しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

地域情報

【雑記】春の珍事?桜満開後の積雪【2020.03.29】

横浜では3月18日に桜開花が気象台から発表され、3月28日に満開が発表されました。
開花から満開まで10日間。同28日は横浜で最高気温が23.8度まで上がりました。



しかし3月29日は前日までの初夏を思わせる天候から一転。
記録的暖冬のしっぺ返しでしょうか。空から白いものが落ちてくる天候に。

IMG_20200329_222925


午前7時過ぎまでは雨。寒いものの雪が降るような寒さまでは感じませんでした。

ところが午前8時を過ぎ辺りから急に強い風が吹いて寒くなり、ふと外を見たら雪に変わっていました。

DSC_1589

DSC_1591

桜が満開の中、湿った重たいボタン雪が降り地面に積もる様子です。
雪に変わってから地面が白くなるまではそこまで時間はかかりませんでした。

各気象台の発表をまとめると、関東地方は29日、最大で熊谷で2cm、横浜・東京都心・前橋・宇都宮でそれぞれ1cmの積雪となったようです。

横浜や東京都心では春の珍事?
桜満開の後の積雪となりました。

たとえ1~2cmの積雪でも雪に慣れない関東平野では事故の原因となり気が抜けません。
雪が止んだ後も数日は道路や歩道の凍結に注意が必要です。

また横浜地方気象台の観測によると29日は12:18に最低気温0.7度を記録したようです。
前日28日の同じ時間帯は20度を超えていたので1日で約20度気温が下がったことになります。

新型コロナウイルス感染症が国内で流行していますが、冷えは万病のもと。
体調管理にも気を配りたいところです。

(写真はすべて2020年3月29日:横浜市緑区内・旭区内にて撮影)

【雑記】横浜公園のヒザクラ満開【2020.03.18】

IMG_8109

IMG_8108

IMG_8107

3月も中旬ですが、新型コロナ騒動で落ち着かない日々が続きます。
先が読めません。いつになれば終息するのでしょうか。



さて、3月18日午前中、横浜でも桜(ソメイヨシノ)の開花発表がありました。
同日午後、熊谷でも開花発表があったようです。
横浜は全国の観測点で2番目に早く、熊谷は3番目に早い開花となりました
尚、開花発表トップは3月14日の東京です。

横浜と熊谷の桜開花は平年より1週間早く、過去2番目に早い記録とのことです。
やはり記録的な暖冬の影響なのでしょうか。

ソメイヨシノの満開も待ち遠しいところですが、横浜公園では一足早く、濃いピンク色のヒザクラが満開を迎えています。
通りがかった方が写真に撮影したり、小さなお子さんを連れた方が花見を楽しまれていたのが印象的でした。

(2020年3月18日:横浜市中区横浜公園内にて撮影)

【訪問記】ハンマーヘッドパークの建設進む【2020.02.23】

IMG_7876

IMG_7883

横浜ハンマーヘッドが開業して早いもので5か月。
観光地や行楽地などとしても定着して来たような感じがします。

IMG_7881

IMG_7882

2階テラスから東京湾を眺めてみます。
この日は空気が澄んでいてとても綺麗で、ベイブリッジの先には房総半島も微かに見えるほどした。
駐車場の奥のスペースはハンマーヘッドパークとして2020年3月の開業が予定されており、現在建設工事中です。

IMG_7879

昨年5月の新天皇即位で天皇誕生日が2月23日にずれ、同日が日曜日だったことにより、今年2月22日~24日はラッキー?なことに3連休となりました。

ただ、いつもの土日や連休に比べると人通りは明らかに少なかったような気がします。

新型コロナウイルスの感染症拡大で世の中は警戒モード。

過去の日記でも触れたとおり、イベントの中止や縮小、延期などが全国各地で相次いでいます。
現在の風潮ではどの街で人出が減っても不思議ではありません。
20代の重症事例も報じられているようですので当然、予防や感染拡大防止も必要です。
しかし一方、風評被害や経済への影響も懸念せずにはいられません。

(写真は全て2020年2月24日:横浜市中区新港地区にて撮影)

【訪問記】横浜市・新市庁舎の完成近付く【2020.02.20】

IMG_5797
(2017年6月14日:横浜市中区本町付近にて撮影)

IMG_3819
(2018年10月22日:横浜市中区本町付近にて撮影)

DSC_1407
(2020年2月20日:横浜市中区桜木町駅付近にて撮影)

筆者の地元横浜市では東京五輪開幕前の2020年6月、横浜市庁舎が本町に移転する予定となっています。
この新庁舎の建設工事が2017年8月に始まりました。

写真1枚目が建設工事着工前、2枚目が建設工事中のものです。
写真3枚目が最新の様子。着工からおよそ2年4か月後、完成が近づいています。

2020年5月末に工事が完成し、6月から供用開始予定となっています。

地上32階建て、高さは地上から155.4mと発表されています。
これは市庁舎としては日本一の高さとなるそうです。

低層階(1・2階)は商業施設となり、複数の店舗が出店予定とされています。
最近はどの地域でも、再開発→高層複合ビルの建設がトレンドのようです。


【訪問記】鹿児島中央タワーの建設進む【2020.02.06】

2月12日の記事で福岡・天神地区にある天神ビブレ完全閉店の瞬間に立ち会ったことを投稿しました。
これは福岡市が進める天神地区の再開発によるものです。

今、各地で市街地の再開発に関する話題を耳にしたり、再開発工事を目撃します。

鹿児島でも鹿児島中央駅周辺の再開発工事が行われていて、ザ・パークハウス鹿児島中央タワーの建設が進んでいました。



DSC_1189

IMG_7546

これは鹿児島市で進めている「中央町19・20番街区第一種市街地再開発事業」によるものです。

「中央町19・20番街区」は再開発工事が始まる前は飲食店が並んでいた覚えがあります。

ザ・パークハウス鹿児島中央タワーですが、地上24階、地下1階建の高層ビルとなり、三菱地所などの発表によると8階~24階が住宅、1階~7階が商業施設となるようです。

筆者の地元横浜市でも横浜駅西口周辺の再開発工事でJR横浜タワーの建設が進んでいます。
最近は都市部の再開発で複合施設型の超高層ビルが建設されるケースが非常に多くなりました。

鹿児島のこの工事は2021年1月完了予定とされていますが、その頃にはどのような光景となっているのでしょうか。

(写真は2020年2月4日と2月6日:鹿児島県鹿児島市・鹿児島中央駅付近にて撮影)