しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

マンボウ再々延長?

マンボウ再々延長?
はい、そうですか。

IMG_20210701_230107



早いもので今年も7月になりました。
興味もなく、本当に実施されるのかいまだ疑問ですが、東京五輪が今月23日に開幕予定となっています。

ここにきて政府の"マンボウ"延長論。
まさに「欲しがりません、勝つまでは!五輪の為に!」という姿勢。

我々庶民は安全安心な五輪より今日明日の生活、そして娯楽の方がよほど大事。
馴染みの宿泊施設や温泉、飲食店が潰れた光景を見ると腹が立って仕方がありません。

新型コロナウイルスの陽性者増を理由とした緊急事態宣言の小刻みな発令やまん延防止等重点措置の延長。

1年前、こんなことを言っても相手にされないか批判されるだけでしたが、今は多くの方が同じことを思っているでしょう。

宣言や重点措置に基づいた外出自粛要請や飲食店、百貨店などへの時短・休業要請は、政府と東京都による五輪中止阻止の為の空騒ぎと言うことです。

簡単に言えば政府と東京都の面子の問題と言うこと。

五輪開催となれば首相と都知事は開催時のトップとしてレガシーが残る一方、戦争以外で初の中止となれば逆に汚点が残ります。
無観客での開催となっても失敗五輪のイメージがついてしまうという、程度の話です。

恐らく五輪が閉幕するか、五輪中止になるまで、この小刻みな緊急事態宣言やマンボウの発令は繰り返されるでしょう。
迷惑な話ですね。

五輪選手は新型コロナ陽性でもほぼ無症状か軽症?

ブログネタ
時代のアゴラⅡ に参加中!
五輪選手は新型コロナ陽性でもほぼ無症状か軽症?
ならば感染症法での分類を直ちに変更しなさい。

IMG_20210630_225533
(2021年6月30日:朝日新聞オンライン配信記事にて)



政府は「五輪選手は一般の集団に比べ若い人が多く、新型コロナ陽性でも重症化し入院病床が埋まることは考えにくい」という認識のようです。

この認識自体は正しいでしょう。

高齢者や持病がある人は肺炎を引き起こすリスクが高いのでしょうが、それはインフルエンザやRSウイルスなど新型コロナCOVID19以外のウイルスでも一緒。
ゼロリスク、ゼロコロナなどあり得ません。

RSウイルスはワクチンがありません。
ワクチンがあるはずのインフルエンザや結核もゼロにはなっていません。

新型コロナは不治の病でも難病でも無く、風邪に毛が生えた程度のウイルスであることがもはや明らかでしょう。

今、やらなければいけないのは感染症法での分類の変更。
新型コロナウイルスの新型インフルエンザ等感染症からの除外です。
緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も必要ありません。

今年2月13日に2類以上相当の指定感染症から、1類以上の強い措置を恒久的に行える新型インフルエンザ等感染症に分類が変更されています。
全数検査や濃厚接触者などの特定、原則隔離の対象となるものです。

新型インフルエンザ等感染症から除外すれば、隔離政策を行う根拠もなくなり病床数が逼迫することもないはずです。
保健所による全数調査やクラスター、濃厚接触者の追跡の必要もなくなり、負担も減るでしょう。

新型コロナウイルスが以前から懸念されている強毒性の鳥インフルエンザ並みに強力だというのなら強い措置も仕方がありませんが、そこまで深刻なウイルスとは思えません。

せいぜい5類相当(季節性インフルエンザなど)と同様の扱いくらいで良いでしょう。

逆に感染症分類の見直しも出来ず、なし崩し的なまん延防止等重点措置の延長、緊急事態宣言の再発令。
そして今は話題にすらなりませんが、GoToキャンペーンも再開できず飲食店の営業時間やイベント制限の全面緩和も出来ないようでは、東京五輪の開催など問題外ですね。

過労くらいで1週間も・・・

過労くらいで1週間も・・・。
公務の大半は病室からパソコンで可能。

IMG_20210629_194455
(2021年6月29日:JCASTニュース配信記事にて)



・過労くらいで1週間も戦を休むのは政治家失格。

・過労は病気ではなく、政治家は病気になると政治生命に関わるので秘密にする。

・リモートでも大半の公務は出来る


小池都知事の突然の休養に関する舛添前都知事の辛辣な発言が話題になっています。

筆者は小池都知事を支持しているわけではありません。
むしろ筆者はアンチ。

"ステイホーム"や"おうち時間"など馬鹿げたことは止めよう!という内容の記事や言葉遊びを批判する記事を何度も書いてきました。

この間も「8時だよ!みんな帰ろう」なんて定例会見で述べていましたが、馬鹿も休み休み言えと思ったところです。

今回の休養も過度の疲労や発熱と言われていますが、その実態は筆者のような庶民には分かりません。

舛添氏は2009年、メキシコの豚が由来の新型インフルエンザ(H1N1)が世界的に流行した時の厚労相。

新型コロナウイルス(COVID19)の政府や東京都の対応を批判するツイートや発言を見ると、説得力を感じることも多いです。

ただ、「過労くらいで休んではいけない」という旨の発言は賛同できません。
著名人がこういう発言をすると影響も大きいはず。

過労は確かに病気ではないですが、その一歩手前。

過労が原因で急性心不全や急性くも膜下出血などの重大な病気を引き起こしたり、重大事故の加害者や被害者となるリスクも高くなります。

また、うつ病や睡眠障害、適応障害などの精神疾患を引き起こし、最悪の結果を招く可能性も考えられます。

我々庶民は過労や体調不良時は休むことに徹しなければいけません。

堂々と休める社会になってもらいたいところですが、そうなるにはまだ相当な年月がかかるのかな?と感じてしまいます。

プライバシーポリシーと免責事項