しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

独り言

【独り言】何でもオンラインやテレワーク、本当に良いの?

横浜市西区のみなとみらい21地区にあるいちょう通り。
神奈川大学の「みなとみらいキャンパス」の建設工事が進んでいます。

IMG_0646
(2020年9月17日:横浜市西区みなとみらい21地区いちょう通りにて撮影)

2021年4月の開設が予定されているとのことです。

建設中のキャンパスを偶然見かけて、改めて思うことがあります。

何でもオンラインやテレワーク、本当に良いの?
教育機関なら新型コロナ騒動に乗じた"オンライン授業"。
特に大学で顕著のようです。

秋以降、文科省が対面授業の実施を呼びかけても8割程度の大学が対面授業とオンライン授業の併用にする方針と言われています。

教科書やテキストに載っていることなら、確かにオンライン授業である程度、賄えるのでしょう。
通信制の教育機関であれば、それを前提として入学しているので、全ての内容をオンライン授業で行っても全く問題ありません。

しかし通信制でもないところでオンライン授業ばかりに頼るのは如何なものか?
他者とのコミュニケーションやフィールドワークなどは、対面であったり外に出なければ出来ないことです。

大学に対し授業料を返せ!もしくは減額しろ!と言う声が学生やその保護者から出るのは当然です。

良い点でもあり悪い点でもありますが、日本人は全体主義。
個人で何かをするのが苦手で、まとまって繋がっていないと不安になる国民性であるとされています。

フェイス・トゥ・フェイスの関係の重視。
自分自身で現場や会いたい人の所へ出向き、話をするのが日本人のやり方です。

日本人の長年のやり方をすべて否定し、無理やりオンライン授業やテレワークを導入しようとしても国民性に合わず、上手く行かないでしょう。
これは春先に叫ばれた「9月入学」や「オールキャッシュレス」などにも同様のことが言えます。

もっとも大学側が対面授業を渋り、オンライン授業という方法に頼ること自体、新型コロナのクラスター発生を恐れ、さらし首にされたくない面があるはずです。

背景や経緯関係なく、クラスターが発生すればさらし首。
陽性ならば原則隔離となる新型コロナの指定感染症(2類相当)継続の弊害と言えます。

【独り言】病気から身を守るのは"あなたの体"

横浜の市街地を散歩していたら、このような看板を出した薬局を見つけました。

IMG_20200917_163139

(2020年9月16日:横浜市中区関内付近にて撮影)

・病気から身を守るのは"あなたの体"。
・"体力強力"が予防への近道

まさにその通りです。
マスクや薬、フェイスシールドはウイルスから身を守ったり治すものではありません。

新型コロナは風邪。
風邪は自助、対症療法が基本です。

マスクやうがい薬、消毒液などの買い占めや高値での販売。
サイゼリアの「しゃべれるくん」に代表されるような商品の開発・販売。

自粛警察やマスク警察、コロナ自警団に代表される"コロナ脳"。
そして上述のような新型コロナに便乗した金儲けが至る所で横行するなど腹が立つことばかりです。

しかし新しい生活様式によるおかしな日常の中、正しいことを掲げている人や事業所もまだまだ多くいらっしゃるということです。

菅首相は悪しき前例主義や既得権益を打破し、客観的に見ておかしいところは直していかなければいけないと9月16日の就任会見で述べられていました。

また政府や厚労省は政令を改正し、10月から入院措置は65歳以上の高齢者や持病がある方など重症リスクの高い人に絞るなど、指定感染症の運用を見直すとしています。

10月からは東京発着もGoToキャンペーンの対象となります。

東京も対象とし、GoToキャンペーンを続けならば指定感染症除外とイベント制限の全面撤廃を行うべき。
そうでなければ辻褄が合いません。

他にもおかしなこと、数えきれないくらいありますね。

【独り言】この秋はGoToキャンペーンで#旅に出よう

いよいよ10月1日から東京もGoToキャンペーンの対象に。
9月18日からは東京発着の旅行商品の発売が旅行会社などで始まりました。

ネット上でも旅行商品の広告ページが次々と出てきます。

IMG_20200918_215115

IMG_20200918_215221
(画像はイメージです)

この秋は是非、GoToキャンペーンなどを使い#旅に出よう!
StayhomeではなくLet's  go outside!

我々一人一人の外出や旅行が経済を回します。
身近なところから#経済を回そう!

さて今週は大きな出来事がありました。
9月16日、歴代最長となった安倍内閣総辞職。そして菅内閣発足。

筆者は菅首相の就任会見を視聴していました。
その中で気になったのはGoToトラベル事業について、

・7月のスタート以来、1300万人が利用した。

・利用者の感染者数は10人に留まっている。

・今後も躊躇なく対策を講じていきたい。

ということを述べられていました。

筆者はGoToキャンペーン自体は躊躇せず実施してもらいたいと思います。
ただそれと同時に、

・新型コロナの指定感染症からの除外(もしくは2類相当から5類相当への降格)。

・イベント制限の全面撤廃。


この2点をやらないと辻褄が合いません。

7月末から8月の夏休みの時期にかけて、新型コロナの陽性判明者が全国各地で激増したのは記憶に新しい所です。

この時、政府はGoToトラベルなどで旅行を推進。

一方、東京や沖縄など一部の都府県では緊急宣言事態下のような自粛要請、休業要請、時短要請を行うなど、政府と行政で方針が矛盾する事態になりました。

新型コロナに乗じた権力闘争なのかもしれませんが、そもそも新型コロナは風邪。
難病でも不治の病でもないのは明らかです。

風邪は対症療法、そして"自助"が基本。
マスクもフェイスシールドも薬も、風邪感染のリスクがゼロとなったり、風邪を治すものではありません。

軽傷や無症状でもSARSや結核のような原則隔離となる2類相当の扱いになっていること自体、ナンセンスなのです。

10月1日のGoToトラベル対象東京追加と同時に上述の2点。
そして新型コロナそのものを過度に恐れる必要はないという旨の安心宣言を行うべきです。

逆にこの程度のことすら危険で駄目だというのなら、2021年に延期された五輪開催など到底、不可能です。

【独り言】4連休はLet's go outside!

今週もあと1日。
1日頑張れば翌日19日から4連休という方も多いかと思います。

是非今度の4連休は#外に出よう!
Let's  go outside!

GoToキャンペーンなどを使い#旅に出よう!

我々一人一人の外出や旅行が経済を回します。
身近なところから#経済を回そう!

IMG_20200917_171821
(画像はイメージです)

DSC_2014

DSC_2011

DSC_2012

DSC_2010

DSC_2009

DSC_2006

DSC_2005


DSC_2004

DSC_2002
(2020年7月23日:神奈川県足柄下郡箱根町・日帰り温泉和泉館様にて)

筆者の住む神奈川県にも行楽地や観光地がたくさんあります。
特に県西地域は温泉もあり、自然も多く残っています。

神奈川県外に出なくても、少し足を延ばせば旅行気分、保養気分を味わえるはずです。

普段の生活では知らないうちにストレスが溜まりがちです。

特に横浜や川崎など県東部にお住まいの方は是非、今度の4連休は県西地域で「未病」改善に取り組んでみては如何でしょうか。

同一県内など微妙に近いところだとかえって行かなったり、全く行ったことがない地域。
考えてみると結構、思い浮かぶものです。

【雑記】4連休は#外に出よう!

9月も折り返し。19日土曜日から4連休という方も多いのではないでしょうか。

是非、今度の4連休は#外に出よう!
お外に出て#野鳥と過ごそう!

おうち時間ではなく#おそと時間。
Stayhome→Let's  go outside

最近、何でもオンライン、オンラインと言われています。
しかし、自然と触れ合い五感を刺激するのはオンラインでは出来ないことです。

IMG_0568

IMG_0569

IMG_0570

雀は都市化で数が少なくなってきていると言われています。
しかし今年に限って言えば、目に入る雀の数は増えた感覚があります。

今年の春先はコロナ騒動による緊急事態宣言、外出自粛などで人出が少なくなりました。
社会経済も殆どが止まってしまいました。

当然、これらは人間にとってマイナスばかりです。
ただ野鳥にとっては逆に過ごしやすい環境になったのかなと考えることも出来ます。

IMG_0581

IMG_0583

IMG_0580

我々も目にすることが多いカワラバト(ドバト)。
この2羽はいわゆる"カップル"なのでしょうか。
他の鳥が適度な距離を取る中、明らかに密接していました。

そこら中で当たり前のように見られるハトや雀、カラス。

特にハトやカラスは厄介者扱いされることも多いですが、よく考えてみると雛を今まで見たことがありません。
どういう所で子育てをしているのでしょうか。

最近、手空き時間があるとき、そんなことを考えてしまいます。

(2020年9月13日:横浜市中区山下公園にて撮影)