しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

【独り言】春に続き夏の甲子園も崖っぷち?

春に続き夏の甲子園も開催中止?
そのような事態になれば非常に残念であり、甲子園の夢を絶たれた生徒たちが不憫でなりません。



IMG_20200516_171040
(2020年5月16日:日刊スポーツ26面にて)

5月15日、各スポーツ紙や一部の報道機関が夏の甲子園が中止されるという内容の記事を掲載しました。

夏の全国高等学校野球選手権大会は高野連と朝日新聞の主催。
兼ねてから、高野連は5月20日に予定されている会議で何らかの方向性を示すと報じられています。

朝日新聞の系列である日刊スポーツでも5月16日に夏の甲子園中止という記事が掲載されました。
このことから、残念ながら夏の甲子園開催は崖っぷちに追い込まれたと言わざる得ないと思われます。

あとは5月20日、高野連から何らかの発表があるか、朝日新聞の報道や発表が注目されます。

ここからは筆者私見です。
「部活動は一生に一度」であり、開催可否はあくまでそれぞれの「主催者や開催者が決めるもの」です。

高校生の部活動は15歳~18歳の本当に限られた期間しか出来ないわけです。
これはどのような部活動も同様であり、取り返しがつかないものです。
何でもかんでも中止や自粛で良いのでしょうか?

横並びの自粛論や中止論、同調圧力の弊害も感じます。

ヤフーニュースのコメント欄やツイッターで高校野球は特別なのか?他のものが中止になっているんだから高校野球も中止で当たり前!という投稿も散見されます。

確かにおさらいしてみると五輪関連以外のものは殆ど中止になっています。
しかし開催可否は先述の通り、それぞれの催物の主催者なり開催者が決めることです。

夏の甲子園は高野連と朝日新聞。春の甲子園は高野連と毎日新聞が主催。

他のものが中止になっているんだから我慢しろというような声はただの八つ当たり。
最近流行りの自粛警察の発想そのものとも言えます。

夏の甲子園は最上級生にとっては集大成。
その前に行われる地方大会も甲子園とセットでしょう。

本ブログでは夏の甲子園中止には反対すると共に、是非、開催して頂きたいと思います。
高野連の方々も模索されていると思うのですが、中止は何も生み出しません。

【独り言】満員の歓声、応援や歌も競技の一部

いわゆる"新しい生活様式"。
専門家の先生は、娯楽やスポーツ(歌や応援)は距離を取るか"オンライン"でと提唱しています。



IMG_20200516_085104

しかし筆者から言わせてもらえば会場での満員の歓声、応援や歌も競技の一部です。
例えば開幕が先延ばしとなっているプロ野球。

イメージ1271

イメージ1274
(2009年4月19日:横浜市中区横浜スタジアム:横浜vs阪神戦にて)

この日は週末のデーゲームということもあり満員でした。
やはり球団側からすれば、観客が入らなければ商売になりません。
それに試合以外でも、例えば鳴り物や応援歌を歌うのが楽しみで訪れる人も多いでしょう。

広島東洋カープならスクワット応援、阪神タイガースはジェット風船の応援も名物です。

専門家は何でもオンラインで、オンラインでと提唱しますが、球場で味わえる高揚感はオンラインでは味わえません。

これは開催が崖っぷちとなった夏の甲子園など高校野球でも同じ。
ライブやコンサートなども同じですね。

2020年、仮にプロ野球が開幕したとしても最初は無観客となる可能性が極めて高い状況です。

新しい生活様式を全て取り入れたとしましょう。

鳴り物応援もスクワット応援もジェット風船も何も出来なくなります。
人と距離を取れというのなら入場者数を抑えなくてはならず、入場料収入も激減することになります。

満員での歓声というのも無くなってしまいます。

新しい生活様式を定着させるのが当たり前のような風潮になって来ましたが、オンラインで成立しないことは多岐にわたるはずです。

【独り言】コロナウイルスより怖い?リストラ・倒産・就職難の嵐

アパレル大手「レナウン」の倒産。ロイヤルホスト70店舗閉鎖の報道。
コロナ騒動による外出自粛要請や休業要請の弊害が顕著になってきています。

IMG_8981

IMG_8952
(2020年5月14日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

写真はよこはまコスモワールドと赤レンガ倉庫付近の様子です。
長期休業が続いています。
他もシャッターが下りているお店ばかりです。

これらは訪れる方からすれば娯楽の1つですが、営業する方からすれば仕事であり収入源。
仕事はボランティアではありません。
働かなければ食べて行かれないのです。

休業補償や休業協力金もあるのかないのか、自治体によっても異なるようでよく分かりません。

神奈川県は5月7日から31日までの間の緊急宣言延長分の休業協力金は一律10万円としているそうですが、正直、テナント料にもならないでしょう。

筆者は4月22日にこんな記事を投稿しました。

自粛要請や休業要請の結果はリストラや倒産、就職難として反映か?

横並びの自粛論や同調圧力が広まり、経済状況は急激に悪化。
冒頭で触れた上場企業の倒産や店舗閉鎖の事例。
この春卒業予定の学生の就職内定取り消しの事例も耳にします。

2021年卒業予定者の就職活動は空前の売り手市場から一転、超氷河期が濃厚です。

ANAグループが新卒採用活動の中断を表明していますが、これは他社、そして他業界にも波及する可能性が大きいでしょう。
これまで経験のない未曽有の厳しい就活を強いられそうです。

リーマンショック越え?という見方もあるようですが、果たしてどうなることでしょうか。

もはやコロナウイルスよりも怖い?リストラや倒産、就職難の嵐。
緊急宣言が解除される前に相当な数の倒産・廃業、失業者、就職難民が発生するでしょう。

営む会社や事業の倒産・廃業を避けたければ、力ずくでも営業再開するしかありません。
永久休業か営業再開の二択です。

プライバシーポリシーと免責事項