しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

夕食時間前の不気味な地震

11月になり日が落ちる時間もかなり早くなりました。

17時過ぎとなると夕食準備で火やガスを使っているご家庭も多いかと思いますが、そんな時間帯に不気味な地震です。



11月14日17時09分ごろ発生。
震源は三重県南東沖で地震の規模を示すマグニチュードは6.1→6.4。
(2022年11月20日:マグニチュードが修正されたので反映しました。)

IMG_20221115_001535
(2022年11月14日:気象庁地震情報より引用)



この地震で、静岡県伊豆半島から関東甲信越・北陸・東北地方太平洋側の広い範囲で揺れを観測。
最大震度4(茨城県つくばみらい市、福島県双葉町・浪江町)でした。

ほか、関東平野の広範囲と福島県・宮城県の一部で震度3を観測しています。
筆者が居たところは震度2~3程度の揺れでしたが、不気味な揺れがしつこく続きました。

震源の深さは350kmで、津波の発生はありませんでした。

また、この地震のおよそ5時間後に、石川県能登地方を震源とするマグニチュード4.2の地震が発生。
緊急地震速報が発表され、緊張が走りましたが、石川県珠洲市で最大震度4を観測しています。

今年6月19日には震度6弱の地震も発生しているので、その時を思い出された方も多いのではないでしょうか。

このブログで何度も取り上げていますが、昨年後半から日本国内や海外で相次ぐ不気味な地震と噴火。
何かの警告でなければ良いのですが。

やはり、いつやって来るか分からない地震。
口酸っぱいようですが、いざという時に慌てないよう、普段からの備えが重要です。

横浜・綱島温泉で一風呂

寒い日、ストレスが溜まった日、そして疲れた日は温泉でのんびり!
横浜・綱島にある泉質最高の温泉に浸かることにしました。



横浜市港北区樽町にある綱島源泉湯けむりの庄様。
県道140号線沿いにあり、周囲は住宅街。
そして飲食店、商業施設、会社が点在していて、とても温泉街という雰囲気ではありません。

本当にこんな所に温泉があるの?と思ってしまう所ですが・・・、あるのです。

314707077_5540086372777003_5405242148934586727_n

314754505_5540086486110325_6557470885435816856_n

313423209_5540086592776981_934125545205877254_n

神奈川県で最大級の日帰り温泉・岩盤浴施設です。

東急東横線綱島駅から徒歩18分。
横浜市営バス・川崎鶴見臨港バスの「樽野谷」バス停前にあります。

また、綱島駅駐車場と湯けむりの庄様を結ぶシャトルバスも運行されています。
綱島駅から徒歩18分と駅から少し離れているので、シャトルバスの利用もお勧めです。

温泉はナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉で、入浴すると肌がツルツルになります。
温泉の色は黒褐色(黒に近い茶色)です。

大浴場には多くの種類のお風呂がありますが、筆者は露天岩風呂とうたた寝湯にゆっくり浸かりながら過ごすのが好きです。
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

314366532_5540086732776967_109030837905344170_n

風呂上がりのアイスクリームも欠かせません。

横浜・綱島エリアの温泉入浴施設は筆者が知る限り、2022年11月時点ではこの記事で触れている「湯けむりの庄様」1軒のみ。

しかし綱島地区は東海道新幹線が開業する1960年代まで神奈川県を代表する温泉郷であり、一番多い時期で70~80軒の温泉旅館があったと言われています。

現在マンションが建っている川沿いにもかつては複数の温泉旅館が存在したようです。

筆者が生まれるはるか前の話であり、正直なところ全然イメージが湧きませんが、今でも地下深くには豊富な温泉が眠っているのでしょうか。

(2022年11月9日:横浜市港北区樽町「綱島源泉湯けむりの庄」にて撮影)

【関連記事】




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜市情報へ
にほんブログ村

火やガスの扱いに注意

これから寒い季節がやって来ます。
冬は火の不始末やガスのつけっぱなしによる火災、一酸化炭素中毒に注意。



先日、我が家ではふろがま・給油機の設置状況の点検を行ってもらいました。
結果は問題なしとのこと。

IMG_20221111_184414
(画像はイメージです)

一昨日11月11日の朝から大きく報道されていますが、「マサカリ投法」で知られる元プロ野球選手の村田兆治氏が住む自宅で火災が発生。

村田氏は意識不明の状態で発見され、同日6時前に搬送先の病院で亡くなったことを確認。
死因は一酸化炭素と見られると報じられていますが、出火の原因は調査が続いているようです。

これが就寝前の火の不始末か、ガスのつけっぱなしと言った不注意による事故なのかは分かりません。

ただ、不注意によって取り返しのつかない事故となるのは著名人だけではなく我々庶民でもあり得ること。
他人事ではありません。

最後に、筆者は村田兆治氏の現役時代は知らない世代ですが、マスターズリーグや始球式などで披露されたダイナミックなマサカリ投法。
そして60歳を超えている方とは思えない130キロ台の速球は見事でした。

「#野球には夢がある」というキーワードがツイッターでトレンド入りする時がありますが、我々庶民に夢を提供してくれる方でした。

村田兆治氏のご冥福をお祈り申し上げます

プライバシーポリシーと免責事項