しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

【時事】九州南部豪雨、被害が徐々に明らかに。

既に報道されている通り、7月3日から九州南部で記録的な豪雨となっております。
まずは九州南部豪雨で被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

IMG_20200705_234820
(2020年7月4日:NHKのニュース番組にて)

被害が徐々に明らかになってきていますが、特に熊本県南部の被害が深刻です。
球磨川が大規模氾濫。
JR肥薩線の球磨川第一橋梁が流出し、八代~吉松間が不通となっています。

くま川鉄道も球磨川第四橋梁が流出し、全車両が浸水。
人吉温泉駅構内で土砂流入や冠水被害が発生し全線で不通。

肥薩おれんじ鉄道も佐敷駅での線路冠水や20か所以上の土砂流入により、出水~八代間で当面の間、運休するとしています。

他、九州産交バスやタクシーの営業所が浸水・水没し、車両が使用不能となる被害も報じられています。

今後、長期にわたり公共交通機関の運行に影響を及ぼす可能性も考えられます。

起きてほしくはありませんが・・・。
特に鉄道で、台風や豪雨、大地震などの災害をきっかけに廃線となってしまうケースも実際には少なくありません。

特に先述の橋梁が流出したJR肥薩線やくま川鉄道は、復旧するとしても年単位の時間を要するかもしれません。

ただ、まずは何と言っても人命最優先。
これ以上、人的被害が拡大しないことを祈るばかりです。

そして自然災害への被災、明日は我が身かもしれません。

昨年、地元神奈川県や東京都でも台風19号で多摩川の大規模氾濫や箱根登山鉄道の斜面崩落などによる長期運休など大きな被害が発生しました。
今一度、災害への備えについて見直しを!

【独り言】関東平野と静岡県は今夜は土砂降り?

今日から7月。2020年も後半に入りました。
関東は梅雨真っただ中で地元神奈川県も雨が降ったりやんだりの1日。

強風も加わり、一度降り出すとあっという間に濡れてしまう降り方でした。
この記事を執筆している今も雨音がはっきり聞き取れるくらい強く降っています。

202007012235-00

202007012240-12
(2020年7月1日:気象庁公式サイトレーダー・ナウキャストより引用)

レーダーを見てみると、駿豆湾付近にある線状の積乱雲が北東進し、日付が変わる前くらいに関東地方に襲来する予想となっています。

関東平野と静岡県は今夜は土砂降り?でしょうか。
静岡県東部や関東平野(特に神奈川県・東京都・千葉県)は相当強い雨雲が通過しそうです。

静岡県の一部には土砂災害警戒情報が発表されています。
地元神奈川県でも箱根では今日7月1日の降り始めからの雨量が22時時点で200mmを超える大雨となり、地盤が崩れる被害も出ているようです。

大雨の被害を受けないよう、今夜も安全最優先に過ごしたいものです。

【独り言】高温多湿の時期は真冬の寒さを思い出そう!

日本列島は梅雨真っただ中。

高温多湿のこの時期、加えて2月から続く"コロナ騒動"や異常な自粛政策などもあり、余計にイライラしがちです。

ストレス緩和のため、夏の暑い季節、あえて真冬の寒さを思い出すのも有効です。
寒冷地に行った時のことを思い出すのも良いでしょう。

10391693_913190552133298_1844367488409550644_n

1934563_913190572133296_9072779806660217920_n

1917833_913190588799961_9136494365795681392_n

12112510_913190612133292_679510953311432149_n

12801575_913190625466624_6305207536359097005_n

10737_913190638799956_8543756011258810501_n
(2016年3月20日:北海道上川郡層雲峡温泉街にて撮影)

初春に北海道上川郡層雲峡を訪れた時の写真です。
層雲峡氷瀑祭りが開催されている季節でした。

初春と言っても北海道では3月半ばはまだまだ雪の季節。
辺り一面も雪で真っ白。
日中の気温は0度に届かず終始氷点下といった状況。

神奈川県民の筆者にとっては、真冬を超える厳しい寒さであったことが思い出されるところです。

プライバシーポリシーと免責事項