しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

【独り言】桜の季節は節目の季節。節目は桜の下で迎えたい?

桜の季節は節目の季節。
入学、就職、転勤、転職、退職など様々です。



IMG_2227

(2018年4月1日:横浜市旭区若葉台付近にて撮影)

写真は横浜市北西部の桜の名所でもあります。
みなとみらいなどの市街地からは離れているエリアなのですが、桜の季節になると花見の方も多く来られます。
道路も渋滞することがあります。

寒く長い冬を耐え、過ぎ入学や就職、転職、人事異動などで環境が変わる方も多い春の季節。

満開の桜の下で迎えたいという方も多くいらっしゃると思います。

いわゆる4月始業。これは長きにわたり続いてきた日本の慣習であります。

しかし、その慣習が破壊されようとしています。
一部の首長の鶴の一声により議論が活発化した9月入学制度の導入。

その場の勢いで、それもたった1~2か月の議論で決めて良いのでしょうか?

6ff9f2c9
(2020年5月19日:朝日新聞10面・若い世代より引用)
※新聞には実名と年齢も掲載されていますが、プライバシーの観点から加工させて頂きました。

9月入学の議論活発化の背景は、まず学校の長期休校により学力差が生じることあるようです。
次にアメリカなど海外では当たり前だから日本も合わせるべきという考えもあるそうですが・・・。

前者はそもそも2月下旬からの長期間の一斉休校など必要だったのか?というところです。
筆者は不要であり、五輪のための犠牲であると考えています。

政府は五輪中止阻止、IOCや国際世論へのアピールのために手段を選ばなかったということです。

日本時間2月25日夜、IOC古参委員の5月までにコロナが収束しなければ五輪中止という旨の発言が流れました。

その翌日以降の日本政府の動きを見れば、五輪忖度なのは明らかでしょう。

※関連記事※
【独り言】突然の自粛・縮小要請、一斉休校要請。背景には東京五輪か?

学校関係では卒業式や入学式の中止、インターハイ中止、吹奏楽コンクール中止、選抜高校野球大会中止。

そして記事執筆時点でも夏の全国高校野球選手権大会も開催は崖っぷちです。
五輪のためなら何でも許されるのでしょうか。

次に後者ですが、日本の慣習には合わないと思います。

先述の通り、4月上旬ごろの桜の季節は節目の季節。

9月入学へ移行した際の教員不足や現場、保護者、児童生徒の大混乱。

入学が遅れることによる学校法人の経営面への悪影響などあらゆることが指摘されています。

これらの問題が指摘されるということは、日本では4月始業が定着している証拠。
むやみやたらに変えてはいけないということです。

もし9月入学制を導入するなら、高校や大学入試、就職時期などありとあらゆる制度や慣習を変えなければなりません。

文科省や学校内だけで済む話ではなく、次の年から一気に変えるというのは非現実的でしょう。

そもそも海外の9月入学制の話など暇なときに参考程度に議論すればいい話。
まず学校は休校を止めて、平常に戻すことを考えるべきです。

【独り言】2020年夏の甲子園、大ピンチ。

2020年3月11日、第92回選抜高校野球大会(春の甲子園)の中止が決定しおよそ2か月ちょっと。

この時点では出場予定校だった高校の救済のため、春夏合同甲子園プランというのも聞かれました。



IMG_20200517_201217

IMG_20200517_201129
(2020年5月16日:日刊スポーツ4面・5面にて)

しかしその後状況が悪化。
本記事執筆時点では第102回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)も大ピンチとなっています。

中には中止が決定的という報道も見られます。
5月20日、高野連が開催可否についてオンライン会議を行い、その後、記者会見を行うとの報道もあり、当日が注目されます。

(2020.05.20:夏の甲子園と地方大会の完全中止決定)

夏の甲子園は各都道府県の優勝校が出場する「選手権大会」。

夏の甲子園開幕の1~2か月前に行われる各都道府県の県大会で優勝校を決めなくてはいけません。
前年秋の地区大会の戦績を参考に選ばれる春の甲子園(選抜大会)とは異なるものです。

コロナ禍で全国で殆どの学校が長期休校を余儀なくされています。

再開している地域でも授業の大幅な遅れや、感染拡大防止の観点から部活動に制約があるなどして、県大会どころではないという学校もかなり多いと考えられます。

また高校野球は審判や球場スタッフなど、運営に携わる方は無報酬のボランティア。
善意に頼っている面も大きいはず。
コロナ禍による混乱で運営に携わる人のやりくりもつかず、結果、開催が困難になるケースも考えられます。

今から11年前の2009年も新型インフルエンザ(H1N1)が猛威を振るいました。

この当時は夏の県大会や甲子園も予定通り開催されましたが、チームや応援団でのクラスター発生が続出し、「真夏のインフルエンザ」と報道されました。

チームでクラスターが発生したことで、試合では18人ベンチ入り出来る所を12~13人での試合を余儀なくされた高校もあったと記憶しています。

感染症に翻弄されたケースは今回が初めてではありません。

話を戻します。
あくまで筆者個人の考えですが、何とか甲子園やそれに繋がる県大会は開催してもらいたいところであります。

高校の部活動は15歳~18歳までの間の非常に限られた時間でしか出来ないものです。

これは野球に限らず、運動系文科系限らずどの部活動でも同様でしょう。
野球ならば高校からプロや社会人、大学野球を目指す人、高校で野球に一区切りをつける人、様々だと思います。

インターハイや吹奏楽のコンクールも中止となりました。
同じ野球でも大学野球の選手権中止が5月12日に決定しています。

高野連の5月20日という開催可否の決断時期が遅いという声や高校野球は特別なのか?などという声が聞かれます。

筆者からすれば、高野連が開催方法を模索することの何が悪いのか?と思います。

もちろん開催方法を模索したうえで無観客での実施となったり、避けてもらいたいですが、夏の甲子園中止や規模縮小となるのは致し方ありません。

筆者が特に気に入らないのは他のものが中止になっているんだから高校野球も中止しろ!という同調圧力の声。

八つ当たりそのものでしょう。
開催可否はその催物の主催者がそれぞれ決めること。

自粛警察(横並びの中止論や自粛論)など相手にする必要は全くありません。

もっとも上述の長期休校による授業の遅れもあります。
教育委員会から理解が得られなかったり、学校(校長など)から大会参加のための公欠が認められないケースも考えられます。

それからコロナ感染拡大防止の観点からの部活動自体の制約。

一方、選手権は都道府県大会を開催し優勝校を決定しなければいけません。

加えて、運営に携わる人員のやりくりの問題などもあり、開催へのハードルはかなり高いと思います。

高校野球の場合、通常開催や無観客、中止を決めるのはあくまで高野連。

高野連の方々も開催を模索する中、対応に非常に苦慮していることは想像に難くありません。

ただ春夏中止では最上級生があまりにも不憫だと思います。

【訪問記】閑散とした東京・渋谷(2020.05.17)

2020年5月16日~17日は第22回渋谷・鹿児島おはら祭開催日。
しかしコロナ禍のため中止に。



1998年の初開催以来、同祭の中止は初めてとのことです。

例年、2000人を超える踊り連の方々が道玄坂や文化村を練り歩き、鹿児島一色となります。
また、鹿児島の特産品を扱う物産展も開催されます。

参考記事:【東京・渋谷】第21回渋谷鹿児島おはら祭(2018.05.20)

IMG_9040

aogaeru

渋谷駅周辺は人通りも少なく、道路も空いていました。
通常時なら歩く方向を変えようものなら他の方とぶつかってしまうくらい混雑しています。
道路渋滞も慢性的です。

ここまで空いている渋谷の光景は筆者は初めて見たような気がします。

IMG_9039

IMG_9038

渋谷駅ハチ公前広場の「青ガエル観光案内所」も閉鎖されています。
当面の間、臨時休業とのことです。
こちらを待ち合わせ場所にする方も多いかと思いますが、こちらで待機している方も少なめでした。

こんな状態、いつまで続くのでしょうか。
空いているのは良いのですが、経済に悪影響なのは想像に難くありません。

(2020年5月16日:東京都渋谷区・渋谷駅ハチ公口周辺と道玄坂付近にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項