しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

【独り言】今一度、万が一の時の備えを見直そう。

DSC_0205

今日の見出し画像は"水"です。読者の皆様、万が一の時の備え、水の備蓄は出来てますか??

既にメディアで報道されている通り、今朝9時前、宮崎県内で最大震度5弱を観測する強い地震がありました。
震源は日向灘でマグニチュード6.3。もう少し規模が大きければ津波が発生していたかもしれません。



やはり今回の地震も含め強い地震が発生した時に改めて感じるのは、

・地震予知は不可能である
・自分の身は自分で守るしかない
・災害は忘れた頃にやってくる


という点です。

今回の地震で予想通りメディアや専門家は南海トラフとの関連性や今後の巨大地震発生の予測について触れられていますが、少なくとも今の段階では地震予知は不可能であり、厳しい表現をすれば占いレベルとも言えます。

地震予知は地震予知や地震予測に頼らない減災、防災を進めるべきではないでしょうか。

それから、メディアの中ではただちに南海トラフ地震には繋がらないとか、今後の巨大地震への可能性は低いなどと報じているものもありますが、こういう見解は危険な楽観論を生むことになりかねません。

もちろん何も災害が発生しないことが一番ですが、日本は災害大国です。

近年は地震以外にも記録的な大雨や大雪、スーパー台風の襲来など、数十年に1度といわれる災害が毎年のように起きています。
我々庶民も防災意識を強く持たなければいけません。

災害が起きた時、自分の身は自分で守るしかありません。

水や電池の備蓄や懐中電灯、軍手、携帯ラジオの準備など、筆者も今一度、万が一の時の備えを見直してみようと思います。





【訪問記】初めて横浜スカイウォークの中へ入館(2019.05.06)

先月27日(土)から始まった10日間の大型連休も今日6日(月)で最後。明日から多くの方が現実世界に戻られることでしょう。

筆者はカレンダーとは関係ない生活を送っているので特に遠くへ出かけることもせず、また、新元号になったことによる参拝にも行きませんでした。

この10日間、いつも通りの生活を送っていたわけですが、今日は少しお出かけ。

2010年9月以来およそ9年ぶりに一般開放が復活した横浜スカイウォークの中へ入館してみました。

IMG_5257

IMG_5264
IMG_5261

IMG_5264
スカイタワー入口からは今年4月に供用開始となった大黒ふ頭客船ターミナルが見られます。
今日6日は豪華客船「MSCスプレンディダ」が寄港していました。

約9年間閉鎖されていたスカイラウンジとスカイプロムナードの一部(大黒ふ頭側)が海外から豪華客船が寄港する土日祝日に限り一般に無料開放されるように。

これらの位置から、豪華客船が大黒ふ頭客船ターミナルに着岸する様子を見ることが出来るようになりました。

IMG_5270

IMG_5273

59775054_2139733779478963_5415271143923777536_n
スカイタワーの中に入り、エレベーターで3階まで上がり、初めてスカイプロムナードの中を歩き、スカイラウンジに向かってみます。
ベイブリッジと隣接しているので、車やトラックの走行音が響き渡ります。

59489239_2139733672812307_3655654284344688640_n
数分歩き、スカイラウンジが見えてきました。階段や勾配も多く、距離も300メートルほどがあるようです。

スカイラウンジから横浜市街地と大黒ふ頭側を覗いてみます。

IMG_5281
雲がかかっていますが、丹沢山系もうっすら見られました。
晴天だったらと思うと悔やまれます。次、リベンジしたい所です。

IMG_5280
大黒ふ頭側は雲が少なく、海の向こうの房総半島もうっすら見られました。
スカイラウンジは海面から50mの高さにあるようです。

スカイラウンジからしばらく景色を眺めた後、再度スカイプロムナードを歩き、スカイタワー入口まで戻ります。

IMG_5298
豪華客船と大黒ふ頭客船ターミナルをより間近に見ることができます。

IMG_5294

IMG_5286

IMG_5296
東京湾、そして房総半島も一望できます。
その時の天候によるのかもしれませんが、房総半島はスカイラウンジよりスカイプロムナードからの方が見えるかもしれません。

スカイタワーに戻り、構内を軽く見学してみます。

DSC_0191
2010年11月のAPEC横浜開催に関するチラシがそのまま掲示されていました。

DSC_0190

59705237_2139733832812291_3182780850366316544_n
スカイウォークの一部開放に関するお知らせが出ています。
こちらは決まり次第、横浜市HPで発表されているので要チェックです。

DSC_0195
スカイウォークへのアクセスでネックなのが、公共交通利用(バス利用)によるアクセスです。

土日の日中、鶴見駅からは横浜市営バス17系統が1時間に1本のみ、横浜駅からの109系統は日中9時~15時の間に2本しか運行されていないので、特に横浜駅からのアクセスは、現状の本数では厳しいと感じます。

sa

ss
昨日5日と今日6日の2日間、公式発表はありませんでしたが、横浜市営バスでスカイウォークと横浜駅と鶴見駅をそれぞれ結ぶ直行便が運行されていました。

筆者は横浜駅へ向かう直行便へ乗車し、帰路につきました。

入館することの無いまま2010年9月に閉鎖されたスカイウォーク。
あの当時、一度入館しておけば良かったと後悔したことを思い出しました。

もう復活することは無いだろうと諦めていたところ、思わぬ形で入館するチャンスが訪れ、無事に入館することが出来たので、今日は久々に充実した1日でした。

(写真は全て2019年5月6日:横浜市鶴見区スカイウォークにて撮影)

【独り言】天候不安定なGW

DSC_0171

DSC_0173
(2019年5月5日:横浜市西区横浜駅東口・高島町付近にて撮影)

今日5月5日は快晴。写真のような青空の日が続いてほしいものです。

ここ2~3日、地元神奈川では天候が不安定で、昨日4日の午後も急に空が暗くなり、雷と共に土砂降りの雨や雹が降る時間帯もありましたが、今日は比較的安定していました。
しかし最新の予報ですと、今日夜中から明日6日の明け方にかけてと明日の夜はまた急な強い雨や雷の可能性があるようです。
明日でGW最終日。地元神奈川は晴れた日が多かったですが午後に突然の雷雨となった日も多く、どうも今年は天候不安定なGWです。

まだ5月なのに夏の夕立のような現象が当たり前のように発生してしまう今の気候。去年夏の記録的な酷暑や西日本豪雨、一昨年の九州北部豪雨など、やはり気候が明らかにおかしくなっています。
予測不能や異常気象と呼ばれる現象が毎年のように起こり、それが普通になってしまった感じです。
今の夏に起きる夕立も、もはや"夕立"という風情を感じさせるものではなく、命に関わりかねない"ゲリラ豪雨"そのものだと思います。

人間、自然には勝てませんが、令和は自然災害の少ない時代になって欲しいものです。

プライバシーポリシーと免責事項