しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

新型コロナの指定感染症1年延長決定

新型コロナの指定感染症1年延長決定。
この騒動、まだ続けるの?

IMG_20210110_184700
(2021年1月9日:神奈川新聞2面より)

新型コロナ騒動が始まってからおよそ1年。

当初は「新型肺炎」「新型コロナ肺炎」と言われ、感染したら高確率で肺炎を起こし死亡したり重篤な症状が出る恐れがあるとされていました。 

しかし今となっては、新型コロナは日本において、不治の病や難病でもないことが明らかになってきました。

SARSや結核のような2類相当、原則隔離しなくてはならないほどのものなのでしょうか?
筆者はそうは思いません。

今必要なのは緊急事態宣言や飲食店いじめではありません。
新型コロナの指定感染症からの除外です。

指定感染症から除外すれば隔離政策を行う根拠もなくなり病床数が逼迫することもないはずです。

保健所の全数調査やクラスター、濃厚接触者の追跡の必要もなくなり、負担も少しは減るでしょう。

それに保健所は新型コロナ以外にもやらなくてはいけないこと、多岐にわたるはずです。

もし新型コロナを指定感染症から除外し、IOCや国際世論から顰蹙を買い、五輪中止となってもやむを得ません。

五輪よりも庶民の生活が第一です。

どうなる?東京五輪2020プラス1

どうなる?東京五輪2020プラス1

最近は夕刊紙や週刊誌のみならず、大手スポーツ紙などでも#五輪中止の論調の記事が増えてきました。

IMG_20210109_115647
IMG_20210109_115709
IMG_20210109_115737
(2021年1月17日:スポーツニッポン1面及び3面にて)

新型コロナは日本においては"風邪"程度。
不治の病や難病ではありません。

結核やSARSのような2類以上相当扱いの指定感染症にする必要が無いのは素人が見ても明らかです。

医療逼迫は指定感染症(2類相当)扱いが諸悪の根源でしょう。

ただ、医療水準や衛星環境は国それぞれ。

ロックダウンや外出禁止のような厳しい措置を取っている国も多くありますが効果は無いようです。

当然、このような国は五輪出場選手を決める予選大会や練習など行えないでしょう。

世界中を自由に往来できる見通しも立っていません。

あくまで五輪開催可否はIOCの判断。

しかし一部の国だけが参加でき、特定の選手だけが得をする大会など五輪でも何でもありません。
金儲けの祭典です。

今回の五輪開催危機はスポーツの行き過ぎた商業主義に対する警告であるとも言えます。

日本は長きにわたり五輪崇拝主義、メダル至上主義を続けてきましたが、果たして膨大な税金をつぎ込んでまで金メダルを取りに行く意味があるのか。

金メダルをいくらとっても我々庶民の懐は暖かくなりません。

また金メダルのために選手を酷使したり使い捨てにしようが手段を選ばないと言う風潮。

度が過ぎていると感じることも多々あります。

今回を機に我々日本人は五輪やメダルに対する考え方を改めなければいけません。

珍しい?カラスの入浴シーン

珍しい?カラスの入浴シーン。
筆者の目の前で堂々と・・・。

IMG_1972

昨年11月、秋深まる頃に北海道・札幌の赤れんが庁舎に訪れた時の話です。

IMG_1927

IMG_1869

全国どこへ行っても見られるカラス。
人やカメラに慣れているのか、カメラを向けても逃げようともしません。

IMG_1919

餌になるものを求め住宅地のゴミ集積所を荒らしたり、その辺に落ちているお菓子の残骸など、何でも食べたりストックしようとするカラス。

どうしても嫌われたり厄介者扱いされがちであり、この写真もその定番的なシーンです。

IMG_1940

赤レンガの池にカラスがやって来ました。
最初、水分の補給か、池の中に餌になりそうなものが無いか探しているのかと思ったのですが・・・。

IMG_1966

IMG_1963

IMG_1951

豪快に水浴びを始めました。
身体が大きいので、水飛沫がこちらにもはねてきます。

時間にして3~4分くらいでしょうか。
水浴びが終わったと思ったら、別のカラスがやって来て、入れ替わる形でまた水浴びをしていました。

IMG_1976

水浴びを終えたカラス2羽。
右側のカラスが左側のカラスに向かって何か言っているようです。
もちろん我々人間にカラス語は分かりません。

日本に住んでいれば見ない日は殆ど無いであろうカラス。
しかし水浴びするシーンはなかなか見られません。

実際には寄生虫の除去や羽毛の手入れのために水浴びしているのでしょうが、人間が見ている所で堂々と水浴びするのは珍しいのではないでしょうか。

(2020年11月14日:北海道札幌市中央区赤れんが庁舎にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項