しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、時事問題などをぼやく。

au通信障害で社会が大混乱

7月2日未明から発生しているKDDI(au)の通信障害で社会が大混乱。
記事執筆時点で復旧工事は終えたものの、完全復旧の見通しは立っていないようです。



(※2022年7月5日追記)
最初のトラブル発生から約86時間後の7月5日15時半過ぎ、KDDIが完全復旧を発表しました。

auや格安ブランドのUQモバイル、楽天モバイル、その他KDDIの通信回線を利用する他社回線で通信不能となったり、通信しづらくなる状態に。

筆者所有のauスマートフォンも障害が起きた2日は圏外→復活→圏外→復活を繰り返していました。

スマートフォン以外にも物流や自動車、銀行などといった、1日の生活に欠かせない分野にも支障が出ています。

IMG_4560
(2022年7月2日:宮城県石巻市門脇4丁目・門脇小学校跡地の石巻市震災遺構にて撮影)

当然ですが今回の騒動で利用客からはKDDIへの怒りの声や、利用客・回線利用事業者などへの損害賠償、そして総務省からの厳しい行政処分といった声が聞かれます。

今や我々の日常生活やビジネスにインターネットは欠かせないもの。
社会からKDDIに対し厳しい目を向けられるのは止むを得ません。

しかし今回の混乱は、万が一の際の良い訓練になったのではないか?と考えることも出来ます。

こんなことを書いたら怒る方もいらっしゃるかもしれませんが、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。

停電により通信が途絶えたり、復旧したと思ってもインターネットが非常に繋がりにくかったりして、情報収集に非常に苦労したことを思い出します。

あれから11年が経過しましたが、日に日にIT化や電子化が進んでいます。
今はインターネットが無ければ何も出来ない時代です。

例えば今、筆者も当たり前のように使うようになったスマートフォンのQRコード決済(〇〇Pay)も東日本大震災当時は存在しません。

また、コロナ騒動がきっかけで一気に導入が進んだテレワーク、リモートというものも、その概念自体がありませんでした。

当時よりもITや通信のレベルが上がった中、懸念されている南海トラフ地震であったり、その他想定されていないところで突然大地震が起きて停電し、通信が寸断されたらどうなるか?

その瞬間、そしてその後に耐えられるかどうかが、今、試されています。

特に今、何でもスマートフォンやオンライン、リモートで済まそうとする風潮がありますが、アナログ的な方法も残しておかなければいけないのではないか。
筆者はそのように考えます。

暑い夏こそ真冬を思い出そう!

東北北部以外で梅雨明け後、日本列島各地で連日繰り返される災害級の暑さ。
こんな時こそ"真冬"を思い出してみることにしましょう。



災害級の暑さが続くくらいなら、いっそのこと氷点下の方がマシ?
筆者はそんな気がしてなりません。

IMG_2567

IMG_2568
(2022年1月6日:横浜市中区山下公園にて撮影)

写真は今年の年明けに横浜で降雪した時のものです。
この日の最高気温は3.1度で最深積雪は8cmでした。

日中に降雪が始まり、積雪状態となった時の気温は氷点下。
関東南部平野では極めて珍しい、氷点下降雪、そして粉雪となりました。

この降雪後もしばらく手足がかじかむような寒さが続き、早く夏にならないかな?と感じてしまいましたが、ここ連日の災害級の猛さとなると、この日の氷点下の寒さが恋しく?なってしまうものです。

毎日、天気予報で日本のどこかしらで予想最高気温が39度とか40度などと言う数字が聞かれるようになりましたが、本来は25度で夏日、30度で真夏日。

最高気温30度でも危険ですので、当面の間は各地で熱中症への備えが必要です。





スズメは食べることが大好き?

スズメは食べること大好き?
横浜で草の根掻き分けてごはんを探す2羽のスズメ。



梅雨が明ける1週間ほど前、時折雨脚が強まることもあったこの日。

IMG_4463
(2022年6月22日:横浜市西区高島臨港パーク付近にて撮影)

横浜・臨港パーク付近のスズメは必死にゲットしたご飯を一粒残さず食べて、その後は食後の運動も兼ねて?周囲を飛び回っていました。

たまにスズメでも明らかに太っている個体を見ることもありますが、人間と一緒で食べて寝てばかりではブクブク太ってしまいます。。

ただ、食べることが好きなのも人間も一緒。
昨年の今頃は政府から飲食店がいじめられていましたが・・・。

筆者もコロナの陽性者がどれだけ増えて緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出ようが、おそとで好きなものを食べることは止められません。

プライバシーポリシーと免責事項