しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、政府行政の新型コロナ対応や分類の是非など時事問題をぼやく。

【独り言】"餃子店騒動"は指定感染症継続の弊害か?

炎上中の"餃子店騒動"
また「マスク非着用」でのトラブルです。

堀江貴文氏と餃子専門店(広島県尾道市)の応酬が話題となっています。

この餃子店には嫌がらせが相次ぎ、10月3日に休業に追い込まれたとのこと。
同氏に対する批判の声が高まっています。

まず該当店が休業に追い込まれた要因として、一番悪いのは誹謗中傷行為を働いた者です。

口コミサイトやグーグルマップなどへの事実と異なる投稿、該当店の店長に成りすました人物の動画の配信。

1日40件を超える嫌がらせの電話などが事例として挙げられていますが、やっていることは犯罪です。

特定の上、厳しく処罰するべきでしょう。

次に、こういった問題が出てくるのは新型コロナの指定感染症(2類以上相当)継続の弊害でもあります。

政府は10月1日からGoToトラベルキャンペーンの対象に東京発着、東京在住を追加。
国内に3か月以上滞在の外国人の入国制限の緩和(全世界対象)。

文化芸術やスポーツのチケットを購入した場合、割引となるGoToイベントキャンペーンも10月半ばから開始予定としています。

それをやるなら新型コロナCOVID19の指定感染症除外、イベント制限の全面解除。

そして我が国において「新型コロナは特段、危険なものではなく、過度に恐れる必要はない」という旨の宣言を行い、国民に冷静な対応を求めるべきではないでしょうか。

再三にわたり述べていますが、新型コロナは不治の病でも難病でもなく"風邪"。
風邪は対症療法が基本です。

健常者が恐れる必要など全くなく、マスクやフェイスシールドで感染リスクゼロにはなりません。

IMG_20201005_213501

指定感染症(2類以上相当)が継続されていることで、検査で陽性が確認された場合、たとえ無症状でも原則隔離となってしまいます。

世の中は狭いものです。
仮に自分自身が感染して、このような事態に陥れば隣近所にあっという間に知れ渡ってしまいます。

お店でのクラスター発生ならば風評被害が生じ、"永久休業"を余儀なくされるケースも少なくないでしょう。

人口の少ない地域ほどこういったリスクは高いはずです。

新型コロナが指定感染症から除外されない以上、店側としては「店内でのマスク着用義務」や「入店出店前の消毒」、「入店前の検温」をやらざる得ない面があるはずです。

あらためて言います。
政府は新型コロナの"指定感染症除外"いつやるの?今でしょ!

【暮らし】10月の日本は台風シーズン。台風14号日本接近か?

10月に入り、神奈川県では汗ばむ日もある一方、涼しい日や肌寒さを感じる日も増えてきました。
鈴虫の鳴き声も聞こえるなど秋は確実に深まっています。

DSC_2131

DSC_2130
(2020年10月5日:横浜市西区みなとみらい地区・臨港パーク付近にて撮影)

寒暖差が大きくなってきています。体調管理には十分な注意が必要です。

8月の猛暑から解放され気が緩みそうなところですが、10月の日本は台風シーズンです。
次の週末にかけて、台風の動向に注意が必要です。

10月5日、日本の南の海上で台風14号が発生しました。
次の週末頃、鹿児島県種子島・屋久島地方に接近。

気象庁や米軍(JTWC)の予想では、鹿児島県種子島・屋久島地方に接近後は進路を北東方向へ転向。
日本列島の南岸を進む予想となっています。

2014-00
(2020年10月5日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

wp1620
(2020年10月5日:JTWCより引用)

記事執筆時点では10月10日までの予想しか出ていません。

まだ進路や勢力の予想が変わる可能性も考えられますが、西日本から東日本の広い範囲で荒天となる可能性を感じさせる進路予想です。

十分な備えと安全最優先の行動が求められます。

今月は2019年台風19号(令和元年東日本台風)の襲来から1年を迎えます。
静岡・関東への台風上陸日が2019年10月12日でしたので、ちょうど1年というタイミングでの台風14号接近。

少しでも日本列島から逸れることを祈りたいところですが、この時を教訓に、台風14号の最新情報に留意する必要があります。

【独り言】秋深まる中の不気味な地震(2020.10.03)

秋深まる中の不気味な地震です。

10月3日18時31分頃、伊豆諸島八丈島東方沖でM6.0、最大震度3(東京都八丈島・八丈町)を観測する地震がありました。
震源の深さは70kmと推定されています。

地元横浜市でも僅かに揺れを感じました。

20201003093534395-03183141
(2020年10月3日:気象庁公式サイト地震情報より引用)

震源が八丈島のかなり沖合であったことから、国内の観測点で震度4以上の強い揺れとなった地域はありませんでした。

ただ震源の深さが70km程度、地震の規模がM6.0となると、震源が島や陸に近ければ震度5強以上の揺れになってもおかしくありません。

地震は台風などとは異なり、突然やって来ます。

読者の皆様、災害への備え、出来ていますか??




先月、2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」から2年を迎えました。

地震の規模はM6.7、最大震度7(北海道厚真町)。
北海道では初めて震度7を観測する激震となり、土砂崩れに巻き込まれるなどして多くの方が犠牲となりました。

この地震もやはり何の前触れもなく、突然の発生だったことが思い出されるところです。

日本は災害大国。「天災は忘れた頃にやって来る」と昔から言われています。

煽るつもりは全くありませんが、不意打ちの地震など、いつやって来るか分からない災害の備えも今一度見直したいところです。

プライバシーポリシーと免責事項