しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

独り言

【独り言】関東地方、2日続けて最大震度4の地震【2019.12.03~12.04】

20191204103923395-04193509
(2019年12月4日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

関東地方では12月3日~4日にかけて2日間連続で最大震度4のやや強い地震が発生しています。

昨日3日、10時23分頃発生の茨城県南部を震源とするマグニチュード4.7の地震。
今日4日、10時38分頃発生の茨城県北部を震源とするマグニチュード4.8の地震。


そして今日4日、つい2時間ほど前の19時39分頃発生の栃木県北部を震源とするマグニチュード4.7の地震。

この3つが該当で、いずれも茨城県や栃木県、群馬県で最大震度4を観測しています。
筆者の地元神奈川県でも、あれっ、揺れたかな?と言う程度でしたが、小さな揺れを感じました。

やはり改めて思うのは、地震はいつどこで起きるか分からないということです。
もちろん何も災害が発生しないことが一番ですが、日本は災害大国。
万が一の時のことを考え、対策しておかなければいけません。

水や電池の備蓄や懐中電灯、軍手、携帯ラジオの準備など、やらなくてはいけないことは意外とたくさんあります。




筆者も今一度、万が一の時の備えを見直してみようと思います。
取り組んでいるつもりではいますが、抜け落ちていることも多いと実感します。

【雑記】12月とは思えない大雨【2019.12.02】

201912021500-00
(12月2日:気象庁ホームページ・アメダスより引用)

2019年も残り1か月となりました。
11月中旬ころから普通ならば降水量が少なくなり、寒い乾燥晴れの日が多くなるものです。

しかし今年は様子が全く違い、特に11月後半、梅雨のようにずっと雨が降り続く日がありました。
止まない雨もある?と思ってしまったところです。

そして12月2日、地元横浜では土砂降りの大雨。
14時から15時ごろにかけては夏の夕立か、台風が来た時のような酷い雨でした。
12月2日(22時時点)の降水量は82.5mmを記録したようです。

気象庁のデータによると、横浜の12月の平年降水量は54.8mmだそうですので、1日でその約1.5倍の雨が降ったことになります。
とても12月とは思えない大雨で、記憶にありません。





夏や秋、これまで経験したことの無かった巨大台風や豪雨がありました。
この冬は未曾有の大雪とか、過去の経験則が通じないような現象が起こってしまわないか少々気がかりであります。


【雑記】暑いときは寒さ恋しく、寒いときは暑さ恋しく

IMG_4698
(2019年7月28日:沖縄県糸満市美々ビーチにて撮影)

IMG_6257
(2019年9月10日:神奈川県横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

IMG_6551
(2019年9月29日:鹿児島県鹿児島市城山にて撮影)

いよいよ師走、2019年も残り1か月となりました。
忙しい方も多くいらっしゃるかと思います。

今年の11月は筆者の地元・神奈川県では雨が多く、気温の変動も激しいものでした。
しかしこの1週間くらいでかなり冷え込んできました。
11月28日の冷たい雨は体に堪えたものです。
この日は丹沢や箱根の標高の高いところでは降雪したところもあるようです。






上記3枚の写真は暑かった時期のものを選んで貼ってみました。

今年は7月半ばまで雨が多く涼しい日もあり、冷夏?の予感もしましたが、梅雨が明けたら猛暑の毎日。
2018年のような酷暑ではなかったものの、同年は災害級といわれる記録的な暑さだったので特別。
今年も9月の終わりくらいまで厳しい暑さの日が多くありました。

夏から秋にかけては寒さが恋しくなりますが、筆者は冷えが特に苦手。
冬はやはり夏の暑さが恋しくなります。

暑いときは寒さ恋しく、寒いときは暑さ恋しく。
やはり人間勝手なものだと思ってしまう今日この頃であります。

【独り言】改めて考えよう。キャッシュレス社会のリスクとは?

DSC_0984

今月23日、QTnetの電源設備更新作業の不具合によって混乱が起きました。

具体的には、楽天カードや楽天Payでの決済が不可能となったり、福岡県など一部自治体のシステムが利用不能となり、防災メールが配信出来なくなったケースなどが報じられています。
楽天カードや楽天Payは27日13時過ぎに完全復旧したようです。

キャッシュレス決済が爆発的に普及し、特に普段の生活の支払いで楽天カードや楽天Payを利用している多くの方は大きな影響を受けたと思われます。

今回の混乱については色々と思うところがありますが、やはり改めてここで考えなければいけないのはキャッシュレス社会のリスクです。
教訓にしなければいけません。

11月26日の記事と10月29日の記事で触れましたが、まずは今年7月に発生したセブン・ペイ不正アクセス事件のように犯罪に巻き込まれ、金銭やポイントを搾取されるリスク。

次に台風や地震など自然災害で長期に渡り停電し、電気が使えなくなり何も出来なくなるリスク。
最近では千葉県を中心に大規模停電を発生させた今年9月の台風15号、その翌月の関東・東海地方を襲来するものとしては最強クラスだった台風19号による災害が当てはまります。

今回の混乱は不正アクセスや自然災害ではなくシステム障害によるものでしたが、やはりこれも人間が考えて作るものです。

万が一、障害や自然災害などでキャッシュレス決済が不可能になったことを想定し、ある程度現金を用意しておくなど消費者側もリスクを考え、あらかじめ準備しておく必要があります。



ここまで書くといかにもキャッシュレスの悪口ばかり言っていると思われそうですが、筆者はメリットを全て否定しているわけではありません。
時代に順応しなければ置いてきぼりにされるだけです。
反対論を唱えたとしても、世の中のキャッシュレス化の流れには逆らえないのは事実。

ただキャッシュレス決済が普及する今日、利用するのであれば上述のようなリスクと隣り合わせであることを認識しなければいけないと思います。
マスコミもキャッシュレス万歳論だけでなく、リスクについてもっと報じるべきではないでしょうか。

【独り言】また1つ、キャッシュレス社会のリスク浮き彫りに

DSC_0978

11月23日に発生したQTnetの電源設備更新作業に伴う不具合。
楽天カードや楽天Pay、福岡県などの自治体のシステムが利用不能となるトラブルが発生しました。

トラブル発生から2日半が経過しました。

記事執筆時点でも楽天カードでの借り入れや楽天e-NAVIで今年12月以降の利用明細、利用可能額の照会ページが閲覧できないなど、まだ影響が残っています。
完全復旧の見込みは立っていないようです。

今回のトラブル、今後は責任の所在はどこにどれくらいあるのか?といった話になっていくでしょう。

しかし筆者は今回のトラブルでまた1つ、キャッシュレス社会のリスクが浮き彫りになったと感じています。

筆者は今年10月29日の記事で「キャッシュレス社会、本当に良いの?」というタイトルで、キャッシュレスありきの現在の風潮を危険視する投稿をしました。

この時は主に今年7月に発生したセブン・ペイ不正アクセス事件のように犯罪に巻き込まれるリスク、次に自然災害で停電し何も出来なくなるリスクに触れました。

今回のトラブルは犯罪や自然災害ではありませんが、システム障害で何も出来なくなるリスクも想定しなければいけないということです。

今回は楽天カードと楽天payで決済不能となる現象が起きてしまいましたが、他社のサービスでもリスクはあるはずです。

もちろん、どのような方法も完璧なものはなく一長一短があるのは理解しています。

だからこそ、キャッシュレス決済を選択する消費者も、キャッシュレス決済を導入する事業者も、やはりメリットだけでなくデメリットやリスクにも目を向けなければいけないのではないでしょうか。