しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

地域情報

【時事】"今年最強"台風19号、広範囲で甚大な被害【2019.10.13】

DSC_0698

(2019年10月13日:横浜市緑区・JR横浜線中山駅にて)

"今年最強"台風19号、広範囲で甚大な被害が発生しております。
首都圏の鉄道にも未だ大きな影響が出ています。

台風19号は12日19時ごろ、静岡県の伊豆半島に上陸しました。
その後は北東進し、神奈川県小田原市付近、東京都多摩地方、埼玉県、茨城県方面へ襲来しました。
結果的に今回の台風19号は、先月襲来したの台風15号(※)と比べ、西よりのコースを取ったことになります。

※台風15号は東京湾に入り込み千葉県千葉市付近へ上陸し、その後は北東進しました。

今回の台風19号襲来により、記事執筆時点で11県で33人が犠牲となり、19人が行方不明となっているとの報道もあります。
水没し孤立状態となっている地域も相当数あり、被害の全容はつかめていないようです。

12日のNHK総合では、ほぼ1日中、台風19号関連のニュースが放送されていました。
その中で普段、災害が起こらないと思われている場所でも最大級の警戒をするように呼びかけていました。
実際、箱根での総雨量1000mmを超える異常な降水、箱根登山鉄道の線路崩落、多摩川など河川の氾濫や川崎・高津区のマンション水没、武蔵小杉駅の水没など、大きな被害が発生してしまいました。
現時点で明らかになっていること以外にも、各地で発生した被害がこれから続々と明らかになってくると思われます。

今回の台風19号では、普段災害が起こらない、もしくは起きにくいと思われている地域でも、災害とは無縁でないと言うことを実感しました。
今後の教訓にしなければいけません。

最後になりましたが、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

【時事】"今年最強"台風19号、伊豆半島~関東地方を直撃へ【厳重警戒】

1919-00 (4)

(2019年10月11日:気象庁サイト台風情報より引用)

"今年最強"台風19号。
記事執筆時点での気象庁の台風進路予想によると、台風19号は12日18時ごろ静岡県石廊崎市近くに到達するようです。
その後は伊豆半島南端→相模湾→三浦半島→東京湾→千葉・茨城県付近を通過するとされています。

米軍台風情報(JTWC)ではもう少し西寄りの進路予想となっており、伊豆半島をかすめ相模湾を通過。
その後は神奈川県平塚市付近に上陸し、北東へ進むとされています。

wp2019 (1)

(2019年10月11日:JTWCより引用)

台風の東側では特に強い風が吹くと言われています。
実際、先月の台風15号では、台風の暴風域の東側の千葉県で暴風による甚大な被害が出ました。
今回の台風19号では、台風の暴風域の東側に入るエリアが増え、神奈川東部や東京23区もそのエリアに入ってしまうようです。

ネット上では"最凶台風"や、台風直撃で被害総額115兆円、犠牲者8000人などという書き込みも見られます。
気象庁とJTWC、どちらのコースになっても、関東地方では経験したことが無い規模の台風であり、何が起きるか分かりません。
身の安全を第一に、厳重警戒です。

【時事】プロ野球セリーグCSファーストステージ

DSC_0692

8204261d-s

昨日10月5日から始まったプロ野球セ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ。
セリーグCSは今日6日、DeNAベイスターズが阪神に6x-4のサヨナラ勝ちで、阪神との対戦成績を1勝1敗としました。
パリーグも同日、ソフトバンクが6-4で楽天に勝利し、1勝1敗のタイとなりました。
明日7日も両リーグの2位球団の本拠地でファーストステージ第3戦が開催され、勝者が9日から行われるファイナルステージへ進出します。

CSファーストステージは3試合で先に2勝した方が突破と言う超短期決戦。
高校野球のような1戦必勝のトーナメント戦に近いものがあると感じます。
昨日5日のDeNA-阪神戦のような6点差からの逆転など何が起こるか分かりません。
どのような結果になるとしても、明日7日の両リーグの試合に注目です。










【時事】台風17号、日本へ接近中【厳重警戒】

1917-00 (1)
(2019年9月22日:気象庁ホームページ台風情報より)

大型の台風17号が日本へ接近しています。
台風は今日9月22日19時時点で長崎県の五島列島付近に位置しており、長崎県や福岡県、佐賀県、熊本県などが暴風域に入っているようです。
台風の強風域も広いので筆者の住む神奈川県含め関東地方も強風域に入る時間帯がありそうです。
また、台風からの湿った空気の影響でしょうか、現在神奈川県でも雨が降っており時に強くなることもあります。

今回の台風17号では特に九州や四国で大雨となっています。
宮崎県では竜巻とみられる突風が発生し、鉄塔が倒れたり、車が強風で吹き飛ばされる被害も報じられています。
先日の台風15号の暴風で、千葉県で送電線をつなぐ鉄塔2基が倒壊し、大規模停電が発生しました。
倒木なども重なり復旧作業が難航し、東電の停電情報によると、記事執筆時点でもまだ千葉県では2300軒あまりが停電状態のようです。

ゴルフ場の鉄柱、頑丈そうな木や鉄塔なども台風の暴風ではいとも簡単に簡単に吹き飛ばされてしまいます。
台風の暴風を侮ってはいけません。厳重警戒です!

【地域情報】横浜ハンマーヘッドの建設進む【2019.09.10】

ここ数日、台風15号関連の記事が続いてしまいました。
改めまして被災された皆様にはお見舞い申し上げます。
今回の台風被害の件では長引く停電や断水、通信網の遮断、鉄道の計画運休後の運転再開の遅れなど、想像を超える事象が次々と発生してしまいました。
色々と感じることがありますが、やはり人間は自然相手には勝てないと言うことを痛感します。

さて、暗い記事や硬い記事ばかりでは気が滅入ってしまいますので、今日は話題を変えてみたいと思います。

横浜市中区の横浜新港地区で新たな客船ターミナルとホテル、商業施設からなる新港ふ頭客船ターミナル(株)の複合ビル「横浜ハンマーヘッド」の建設が進められています。

70166741_2356024177849921_9011890973935927296_n

69845031_2356024357849903_4281025183617122304_n

69925833_2356024424516563_3227990599541981184_n

(2019年9月10日:横浜市中区新港地区にて撮影)

先日の台風15号の影響が心配されましたが、ビルの外観はかなり工事が進んでいる印象です。
新港ふ頭客船ターミナル(株)の発表などによると、まず商業施設が10月31日から開業・供用開始、次に客船ターミナルが11月4日から開業・供用開始と発表されています。
ホテル(インターコンチネンタル横浜 Pier8)も今年11月中に開業・供用開始のようです。

ハンマーヘッドの突端部分(写真3枚目の中央部分辺り)も公園として整備され、来年3月頃にハンマーヘッドパークとして開業すると報じられています。

国際旅客船の拠点として、また新たな観光スポットになるであろう横浜ハンマーヘッド、開業・供用開始までもうすぐです。楽しみになって来ました。