しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

独り言

【時事】九州南部豪雨、被害が徐々に明らかに。

既に報道されている通り、7月3日から九州南部で記録的な豪雨となっております。
まずは九州南部豪雨で被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

IMG_20200705_234820
(2020年7月4日:NHKのニュース番組にて)

被害が徐々に明らかになってきていますが、特に熊本県南部の被害が深刻です。
球磨川が大規模氾濫。
JR肥薩線の球磨川第一橋梁が流出し、八代~吉松間が不通となっています。

くま川鉄道も球磨川第四橋梁が流出し、全車両が浸水。
人吉温泉駅構内で土砂流入や冠水被害が発生し全線で不通。

肥薩おれんじ鉄道も佐敷駅での線路冠水や20か所以上の土砂流入により、出水~八代間で当面の間、運休するとしています。

他、九州産交バスやタクシーの営業所が浸水・水没し、車両が使用不能となる被害も報じられています。

今後、長期にわたり公共交通機関の運行に影響を及ぼす可能性も考えられます。

起きてほしくはありませんが・・・。
特に鉄道で、台風や豪雨、大地震などの災害をきっかけに廃線となってしまうケースも実際には少なくありません。

特に先述の橋梁が流出したJR肥薩線やくま川鉄道は、復旧するとしても年単位の時間を要するかもしれません。

ただ、まずは何と言っても人命最優先。
これ以上、人的被害が拡大しないことを祈るばかりです。

そして自然災害への被災、明日は我が身かもしれません。

昨年、地元神奈川県や東京都でも台風19号で多摩川の大規模氾濫や箱根登山鉄道の斜面崩落などによる長期運休など大きな被害が発生しました。
今一度、災害への備えについて見直しを!

【独り言】新型コロナ東京107人!再度の緊急宣言は必要か?(2020.07.02)

7月2日、東京都で107人の新型コロナウイルスの新規感染者が確認されたと発表。

また同日、神奈川県では13人、埼玉県では19人、千葉県では11人の新規感染者確認が発表されています。

東京都で新型コロナウイルスの感染者が100人を超えるのは5月上旬以来2か月ぶりとのことです。
SNS上では緊急事態宣言を発令しろ!というような声が目立ちます。

果たして再度の緊急宣言は必要か?

IMG_20200630_165809
(2020年6月30日:神奈川新聞2面より引用)

筆者は不要と考えています。

まず新型コロナウイルスは風邪の一種に過ぎず、不治の病でも何でもありません。

感染しても8割以上の人は軽傷か無症状。
筆者からすればヒステリーを起こす意味がさっぱり分かりません。

国も新型コロナウイルスを指定感染症から除外するか2類感染症から5類感染症に下げるべき。

簡単に言えば季節性の風邪やインフルエンザと同様の扱いにすることです。

そうすれば病床数の逼迫も抑えられるでしょう。

逆に言えば2類感染症に指定されたままであることから感染=隔離となり、病床数の逼迫などという問題が出てくるのではないでしょうか。

有効なワクチンや治療薬が無いじゃないかという意見もあろうかと思います。
しかし新型コロナを含め風邪は対症療法が基本です。

また、この時期なら熱中症、食中毒の方がよほどリスクでしょう。
食中毒の原因の1つであるノロウイルスも有効な薬はなく、やはり対症療法が基本。

埼玉県の小中学校では7月2日、3000人以上の生徒が給食が原因の食中毒に罹ったと報じられていますが、人数だけを考えればこれこそ緊急事態宣言です。

次に経済面です。
筆者は人命と経済は両輪であると考えています。

経済回復に配慮するため、再度の緊急宣言に関し慎重になるのは間違いではありません。
経済への配慮が遅いのは誰もが感じているとは思いますが・・・。

筆者は5月26日、こんな記事を投稿しました。

【独り言】自粛政策の先には廃業・失業・就職難の大嵐か。

緊急宣言中は自粛警察が大暴れ。
パチンコ店の営業や商業的なことや旅行へ行こうものなら袋叩きでした。
今は夜の街が袋叩きにあっています。

これらは不要不急の娯楽の最たるものに見えてしまいがちです。


一方、その業界で働いている人もいるのは事実。
天から金が降ってくるわけでも無く、営業して収入を得られなければ生きて行かれません。

コロナ禍で倒産や廃業、民事再生法適用などの情報や、大手企業の新卒採用中断(ANA・JAL)や中止(HIS)の話を耳にする機会が非常に増えました。

2021年春卒業予定者の学生の就活は空前の売り手市場から一転、非常に厳しい買い手市場となりそうですが、経営はボランティアではないということです。

健康な方はステイホームやおうち時間ではなく、是非外に出て身近な経済を回そう!
身近な経済が止まって良いことなど一つもありません。

以前から何度も書いていますが、これが筆者の考えであります。

※筆者都合により7月3日から3~4日間休載します。

【独り言】関東平野と静岡県は今夜は土砂降り?

今日から7月。2020年も後半に入りました。
関東は梅雨真っただ中で地元神奈川県も雨が降ったりやんだりの1日。

強風も加わり、一度降り出すとあっという間に濡れてしまう降り方でした。
この記事を執筆している今も雨音がはっきり聞き取れるくらい強く降っています。

202007012235-00

202007012240-12
(2020年7月1日:気象庁公式サイトレーダー・ナウキャストより引用)

レーダーを見てみると、駿豆湾付近にある線状の積乱雲が北東進し、日付が変わる前くらいに関東地方に襲来する予想となっています。

関東平野と静岡県は今夜は土砂降り?でしょうか。
静岡県東部や関東平野(特に神奈川県・東京都・千葉県)は相当強い雨雲が通過しそうです。

静岡県の一部には土砂災害警戒情報が発表されています。
地元神奈川県でも箱根では今日7月1日の降り始めからの雨量が22時時点で200mmを超える大雨となり、地盤が崩れる被害も出ているようです。

大雨の被害を受けないよう、今夜も安全最優先に過ごしたいものです。

【独り言】東京54人、神奈川20人以上(2020.06.30)

2020年も今日6月30日で折り返し。
コロナのせいであっという間に過ぎ去ってしまった気がします。

今月半ばから首都圏や北海道で新型コロナ感染者が再び増加傾向にあるようです。

IMG_20200630_165700
(2020年6月30日:神奈川新聞20面より引用)

昨日6月29日は東京58人、埼玉13人、北海道11人。

今日6月30日は東京54人、神奈川は横浜市だけで20人以上(記事執筆時点)、北海道は13人の感染確認と発表されています。

首都圏の感染者の多くはクラスター発生源としてやり玉に挙がっている夜の街でウイルスをもらってきているようです。

毎日、夕方になると各都道府県の新型コロナ感染者が発表されます。
しかし、筆者からすればだから何?と思うのが正直なところ。

日本国内では感染しても8割が軽傷か無症状と言われています。

春先の緊急事態宣言や#stayhome、#おうち時間という言葉に象徴される異常な自粛政策。
ソーシャルディスタンス、新しい生活様式など全くもって不要。

必要なのは、

・新型コロナを指定感染症から外すこと。

・他の風邪と同様の扱いとし、一般の医療機関でも診察可能とすること。

・IOCに五輪中止を促すこと。
(←これについては別述予定)

この3点であるのは我々庶民から見ても明らかです。
何も大騒ぎする必要はありません。

今回のコロナ禍では本来、感染症対策に関し先陣を切らなければいけないはずの厚労省は一体、何をしているのか。
なぜか経済再生相の談話ばかり目立ちますね。

色々と批判もありましたが、2009年の新型インフルエンザ大流行時は舛添要一厚生相(当時)が先陣を切って動いていたことを思い出します。
緊急事態宣言や異常な自粛政策で社会や経済が止まるということはありませんでした。

逆に指定感染症から外れずマスコミと結託して煽るような報道を続ける理由も考えてみましょう。

まずは五輪中止を恐れ、WHOやIOC、国際世論にパフォーマンスを図るためか。
これは過去の記事でも何度か触れていますが、

2月25日のIOCコーツ委員の「5月にコロナが終息しなければ五輪中止」発言

2月26日の安倍首相による大規模イベントの自粛・中止・延期要請

2月27日の安倍首相による小中高校の全国一斉休校要請

という政府の動きを見ると間違いないでしょう。

それに加え、今は某議員夫妻の公選法違反(大規模買収事件)から国民の目を逸らさせる目的も想像できます。
実際、某議員夫妻が逮捕された6月18日から東京都の感染者数が増えているような・・・?

これはあくまで筆者個人の想像の域ですが、様々なことを思い浮かぶのが正直なところです。

【独り言】高温多湿の時期は真冬の寒さを思い出そう!

日本列島は梅雨真っただ中。

高温多湿のこの時期、加えて2月から続く"コロナ騒動"や異常な自粛政策などもあり、余計にイライラしがちです。

ストレス緩和のため、夏の暑い季節、あえて真冬の寒さを思い出すのも有効です。
寒冷地に行った時のことを思い出すのも良いでしょう。

10391693_913190552133298_1844367488409550644_n

1934563_913190572133296_9072779806660217920_n

1917833_913190588799961_9136494365795681392_n

12112510_913190612133292_679510953311432149_n

12801575_913190625466624_6305207536359097005_n

10737_913190638799956_8543756011258810501_n
(2016年3月20日:北海道上川郡層雲峡温泉街にて撮影)

初春に北海道上川郡層雲峡を訪れた時の写真です。
層雲峡氷瀑祭りが開催されている季節でした。

初春と言っても北海道では3月半ばはまだまだ雪の季節。
辺り一面も雪で真っ白。
日中の気温は0度に届かず終始氷点下といった状況。

神奈川県民の筆者にとっては、真冬を超える厳しい寒さであったことが思い出されるところです。