しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

いつやるの?今でしょ!

コロナの分類変更、いつやるの?今でしょ!
早急にやらなければいけないのは新型インフル等感染症から5類相当への分類変更です。

IMG_20220114_233647
(2022年1月13日:ABEMA TIMES配信記事にて)





今週になって新型コロナの分類を変更するべきだという意見が一部の都道府県知事などから聞かれるようになりました。

1年遅いですが、良くも悪くも影響力のある小池都知事からこういった意見が出てきたのは大きいでしょう。
新型コロナは不治の病や難病でないのは明らかです。

問題なのはウイルス自体ではなく、このブログでも再三触れていますが、感染症法上の分類です。

新型コロナウイルスは当初、2類相当の指定感染症に。
そして2021年2月13日からは、新型インフルエンザ等感染症に分類されています。
保健所を介した全数調査や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離が原則となっています。

新型インフルエンザ等感染症は政令によって、交通制限など1類相当の措置を恒久的に行える厳しいものです。

今は重傷者の数やウイルスの毒性などではなく、医療スタッフなどエッセンシャルワーカーが濃厚接触者扱いされ出勤不能となり、人手不足に陥るケースが問題となっています。

感染症法上や新型インフル等特措法に基づく濃厚接触者の特定や後追い、隔離ルール。
これは言うまでもなく人間が作ったものです。

重傷者が増えたりウイルスの毒性が強くなったわけでもなく、人間が作ったルールや制度によってインフラが麻痺するのは完全な人災です。

そして今のルールのまま、被災クラスの地震が発生したらどうなるのでしょうか?

"密を避ける"などという理由で避難所の収容人数が大幅に制限され、安全なはずの避難所に避難できず命に関わるケースが続出するでしょう。

何度でも言います。
政府が直ちにやらなくてはいけないのは新型コロナの感染症法上の分類を5類相当へ変更。
まん延防止等重点措置や緊急事態宣言などもってのほかです。

逆に季節性インフルエンザなどと同じ扱いにすれば、全数調査や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離などを行う根拠が無くなるのでコロナ騒動などすぐに終わります。

我々庶民も2019年以前の日常、生活様式を取り戻すためにも5類相当への分類変更を唱えて行かなければなりません。

雪が降りしきる港ヨコハマ

2022年1月6日、雪が降りしきる港ヨコハマ。
14時過ぎになると雪の勢いが増して来ました。

IMG_2547

IMG_2537

このブログでよく登場する横浜・臨港パーク付近の様子です。
人通りのない芝生広場は真っ白です。

IMG_2545

雪がどんどん降りつけ視界が悪くなります。
数百メートル先のハンマーヘッドも何とか辛うじて見えるくらいという状態。

14時に中区山手にある横浜地方気象台と東京・北の丸公園の観測点で積雪1cmを観測。
当初の予想、多い所で平地1cmという積雪にもう到達してしまいました。

雪が弱まる気配も無く、この辺りから今回の雪は積雪1cm程度では済まないな、と感じるようになりました。

"想定外の大雪"の始まりであります。

(2022年1月6日:横浜市西区高島・横浜臨港パーク付近付近にて撮影)

雪景色のヨコハマ(2022.01.06)

雪景色のヨコハマ。
2022年1月6日、午後13時半前後の横浜駅東口付近の様子です。

IMG_2522

IMG_2520

IMG_2523

当日は朝まで、関東南部では雪が降ってもチラつく程度、多い所でも積雪1cm程度という予想。

この時間から雪が本降りとなり、地上でも橋の手すりや樹木、芝生、停車中の自動車のフロントガラスなどが白くなり始めます。

IMG_2524

IMG_2526

IMG_2525

横浜駅東口の傍にある日産グローバル本社ギャラリーの展示車両もフロントガラスや天井が白くなり始めていました。

またどこを向いても白い雪のせいで非常に視界が悪くなっていることが写真でお分かりいただけるかと思います。

それでもまだ、小さな粉雪なら交通マヒが起きるほどの雪にはならないだろう、というのが筆者の勘でした。

しかしその勘は外れることになります。

(2022年1月6日:横浜市西区横浜駅東口・日産グローバル本社ギャラリー周辺にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項