しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

"島"でも雪?

天気予報を見ていたら、通常ならまず雪が降らない"島"に雪だるまが。
先般報道されている寒波は相当強烈なもののようです。



今日1月24日から明日25日にかけて、伊豆諸島南部の八丈島、鹿児島県の種子島・屋久島地方に雪の予報が出ています。

DSC_3826

DSC_3827
(2023年1月23日:気象庁公式ホームページ週間予報より引用)

伊豆諸島南部や種子島・屋久島地方は平地でも過去に積雪を記録したこともあり、積雪の可能性がある地域の南限とされていますが、やはり降雪自体が稀。

記事執筆時点では種子島・屋久島地方で25日夜までに1cm~5cmの降雪予報が出ていますが、降雪自体が稀な地域で積雪となれば日常生活に大きな影響が生じるでしょう。
島嶼部以外でも、九州や四国・中国の平野など雪に慣れていない地域では特に警戒が必要です。

関東平野でも24日は強い寒気で大気の状態が不安定になり、局地的に降雪し、積雪するところもあるという予報が出ています。

夏によくゲリラ豪雨と呼ばれる現象が起きますが、ゲリラ豪雪に注意が必要です。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

週明けの天気は神のみぞ知る?

1月23日(月)と24日(火)の首都圏の天気が気になるところです。
今日23日(月)は南岸低気圧の通過、その後は10年に一度の強烈寒波。



記事執筆時点では23日(月)に横浜と千葉で曇り時々雨、水戸で曇り時々雪か雨、その他は曇り。
翌24日(火)は横浜と千葉で曇り時々雨、その他は曇りの予報となっています。

IMG_6710

IMG_6707
(2023年1月22日:横浜市西区JR横浜タワー12階うみそらデッキにて撮影)

先週末くらいから首都圏では真冬の時期としては珍しい、雲の多い空模様が続いています。
時折冷たい雨が降って来ることもあります。
まるで冬の梅雨のようです。

気象庁と首都圏各県の地方気象台は23日、降水があった場合でも今のところ水戸以外は雨と見ているようですが、これは正直なところ分かりません。

関東平野、特に南部(一都三県)は積雪する機会はそう多くありません。
全く積雪しない冬もあれば、あっても一冬に1回か2回、多くて3回程度です。

しかし、その数少ない機会が来るとまとまって降ることがあります。

低気圧が進むコースの僅かな違いや気温変化でも左右されます。

東京都心や横浜市、千葉市で雪や雪優勢予報が出ていても空振りや雨に終わったり、逆に雨1本か雨優勢予報であったにも関わらず10cmを超える想定外の大雪になったこともありました。

記憶に新しい、昨年の正月明けの1月6日はまさに想定外の大雪。

当初は降水確率40%の曇り予報だったところが実際には予想よりも雪雲が発達して本降りとなり、一都三県と茨城県の平地で10cm前後の大雪に。

10cmで大雪と言ったら雪国の方に笑われるか怒られそうですが、雪に慣れていない地域ではたとえ1~2センチの積雪でも混乱してしまいます。

今回、予報がコロコロ変わっていて、もはや天気占い。
週明けの天気は神のみぞ知る?と言った状況です。
空模様の変化に注意が必要です。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

雨にも負けず風にも負けず・・・

雨にも負けず風にも負けず、活動するカラス。
カラスにおうち時間、ステイホームと言う言葉はないようです。



関東平野の真冬にしては珍しく、先週末からしとしと雨が降る日が続いています。
まるで梅雨のようです。

寒さも加わり、人間であれば暖房の効いた暖かい家に居たくなるものですが、カラスが雨に打たれながら活動しているのが印象に残りました。

IMG_6642


IMG_6645
(2023年1月14日:横浜市緑区十日市場付近にて撮影)

カラスもたまには塒でのんびりすれば良いのに?と思ってしまう所ですが、2月に入れば巣作り、そして繁殖の時期に入ります。

今のうちに貯食し、今年はどこに巣(マイホーム)を作ろうか、活動しながらカラスなりに考えているのかもしれません。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ


プライバシーポリシーと免責事項