しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

その他

【独り言】東京五輪、果たしてどうなる??

8月9日、本来であれば東京五輪の閉幕式が行われていたはずでした。

コロナ禍によりひとまず2021年夏への延期が決まっているものの、開催可否が注目されている東京五輪。

新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、早ければ今年10月にもIOCが総会を開き、中止を決定するという憶測も聞かれます。

東京五輪、果たしてどうなるのでしょうか?

IMG_20200806_181342
(2020年8月6日:横浜市西区みずほ銀行横浜駅前支店付近で撮影)

筆者は五輪中止不可避と考えています。
理由は世界規模の大会であることです。

日本であれば"風邪"に過ぎない新型コロナも医療水準が低い国や衛生環境が悪い国では相当な数の死亡者が発生しています。

感染症拡大阻止を目的に、各国が鎖国のような入国制限を行い、海外との往来も自由に出来ない状況。

選手の選考に関わる大会も殆ど行えず、選手選考の公平性という問題も出てそうです。
2021年へ延期となったことで選手の再選考を行うのか。
2020年の選考分をそのまま繰り越すのか。

この点は競技や参加国などで異なってくるのでしょうが、どんな方法を取ったとしても公平性は保てないはずです。

以上のことから五輪は中止不可避であり、IOCのシナリオにも"東京五輪中止"が含まれていると考えられます。

一方、日本政府や五輪組織委員、JOC、東京都は何としても五輪中止を阻止したいでしょう。

今年2月25日のIOC古参委員の「5月までにコロナが終息しなければ東京五輪は中止か延期」発言。
翌2月26日からの日本政府の動きを見ればそれは明らかです。

五輪中止を恐れ、IOCや国際世論にパフォーマンスを行うためのイベント自粛・中止・縮小要請、全国一斉休校要請ということです。

この半年間、どれだけの催物が中止になったか、とても数えきれません。

もっとも開催可否などを決める権限はIOCにあります。
それは昨年10月、真夏の酷暑を理由に、東京五輪のマラソン開催場所の札幌への変更が突然発表されたのを見ても明らかです。
政府や開催都市には何の権限もないことも明らかになりました。

IOCには是非、早急に東京五輪に関し決断を行い、公表してもらいたいところです。
予定として五輪がいつまでも残っていて宙ぶらりんの状態が続けば様々な業界や顧客が困り、迷惑です。

【独り言】抜き打ちの避難訓練?緊急地震速報空振り(2020.07.30)

7月30日午前9時44分ごろ、鳥島近海を震源とするマグニチュード5.8の地震が発生しました。

20200730004408393-30093645
(2020年7月30日:気象庁ホームページ地震情報より引用)

この地震では日本国内で震度1以上の揺れは観測されず、津波の発生もありませんでした。

しかしこの地震は当初、マグニチュード7.3。
震源地も実際の地震発生場所から450キロ内陸寄りの千葉県南方沖(伊豆諸島付近)で発生したものと推定。
気象庁から関東や東北、東海など広範囲に緊急地震速報が発表されました。

結果としては空振りとなりましたが、マグニチュード7.3となると熊本地震や阪神大震災クラス。
震源が海底となると津波発生の可能性もあります。
もし当たっていれば大きな被害が関東地方で発生したかもしれません。

気象庁は今回の緊急地震速報は空振りだったとして謝罪していましたが、空振りよりも見逃しの方が危険。
今回はむしろ"抜き打ちの避難訓練"だったと思えば何ともありません。

国内では新型コロナの新規陽性者数や政治の混乱に目が向かいがちですが、地震は突然やって来ます。
読者の皆様、防災対策、忘れていませんか??

今一度、防災対策を見直しましょう。



【独り言】梅雨明けはまだ?

梅雨明けはまだ?7月もそろそろ終わりですが・・・。

7月27日、ようやく九州南部の梅雨明けが発表されました。
一方、関東地方の梅雨明けはまだ発表されていません。

20072815
(2020年7月27日:気象庁ホームページ天気図より引用)

天気図を見ても関東・東北付近に梅雨前線がかかっていて、梅雨明けの気配は感じられません。
地元神奈川の空模様もモヤモヤした曇りや雨ばかり。

唯一の救いは気温が平年より低く過ごしやすいことです。
最高気温が高くても30度に行くか行かないかというくらいなので、ここ数年の災害級の酷暑が信じられない涼しさ。
昔はこれでも暑いはずだったのですが・・・。

ただ、極端な日照不足と低温が続けば農作物の不作や価格高騰などといった悪影響を及ぼしそうです。
何事もバランスを保たなければいけないということでしょう。

【独り言】健康のため#外に出よう!

健康のため#外に出よう!
そして経済を回すために#旅に出よう!

雨上がりの横浜みなとみらい地区。
東京湾と青空がとても綺麗です。
前回の記事で取り上げましたが、虹が姿を表す時間帯もありました。

DSC_2016

DSC_2017

DSC_2018

DSC_2021
(2020年7月26日:横浜市西区みなとみらい地区にて撮影)

ウォーキングやジョギング、体操などで汗を流したり、ボール遊びをしたり、日光を浴びたりしてくつろいでいる方もいらっしゃいました。

ここ最近、雨の日が多かったので、筆者も歩きながら日光を浴び、いい汗をかくことが出来ました。
やはり"おそと時間"は心身の健康維持のため、必要必急です。

7月23日~7月26日の4連休、新型コロナの感染再拡大を理由に、東京・小池知事が都民に対し外出自粛を要請しました。

今年のGW期間中、宗教のように叫ばれた"ステイホーム"、"おうち時間"の再来。

はっきり言いますがこういったものは運動不足や太陽光不足で生活習慣病の悪化。
精神疾患発症の原因になるだけだけです。
免疫力の低下にもつながります。
新型コロナはもちろん、他のウイルスや細菌性の風邪にも罹りやすくなるでしょう。

春先はこれで社会経済が完全に麻痺してしまったことが思い出されます。

筆者からすればステイホームなど百害あって一利なし。
STOPさせることしか出来ないやり方では何も生み出しません。

堅い話はここまでにして、この夏は"Go To Kanagawa"

【訪問記】令和2年7月豪雨の爪痕色濃く(2020.07.18)

日本列島の広範囲に大きな被害をもたらした令和2年7月豪雨。
改めまして被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

IMG_9500


IMG_9501

福岡・久留米市のブリジストン通り周辺の筑後川河川敷の光景です。
とても穏やかで、のどかな光景が広がっています。

しかし、のどかな河川敷の光景も、時として凶暴な姿を表し、大きな爪痕を残すことがあります。

IMG_9506


IMG_9509


IMG_9511


IMG_9513

令和2年7月豪雨では、筑後川が氾濫し、周辺で大規模な水害が発生したことが報じられました。
写真撮影時点でも、氾濫で流されたと思われる木々や樹木が散乱していました。

大きく太くて頑丈そうに見える木々も簡単になぎ倒され、流されてしまうのも水害の怖い点の1つです。

IMG_9507

子ども用の遊具でしょうか。
上の方に流されてきたと思われる樹木が巻き付いたままとなっています。

2020年は梅雨明けが全国的に遅れています。
7月23日からの4連休も梅雨前線の活動が活発になるようです。
今回の豪雨でも見られた"線状降水帯"は、いつどこで発生するか分かりません。

昔は"線状降水帯"といわれる現象はありませんでした。
ここ10年くらいのことなのでしょうか、気候の極端化を感じずにはいられません。

(2020年7月18日:福岡県久留米市ブリジストン通り周辺の筑後川河川敷にて撮影)