しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

その他

【雑記】幸せを呼ぶ?白い鳩

過去の記事で何度か取り上げましたが、街中や河川敷、自宅周辺で身近に見られる野鳥。

人々がコロナに翻弄され殺伐とする中、野鳥はのびのびと過ごしています。

最近、地元横浜市で白い鳩を目にする機会がありました。

IMG_9090


IMG_9089

IMG_9086

所々グレーの羽毛もあり、完全に白ではありませんでしたが、白ベースの鳩。
鳩の群れの中に、ポツンと?白い鳩が1匹紛れていることがたまにあります。

白い鳩は幸せを呼ぶとか、平和の象徴とか、出会うと良いことがあると言われています。
現実として、世の中はコロナ禍で良い話は殆どありません。

ブラジルではボルソナロ大統領がコロナ感染対策を軽視し経済優先の姿勢を鮮明に出し、国内外から批判。

米国ではトランプ大統領がコロナ禍は中国とWHOの責任として、WHOからの脱退表明や、中国と国交断絶?も示唆しています。

他にも様々な国の話が出てきていますが・・・、日本ではやはり"自粛政策"の弊害が顕著になってきています。

GW中、テレビやネット広告などで流れた#ステイホーム、#おうち時間、#お家で過ごそうというキャンペーンはまさにその象徴。

失業・倒産・就職難の話が次々と出てきています。

馴染みの飲み屋や食事処、銭湯などが無くなってしまったという方、多いのではないでしょうか。

学生の就職活動もここ数年の空前の売り手市場から一転、未曽有の氷河期となる可能性が高そうです。

他にも"自粛警察"がネット上で大暴れしたり、毎日発表されるコロナの感染者数が少し増えただけでもヒステリーを起こす人も多いですね。

こういうのも自粛政策の弊害と言えるでしょう。

自粛政策を取ったことで経済停滞の懸念はもちろんですが、こういった精神疾患を引き起こす人、急増する懸念があります。

人間、ある程度太陽光を浴びなければいけません。

話が少しそれてしまいましたが、白い鳩に遭遇したことで、何か良いことは無いものでしょうか。

(2020年5月24日:横浜市中区JR桜木町駅前にて撮影)

【独り言】新しい生活様式。実践すれば国技消滅?

5月28日、現役最長力士の華吹(はなかぜ、立浪)が誕生日を迎えたことが報じられました。
50歳力士の誕生は昭和以降では初めてとのことです。

大相撲はコロナ禍で夏場所が中止となり、7月場所は名古屋から東京へ場所を移し、無観客での開催を目指しているとされています。

ここでふと気になったのは、"専門家会議"で示された「新しい生活様式」。
これをまともに実践すれば相撲や柔道、空手などの国技が消滅してしまうのでは?と思った次第です。

IMG_20200528_212847

専門家の先生は、娯楽・スポーツ等は距離を取るかオンラインやれと言っています。
すれ違う時は距離を取れ、狭い部屋での長居は避けろとも言っています。

これらを全て実践しなければいけないとしましょう。
屋内の換気が悪い国技館で、力士同士や選手同士が密着する相撲や柔道、空手道などはもってのほか。

専門家は新しい生活様式のため国技を止めようと言っていると解釈することも出来ます。

他にも突っ込みたいところだらけですが、今回はここまで。
やはり「言うは易く行うは難し」。
こんな上から目線の指針に翻弄される必要はありません。

我々庶民は、コロナ禍前の日常を取り戻すことを前提に行動しなければ、社会が成り立ちません。

このままでは身近なプロスポーツやライブ、コンサート、エンターテイメントなど、ありとあらゆる娯楽もストップが続き、やがては潰れてしまいます。

自粛を自粛し経済を回し、コロナヒステリーやゼロリスク症候群、マスク依存症から脱却しよう!

※関連記事※
【独り言】言うは易く行うは難し。専門家は何様のつもりか。
【独り言】満員の歓声、応援や歌も競技の一部

【独り言】プロ野球、6.19から無観客で開幕へ。

2020年5月24日の横浜スタジアム付近の様子です。
プロ野球開幕が延期となる中、人も少なく、その辺にいる雀が目立つくらいでした。

IMG_9077

IMG_9079

人が少ないせいもあるのでしょうか、野鳥がのびのび過ごしているような印象があります。

さて、5月25日夜、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されました。
これを受けてNPBは同日、プロ野球を6月19日に開幕することを正式に発表しました。

IMG_9081

NPBは記事執筆時点で、下記のように発表しています。

・開幕後、当面の間は無観客での試合開催。

・2020年は交流戦とオールスターを中止。

・野球協約上、シーズン成立となる年間120試合(各12球団のホーム球場で60試合)

・日本シリーズは11月21日から開催。

・クライマックスシリーズ(以下CSとします)は記事執筆時点で開催可否未定。

詳しい日程などは、後日明らかにされるものと思われます。

ここから先は、あくまで筆者私見です。

今年はCSを止め、2003年以前のようにリーグ優勝球団同士が日本シリーズに出場する方式に戻してみては如何でしょうか?

6連戦ベースで、1か月に24~25試合前後。
雨天順延や台風襲来なども考えられ、予備日もある程度確保しなければいけません。
年間120試合を実施するには最低でも5か月以上が必要です。

今年に限って言えばCSを実施する余裕は全く無く、公式戦120試合を何とか実施できるか否か、瀬戸際のラインだと思います。

雨天順延が重なり後ろが痞えればダブルヘッダーも実施も視野に入るのかもしれませんが、これは負担が大きいでしょう。

CSや交流戦自体も導入されてから長い年月が経過し、マンネリ化してきた印象があります。

ただ、CSをどうするかは別としても、日常を取り戻す!という意味で開幕は重要と考えます。

非科学的な自粛論・中止論の一層。
他の競技や催事の開催指針となり、開催を促す効果にも期待したいところです。

史上最遅、3ヶ月遅れのプロ野球開幕となりますが、楽しみになって来ました。

(写真は2020年5月24日:横浜市中区横浜公園付近にて撮影)

【独り言】東京五輪。やはり中止か?

2021年夏へ延期の東京五輪。やはり中止か?
IOC、初めて公式に中止の可能性も示唆。



IMG_20200523_231959
(2020年5月22日:スポーツニッポン7面より)

IMG_9044
(2020年5月17日:横浜駅西口相鉄改札口付近にて撮影)

2020年東京五輪はひとまず2021年への延期が決まり、延期後の日程も決まっています。
また、2021年夏への延期だけで何千億円という費用が生じるとされています。

何千億円という膨大な金額、筆者のようなしがない庶民は生涯、扱うことは無いでしょう。

ただ、そんな金額を出す余裕があるなら雇用助成金や持続化給付金を更に上乗せするべきです。
当然、これらの申請の手続きの簡略化や速やかな支給も必要必急。

特に後者は法人200万円、個人事業主100万円とされていますがこの程度の金額でどうしろと言うのでしょうか?
この金額からの更なる上積みも必要必急です。

コロナ対策は身近な経済を回すことも含まれるはず。

どの街もコロナ禍による政府からの緊急宣言発令や自粛・休業の"要請"でシャッターが下りているお店ばかり。

そのまま"永久休業"となってしまったお店や施設、そこら中で目にします。

倒産や廃業、民事再生法適用の報道を耳にする機会も多くなりました。

繰り返しになりますが、商売はボランティアではありません。

不要不急の娯楽に見えるものでもやっている方からすれば重要な仕事であり貴重な収入源。

現状、あくまで休業の命令ではなく"要請"なので応じるかどうかは事業主次第であり、まともな補償は無し。

コロナ禍による経済状況の悪化で非常に多くの方が今日・明日の生活すらままならない状態になっていることでしょう。

五輪延期のための何千億円という金額。
我々庶民にとって東京五輪か、そして今日明日の生活か。

どちらが大事か?
答えは明白ではないでしょうか。

【独り言】2020年夏の甲子園、大ピンチ。

2020年3月11日、第92回選抜高校野球大会(春の甲子園)の中止が決定しおよそ2か月ちょっと。

この時点では出場予定校だった高校の救済のため、春夏合同甲子園プランというのも聞かれました。



IMG_20200517_201217

IMG_20200517_201129
(2020年5月16日:日刊スポーツ4面・5面にて)

しかしその後状況が悪化。
本記事執筆時点では第102回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)も大ピンチとなっています。

中には中止が決定的という報道も見られます。
5月20日、高野連が開催可否についてオンライン会議を行い、その後、記者会見を行うとの報道もあり、当日が注目されます。

(2020.05.20:夏の甲子園と地方大会の完全中止決定)

夏の甲子園は各都道府県の優勝校が出場する「選手権大会」。

夏の甲子園開幕の1~2か月前に行われる各都道府県の県大会で優勝校を決めなくてはいけません。
前年秋の地区大会の戦績を参考に選ばれる春の甲子園(選抜大会)とは異なるものです。

コロナ禍で全国で殆どの学校が長期休校を余儀なくされています。

再開している地域でも授業の大幅な遅れや、感染拡大防止の観点から部活動に制約があるなどして、県大会どころではないという学校もかなり多いと考えられます。

また高校野球は審判や球場スタッフなど、運営に携わる方は無報酬のボランティア。
善意に頼っている面も大きいはず。
コロナ禍による混乱で運営に携わる人のやりくりもつかず、結果、開催が困難になるケースも考えられます。

今から11年前の2009年も新型インフルエンザ(H1N1)が猛威を振るいました。

この当時は夏の県大会や甲子園も予定通り開催されましたが、チームや応援団でのクラスター発生が続出し、「真夏のインフルエンザ」と報道されました。

チームでクラスターが発生したことで、試合では18人ベンチ入り出来る所を12~13人での試合を余儀なくされた高校もあったと記憶しています。

感染症に翻弄されたケースは今回が初めてではありません。

話を戻します。
あくまで筆者個人の考えですが、何とか甲子園やそれに繋がる県大会は開催してもらいたいところであります。

高校の部活動は15歳~18歳までの間の非常に限られた時間でしか出来ないものです。

これは野球に限らず、運動系文科系限らずどの部活動でも同様でしょう。
野球ならば高校からプロや社会人、大学野球を目指す人、高校で野球に一区切りをつける人、様々だと思います。

インターハイや吹奏楽のコンクールも中止となりました。
同じ野球でも大学野球の選手権中止が5月12日に決定しています。

高野連の5月20日という開催可否の決断時期が遅いという声や高校野球は特別なのか?などという声が聞かれます。

筆者からすれば、高野連が開催方法を模索することの何が悪いのか?と思います。

もちろん開催方法を模索したうえで無観客での実施となったり、避けてもらいたいですが、夏の甲子園中止や規模縮小となるのは致し方ありません。

筆者が特に気に入らないのは他のものが中止になっているんだから高校野球も中止しろ!という同調圧力の声。

八つ当たりそのものでしょう。
開催可否はその催物の主催者がそれぞれ決めること。

自粛警察(横並びの中止論や自粛論)など相手にする必要は全くありません。

もっとも上述の長期休校による授業の遅れもあります。
教育委員会から理解が得られなかったり、学校(校長など)から大会参加のための公欠が認められないケースも考えられます。

それからコロナ感染拡大防止の観点からの部活動自体の制約。

一方、各都道府県大会を開催し優勝校を決定しなければいけないこと。

加えて、運営に携わる人員のやりくりの問題などもあり、開催へのハードルはかなり高いと思います。

高校野球の場合、通常開催や無観客、中止を決めるのはあくまで高野連。

高野連の方々も開催を模索する中、対応に非常に苦慮していることは想像に難くありません。

ただ春夏中止では最上級生があまりにも不憫だと思います。