しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

独り言

【雑記】ラーメンのおいしい季節到来【2019.10.15】

DSC_0704

地元横浜市では先日通過した台風19号が北からの涼しい空気を引き込んだのか、一気に秋めいてきました。
最低気温が15度まで下がる日も出て来ています。
15日は日中でも上着を羽織らないと寒いくらいで、ようやく残暑も終わりでしょうか。

そしてラーメンがおいしい季節到来でもあります。
筆者がよくお世話になっているのは、横浜モアーズの向かい側、狸小路商店街の入口にあるマリモラーメン。
横浜はとんこつの家系ラーメンばかりですが、その中で札幌の醤油ラーメンをベースにしたお店です。
筆者は坦々麺かネギラーメンをよく頂いています。

DSC_0703

これから季節が進むにつれ、ラーメンを食べる機会も多くなりそうです。

【時事】プロ野球のCS、本当にこれで良いの?【2019.10.13】

台風19号で順延となっていたプロ野球クライマックスシリーズ(以下、CS)ファイナルステージ第4戦。
10月13日、セ・パ両リーグで行われました。

セ・リーグは巨人(1位)が阪神(3位)を4-1で下し日本シリーズへ。
パ・リーグはソフトバンク(2位)が西武(1位)を9-3で下しそれぞれ日本シリーズへの進出が決まりました。
パ・リーグでは2年連続で2位ソフトバンクが1位西武に下剋上を果たしたことになります。
巨人-ソフトバンクの日本シリーズはON対決となった2000年以来19年です。

CSが導入されてから下剋上と呼ばれるような下位球団の勝ち上がりは何例かありました。
しかし毎年この時期思うのですが、プロ野球のCS、本当にこれで良いのでしょうか?

パ・リーグにおいて2004年からプレーオフとして先行導入されたこの敗者復活トーナメント。
2007年から両リーグでCSとして本格導入。
翌年の2008年からリーグ優勝チームにアドバンテージ1勝が付与されるようになりました。

CSや前身のパ・プレーオフは確かに3位以内に入れれば敗者復活の希望があります。
しかし、1位の球団からすれば140試合以上のペナントレースを勝ち抜いた苦労がたった数試合で帳消しになってしまう制度と言えます。
1年間、該当の球団を応援して来たファンの気持ちすら、蔑ろにしてしまう制度でもあります。

今年の西武はペナントレースの最後の最後で1位ソフトバンクを追い抜き、142試合目で2年連続のリーグ優勝を決めました。
怒涛の勢いでしたが、CSのたった4試合でそれが帳消しとなってしまったわけです。
この2年間、特に西武ファンの方はショックが大きいと思います。
マラソンに例えるなら、1位で42.195kmを完走したのに敗者復活のために6km追加させられて引っくり返されるようなものでしょう。

現状のように優勝出来なくても最悪3位に入れれば良いという制度を続ければ、いずれペナントレースには見向きもされなくなります。

関東地区でのプロ野球中継の視聴率低迷が叫ばれ、地上波での中継数が激減して久しいところです。
これは野球離れや娯楽の多様化もあるのでしょうが、CSがあることでペナントレースがつまらなくなり、関心が薄れている面もあります。
リーグ優勝=日本シリーズ進出とならないわけですから、観ている方からしてもペナントレースの経過にそこまで目くじら立てなくても良いかなと思ってしまいます。

CSは廃止し、ペナントレースでリーグ優勝した球団同士が日本シリーズで日本一を争う従来の制度に戻すべきではないでしょうか。
これが一番分かりやすいですし、そもそも大原則だったはずです。
少なくとも議論、改善の余地はあるはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本野球よ、それは間違っている! [ 広岡達朗 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2019/10/14時点)




IMG_20191013_231655

IMG_20191013_231903

【時事】今年最強の台風19号、未曽有の被害もたらす可能性【静岡県~関東地方】

1919-00 (3)
(2019年10月10日:気象庁ホームページ台風情報より引用)

wp2019
(2019年10月10日:米軍台風情報より引用)

今年最強の勢力となった台風19号。ニュースなどでも大きく取り上げられるようになりました。
プロ野球では現在、セパ両リーグでクライマックスシリーズが開催されていますが、12日(土)開催試合は台風19号接近のため中止との発表がされています。

台風19号、10月12日(土)の午後から13日(日)の午前中にかけて静岡県西部~関東平野のどこかへの上陸が確実となったようです。

記事執筆時点で気象庁の発表では、台風19号は12日(土)の夜、静岡県御前崎市付近にかなり接近。
その後、駿豆湾~伊豆半島北部~神奈川県東部・東京23区付近~千葉県・茨城県付近を北東進する予想。
米軍台風情報では伊豆半島南部~相模湾~三浦半島~東京湾北部を通過し、千葉県・茨城県付近に上陸する予想になっています。

どこに上陸するのか、またどこを通過するのかは微妙な予想のズレがあるようですが、いずれにしても
静岡県~関東地方に未曾有の被害をもたらす可能制すら感じます。
今度の3連休、レジャーなどを予定されている方も多いかと思いますが、まずは身の安全を第一に考えなければいけません。

あとは台風通過後、倒木にも注意したいところです。
先月の台風15号の暴風に何とか耐えた木も、今度の台風19号で止めを刺されてしまう可能性があります。

【時事】"今年最強"台風19号、静岡~関東地方を直撃か?

1919-00 (2)

(2019年10月8日:気象庁公式サイト台風情報より引用)

台風19号関連のニュースが気になるところです。徐々に騒がしくなって来ました。
気象庁発表の記事執筆時点での進路予想によると、やはり次の3連休、静岡~関東地方を直撃することが濃厚となって来ました。

台風19号の中心は12日(土)21時時点で駿豆湾から静岡県の伊豆半島付近にかなり接近・上陸し、静岡県~神奈川県~千葉県付近を縦断する予想となっています。

関東地方、特に千葉県では先月、台風15号の暴風で被災し、復興・復旧が進んでいないところや、日常の生活に戻れていない方も多くいらっしゃると思います。
仮にもし、台風19号が多少南に逸れて上陸は免れたとしても、大型の台風であることから進路予想先では大きな影響を受けることは必須でしょう。

繰り返しになりますが、今のうちに災害への備えを再確認したいところです。

やるべきことは多くありますが、先月の台風15号では大規模停電が発生しインターネットが遮断され、情報収集が困難となりました。
長い時間、何が起きているのか分からないままの方も多かったと思います。
停電時のことを考え、安いもので構わないので、本ブログではラジオの用意を推奨します。

DSC_0696









【時事】DeNAベイスターズ、2位からの下剋上叶わず【2019.10.07】

本ブログでも何度か取り上げたプロ野球セ・リーグ、巨人と横浜DeNAベイスターズの優勝争い。
残念ながらDeNAの10.5ゲーム差からの大逆転優勝は叶いませんでした。

そして今月5日から両リーグで始まったCSファーストステージ。
両リーグともに1勝1敗のタイとなり、7日夜、両リーグで第3戦が横浜スタジアムと福岡Yahoo!JAPANドームで行われました。
セリーグはDeNAが阪神に1-2で敗れました。DeNAは2位からの下剋上は叶わず、今シーズン終了となりました。

CSの結果は残念でしたが、DeNAは今年、前身の横浜時代のリーグ優勝&日本一となった1998年以来の優勝争いを演じ、一時は首位巨人に0.5差まで迫りました。
シーズン中盤から終盤にかけて試合の結果や経過に一喜一憂したのは、まさにあの時以来。
もしかしたらもしかするかも?と思ったのも事実です。

この楽しみは来年(2020年)に持ち越すことにしましょう。

DSC_0569

hamasuta

DSC_0570

(2019年8月30日:横浜市中区横浜公園にて撮影)

まだまだ残暑が厳しい時期、横浜公園付近をフラフラ歩いていました。
ライト側にはウィング席ができ、横浜スタジアムの収容人数が増えました。
レフト側のウィング席も2020年の五輪に向け、建設工事が進んでいました。
BAYSTOREというオシャレなグッズショップもあります。

近年、横浜スタジアムで行われるDeNAベイスターズの試合は多くが満員御礼で、チケットは入手困難となりました。
最近は街中でもベイスターズの帽子やユニフォームなどを身につけている人が多くなったような気もします。
前身の横浜時代、特に末期の頃は想像もつかなかったことですが、DeNAとなり着実にファンを取り込んでいる印象です。