しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

時事

【独り言】プロ野球・阪神で"風邪"のクラスター

既に大きく報道されていますが、プロ野球・阪神で新型コロナのクラスターが発生。
濃厚接触者となった選手10人の一軍登録を抹消する事態となりました。

IMG_20200926_121208

お約束通り自粛警察やコロナ自警団が湧いてきています。

「選手同士の会食は4人まで」などとした球団の内規を破り、8人で食事をしたことなどについて。球団や選手を誹謗中傷するような書き込みがネット上で見られます。

阪神以外では外食自体を禁止するなど、選手を厳しく管理する球団も存在します。

しかし本来、何人で食事をしようが、どこで何を食べようがその人の自由。
規制するのはおかしな話。
ましてやプロ野球選手は個人事業主です。

今夏、大阪府の吉村知事が5人以上の宴会自粛を求めた期間がありました。
4人までならOKで5人以上がNGという根拠は何なのか?と感じたところです。

そもそも新型コロナは不治の病でも難病でもなく"風邪"。
風邪なんか誰でも罹ります。
どこで何百人罹ろうが、クラスターが発生しようが、大した問題ではありません。

それをいつまでも指定感染症(2類相当)から外さないから、検査で陽性となれば無症状でも原則隔離となり、医療資源が逼迫したり風評被害が起きるのです。

政府は10月1日からGoToトラベルの対象に東京在住、東京発着も追加。

全世界からの日本への入国もビジネスや留学、家族滞在など中長期滞在者(3か月以上)で、1日の上限を1000人とするなど一定の条件で緩和。

文化芸術やスポーツのチケットを購入すれば、その金額の2割をクーポンなどで割引するGoToイベントも10月半ばから開始の方向としています。

GoToイベント、GoToトラベル、入国制限の緩和、この3つを実施するのは良いでしょう。
ただ実施するなら、

・新型コロナの指定感染症からの除外(もしくは2類相当から5類相当への降格)

・イベント制限の全面撤廃。


この2点をやらないと辻褄が合いません。

そして全数検査の中止、無症状者へのやみくもなPCR・抗原検査の中止。
我が国において新型コロナは恐れるものではないという旨の安心宣言実施。
コロナ禍前の日常、コロナ禍前の生活様式を取り戻す。
これが最優先ではないでしょうか。

菅政権は今、ハンコ文化やFAXをやり玉に挙げていますが、それよりも最優先で実施しなければいけないことがあるはずです。

【時事】台風12号は静岡・関東へ"上陸"か?厳重警戒!

台風12号は静岡・関東へ"上陸"か?

9月21日、日本の南の海上で台風12号が発生しました。
翌9月22日は風速30m以上の暴風域も形成されています。

秋雨前線と重なり、広い範囲で大雨の恐れがあると報じられています。

IMG_20200922_174321
(2020年9月22日:神奈川県横浜市内にて撮影)

筆者の地元神奈川県も灰色の不気味な雲に覆われてきました。
時折、雨もパラパラと降って来ます。

2012-00 (2)
(2020年9月22日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

wp1420 (3)
(2020年9月22日:JTWCより引用)

日本の気象庁も米軍台風情報(JTWC)でも24日夜から25日明け方にかけて静岡県・伊豆半島を掠め、東京湾に入り込み、関東平野に直撃する予想となっています。

進路としては2019年の台風15号(令和元年房総半島台風)にかなり近いような印象があります。

東京湾に入り込み、特に台風の東側に入った千葉県で長時間の大規模停電を引き起こしたのは記憶に新しい所です。

先般、九州に接近した台風9号や10号では新型コロナ騒動で避難所の定員が減らされ、避難できない方が多くいらっしゃいました。

しかしこんなこと、本来はあってはならないことです。

"風邪"の新型コロナと台風、どちらが危険で命に関わるか?
過去の記事で再三にわたり述べてきましたので、この記事ではあえて言いません。

台風12号が関東に最接近すると見られる9月24日まであと僅かしかありませんが、避難する方も避難者を受け入れる方も、"安全最優先"が求められます。

今回、そもそも日本の南の海上の熱帯低気圧は台風へは発達しないと予想されていました。
それが予想以上に発達し台風12号へ昇格。
台風昇格後も暴風域は出来ない予想とされていましたが、実際には暴風域も形成。

予想進路も当初、三河湾から愛知県や三重県付近に上陸し、東海・北陸地方を横断。
日本海へ抜ける予想となっていました。

やはり自然が相手。何が起きるか分かりません。
上述の事前予想から大きく外れており、台風12号が予想されている以上に発達する可能性もゼロではないでしょう。

まだ進路や勢力の予想が変わる可能性もありますが、いずれにしても広範囲で豪雨や強風のリスクが高くなりそうです。

【時事】台風12号、静岡・関東襲来か?

9月21日、日本の南の海上で台風12号が発生しました。
明後日23日から25日にかけて日本列島にかなり接近。

秋雨前線と重なり西日本~東日本の広い範囲で大雨の恐れがあると報じられています。

2012-00
(2020年9月21日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

当初、暴風域は伴わず三河湾から愛知県や三重県付近に上陸し、東海・北陸地方を横断。
日本海へ抜ける予想となっていました。

しかし記事執筆時点では予想が大きく変わり、暴風域ができる予想に。
そして進路も24日21時ごろに静岡県・伊豆半島を通過し、関東に直撃する予想となっています。

wp1420

(2020年9月21日:JTWCより引用)

こちらは米軍の予想です。

記事執筆時点では9月24日朝までの予想しか出ていませんが、台風の中心が静岡・駿豆湾にやってくる可能性を感じさせる進路予想です。

まだ進路や勢力の予想が変わる可能性も考えられますが、いずれにしても国内の広範囲で豪雨や強風のリスクが高くなりそうです。

台風12号が最も接近すると見られる9月24日まであと2日しかありませんが、十分な備えと安全最優先の行動が求められます。

2019年の台風15号(令和元年房総半島台風)から今月で1年。
そして来月は2019年台風19号(令和元年東日本台風)の襲来から1年を迎えます。
どちらも激甚災害に指定されるほど、甚大な被害をもたらしました。

この時を教訓に、台風12号の最新情報に留意する必要があります。

【時事】新型コロナに関係なく五輪開催?IOC副会長

新型コロナに関係なく五輪開催?
IOC副会長のコーツ氏がAFPの電話取材でそのように発言したことが9月7日午後、日本でも報じられました。

"コロナ無視"と取れる姿勢。もはや狂行?

我が国においては"風邪"程度であり、大騒ぎする話ではありませんが、衛生環境や医療水準は国それぞれ。
世界から批判が殺到する可能性もありそうです。

IMG_20200907_172859
(画像はイメージです)

2021年に延期された五輪。やるの?やらないの?
はっきりしてくれないと、アスリートやその関係者、協賛企業関係者など、多くの人が困ります。

東京ビックサイトや幕張メッセなども五輪のため、使用が大きく制限されています。
コロナ騒動が無くてもコミックマーケットやライブ、コンサートの開催にも支障が出ています。
延期により制限がかかる期間も2021年11月までとなる見込みです。

音楽・エンタメ・展示会業界などは「五輪開催」「五輪延期」「新型コロナ」の三重苦でしょう。

同じスポーツでも、例えばプロ野球の2021年の日程編成にも悪影響を及ぼすはずです。

まず、五輪野球の会場や資材置場となるため、五輪前後の期間は横浜スタジアムや神宮球場が使えなくなります。
このことからDeNAは東京ドームでの主催試合も組まれていました。

また、2020年に五輪が通常開催されていれば、五輪期間中はシーズン中断となる予定でした。

2021年に延期された五輪をやるのかやらないのか宙ぶらりんのままでは、2021年公式戦の日程も組めないでしょう。

実際にはNPBは2021年は五輪開催、もしくは五輪中止となった場合のパターンを想定しているのかもしれませんが、いずれにしても雲をつかむような作業になりそうです。

それに横浜スタジアムと神宮球場は、夏の全国高校野球選手権神奈川大会や東西東京大会でも使用されます。
神奈川や東京の高野連も難しい調整を余儀なくされそうです。

新型コロナに関係なく五輪開催というのはIOCの総意なのか、副会長コーツ氏の私見なのか。

それとも開催国である日本、開催都市である東京、世界各国の反応を探るためのいわゆる"観測気球"なのか。

真相は分かりませんが、2021年にやるのかやらないのか、開催可否などすべての権限を持つのはIOC。
責任をもって早急に決断を下し、公式に発表する義務があるはずです。

【時事】"令和元年房総半島台風"から1年

2019年台風15号関東襲来から今週9日、1年を迎えます。
気象庁はこの台風を「令和元年房総半島台風」と命名しています。

IMG_6230

IMG_6241
(2019年9月10日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

この台風が関東に上陸したのが9月9日の明け方5時ごろでした。
伊豆諸島の神津島付近から北上し、相模湾、三浦半島付近を通過。
東京湾に侵入し、千葉県に上陸するという経路でした。

上陸時の台風15号は「強い勢力」で、中心付近の最大風速は40m/sと判定されていました。
これは関東に襲来する台風としては過去最強クラスで、筆者も地元で吹き荒れる経験のない暴風に困惑したことを思い出します。

「今まで大丈夫だったから今回も大丈夫だろう」というような固定観念は悪だと痛感させるものでした。

写真でお分かり頂けるかと思いますが、暴風となると一見、頑丈そうな木々も簡単になぎ倒されてしまうものです。

また、送電塔と電柱が倒壊、損傷するなどの被害もあり、千葉県を中心に関東の広範囲で停電が発生しました。

完全復旧までに2週間以上を要したと記憶しています。
停電で通信網が遮断された地域の状況の正確な把握が行えなかったことも報じられていました。
我々人間は電気が使えなくなると、何も出来なくなってしまうということです。

他にも建物破損や断水、通信障害、交通マヒ、観光船シーバスの沈没・漂流などあらゆることが起きました。

最近の関東襲来台風の中では、やはり多摩川の氾濫や北陸新幹線基地の水没など甚大な被害が生じた2019年台風19号(令和元年東日本台風)が記憶に残りますが、台風15号も凶暴でした。