しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

RSウイルス、手足口病流行中

新型コロナウイルスの第7派と、その分類の是非が話題になっています。
一方、この夏は特に子どもの間でRSウイルスや手足口病も流行しているそうです。



新型コロナウイルス以外にも細気管支炎や肺炎、脳炎のリスクが生じるウイルスは多く存在します。

IMG_20220801_225600
(2022年8月1日:時事通信社配信記事より引用)



岸田首相は新型コロナの第7派収束後、時期を見極めて新型コロナの2類相当の分類(※)からの引き下げを検討すると先月31日に言及しました。

※現在は政令で1類以上の措置が取れる"新型インフルエンザ等感染症"に分類。

政府は現在の分類見直しや5類相当への引き下げを渋りますが、逆に考えれば手足口病やRSウイルス、ロタウイルス、季節性インフルエンザは野放しで良いのでしょうか?

季節性インフルエンザはワクチンがあるものの、流行前に予想された型のウイルスと実際に流行する型のウイルスが異なった場合、予防接種の効果が全くなくなり、蔓延することもあります。

RSウイルスや手足口病はワクチンや特効薬はありません。

これらのウイルスはもっとも危険度が低い5類感染症に分類されていますが、風邪程度に過ぎない新型コロナを今すぐ5類相当に出来ないのなら、先述のウイルスも2類以上相当にしなければ整合性はありません。

新型コロナの全数把握、濃厚接触者の特定・追跡は止める!
これを首相か厚労相がきっぱり言うだけで良いのです。

2年以上、シャッターが下りたまま・・・

コロナ騒動が始まって2年以上が経ちますが、ずっとシャッターが閉じたまま。
果たしてシャッターが上がる日は来るのでしょうか。



DSC_3412

DSC_3411

鹿児島県鹿児島市城山駐車場にある土産店の光景です。
ご覧の通りすべての店舗のシャッターが下りたままとなっています。

2020年6月以降、最初の緊急事態宣言と移動自粛要請が解除されてから何度か同じ場所を訪れていますが、この光景は変わらず。

たまたま筆者が訪れた日が全て休業日だったのか、それともいわゆる"コロナ休業"や"コロナ倒産"なのか、筆者は鹿児島在住ではないので実態は分かりません。

ただ、この2年間、旅行・観光・宿泊業界辺りは壊滅的なのは想像に難くありません。

夏休みシーズンに入りましたが、コロナ騒動の第7派なども影響しているのか、この日も観光客や訪問客は疎らでした。

やはり観光、特にインバウンドは水物であるということを学ばなければいけません。
特にコロナ騒動が始まってからの2年半で改めて実感します。

DSC_3413

DSC_3415

城山観光ホテル前からの光景です。
桜島と真っ青な錦江湾が奇麗でした。

先月末に桜島では大きめの噴火があり、一時、噴火警戒レベルが5に引き上げられ全国ニュースとなるなど騒ぎになりましたが、通常の火山活動。
噴火そのものよりも風評被害が懸念されるところです。

鹿児島の温泉が豊富なのは、活火山の恵みでもあります。

(2022年7月31日:鹿児島県鹿児島市城山付近にて撮影)

【関連記事】





水に浸かり羽を伸ばしリフレッシュ?

水に浸かり羽を伸ばしリフレッシュ?
横浜・帷子川の野鳥。



連日、暑い日が続いています。
人間だけでなく鳥も暑さを感じているのか、横浜・帷子川で水に浸かりながら羽を伸ばしている鳥を見かけました。

IMG_4743

IMG_4744

水に浸かれば熱中症対策にもなり、まさに羽を伸ばすお手本?
正しい羽の伸ばし方を示しているように感じます。

給与と休養。
頑張ることはもちろん、鳥のように羽を伸ばして休むことも大事です。

(2022年7月21日:横浜市西区高島日産グローバル本社ギャラリー付近にて撮影)

※筆者都合につき7月末日まで原則、休載します。8月から更新再開予定です。

プライバシーポリシーと免責事項