しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

鹿児島らしい?バスターミナル

先月下旬のゴールデンウィーク前に訪問した鹿児島。
今回も鹿児島らしい?光景を。



桜島が眼前に迫るJR鹿児島駅のバスターミナル。
この光景も鹿児島に来た!と実感できます。

IMG_1619

IMG_1618

鹿児島駅周辺の再開発事業により、バスターミナルが新しく整備され、駅舎も写真のようになりました。
確か3年か4年ほど前の話であったと記憶しています。

IMG_1615

同駅傍には高層マンションが立っていました。
中層階から上層階では錦江湾と桜島が一望出来るのではないでしょうか。

筆者のルーツの1つである鹿児島。
これまで何度も訪問しました。

近年は「センテラス天文館」やキャッシュレス専門の「よかど鹿児島」などといった新しい複合施設も出来て、初めて鹿児島を訪れたひと昔前と比べると、街並みが変わって来たような気がします。

(写真は全て2024年4月25日:鹿児島県鹿児島市浜町付近にて撮影)

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

鹿児島は水の宝庫

鹿児島と言えばまずお酒、グルメ、温泉。
そして桜島や新燃岳などの火山などが頭に浮かんできます。



これらに加えて、鹿児島は水の宝庫。
自動販売機でも"飲む温泉水"が売られています。

DSC_5181

DSC_5178
(2024年4月24日:鹿児島県鹿児島市本港新町付近にて撮影)

購入したのは「天然アルカリ温泉水 財宝」500ml。
鹿児島の街中に設置されている財宝の自動販売機で、1本80円で購入出来ます。

あらゆるものが値上がりし、自販機で販売されている500mlのペットボトル飲料は1本170円から180円が当たり前になってきた今、とても財布に優しい価格です。

鹿児島・桜島の麓、垂水市の地下1000mから湧く天然のアルカリ温泉水。
非常に軟らかい、まろやかな水です。

常温の飲料水、また料理やお酒の水割りとして使う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

飲む温泉水も雄大な自然、桜島火山がもたらしてくれた恵みであると感じます。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ツバメも大忙し!?

ツバメも大忙し!?
この時期らしい光景です。



誰もが知っているであろう毎年東南アジアから飛来する渡り鳥。

IMG_1677

IMG_1680

先月末辺りからでしょうか。
横浜でツバメを見る機会が増え、いつの間にかビルの下に"マイホーム"(巣)が出来ていました。

ツバメが周辺を飛び回っては巣に戻り、その中で何かをあげるような仕草を繰り返していたので、恐らく巣の中にもう雛が居て、ごはんをあげているのでしょう。

これから夏の終わりまで、子育てをしながら、日本を満喫してもらいたいものです。

(2024年5月2日:横浜市緑区十日市場付近にて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


プライバシーポリシーと免責事項