しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

時事

【独り言】新型コロナウイルス、風評被害も懸念

IMG_7892

yokohama

(2020年2月23日:横浜市中区・大桟橋付近にて撮影。)

新型コロナウィルスの感染源となってしまったクルーズ船。
2月23日現在も大黒ふ頭・客船ターミナルに停泊しています。

この大黒ふ頭・客船ターミナルは本ブログでも過去に取り上げたことがありますが、2019年4月に供用開始となったばかりです。
あと1か月ほどで供用開始から1年となります。

横浜の海の新たな玄関口として注目されるはずでした。
しかし新型コロナウィルスの感染源として注目されてしまい、現在も大きく報じられているのが現状です。

このような事態が起きた時、懸念されるのは二次被害(風評被害)です。

連日繰り返されるマスコミの視聴率稼ぎの野次馬報道、SNSなどネット上での不正確な情報、誤った情報の拡散。

学校や職場、地域でいじめが起きたり、個人タクシーの営業に支障が出るなどの事例を耳にします。
マスコミの野次馬報道がマスクや消毒液を品薄にさせたりしています。
感染者が出た地域の医療機関などにマスコミ押し寄せ、現場を混乱させるリスクも考えられます。

全国各地で予定されていたイベントが中止・縮小されるのも主催者側からすればやむを得ません。
一人でも感染者が出れば、すぐマスコミに面白おかしく取り上げられてしまいます。
マスコミはそれが仕事なのでしょうが、風評被害を生じさせ、経済に悪影響を与えることにもなります。

新型コロナウイルス感染症。果たして終息はいつ?

感染自体もですが、同時に我々は野次馬報道や誤った情報、不正確な情報に翻弄されないよう気を付けないといけません。

【時事】新型コロナ感染症で中止や自粛、縮小の動き相次ぐ

DSC_1401

DSC_1403

(2020年2月17日:横浜市西区臨港パーク付近にて撮影。)

見づらい画像ですが、2枚目の左下に写っている船が、新型コロナウィルスの感染源となってしまったクルーズ船です。
2月17日現在も大黒ふ頭・客船ターミナルに停泊しています。

この大黒ふ頭・客船ターミナルは本ブログでも過去に取り上げたことがありますが、2019年4月に供用開始となったばかり。
2019年は横浜開港160周年の節目の年でもありました。

横浜の海の新たな玄関口として注目されていましたが、新型コロナウィルスの感染源として注目され、大きく報じられてしまうのは残念でなりません。

さて、新型コロナウィルス肺炎の拡大により、中止や自粛、縮小の動きが出て来ています。

プロ野球12球団は春季キャンプの季節ですが、練習試合やファンサービスの自粛や中止。
3月1日東京マラソンは一般参加の全面中止。
2月23日の天皇誕生日の一般参賀も中止が発表されています。

新型コロナウィルス、感染経路不明の陽性反応の事例も次々と判明するなど拡大してきているようですので、ある程度の備えは必要です。

ただ一方、過剰反応し過ぎではないか?と思うのも正直なところです。
危ないから何でもかんでも自粛、中止というのでは何も出来なくなってしまいます。
2009年に流行した新型インフルエンザの時と似た風潮になってきていますね。

店頭では相変わらずマスクや消毒液が品薄となっていますが、予防策と共に冷静な対応が必要ではないでしょうか。

【時事】2月17日・18日は南国も雪?

今冬は"忘冬"や"無冬"と言われるほど各地で季節外れの高温が全国各地で続いています。
正直、日本から四季は無くなってしまったのかと思うほどです。

しかし天気予報によるとこれから気温が急降下し、2月17日・18日は九州や四国で降雪が予想されています。
鹿児島や高知でも雪先行予報となっているのが気になる所です。

000_telop_tomorrow

000_telop_aftomorrow

(2020年2月16日:気象庁公式ホームページ天気予報より引用)

9641017_2244069276_192large
(2017年2月10日:鹿児島県鹿児島市高見馬場付近にて撮影)

この写真は今から3年前のものですが、鹿児島市内で降雪した時の様子です。
滅多に見られない南国・鹿児島での雪。
筆者が遭遇したのはこの1回だけですが、とても風情がありました。

しかし降雪時の風情ある光景も降り方によっては災害や交通麻痺などの懸念が出てきます。
雪に慣れてない地域であればあるほどリスクは高くなります。
雪への備えと共に地元の気象台が発表する情報に充分な注意が必要です。

もし読者の方で17・18日に雪予報が出ている地域にお住まいがいらっしゃいましたら、どうかお気を付け下さい。


【暮らし】マスクの在庫を確認

IMG_20200126_222815

筆者宅でマスクの在庫を確認しました。
理由は季節性インフルエンザや風邪の予防、花粉症対策もありますが、やはり現在盛んに報じられている新型コロナウィルスによる肺炎への備えです。

1月26日、日本国内でも4例目の新型肺炎感染が確認されたと厚労省から発表されています。

流行が世界に拡大しつつある新型コロナウイルス。

思い出されるのは2009年春頃から世界中で流行した新型インフルエンザ(ブタインフルエンザ)。

この当時、日本ではマスクが飛ぶように売れ品薄になり、店頭から消えました。
またマスクがYahoo!オークションで定価の5倍~10倍以上で出品され、入札が殺到した事例もありました。

具体的には、例えば写真のような60枚入りのマスク。
あの当時、メーカー小売希望価格700円台から高くても1000円台のものが10000円以上の金額で出品され、それでも購入希望が殺到しました。

普通ならこの価格で購入することなど考えられません、
やはり学校の周辺を歩くと感染するとか、このマスクを着用していれば高確率で予防できるというような不正確な情報が飛び交った面は大きかったでしょう。
新型インフルエンザに便乗した詐欺商法も多かった気がします。

あの混乱からおよそ10年、教訓にしなければいけないと思うのですが、また同じようなことが起きる可能性を感じてしまいます。
備えは当然必要ですが、一方、デマや不正確な情報に流されないよう、冷静に行動したいものです。






【時事】年末年始の移動。今年は台風被災の交通機関の運行状況に注意!

2019年も残り5日となりました。
12月27日で仕事納め、12月28日から年明け1月5日まで9連休という方も多いのではないでしょうか。

行楽地へのお出かけや帰省等、年末年始は移動が多くなる時期です。
しかし年末年始の移動、今年は10月襲来の台風19号で被災した公共交通機関の運行状況に注意したいところ。

DSC_1038

DSC_1037
(2019年12月26日:横浜市西区横浜駅西口・みどりの窓口にて)

台風19号の豪雨により、長野県長野市にある長野新幹線車両センターで北陸新幹線の多くの車両が水没し、使用不能となりました。
そのため現在は、暫定ダイヤでの運行となっています。

この年末年始、北陸新幹線の「かがやき」と「あさま」は前年比の8割~9割の運行となるようですので、相当な混雑が予想されます。
東京~高崎間の乗車であれば上越新幹線の利用、もし可能であれば上野東京ラインや湘南新宿ラインなど在来線利用も視野に入れても良いかもしれません。

尚、今後の状況次第で運転計画を変更する場合もあるとのことです。
JRが発表する最新の情報に留意する必要があります

関東地方では他にも記事執筆時点で箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間、JR吾妻線の長野原草津口~大前間、JR水郡線の西金~常陸大子間も台風19号被災により運休が続いています。

特に地元神奈川の箱根登山鉄道は、十数か所で土砂崩れによる橋梁流出や枕木を固定している道床の流出など壊滅的な被害が起きました。
2020年秋ごろの全線復旧を目指しているとの報道もあるようですが、台風19号の爪痕の大きさを改めて感じます。

前回の記事にも投稿しましたが、2019年は"災害の年"でした。
2020年は災害の少ない年になることを願いたいところです。

本ブログはこの記事をもちまして2019年内の更新を終了とさせて頂きます。
次回更新は年明け後となります。

少し早めですが、読者の皆様、良いお年をお迎え下さい。