものです。

期間は10月20日(火)~10月26日(月)までの1週間。
そごう横浜8階の催会場で行われます。

DSC_2187

DSC_2183

DSC_2185

DSC_2186

九州各県と沖縄県の食品や飲料、工芸品を扱った店舗が出店されています。
イートインコーナーも設けられており、会場で食べることも出来ます。

このような催物を見学すると、ついあれもこれも買いたくなったり食べたくなったりするものです。
筆者は悩んだ末、お茶を買うことにしました。

IMG_20201023_191553
鹿児島県南九州市の知覧茶「ゆたかみどり深蒸し茶」。

さつまいもや黒牛、さつま揚げ、きびなごなど、鹿児島は美味しい特産品がたくさんありますが、お茶もその1つ。

鹿児島空港のある霧島市や、南九州市などいわゆる"南薩"の方を訪れると至る所に茶畑が広がっています。

IMG_5116
(※2017年5月14日:鹿児島県南九州市頴娃町にて撮影)

お茶の生産も非常に盛んで、2019年は国内で2位の28500トンが生産されたとのこと。

2019年の国内1位は静岡県(29500トン生産)、3位は三重県(5910トン生産)だそうなので、1位静岡と2位鹿児島が僅差、2位鹿児島と3位三重は大差となっていることが分かります。
(※2020年6月25日公表のe-stat作物統計参照)

10月も終わりが近づき、特に朝晩は地元でも冷え込む日が増えてきました。
温かいお茶でほっこり温まりたいものです。

少し話が逸れてしまいましたが、"秋の大九州味と枝めぐり"では他にも九州各県・沖縄の特産品や特産物がたくさんあります。
お時間のある方は是非行かれてみてください。

(写真は特記を除き2020年10月23日:横浜市西区横浜そごう店にて撮影)

【訪問記】熊本駅周辺の再開発工事進む(2020.10.16)

熊本では桜町市街地再開発により2019年9月、バスターミナルやホテル、飲食店、雑貨店、映画館、熊本城ホールなどが入る複合施設、SAKURA MACHI Kumamotoが開業。

本ブログでもその様子を取り上げましたが、街の様子はそれ以前とは一変し、とても華やかなものとなっています。

そして現在は熊本駅周辺の再開発工事が進んでいます。

IMG_0799

こちらは熊本白川ビルの光景です。
2020年冬に開業予定とのことで、1~3階にはビックカメラが入り、高層階はオフィスフロアとなるようです。

IMG_0801

こちらは熊本駅ビルです。
建物の右上に表記が出ていますが、JR九州の商業施設「アミュプラザくまもと」が開業予定。

1階~8階部分辺りまでは商業施設や飲食店が入り、それより上の階にはチャペルやホテル「THE BLOSSOM」が入る予定とのこと。

最近はどの街も再開発で高層複合ビルが建設されるのがトレンドですね。

また写真左下のクレーン車が入っている部分の周辺には水景施設も出来るようです。
熊本は「水の国くまもと」。そして「水道水の100%が地下水」と言われるくらい、水の宝庫としても有名です。

IMG_0797

桜町市街地に続き、熊本駅周辺も再開発工事でどのような街並みとなるのでしょうか。
今から楽しみです。

(2020年10月16日:熊本県熊本市西区・熊本駅白川口周辺にて撮影)