しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

#サク旅

【宮城県女川町】東日本大震災の被災地を訪問(2018.03.04)

【2018年3月4日】
この日は宮城県女川町を訪問しました。同町の訪問は2014年12月以来、およそ3年ぶりのことでした。

IMG_1487

urashuku

IMG_1419

IMG_1326

前回訪問時、石巻線の最後の2.3キロ区間とも言われていた浦宿~女川間がまだ不通でしたが、東日本大震災から4年後の2015年3月21日に運転再開となり、筆者は初めてこの区間を乗車しました。

IMG_1428

IMG_1423

IMG_1426

IMG_1439

女川駅も内陸側へ約200メートルへ移動した上で、温泉温浴施設も合築された新駅舎として開業、同年12月には女川駅前にテナント型商業施設「シーパルピア女川」が開業し、観光客や地元の方など、多くの方で賑わう活気ある場所となっています。

因みに2014年12月の訪問時は、まだ下の画像のような状況でした。

IMG_8914

IMG_8916
この時点ではまだ石巻線、浦宿~女川間が不通でした。

IMG_8918

IMG_8920

IMG_8923

IMG_8924
女川駅があったと思われる周辺の写真です。
一部の大きい頑丈な建物以外、殆どが流出してしまい、どこに何の建物があったのか、そもそも駅はどこにあったのかも殆ど分からない状況でした。

IMG_8919

IMG_8930
女川運動公園バス停に女川駅のバス停も併設され、女川駅発着の路線バスはこの地点が発着点になっていました。

話を今年3月4日のことに戻しますが、、商店街から少し離れた所を散策してみると、更地になっている箇所(=大津波で建物が殆ど流出してしまったと思われる箇所)や、大津波により倒壊してそのままの状態となっている建物も散見されます。

IMG_1427

IMG_1429

IMG_1435

IMG_1447

IMG_1450

交番だった建物(旧女川交番)が完全に倒れている光景も。
震災遺構として保存が決まっているそうです。

IMG_1457

IMG_1440

一方、当日の天気は快晴で、女川湾で釣りを楽しんでいる方もいらっしゃいました。

IMG_1476

フェリー乗り場の光景です。ここから金華山や出島、江島、寺間島へ行くフェリーが出ています。
何とか機会を作り、宮城県の離島も足を運んでみたいところです。

IMG_1479

IMG_1486

お昼は明神丸さんでいくら丼を頂きました。
28471195_1565215030264177_4974708365286142191_n

女川温泉ゆぽっぽ内の掲示にて。
東日本大震災から3日後に石巻日日新聞が作成した手書きの新聞だそうです。
新聞社も被災し、電気・機械も使えない状況の中、残っていた紙とペンで作られたとのこと。
28577729_1565214533597560_3973599343577054450_n
この記事を見るといかに状況が逼迫していたかと言う事が読み取れます。

次の日曜日で東日本大震災の発生から7年を迎えます。
今回の女川町や、前回記事の名取市・仙台空港周辺は東日本大震災の被災地のごく一部であり、今でも多くの方が苦労されているはずです。

最近は報道も少なくなりましたが、死者・行方不明者合わせて約2万人と言う戦後最悪の自然災害。
このまま風化させてはいけない、筆者はそう考えます。

【宮城県名取市】東日本大震災の被災地を訪問(2018.03.03)

【2018年3月3日】
訪問記です。この日は宮城県名取市にある仙台空港を久々に訪れました。
前回訪問がいつ以来だったか、記憶が定かではないのですが、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震が発生する前でした。

 IMG_1375

IMG_1394

IMG_1374

展望台から海岸線の地帯を見渡してみます。やはり大津波で建物が殆ど流出してしまったのでしょう。多くが更地となったままでした。

また、仙台空港1階ビルで行われているパネル展の3枚目の写真で1階ビルに大津波が押し寄せ自動車や瓦礫が流れ込んでくる様子が写されています。

IMG_1366

IMG_1361

IMG_1368

この様子はテレビニュースなどで放送されているのを何度も視聴しましたが、ただ唖然としたことが思い出されます。

次の日曜日であの日から7年を迎えます。最近は報道もめっきり減りましたが、絶対に風化させてはいけない、筆者はそう考えます。

筆者と鹿児島のつながり

IMG_7101

IMG_7105

IMG_7107

IMG_7106

写真は先月末、鹿児島市を訪れた際に撮影しました。
今日は筆者と鹿児島のつながりを書いてみたいと思います。

過去に日記で触れたかもしれませんが、筆者は生まれも育ちも横浜市。
母親は川崎市出身ですが、母方の祖父は群馬県の家系。
小学生の頃までは夏休みと正月は群馬県前橋市に帰省していました。
今は祖父も横浜市に住むようになったため、帰省することは無くなりました。

一方、父親は鹿児島市出身で、高校卒業後に集団就職で上京し、後に母方の祖母も上京し現在に至ります。
筆者が生まれた頃には既に横浜市に定住していたようで、長期休みに鹿児島へ帰省と言う形で訪れることはありませんでした。

その後、社会人となり、偶然、鹿児島を訪れる機会があり、2013年4月に初訪問となりました。

IMG_3818
この写真は初訪問時(2013年4月)に撮影したものです。
写真は桜島の火山活動が小康状態の時に撮影したものですが、初めて生で噴火を見た時は、とにかく雄大な自然を感じたのを覚えています。

IMG_0505

IMG_0504
この2枚は2016年2月撮影です。この頃に入ると、いつの間にか1~2か月に1回か2回くらい、鹿児島に訪れるようになりました。

最近は毎回の訪問ごとに、第二の故郷に帰省しているような気持ちになります。
これは今、先述の通り、母方の祖父が今は横浜市に住んでいて、群馬に帰省することが無くなったことと、逆に2013年4月まで鹿児島を訪れる機会が無かったと言うことが強く影響しているのだと思います。

もし、帰省と言う形で幼少の頃に鹿児島を訪れる機会があれば、また違う心境になっていたかもしれません。
こればっかりはタイミングなのかなと思いますが。

あとは、県庁所在地(鹿児島市)なのに、現地の温泉を利用した公衆銭湯が多くあるのも印象的でした。
ホテルや病院などでも、大浴場等に現地の温泉を利用している施設が多くあります。

21078623_1386363638149318_5693889503617883281_n

21078607_1386363658149316_5934296365475159422_n

21106499_1386363711482644_342841985813986292_n

21150456_1386365841482431_2662987843252582204_n

21077463_1386363608149321_1913789920878781126_n
私がよく鹿児島滞在時に利用する温泉銭湯「かごっま温泉」です。
桜島フェリーターミナルやかごしま水族館の近くでもある易居町と言う所にあり、天然温泉かけ流しです。
このように、天然温泉を利用した銭湯が市内の至る所にあります。

鹿児島初訪問前までは、鹿児島の温泉と言えば霧島や指宿など観光客向けの温泉街や温泉施設の事を指していると思っていたのですが、初めて訪問したことでそれは違うことに気付きました。

温泉だけではありません。実際に自分の足で訪れてみなければ気付かないことも多くあります。
自分の足で訪れ、自分の目で見ることの大切さを改めて感じた2013年4月の鹿児島訪問でした。