しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、政府行政の新型コロナ対応や分類の是非など時事問題をぼやく。

横浜・山下公園で旅立ち前のおそと時間

横浜・山下公園で旅立ち前のおそと時間。
噴水広場で水浴びも。



IMG_3557

IMG_3552

IMG_3554
(2022年3月15日:横浜市中区山下公園にて撮影)

初春の横浜・山下公園での光景。
横浜で越冬中のユリカモメの群れが噴水広場で気持ち良さそうに水浴びしているシーンです。

横浜で越冬し春を迎え、旅立ち前のおそと時間を楽しんでいるようでした。

4月初旬から中旬くらいまではユリカモメの姿が見られたような気がしますが、さすがに5月に入ってからは旅立ってしまい、見られなくなりました。

今頃どうしているのか気になってしまうところですが、また秋が深まった頃に再会できることを願うばかりです。

日本では春が深まり、南西諸島では梅雨入りも発表されています。
季節は夏に近づいていることを実感します。

3年ぶりに渋谷鹿児島おはら祭開催

今日5月15日(日)は第25回渋谷鹿児島おはら祭開催日。
コロナ騒動が起きる前の2019年第22回以来、3年ぶりの開催です。



2020年開催予定の第23回と2021年開催予定の第24回は、コロナ騒動の始まりと長期化で中止となっています。

【渋谷・鹿児島おはら祭公式サイト】


IMG_5369

IMG_5380
(2017年5月21日:東京都渋谷区道玄坂付近にて撮影)

写真は2017年開催の第20回渋谷・鹿児島おはら祭の光景です。

1998年に当時の小倉基渋谷区長が鹿児島県出身であったことをきっかけに第1回が開催され、コロナ騒動による2回の中止を挟み、現在に至ります。

ほかにも鹿児島と東京・渋谷は、鹿児島出身の連合艦隊司令官・東郷平八郎を祭る東郷神社が渋谷区神宮前に建立されていたり、初代・ハチ公像を作った彫刻家・安藤照も鹿児島出身であるなど、ゆかりがあるそうです。

関東地方にある鹿児島県人会や高校の同窓会など、鹿児島県出身の方で結成されている多くの団体のメンバーがそろいの衣装で参加し、渋谷エリアを踊り歩きます。

道玄坂や文化通りは踊り連で埋め尽くされ、普段は若者の街である渋谷は鹿児島一色になります。

渋谷・鹿児島おはら祭を見学すると、関東在住の鹿児島出身県の方の強い郷土心と、同郷出身者同士の団結力の強さを改めて感じさせられます。

久々、そして待望の開催となった渋谷・鹿児島おはら祭。
首都圏の皆様、今日はおそと時間で渋谷・鹿児島おはら祭の見学は如何でしょうか。

車離れが解消する理由

前回の記事で庶民の車離れと都市部への人口集中は当然、という記事を投稿しました。
しかし筆者は今後、とある理由でいずれ強制的に車離れは解消するであろうと考えています。



【前回記事】


DSC_3125
(2022年5月13日:横浜市西区高島・日産グローバル本社ギャラリーにて撮影)
※画像はイメージです。

その理由は人手不足による公共交通の縮小です。

特に鉄道の駅と住宅地を結ぶ路線バス。
コロナ騒動前から乗務員不足による減便や廃止、縮小されるという事態が全国各地で起きています。

NHK NEWS WEBではこの問題を取り上げる特設サイトが開設されるほどの社会問題と化しています。
読者の皆様が普段利用されている路線バス、都市部でもジワジワと本数が減ってきていませんか?



コロナ騒動が起きる直前の2019年12月、横浜市でも乗務員不足を理由とした路線バスの廃止が行われました。

【※当時の記事】


運輸業、特にドライバーは現状、人ありきの仕事です。
運行するにもドライバーが必要です。

そのドライバーが足りなくなれば、路線廃止や縮小など、どこかに歪みが出て来ます。

近年、AI化や2020年代以降の自動運転車の普及促進などと言われるようになり、バスでも自動運転の実験が行われるようになって来ました。

しかし当然ではありますが、自動運転は少なくとも今日や明日、実用化して全国の隅々まで波及出来るものではありません。
もっとも22世紀に入れば話は違ってくるのかもしれませんが・・・。

コロナ騒動前からのドライバー不足とコロナ騒動のダブルパンチで公共交通が見る見るうちに縮小。

今、車を持っておらず公共交通をメインの移動手段として使っている方も、そう遠くないうちに足として車を持たざる得なくなるということも視野に入れなければなりません。

プライバシーポリシーと免責事項