しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

西九州新幹線開業迫る。

西九州新幹線開業迫る。
着々と工事が進んでいます。

IMG_0783

IMG_0782

記事執筆時点では、現在整備が進められている武雄温泉駅~長崎駅間が2022年秋頃に暫定開業予定とアナウンスされています。

IMG_0781

IMG_0785

武雄温泉駅でも新幹線と特急の対面乗り換えホームが作られていました。

武雄温泉駅で博多~武雄温泉間を運行する在来線特急列車と同じホームで乗り換えを行う「対面乗り換え方式」となります。

駅名標にも「→うれしのおんせん」の表記が、また発車案内表示器にも西九州新幹線の表記と新幹線のマーク、そして諫早・長崎方面との表記がありました。

開業が迫っていることを実感します。

(2021年9月29日:佐賀県武雄市JR武雄温泉駅にて撮影)

夕暮れのロイヤルウィングと屋形船

夕暮れのロイヤルウィングと屋形船。
横浜・大さん橋にて。

IMG_0871
(2021年10月2日:横浜市中区山下公園広場付近から撮影)

ここ数日、首都圏では横浜市でも最高気温が30度近くまで上がる日が続いています。

しかし真夏とは異なり、朝や夜は涼しい風に鈴虫の鳴き声が聞こえ、夕方も17時半を超えると一気に暗くなってきます。
(上記写真も17時27分に撮影したものです。)

厳しい残暑の一方、季節は確実に進んでいます。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期。

新型コロナウイルスの陽性者は全国的に減ってきているようですが、風邪を引かないよう、また熱中症にならないよう水分補給をまめに行うなどして、体調管理に気を配りたいものです。

久々に佐賀・嬉野温泉へ。

久々に佐賀・嬉野温泉へ。
GoToキャンペーンが長期にわたり停止した温泉街の今は・・・。

IMG_0770

今回も百年の湯様にお世話になりました。

嬉野温泉街では多くの入浴施設がありますが、自家源泉を使っているのは記事執筆時点でもこの百年の湯様だけとのこと。







お湯は肌にやさしいトロトロの泉質で、熱めのお湯でも入りやすいです。
今回もゆっくり、骨の髄に染みつくくらい、温泉に浸からせて頂きました。
温泉から上がるのが名残惜しいくらいです。

IMG_20211005_211518

温泉から上がった後はお昼ご飯。
湯豆腐定食を頂こうか佐賀牛ハンバーグ定食を頂こうか迷いましたが、今回は後者を頂くことに。

IMG_0769

IMG_0772

昼食後は温泉街を軽く散策してみます。
コロナ騒動前は平日であっても多くの観光客(特に外国人客)が訪れていたものですが、今はどこを向いても通行人が殆どいません。
通過する車の走行音とカラスの鳴き声の方が目立つくらいです。

IMG_0776

シャッターが下りたままになっていたり、廃墟と化した店舗や事業所も複数見られました。

温泉施設や食事処、お土産屋さんなどはボランティアではないということです。
収入が無ければ食べて行かれません。

世の中には、いくら緊急宣言やまん延防止措置を発動しようが給料が全く減らない先生もいらっしゃるようですけどね。

(写真はすべて2021年9月29日:佐賀県嬉野市嬉野温泉街にて撮影)

【関連記事】










プライバシーポリシーと免責事項