しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

時事

【時事】2020年夏の東京五輪の開催可否、果たして?

2020年夏の東京五輪開幕予定日まであと4か月。
もっとも新型コロナウイルス騒動で通常開催は現実的ではないでしょう。

2020年夏の東京五輪の開催可否、果たして?



DSC_1583

DSC_1585

五輪関連やコロナウイルス関連では毎日様々な話が錯綜しています。

世界の多くの国々が新型コロナウイルス対策で外国人の入国禁止や制限、渡航自粛などを行い、いわゆる"鎖国"状態となっています。

もし仮に通常開催の方針を貫いたとしても多くの参加国からボイコットされ、世界大会として成立しない可能性もありそうです。

ボイコットされなくても新型コロナウイルスの感染が終息せず、世界中で鎖国状態が続き、選手団が往来できず参加不能となるケースも想定されます。

東京五輪開幕まであと4か月。通常開催、延期、中止の三択でしょう。

IOCは臨時の理事会を開き、今後4週間以内に何らかの方向性を示すとしています。
ただ、延期ならいつまで延期していつどこでやるのか?それとも中止するのか?

現状のままでは他のイベントがいつまで経っても停滞状態から抜け出せません。

自粛や中止、延期を余儀なくされているイベントや行事は数えきれないでしょう。
IOCからしたら全く関係ないのでしょうが、主催者側からしたら死活問題。

4週間以内ではなく早急に方向性を示してもらいたい。

(写真は2020年3月22日:横浜市中区横浜市役所付近にて撮影)

【独り言】新型コロナ騒動の中、不意打ちの強い地震

20200312172711395-13021849
(2020年3月13日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

今年1月末から続く新型コロナウイルス騒動の中、不意打ちの強い地震でしょうか。

3月13日未明、石川県能登地方でM5.5、最大震度5強(石川県輪島市)を記録する強い地震が発生しました。

この地震で強い揺れを観測した地域では看板が崩落したり、建物や天井の壁が崩れ落ちるなどの被害も生じているようです。

現在、新型コロナウイルス感染症そのものや東京五輪の行方、政府からの自粛要請に起因するであろう経済状況の悪化に毎日気を取られがちです。
この春、学校を卒業し就職予定だった人の内定取り消しや日経平均株価の急落、NYダウの暴落など、悪いニュースが毎日報じられています。

しかし、やはり地震はいつ起きるか分かりません。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から9年が経過しました。
煽るつもりはありませんが、突然起きる地震での被災。明日は我が身のような気もします。
もちろん起きないのが一番なのは言うまでもありません。

【時事】プロ野球開幕は4月10日以降?CS廃止も手。

yokohama


IMG_8089


IMG_8087

3月12日、プロ野球12球団代表者会議が東京都内で開催され、プロ野球開幕は4月10日以降の見通しになると一斉に報じられました。

これまで出ている情報をまとめると、NPBとしては最短で4月10日、最遅で4月24日を目指す方向。
公式戦143試合を全て消化し、CSや日本シリーズを後ろにずらし、11月末に全日程を終えるシュミレーションを行っているようです。

ただ、やはり先が読めないのは事実。



4月以降も政府からの自粛要請が続いていたり、新型コロナウイルス感染再拡大で緊急事態宣言が発せられて最遅日に開幕できなかったり、開幕していたとしても中断を余儀なくされる可能性もあります。

最悪、何かを削る必要が生じるかもしれません。

先日、五輪による中断期間中に公式戦を行うとか、ダブルヘッダーを行うとか、色々な案がスポーツ新聞などに載っていましたが、CS廃止も手でしょう。

CSはファーストステージとファイナルステージで2週間近くありますが、CSを廃止すれば2週間分浮くはずです。
昔はリーグ優勝した球団が日本シリーズに出場し対戦していました。

CSという制度や敗者復活と言う概念が無かった時代。
観ている方としても公式戦1試合1試合に重みがあり、結果や経過に一喜一憂したものです。

逆に今はCSがあることで、贔屓のチームがリーグ優勝しなくても3位に入れれば敗者復活もあります。
昔ほど一喜一憂することは少なくなったのも事実です。

CSを廃止し、公式戦により重みを持たせ、観ている方も公式戦の結果や経過に一喜一憂する状況を作る。
今年、試してみるのも良いのではないでしょうか。

世の中は暗いニュースばかりで非常に殺伐としています。
どこを向いても横並びの自粛論と同調圧力ばかり。
NPBが今後、どのように判断するのか気になりますが、いずれにしても筆者はプロ野球の開幕が待ち遠しいです。

(写真は2020年3月12日:横浜市中区横浜公園・市庁前付近にて撮影)

【独り言】東京五輪延期?とんでもない!中止だ!中止!

tokyo

東京五輪延期?とんでもない!中止だ!中止!
内心、そう思っている方も多いのではないでしょうか。



2020年3月11日、あの東日本大震災から9年を迎えました。
東京五輪は震災からの復興五輪とも言われているそうですが・・・?

同日、東京五輪の組織委理事が新型コロナウイルス感染拡大により予定通り五輪を開催できない場合、1~2年の延期が妥当という旨の発言をしたとマスコミが一斉に報じ、炎上しています。

この発言を受け、組織委会長の森喜朗氏はこの延期案を強く否定し、「とんでもない」と批判していると報じられています。

確かにとんでもない。この場に及んでまだ東京五輪など通常開催するつもりなのでしょうか?

新型コロナウイルスが非常に危険であり、インフル特措法を改正を図り、緊急事態を宣言し、国民の行動を制限しなければいけないほどのものなら東京五輪こそ返上するべき。

コロナウイルス感染拡大を防げず、安全に開催出来ないから返上を宣言。
"平和の祭典"のはずですのでもちろん経済面は度外視です。

2月26日からの政府の自粛要請で、あらゆる行事が中止や自粛、延期に追い込まれています。

同日、残念ながら第92回選抜高校野球大会も開催中止が発表されました。

出場予定校、特に初めてだったり数十年ぶりだった高校の選手や指導者は無念でしょう。
横並びの中止論や自粛論が世間で飛び交う中、高野連も苦渋の決断であったことが11日夜の会見を見ても伺えます。

一方、五輪関連の行事は何が何でも決行姿勢。

与野党で協力し、インフル特措法改正法案が成立の見通しと報じられています。
成立後、大規模な人数が集まるであろう五輪関連絡みの行事にも政府が強い制約をかけるのか、それとも看過するのか注目です。

(画像はイメージです。)

【独り言】"自粛要請"も東京五輪のための行事はOK?

政府は新型コロナウイルス感染拡大に際し、3月10日から更に10日間、イベントやスポーツ大会の中止や自粛、延期を要請しました。



2月27日の夜には全国の公立小中高で一斉休校を要請。
これに関連し、保護者が有給休暇を取れるよう企業に呼びかけるなどして、その内容のCMもテレビで流されるようになりました。

イベント、スポーツ大会の自粛・縮小、延期の要請や一斉休校の要請。

背景にはやはり東京五輪中止恐れ?
そう考えることは想像に難くありません。

IMG_20200310_222446


IOCの公式見解ではないとされていますが、IOCの古参委員が5月までに新型コロナが終息しない場合、東京五輪中止や延期に言及したことをAP通信が報じ、2月25日の夜に日本国内でもそのニュースが流れました。

このニュースが流れるまでは、政府としてイベントなどの自粛を要請するものではないと発表していました。

その後、急に政府の動きが慌ただしくなり、2月28日までに各イベントやスポーツの自粛・縮小、延期、一斉休校要請に至っています。

安倍首相は国民の命を守ることを最優先にやるべき対策を躊躇なく実行すると述べています。

しかし、もし新型コロナウイルスが本当に危険なもので人命最優先の対策を取らなければいけないものであれば、東京五輪や東京五輪絡みの行事の方がよほど危険ではないでしょうか?

東京五輪や東京五輪絡みの行事で世界中から人が出入りすればそれこそパンデミックを引き起こし、収拾不能となる可能性もあります。
選手村で新型コロナウイルスの集団感染が発生するリスクもあります。

国内完結のスポーツ大会やイベント程度でウイルスが蔓延するのであれば、万全な状態での東京五輪開催など到底不可能であり、返上するべきでしょう。

現状では、国内完結のスポーツ大会やイベントを中止や自粛に追い込まれています。
3月11日に高野連が最終結論を下す予定の第92回選抜高校野球も開催危機です。

一方、東京五輪や東京五輪に関連するマラソン、聖火リレーなどの行事は決行、もしくは決行予定です。
東京、琵琶湖、名古屋のマラソンは規模を縮小し、感染自粛を促したそうですが、それでも沿道に数万人の観客が集まってしまいました。

政府からの「自粛要請」という曖昧な表現も横並びの自粛論や同調圧力が強まる原因です。

ただ政府としては"自粛要請"を出しながら東京五輪のための行事はOKなのでしょうか?
是非見解を伺いたいものです。

(画像はイメージです。2020年3月8日撮影)