しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

その他

春のセンバツ"有観客"開催へ!

春のセンバツ"有観客"開催へ!
3月19日開幕予定の第93回選抜高校野球大会。

選手、観客、応援団とともに"甲子園"が復活か。
光が見えてきました。

IMG_20210114_225153
(2021年1月14日:スポーツニッポン1面にて)

IMG_20210114_225122
(2021年1月14日:スポーツ報知1面にて)

IMG_20210114_225059
(2021年1月14日:日刊スポーツ2・3面にて)

昨年の第92回選抜高校野球大会無念の中止からもう1年が経とうしています。
年月の経過は早いものです。

出場予定だった高校は厳しい練習や前年秋の県大会、地区大会を勝ち抜き、甲子園への切符を手に入れたはずでしたが、"中止"と言う残酷な事態となってしまいました。

また、夏も選手権としては中止。

どの分野でも高校生の部活動は15歳~18歳の本当に限られた期間しかできず、取り返しがつかないものです。

春のセンバツ出場予定だった32校による"甲子園交流試合"が開催されたのはせめてもの救いかもしれませんが・・・。

世の中の情勢や風潮は日に日に変わり、まだ予断を許さない面があります。
ただ、上に挙げた以外のメディアも揃ってセンバツ有観客開催を報じているようですので、ある程度信憑性があり、方向性も決まっているのかなと感じます。

昨年夏、無観客で行われた甲子園交流試合や開幕直後のプロ野球をテレビで見ていましたが、鳴り物応援も観客の大歓声も無いのは寂しいものでした。

筆者はセンバツ大会有観客開催の方針を支持します。

【独り言】プロ野球セリーグも将来的にDH採用?

プロ野球セリーグも将来的にDH採用?
そのような声が日に日に高まっています。

IMG_20201218_000631
(2020年12月14日:共同通信記事より)

巨人がセリーグ理事会に2021年シーズン、暫定的にDH制の導入を提案した理由として、投手の負担を軽減させるということが挙げられています。

またファンの間でも近年、交流戦や日本シリーズで大きな実力差をつけられているパリーグに対抗するためにも、セリーグでDH制を導入すべきという声も多くあがっています。

結果として2021年シーズンのセリーグでの暫定導入は他の5球団から賛同を得られず見送られたようです。
ただ今の風潮が続けば、そう遠くないうちにセリーグも導入を余儀なくされそうな気がします。

色々な意見が飛び交っていますが、筆者はDH制度は反対です。

観ている一ファンとしては、"9人目の野手"としての打撃や投手に代打を送るタイミングとか、駆け引きを予想するのも楽しみの1つだからです。

一昔前、予告先発制度が無かった時代のプロ野球は、登板予定のない投手が"偵察メンバー"としてスタメンに名を連ねるケースがありました。

これも駆け引きの1つだと思いますし、球場やテレビで観戦する筆者もバッテリーやスタメンが発表されるまで「今日はどの投手が先発なんだろう?」とよく予想したものです。

力と力の勝負も楽しみですが、予告先発制度に続きDH制まで導入されると、駆け引きや情報戦の楽しみは薄らいでしまうような気がしてなりません。

【独り言】どうなる?プロ野球パ・リーグの優勝争い

どうなる?プロ野球パ・リーグの優勝争い
コロナ騒動の影響で予定より3か月遅れの6月19日から始まった2020年のペナントレース。

各チーム100試合前後を消化し、多くの球団が残り20試合程度となって来ました。

IMG_20201015_221521
(2020年10月15日:Yahoo!プロ野球順位表より引用)

2020年は当初予定の143試合制から120試合制と規模縮小となり、交流戦18試合やオールスター戦は中止。

セ・リーグに関してはクライマックスシリーズ(CS)も中止。
2006年以前のようにリーグ優勝チームがそのまま日本シリーズへ進出。

パ・リーグに関しては1位・2位チーム同士でCSが開催されます。
4試合制で、1位チームの本拠地で開催され、先に3勝した方が日本シリーズへ進出します。
尚、1位(リーグ優勝)チームには1勝のアドバンテージが付与されます。

パ・リーグは優勝争いが混戦となっており、1位ソフトバンクに2位ロッテがゲーム差なしまで接近した時期もありました。

10月15日終了時点では1位ソフトバンクが2位ロッテに4ゲーム差をつけています。

このままソフトバンクが振り切るのか、ロッテが最接近、もしくは逆転優勝を果たすのか。
この2チーム同士は直接対決を6試合残しており、ロッテの逆転自力優勝の可能性もあります。
優勝争いの行方に注目したいところです。

今年のパ・リーグであれば2位球団はCSに出場。
敗者復活という形で日本シリーズ進出というケースもルール上は想定されます。

しかし、筆者は過去の記事で何度か触れましたが、リーグ優勝(1位)チーム同士の対戦が日本シリーズの本来の姿ではないかと思います。

2007年からCSが両リーグで行われるようになりました。
CSが定着して久しいところですが、やはり厳しい優勝争いを勝ったチームが敗者復活戦たった数試合で負け越し日本シリーズに出場出来ないのは釈然としません。

営業面での効果は確かにあるのでしょうが、こういったケースの該当チームの選手や首脳陣。
そしてファンは納得いかないでしょう。

CSの是非については改めて考察し、ペナントレース終了前後か日本シリーズ開幕前に触れてみたいと思います。

(筆者都合につき本ブログ10月20日ころまで休載します。)

【独り言】IOCも"欲しがりません勝つまでは!?"

IOCも"欲しがりません勝つまでは!?"

9月22日に発表されたIOCバッハ会長の「ワクチンが無くても東京五輪は安全に開催出来る」という旨の書簡が話題になっています。

この書簡の前には、IOC古参委員コーツ氏の「新型コロナに関係なく東京五輪は開催」という発言が報じされ、批判の声があがりました。

無題
(画像はイメージです。2020年9月13日撮影)

2021年夏にやるのか、やらないのか?
延期された東京五輪は予定として残っています。

早く決めてもらわないと、アスリートやその関係者、協賛企業関係者など、多くの人が困ります。

たとえば五輪の予定が残っていることで、東京ビックサイトや幕張メッセなども使用が大きく制限されています。

延期により制限がかかる期間も2021年11月までとなる見込みです。

コロナ騒動が無くてもコミックマーケットやライブ、コンサートの開催に支障が出ています。

音楽・エンタメ・展示会業界などは「五輪開催」「五輪延期」「新型コロナ」の三重苦でしょう。

同じスポーツでも、例えばプロ野球の2021年の日程編成にも悪影響を及ぼすはずです。

まず、五輪野球の会場や資材置場となるため、五輪前後の期間は横浜スタジアムと神宮球場が使えなくなります。

このことからDeNAは今季、東京ドームでの主催試合も組まれていたくらいでした。

また、2020年に五輪が通常開催されていれば、五輪期間中はシーズン中断となる予定でした。

2021年に延期された五輪をやるのかやらないのか宙ぶらりんのままでは、2021年公式戦の日程も組めないでしょう。

実際にはNPBは2021年は五輪開催、もしくは五輪中止となった場合のパターンを想定しているのかもしれませんが、いずれにしても雲をつかむような作業になりそうです。

それに上記2つの球場は、夏の全国高校野球選手権神奈川大会や東西東京大会でも使用されます。

神奈川や東京の高野連も難しい調整を余儀なくされそうです。

2021年は新型コロナやワクチンに関係なく東京五輪開催というのはIOCの総意なのか。

それとも開催国である日本、開催都市である東京。
そして世界各国の反応を探るためのいわゆる"観測気球"なのか。

開催可否などすべての権限を持つのはIOC。

責任をもって早急に決断を下し、公式に発表する義務があるはずです。

【独り言】何でもオンラインやテレワーク、本当に良いの?

横浜市西区のみなとみらい21地区にあるいちょう通り。
神奈川大学の「みなとみらいキャンパス」の建設工事が進んでいます。

IMG_0646
(2020年9月17日:横浜市西区みなとみらい21地区いちょう通りにて撮影)

2021年4月の開設が予定されているとのことです。

建設中のキャンパスを偶然見かけて、改めて思うことがあります。

何でもオンラインやテレワーク、本当に良いの?
教育機関なら新型コロナ騒動に乗じた"オンライン授業"。
特に大学で顕著のようです。

秋以降、文科省が対面授業の実施を呼びかけても8割程度の大学が対面授業とオンライン授業の併用にする方針と言われています。

教科書やテキストに載っていることなら、確かにオンライン授業である程度、賄えるのでしょう。
通信制の教育機関であれば、それを前提として入学しているので、全ての内容をオンライン授業で行っても全く問題ありません。

しかし通信制でもないところでオンライン授業ばかりに頼るのは如何なものか?
他者とのコミュニケーションやフィールドワークなどは、対面であったり外に出なければ出来ないことです。

大学に対し授業料を返せ!もしくは減額しろ!と言う声が学生やその保護者から出るのは当然です。

良い点でもあり悪い点でもありますが、日本人は全体主義。
個人で何かをするのが苦手で、まとまって繋がっていないと不安になる国民性であるとされています。

フェイス・トゥ・フェイスの関係の重視。
自分自身で現場や会いたい人の所へ出向き、話をするのが日本人のやり方です。

日本人の長年のやり方をすべて否定し、無理やりオンライン授業やテレワークを導入しようとしても国民性に合わず、上手く行かないでしょう。
これは春先に叫ばれた「9月入学」や「オールキャッシュレス」などにも同様のことが言えます。

もっとも大学側が対面授業を渋り、オンライン授業という方法に頼ること自体、新型コロナのクラスター発生を恐れ、さらし首にされたくない面があるはずです。

背景や経緯関係なく、クラスターが発生すればさらし首。
陽性ならば原則隔離となる新型コロナの指定感染症(2類相当)継続の弊害と言えます。