しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

独り言

【独り言】今年は暖冬ではなく無冬?

202001291400-00
(2020年1月29日:気象庁公式ホームページアメダスより引用)

今年は暖冬ではなく無冬?そう言いたくなるような気候です。

北陸地方など本来、豪雪地帯と言われている地域での記録的な雪不足、高温。
27日の宮崎・大分両県での1時間に100mmを超えるような豪雨。
28日~29日未明にかけての関東地方での大雨、そして29日の高温。
関東平野は最高気温軒並み20度近くまで上がり、少し体を動かせば汗ばむ陽気でした。

暖冬になることで雪が無く工事が捗ったり、暖冬で野菜が大きく育ち豊作となったり、ゴルフ場の客足が伸びるというメリットもあると思います。

しかし、暖冬で雪不足となりスキー場が営業出来なくなるケースが報じられています。
これはレジャー産業などにとって悪影響であり死活問題になるのは言うまでもありません。
特にスキー場では低温で乾雪が多く降ってくれないことには商売にならないでしょう。

また冬が明けてから雪解け水が無く水不足になること、雪解け水を使った米や酒の生産・品質、冬の雪下に眠らせて育てる野菜の品質に悪影響を及ぼすことを懸念する声も挙がってきています。

自然が相手。皆が皆、納得できるような気候は難しいですが、それがあまりにも極端だと、メリットの一方、歪みがどこかで出てくるということではないかと感じています。

今年は無冬?と思わせるような気候が今シーズンは続いてしまうのか、気になる所です。

【独り言】日本の四季はどこへ?【2020.1.27】

202001271950-00
(2020年1月27日:気象庁公式サイトレーダーより引用)

今冬は記録的な暖冬。日本の四季はいったいどこへ?

1月なのに九州や四国で最高気温20度を超える地点が出てきたり、雪不足が深刻化しスキー場が営業出来ないなどの影響が出て来ています。

そして1月27日、大分や宮崎で1時間に100mmを超えるような豪雨になったそうです。
レーダーでは、豊後水道付近に線状降水帯のようなものが見られます。
夏や秋には確かによく見られますが、真冬に見られるようになるとは。
やはり気候の極端化を実感せずにはいられません。

1月28日の午後は関東平野でも豪雨が予想されています。
安全最優先に過ごしたいものです。

【独り言】風邪・インフル流行に拍車?【2020.01.08】

202001081400-00
(2020年1月8日:気象庁ホームページ・アメダスより引用)

1月8日、発達した日本海低気圧の影響により、前日7日の天気予報では関東平野は軒並み最高気温20度近くとなる予想でした。
地元横浜の最高気温も19度の予想だったはずです。

午後から暖かくなるだろうと思って外出していたのですが、一向に暖かくなる気配はありません。
結局7日の横浜は日中の最高気温は8.4度までしか上がらなかったようです。
前日の予想最高気温よりも約11度低いことになります。

実際に春のような気温になった所は神奈川の三浦半島や千葉県の房総半島南部、関東平野からは外れてしまいますが、静岡県などにかなり限定されていたようです。

ここまで最高気温の予想が低い方に外れると、9日以降、風邪やインフルエンザの流行に拍車をかけないか懸念されます。

全国的にインフルエンザが流行しています。
国立感染症研究所が発表しているインフルエンザ流行レベルマップを見ると、大半の都道府県で警報クラスとなっているようです。

特に体が冷えると抵抗力が下がり、風邪やインフルエンザなどに罹りやすくなります。
また、感染症以外の面でも自律神経系の体調不良が起きやすくなります。
(余談ですが、筆者は体が冷えるのが本当に駄目です。)

手洗いうがいの励行、栄養価の高い食事、睡眠時間の確保はもちろんですが、体を冷やさないということも意識して体調不良を防ぎたいところです。

【独り言】日本海低気圧急発達

20010809
(2020年1月7日:気象庁ホームページ天気図より引用)

1月7日~8日にかけて日本海を低気圧が急発達しながら東進していく予想です。
低気圧の北側に当たる東北地方北部以北では湿った大雪の恐れが報じられています。

関東地方、7日は温暖前線のギリギリ北側に入り真冬の寒さでした。
曇り雨ベースで、標高の高い所や内陸部では雪が混じった所もあるようです。
しかし8日は急発達中の低気圧の南側に入ることから、最高気温が20度前後まで上がる地域もあるようです。

8日9時の予想天気図を見てみると、素人の筆者からしても春一番が吹く頃のような感じがします。
暖かいのは嬉しいのですが記録的な暖冬・雪不足により各地のスキー場で営業に支障が出ていたり、営業出来ないケースも続々と出て来ているようです。

災害級の豪雪や寒さ、夏の酷暑も困りますが、やはり時期相応の気候にならないと、どこかで歪みが出てきてしまう、そんな気がします。

【独り言】正月明けの雪【2020.01.04】

202001042335-00
(2019年1月4日:気象庁公式サイトレーダー・ナウキャストより引用)

あっという間に正月も終わりです。
関東平野では元旦の朝に雲が多く、初日の出は見られなかった所も多かったですが、正月3が日、トータルで見れば天候には恵まれました。

正月明けの4日は午後から天気が下り坂で、地元では夜遅くになると急に強い風が吹き寒くなり、雪が降って来ました。
夏の夕立のような感じでしたが、局地的に強い降水・降雪となっている所もあるようです。
東京・大手町では4日夜、初雪を観測したと気象庁から発表されています。

今のところ関東平野で積雪となる可能性は無いようですが、濡れた路面や歩道が凍り、スリップや転倒等のリスクも考えられるので注意が必要です。