しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

独り言

【独り言】新型コロナCOVID19。なぜ指定感染症から除外されないのか?

マスクや消毒液の次は"うがい薬"が品薄に?

これらのものを買い占めてフル活用しても、ゼロリスクにはなりません。
#買い占めは止めよう!

IMG_20200806_200323
(画像はイメージです。)

また感染者の詳細詮索や特定、誹謗中傷。
中傷ビラの自宅への投函など、帰省者への嫌がらせは愚かなことであり、犯罪です。
「自粛警察」「コロナ自警団」こそ糾弾されてしかるべき。

過去の記事でも再三触れていますが筆者は、

・新型コロナ(COVID19)は風邪であり、健常者が極度に恐れる必要無し!

・新型コロナを指定感染症から除外するか、2類感染症扱いから5類感染症に落とせ!

・経済状況の悪化で経済死のリスクが高まるため、経済社会を回せ!

という考えを持っています。

無症状者に対してのやみくもなPCR検査、抗原検査は不要不急であり医療資源の無駄遣いです。

無症状であっても検査で新型コロナの陽性反応が出た場合、その人は一定期間、隔離されてしまいます。
これは新型コロナが2類感染症の扱いになっているからです。

新型コロナCOVID19が結核やSARS、鳥インフルエンザのように強毒性であり、日本国内の衛生環境や医療水準でも致死率が極めて高いということであれば2類感染症扱いもやむを得ないのでしょう。

しかし実態はそうではありませんよね?

最近になって厚労省は自宅療養の基準緩和を発表しましたが遅すぎます。
無症状者や軽症者の隔離などしていたら、病院やベッドの数が逼迫して当然です。
この時期ならば熱中症の方がよほど危険でしょう。

国は直ちに新型コロナを指定感染症から除外。
もしくは2類感染症扱いから季節性インフルエンザのような5類感染症に降格させるべきです。

何故それが出来ないのか?

背景には2021年へ延期された東京五輪の存在。

政府や東京都は"五輪中止"を何としても避けるため、IOCや国際世論にパフォーマンスを図っている面もあると考えられます。

今年2月25日のIOC古参委員の「5月までにコロナが終息しなければ東京五輪は中止か延期」発言。
翌2月26日からの日本政府の動きを見ればそれは明らかです。

3月以降、どれだけの催物が中止になったか、とても数えきれません。
ライブやコンサートなど3月以降は殆ど出来ていないはずです。

一方、翌年への五輪延期が決まるまでは"三密"招くマラソンや聖火リレーなどの五輪関連行事は強行されました。

この時点であらゆる催物に自粛・中止・縮小要請が政府から出されていましたが、五輪だけは特別なのでしょうか?

五輪をやりたいがために精神論を先行させ、五輪に関係の無いものを次々と潰し、あらゆるもの我慢を用いるのは、まさに「欲しがりません。勝つまでは!
戦時中の発想と全く変わりません。

2009年にパンデミックを起こしたメキシコ起源の新型インフルエンザ(H1N1)は、前年夏の北京五輪を終えた後でした。

逆に五輪さえ控えてなければ、日本国内では今回のような大騒動や影響長期化には至らなかったと考えることも出来ます。

"平和の祭典"であるはずの五輪。

厳しい表現ですが、筆者からすればもはや指定感染症除外や他の催物の足枷となっているのは明らかです。

【独り言】東京五輪、果たしてどうなる??

8月9日、本来であれば東京五輪の閉幕式が行われていたはずでした。

コロナ禍によりひとまず2021年夏への延期が決まっているものの、開催可否が注目されている東京五輪。

新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、早ければ今年10月にもIOCが総会を開き、中止を決定するという憶測も聞かれます。

東京五輪、果たしてどうなるのでしょうか?

IMG_20200806_181342
(2020年8月6日:横浜市西区みずほ銀行横浜駅前支店付近で撮影)

筆者は五輪中止不可避と考えています。
理由は世界規模の大会であることです。

日本であれば"風邪"に過ぎない新型コロナも医療水準が低い国や衛生環境が悪い国では相当な数の死亡者が発生しています。

感染症拡大阻止を目的に、各国が鎖国のような入国制限を行い、海外との往来も自由に出来ない状況。

選手の選考に関わる大会も殆ど行えず、選手選考の公平性という問題も出てそうです。
2021年へ延期となったことで選手の再選考を行うのか。
2020年の選考分をそのまま繰り越すのか。

この点は競技や参加国などで異なってくるのでしょうが、どんな方法を取ったとしても公平性は保てないはずです。

以上のことから五輪は中止不可避であり、IOCのシナリオにも"東京五輪中止"が含まれていると考えられます。

一方、日本政府や五輪組織委員、JOC、東京都は何としても五輪中止を阻止したいでしょう。

今年2月25日のIOC古参委員の「5月までにコロナが終息しなければ東京五輪は中止か延期」発言。
翌2月26日からの日本政府の動きを見ればそれは明らかです。

五輪中止を恐れ、IOCや国際世論にパフォーマンスを行うためのイベント自粛・中止・縮小要請、全国一斉休校要請ということです。

この半年間、どれだけの催物が中止になったか、とても数えきれません。

もっとも開催可否などを決める権限はIOCにあります。
それは昨年10月、真夏の酷暑を理由に、東京五輪のマラソン開催場所の札幌への変更が突然発表されたのを見ても明らかです。
政府や開催都市には何の権限もないことも明らかになりました。

IOCには是非、早急に東京五輪に関し決断を行い、公表してもらいたいところです。
予定として五輪がいつまでも残っていて宙ぶらりんの状態が続けば様々な業界や顧客が困り、迷惑です。

【訪問記】台風19号の爪痕、依然色濃く(2020.07.23)

2020年7月23日、9か月ぶりに箱根登山鉄道の運行が全線で再開されました。
当日の強羅駅周辺の様子を7月25日の記事で掲載しました。

筆者は当日、強羅駅からケーブルカーで更に先の早雲山へ向かいました。

DSC_1973


DSC_1974

IMG_20200808_224234

早雲山駅周辺の様子です。
台風による暴風や大雨で土砂崩れが起きたのでしょうか。
木々がなぎ倒され散乱したままの状態となっていて、クレーン車で撤去作業が行われていました。

台風19号襲来から写真撮影時点で約7か月経過したところですが、依然、その爪痕は色濃く残っています。

箱根登山電車の全線運転再開は明るい話題です。
一方、大きな災害が起きると、災害前の状態に戻すのに気が遠くなるような時間を要するということを改めて実感します。

(2020年7月23日:神奈川県足柄下郡箱根町・早雲山駅付近にて撮影)

【独り言】猛暑のこの時期こそ、"Go To Sapporo"

夏休みは#外へ出よう!
"Go Toキャンペーン"などを駆使し#旅に出よう!

我々の旅行や外出が経済を動かします。

DSC_2035

DSC_2036

DSC_2052

DSC_2037

真夏の北海道札幌市中央区・大通公園付近の光景です。
テレビ党のイルミネーションと噴水が幻想的で涼しさを感じさせてくれます。
また都会の喧騒を忘れさせてくれます。

IMG_20200807_230937

記事執筆時点ではSAPPORO泊まろうキャンペーンも実施されています。
筆者は札幌市内のビジネスホテルに宿泊しましたが、キャンペーンの対象だったようで、6枚ほどクーポン券が配布されました。

詳細は関連ホームページなどを閲覧して頂きたいと思いますが、このクーポン券は飲食店や温浴施設、商業施設などあらゆる所が利用対象となっています。
筆者も配布された6枚全て使わせて頂きました。

GoToトラベル以外のお得なキャンペーンやプランも探せば数多くあるはずです。
本州の遅い梅雨明け、そして梅雨明け後の猛暑のこの時期こそ、"Go To Sapporo"

みんなで旅に出て#経済を回そう!

(写真はすべて2020年8月1日:北海道札幌市中央区・大通公園付近にて撮影)

【訪問記】札幌・定山渓温泉でゆったりと(2020.08.02)

夏休みは#外へ出よう!
"Go Toキャンペーン"などを駆使し#旅に出よう!

我々の旅行や外出が経済を動かします!

DSC_2056

DSC_2057

DSC_2058

DSC_2064

DSC_2065

DSC_2066

DSC_2067

DSC_2068

8月2日、筆者は久々に札幌・定山渓温泉郷を訪れました。
温泉に浸かり、自然の中でゆったりと過ごしていました。
周辺を流れる豊平川、そして辺り一面に広がる木々や山は都会の喧騒を忘れさせてくれるものです。

DSC_2061

DSC_2060

DSC_2059

今回は「ぬくもりの宿 ふる川」様にお世話になりました。

IMG_9899

IMG_9894

定山渓温泉では野良猫と1羽のカラスがお出迎え?してくれました。
カラスは普段、厄介者扱いされがちです。
しかし間近で見てみると結構、可愛いような気もします。

(2020年8月2日:北海道札幌市南区・定山渓温泉郷にて撮影)