しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

その他

【独り言】どうなる?2020年夏の東京五輪。

caec770d-s
(2019年8月19日:東京都南区JR新橋駅SL広場にて撮影。画像はイメージです)

新型コロナウイルスの感染者数が日本国内でも日に日に増えて来ております。

日本国内でクルーズ船から下船した乗客や船内の出入りした厚労省職員のウイルス検査漏れが報じられています。
このことについては特に国外から厳しい声があがっているようです。

また、各スポーツ紙によるとサッカーU23南アフリカ代表が新型コロナウイルスの影響を踏まえ日本遠征拒否の姿勢を見せている模様です。
3月27日に予定されている親善試合が中止となる可能性も浮上しています。

さて、2020年夏の東京五輪はどうなるのでしょう?
開催の可否などに関してはIOCが強い権限を持っています。
日本政府が決めるものではありません。

昨年10月、IOCの鶴の一声でマラソンの開催地が突然、東京から札幌へ変更することが発表されました。
理由は猛暑回避というものでした。
結果としてIOCから東京の夏の気候はマラソンを行うには不適切であると判断されてしまったわけです。

現時点でIOCは五輪中止や開催地の変更、無観客などは検討していないとされています。

過去の五輪は、戦争以外の理由で中止や延期になったことは一度も無いそうです。
感染症拡大で中止になった事例もありません。
一部で囁かれているような五輪中止や返上は今のところ、現実的ではありません。

ただ、サッカーU23南アフリカ代表のように、新型コロナウイルスを危惧した海外の選手団の来日拒否(ボイコット)はあり得るでしょう。
ボイコットの数が多くなり、思い描いた盛り上がりとは裏腹に、非常に閑散とした東京五輪となる可能性は否定出来ません。

有効な薬も無く、対処の使用が無い新型ウイルスが蔓延している国へなど行きたがらない、行かせたくないと考えるのは当然です。

それにスポーツ選手はドーピングの関係で迂闊に薬を服用出来ませんし、極限まで体脂肪を落としている人も多いでしょう。
結果、低体温化・免疫力の低下を起こし感染症を引き起こしやすくなり、悪化するリスクも高くなるはずです。
選手村で新型コロナウイルスが蔓延し、集団感染を発生させ、それが更に飛び火するリスクも考えられます。

新型コロナウイルスは日本国内であれば健常者が感染しても致死率は極めて低く、殆ど命に関わるものでは無いとされています。

しかし海外と日本では医療水準や衛生水準、物事の解釈も異なってくるはずです。

今、海外からはかなり厳しい目で見られているということは間違いありません。
日本政府は何としても開催を目指すでしょうが、開催ありきではなく様々なシナリオを想定しなければいけないのではないでしょうか。

【独り言】何でも中止、自粛、本当に良いの?

sinngata

新型コロナウィルス肺炎の拡大により、あらゆる分野で中止や自粛、縮小の動きが出て来ています。

プロ野球12球団は春季キャンプの季節ですが、練習試合やファンサービスの自粛や中止。
3月1日の東京マラソンは一般参加者の出場が全面中止。
同日開催予定だった鹿児島マラソンも一旦は予定通りの開催が発表されたものの、2月20日に中止を発表。

2月23日の天皇誕生日の一般参賀も中止。

他には仙台市で22日から3日間の開催が予定されていた東北モーターショーも中止。
女子ゴルフの開幕試合も無観客となることが決定しています。

感染経路不明の陽性反応の事例も次々と判明するなど拡大してきているようです。
インフルエンザや他の感染症の対策も兼ねて、ある程度の用心は確かに必要でしょう。

ただ一方、何でも中止、自粛、本当に良いの?と思う所があるのも事実。

危ないから何でもかんでも自粛、中止というのでは何も出来なくなってしまいます。
経済にも悪影響を与えることは間違いないでしょう。
それに"新型"ということで大騒ぎしていますが、新型以外の感染症だって危険ではないでしょうか?

店頭では相変わらずマスクや消毒液が品薄となっています。
この時期は花粉症の季節。
野次馬報道と言っても良いほどの過熱報道、過剰反応によりマスクが品薄となり、花粉症対策にも支障が出ています。

経済への悪影響と同時に、持病があり本来マスクが必要な人にマスクが行き渡らない現状。
困ったものです。

【訪問記】骨の髄まで暖まる?佐賀・武雄温泉元湯【2020.02.11】

84657314_2681975541921448_377803362218803200_o

86192772_2681975731921429_7785461739713200128_o

84211546_2681975451921457_4549114843210186752_o

2020年2月11日、半年ぶりに佐賀・武雄市を訪問。
寒かったので武雄温泉 元湯様で入浴させて頂きました。

前回も含め、何度かお世話になったことがありますが、入口も館内も風情があり、昔ながらの温泉という雰囲気です。

86194298_2681975241921478_7079492390402129920_o

84266412_2681975145254821_6834156471110860800_o

入場券販売所に表示されている温度通り、ぬる湯でも42度を超える熱い温泉でしたが、柔らかい湯ざわりで入りやすい温泉です。
あつ湯だと本当に熱く、45度前後の泉温となります。

ぬる湯もあつ湯も熱い温泉が好みの方や冷え性の方にはお勧めです。
冷えている体が骨の髄まで暖まる?気がします。
ただ、のぼせないように注意しましょう。

IMG_7773

IMG_7771

温泉から上がり建物の外に出て、ふと上を見上げてみると、斜面が崩壊し樹木が散乱したままの状態になっています。
今から半年前の2019年8月末、福岡・佐賀・長崎県を中心とする集中豪雨があり、佐賀県で記録的な大雨となりました。

この斜面崩壊はあの時の大雨で起きてしまったのでしょうか。
やはり自然災害、明日は我が身?かもしれません。

IMG_7778

IMG_7780

IMG_7779

九州新幹線・西九州ルートの開業工事が進んでいました。
現時点では、2022年度末に武雄温泉~長崎間で開業予定となっているようです。

(写真は全て2020年2月11日:佐賀県武雄市内にて撮影)

http://shiganaishomin.com/archives/19118998.html

【時事】新型コロナ感染症で中止や自粛、縮小の動き相次ぐ

DSC_1401

DSC_1403

(2020年2月17日:横浜市西区臨港パーク付近にて撮影。)

見づらい画像ですが、2枚目の左下に写っている船が、新型コロナウィルスの感染源となってしまったクルーズ船です。
2月17日現在も大黒ふ頭・客船ターミナルに停泊しています。

この大黒ふ頭・客船ターミナルは本ブログでも過去に取り上げたことがありますが、2019年4月に供用開始となったばかり。
2019年は横浜開港160周年の節目の年でもありました。

横浜の海の新たな玄関口として注目されていましたが、新型コロナウィルスの感染源として注目され、大きく報じられてしまうのは残念でなりません。

さて、新型コロナウィルス肺炎の拡大により、中止や自粛、縮小の動きが出て来ています。

プロ野球12球団は春季キャンプの季節ですが、練習試合やファンサービスの自粛や中止。
3月1日東京マラソンは一般参加の全面中止。
2月23日の天皇誕生日の一般参賀も中止が発表されています。

新型コロナウィルス、感染経路不明の陽性反応の事例も次々と判明するなど拡大してきているようですので、ある程度の備えは必要です。

ただ一方、過剰反応し過ぎではないか?と思うのも正直なところです。
危ないから何でもかんでも自粛、中止というのでは何も出来なくなってしまいます。
2009年に流行した新型インフルエンザの時と似た風潮になってきていますね。

店頭では相変わらずマスクや消毒液が品薄となっていますが、予防策と共に冷静な対応が必要ではないでしょうか。

【時事】2月17日・18日は南国も雪?

今冬は"忘冬"や"無冬"と言われるほど各地で季節外れの高温が全国各地で続いています。
正直、日本から四季は無くなってしまったのかと思うほどです。

しかし天気予報によるとこれから気温が急降下し、2月17日・18日は九州や四国で降雪が予想されています。
鹿児島や高知でも雪先行予報となっているのが気になる所です。

000_telop_tomorrow

000_telop_aftomorrow

(2020年2月16日:気象庁公式ホームページ天気予報より引用)

9641017_2244069276_192large
(2017年2月10日:鹿児島県鹿児島市高見馬場付近にて撮影)

この写真は今から3年前のものですが、鹿児島市内で降雪した時の様子です。
滅多に見られない南国・鹿児島での雪。
筆者が遭遇したのはこの1回だけですが、とても風情がありました。

しかし降雪時の風情ある光景も降り方によっては災害や交通麻痺などの懸念が出てきます。
雪に慣れてない地域であればあるほどリスクは高くなります。
雪への備えと共に地元の気象台が発表する情報に充分な注意が必要です。

もし読者の方で17・18日に雪予報が出ている地域にお住まいがいらっしゃいましたら、どうかお気を付け下さい。