しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

【雑記】幸せを呼ぶ?白い鳩

過去の記事で何度か取り上げましたが、街中や河川敷、自宅周辺で身近に見られる野鳥。

人々がコロナに翻弄され殺伐とする中、野鳥はのびのびと過ごしています。

最近、地元横浜市で白い鳩を目にする機会がありました。

IMG_9090


IMG_9089

IMG_9086

所々グレーの羽毛もあり、完全に白ではありませんでしたが、白ベースの鳩。
鳩の群れの中に、ポツンと?白い鳩が1匹紛れていることがたまにあります。

白い鳩は幸せを呼ぶとか、平和の象徴とか、出会うと良いことがあると言われています。
現実として、世の中はコロナ禍で良い話は殆どありません。

ブラジルではボルソナロ大統領がコロナ感染対策を軽視し経済優先の姿勢を鮮明に出し、国内外から批判。

米国ではトランプ大統領がコロナ禍は中国とWHOの責任として、WHOからの脱退表明や、中国と国交断絶?も示唆しています。

他にも様々な国の話が出てきていますが・・・、日本ではやはり"自粛政策"の弊害が顕著になってきています。

GW中、テレビやネット広告などで流れた#ステイホーム、#おうち時間、#お家で過ごそうというキャンペーンはまさにその象徴。

失業・倒産・就職難の話が次々と出てきています。

馴染みの飲み屋や食事処、銭湯などが無くなってしまったという方、多いのではないでしょうか。

学生の就職活動もここ数年の空前の売り手市場から一転、未曽有の氷河期となる可能性が高そうです。

他にも"自粛警察"がネット上で大暴れしたり、毎日発表されるコロナの感染者数が少し増えただけでもヒステリーを起こす人も多いですね。

こういうのも自粛政策の弊害と言えるでしょう。

自粛政策を取ったことで経済停滞の懸念はもちろんですが、こういった精神疾患を引き起こす人、急増する懸念があります。

人間、ある程度太陽光を浴びなければいけません。

話が少しそれてしまいましたが、白い鳩に遭遇したことで、何か良いことは無いものでしょうか。

(2020年5月24日:横浜市中区JR桜木町駅前にて撮影)

【独り言】人々が殺伐とする中、野鳥はのびのびと?

新型コロナウイルス絡みでネット上でも殺伐としたツイートや記事が多い今日この頃。
本ブログもその原因を作っているかもしれません。

5月25日に緊急宣言が全て解除されたとはいえ、良い話はあまりありません。
本ブログでも暗い話題の記事が続いてしまいましたが、この記事は雑記です。

過去にも何度か取り上げましたが、街中や河川敷、自宅周辺で身近に見られる野鳥。
人々が殺伐とする中、野鳥はのびのびと過ごしています。

IMG_8973

IMG_8968

IMG_8977

無題

上記写真は横浜・みなとみらい地区の野鳥です。

地元横浜でもコロナを警戒した人出の少なさからか、そこら中を飛んでいる野鳥の方が目立つこともしばしば。
恐らくコロナ禍前なら殆ど意識しなかったと思います。

特に筆者は野鳥の種類や生態に詳しいわけではありません。

ただ、野鳥をずっと観察していると、我々人間に「自然に帰れ!」と忠告しているような気がします。

コロナ禍前からストレス社会と言われ、消耗することが非常に多いです。

現実として、現代社会でストレスゼロというのは不可能です。
しかし工夫すれば緩和することは出来るのではないでしょうか。

今はコロナの話題ばかりですが、情報過多に翻弄されず、自然に帰り、のびのびと暮らす。

コロナ疲れやストレス、ゼロリスク症候群からの脱却のヒントは、まさに野鳥の動きにあり!と思った次第です。

(2020年5月14日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

【独り言】新しい生活様式。実践すれば国技消滅?

5月28日、現役最長力士の華吹(はなかぜ、立浪)が誕生日を迎えたことが報じられました。
50歳力士の誕生は昭和以降では初めてとのことです。

大相撲はコロナ禍で夏場所が中止となり、7月場所は名古屋から東京へ場所を移し、無観客での開催を目指しているとされています。

ここでふと気になったのは、"専門家会議"で示された「新しい生活様式」。

これをまともに実践すれば相撲や柔道、空手などの国技が消滅してしまうのでは?と思った次第です。

IMG_20200528_212847

専門家の先生は、娯楽・スポーツ等は距離を取るかオンラインやれと言っています。

すれ違う時は距離を取れ、狭い部屋での長居は避けろとも言っています。

これらを全て実践しなければいけないとしましょう。

屋内の換気が悪い国技館で、力士同士や選手同士が密着する相撲や柔道、空手道などはもってのほか。

専門家は新しい生活様式のため国技を止めようと言っていると解釈することも出来ます。

他にも突っ込みたいところだらけですが、今回はここまで。
やはり「言うは易く行うは難し」。

こんな上から目線の指針に翻弄される必要はありません。

我々庶民は、コロナ禍前の日常を取り戻すことを前提に行動しなければ、社会が成り立ちません。

このままでは身近なプロスポーツやライブ、コンサート、エンターテイメントなど、ありとあらゆる娯楽もストップが続き、やがては潰れてしまいます。

自粛を自粛し経済を回し、コロナ脳やゼロリスク症候群、マスク依存症から脱却しよう!

※関連記事※
【独り言】言うは易く行うは難し。専門家は何様のつもりか。
【独り言】満員の歓声、応援や歌も競技の一部

プライバシーポリシーと免責事項