しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、時事問題などをぼやく。

災害級の暑さ続く

日本列島では東北北部以外、記録的に早い梅雨明けが気象庁から発表済。
梅雨明け後は災害級の暑さが続いています。



各地で新型コロナの陽性者が増え始めているという報道もありますが、風邪を引くよりも熱中症の方がよほど危険。

熱中症予防の方が優先度は高いことは言うまでもありません。



未だにマスクを外す、外さないなどと言う論争がありますが、非常に馬鹿げています。


真夏のマスクは「ダメ。ゼッタイ。」
こう言っても過言ではありません。

DSC_3240

DSC_3238

DSC_3237


筆者は昨日6月30日の日中、所用で東京都港区芝地区を訪れていました。
照り付ける日差しは暑さを通り越し、痛みさえ覚えるほど。

同日の最高気温は東京都心で36.4度、横浜で36.1度を観測。
6月に東京都心で観測された最高気温としては最も高いそうです。

DSC_3236

オフィス街で熱気に包まれる芝地区ですが、ミスト噴射が設置されていたので一休み。
少し涼しさを感じることが出来ました。

この後も厳しい暑さが続く予想となっているようですので、熱中症には厳重警戒です。

(2022年6月30日:東京都港区芝地区にて撮影)

氷点下の寒さ恋しく?

6月末の七夕前に東北北部を除いて梅雨明けが発表された日本列島。
地元神奈川県でも連日、災害級の猛暑に見舞われています。



コロナ陽性者が増えてきたり、先週は東京都でインフルエンザのクラスターによる学級閉鎖のニュースも聞かれましたが、まずは熱中症に厳重警戒しなければいけません。

IMG_2528

IMG_2534
(2022年1月6日:横浜市西区高島・アンパンマンミュージアム付近にて撮影)

写真は今年の年明けに横浜で積雪した時のものです。この日の最高気温は3.1度。

日中、降雪が始まり、積雪状態となった時の気温は氷点下。
関東南部平野では極めて珍しい、氷点下降雪、そして粉雪となりました。

この降雪後もしばらく手足がかじかむような寒さが続き、早く夏にならないかな?と感じてしまいましたが、梅雨明け後続く災害級の猛暑となると、氷点下の寒さが恋しく?なってしまうものです。

さて、群馬県伊勢崎市では連日、最高気温が40度に到達。

記事執筆時点では今日6月30日も埼玉県熊谷市で予想最高気温40度という恐ろしい予報が出ています。
横浜でも35度予想となっており、一層の警戒が必要です。

いつもより暗い?横浜駅中央通路

いつもより暗い?横浜駅中央通路。
節電要請の影響が身近な所にも。



平日日中の横浜駅中央通路の様子です。
写真をご覧になるとお分かり頂けるかと思いますが、照明の多くが消されていました。

DSC_3242

少し暗さを感じましたが、逆に光でチカチカするよりは普段からこれくらいの方が良いかも?しれません。

DSC_3240

指定席券売機も一部が使用停止となっていました。

今はオール電化、キャッシュレス、テレワーク、リモートなど電気使用が前提。
自動車も今は電気自動車を普及させる動きがあります。

便利な反面、台風襲来や大地震が発生して電気が使えなくなれば何も出来なくなってしまいます。

特に日本は災害大国であり、特にこれからは台風のシーズンを迎えます。

機会化、電子化が進んだ中、大きな災害が起きて耐えられるか?それが今、試されているのかもしれません。

(2022年6月27日:横浜市西区JR横浜駅中央通路にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項