しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

雪景色の横浜・Kアリーナ周辺

ブログネタ
【公式】私が癒やされているもの に参加中!
先週2月5日の関東平野での本降りの雪。
横浜・Kアリーナ周辺も雪景色となりました。



Kアリーナが開業してからは初の積雪機会。
当日は容赦なく、雪がガンガンと降り続けました。

417399578_7072736386178653_5703812888992089710_n

417439689_7072736102845348_8266409638705343377_n

DSC_5078

417430837_7072758386176453_2860639052922046609_n

417417637_7072758712843087_7716623829862850992_n

雪が会場周辺の道路や歩道にも積もり、階段は雪がシャーベット状になっている所もありました。
このシャーベット状になっている雪、ぱっと見ただけでは何も無いように見えてしまうので危険です。

転倒防止のためにもゆっくりと、足元を見ながら歩く必要があります。

417411252_7072736649511960_8187242957186717805_n

417423902_7072736866178605_7182704326684340968_n

417424517_7072737129511912_9072371174794764450_n

418985425_7072743322844626_4179759060047201857_n

高島水際線公園も芝生などは真っ白。
周囲を歩く方の姿も殆ど見られませんでした。

DSC_5080

Kアリーナのミュージックテラス駐輪場付近から撮影した東京湾方面の様子。

帷子川の河口付近と横浜臨港幹線道路、その先にベイブリッジと空気が澄んでいれば千葉県房総半島が見えるはずなのですが、この日はベイブリッジすら見えませんでした。

湿った雪と強風で非常に視界が悪くなっていることが分かります。

417691038_7072735866178705_1271696181463345193_n

そごう横浜店2Fからの光景。
やはり湿った雪と強風で非常に視界が悪く、Kアリーナより先の臨港パーク方向は殆ど何も見えませんでした。

夜が近付くにつれて雪の降り方が強くなり、道路にも雪が積もり始め、チェーンを装着して運行している路線バスも見られました。

この後、あちらこちらで公共交通機関のダイヤが乱れ、翌日6日まで影響が残った所もありました。

気象庁の発表では当日の最新積雪は東京・北の丸で8cm、横浜・中区4cm、千葉・中央区で3cmなどとなっています。

首都圏の平野では滅多に降らない雪。
雪景色には風情があり癒される面もありますが、生活や社会活動に支障が出てしまうのも事実。

特に首都圏平野で本降りの雪が降るときは積雪5cm~10cm前後となることが多々あり、4月中旬まで可能性が残ります。

4年前の2020年3月にも夏日寸前の高温、桜満開宣言後に気温が急降下し、積雪したこともありました。
まだまだ注意が必要です。

(写真は全て2024年2月5日:横浜市西区高島付近にて撮影)

【関連記事】








ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2月11日は"211"の日

今日2月11日はまず建国記念の日。
そして"211"の日であります。



"211"の日のとして、少し懐かしい乗り物の写真を。

187_8767

JR東海道線(東京口)を走っていた211系。
隣のホームには湘南電車113系が停まっているのも見えます。
かつては当たり前のように見られましたが、2012年春に全編成が引退しています。

この写真を撮影した時点では、113系と211系がバリバリ現役。
E231系は東京発着の東海道線ではまだ営業運転開始前でした。

187_8765

1枚目の写真と同じ日に同じ駅で撮影した211系ですが、こちらは湘南新宿ライン(宇都宮線-横須賀線系統)に入っている光景。

グリーン車が無く、前面の行先表示が「宇都宮線直通」となっています。

2001年冬に運行が始まった湘南新宿ライン。

今はE231系とE233系に統一されていますが、当時はこの211系も使用。
本当に最初の頃は115系も使用されていました。

新宿折り返しの横須賀線に直通する列車のみ215系やE217系も使用されていたと記憶しています。

ふた昔前の懐かしい?写真でした。

(2004年9月18日:神奈川県鎌倉市大船・JR大船駅内にて撮影)

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

滅多に無い雪景色

2月5日は関東各地で本降りの雪となり、滅多に無い雪景色に。
横浜地方気象台からは当日の横浜の積雪は4cmと発表。



気象台のある横浜・中区での積雪は2022年1月6日に8cmを記録して以来2年ぶりです。

DSC_5103

DSC_5105

DSC_5106

横浜市瀬谷区にある相鉄・三ツ境駅付近の様子。
夕方の撮影ですが、夜が近付くにつれ雪が強くなり、歩道や道路にずんずんと積もりはじめます。

DSC_5108

DSC_5107

DSC_5109

歩道橋や三ツ境駅前の道路も雪で真っ白。

車はノーマルタイヤなら簡単にスリップ。
歩行者もよほど慎重に歩かないと転倒し、大怪我を負う可能性があります。

この頃から既に路線バスのダイヤが大幅に乱れていて、歩道橋の下の階段までいつ来るか分からないバスを待つ利用客が長蛇の列を作っていました。

関東平野では滅多に降らない雪。
横浜では1年に1回あるかないかです。

たまに降ると風情が感じられますが、実際には転倒やスリップ事故、交通麻痺など大きな影響が出てしまいます。

関東平野では2020年3月末に桜満開宣言後のまさかの積雪もありました。
過去には4月半ばに積雪した記録もありますので、しばらくは雪予報に注意が必要です。

(写真は全て2024年2月5日:横浜市瀬谷区三ツ境駅付近にて撮影)

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


プライバシーポリシーと免責事項