しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

五輪の"弊害"を考える

五輪の"弊害"を考える。

五輪の開催可否に関し、新型コロナウイルスの毎日の陽性者数やワクチンの開発・供給状況、変異株のまん延状況に目が向かいがちです。

しかし筆者はコロナの有無に関わらず、東京五輪の予定が残っていることによる弊害を感じています。

IMG_20210501_084626
(2021年4月30日:ねとらぼ調査隊配信記事にて)



東京五輪の競技会場や資材置き場などに指定されていることで、東京ビックサイトや幕張メッセ、さいたまスーパーアリーナなどの使用が大きく制限されています。

東京五輪の2021年への延期により、制限がかかる期間も2021年11月までとなる見込みです。

コロナ騒動が無くてもコミックマーケットやライブ、コンサートの開催に支障が出ます。

音楽・エンタメ・展示会業界などはまさに「五輪開催」「五輪延期」「新型コロナ」の三重苦です。

コロナ騒動以降、有観客でのライブやコンサートは殆ど開催されていません。
これらの業界の関係者やファンの方は「我慢の限界」と声を上げるべきです。
開催している方からすれば重要な仕事であり収入源です。

同じスポーツでも、例えばプロ野球の2021年の日程編成にも悪影響を及ぼしています。

まず五輪野球の会場や資材置場とするため、五輪前後の期間は横浜スタジアムと神宮球場が使えなくなります。

このことからDeNAは2020年シーズン、東京ドームでの主催試合も組まれていたくらいでした。
2021年シーズンも夏場、神宮球場や東京ドームでの主催試合が組まれています。

また、2020年に五輪が通常開催されていれば、五輪期間中はシーズン中断となる予定でした。
2021年も踏襲される予定です。

4月27日から緊急事態宣言が発出されている地域での開催試合は"原則無観客"となり、数試合がGW後に延期となっています。

5月11日に緊急事態宣言が解除されるかは不透明。
5月2日開催予定の日本ハム-西武の試合は日本ハムで選手の新型コロナクラスターが発生した影響で中止となってしまいました。

五輪開催可否もはっきりせず、クラスターの発生や無観客催行回避のための延期試合が増えることがあれば再度日程再編を余儀なくされそうです。

プロ野球に加え上記2つの球場は、夏の全国高校野球選手権神奈川大会や東西東京大会でも使用されます。

東京都高野連は東西東京大会の準決勝以降の8試合を東京ドームで開催することを発表していますが、神奈川県高野連はどういった対応を取るのでしょうか。
2020年に引き続き、こちらも難しい調整を余儀なくされそうです。

五輪期間中のシーズンの中断や球場提供、夏の甲子園の開幕を例年より遅らせるなど、NPBも高野連も五輪に協力していますが、内心、政府や東京都の「五輪ファースト」の姿勢には腸が煮えくりかえっていることでしょう。

もっと身近なところでは、花火大会も全国で軒並み中止。
五輪があることで警備員が動員され、確保できないのが原因とされています。
花火大会も出店するお店にとっては貴重な収入源です。

これらは五輪の影響を受けている催物や行事のごく一部。
厳しい表現ですが、五輪は他の催物や行事の足枷となっているのは明らかです。

もはや世論の殆どは五輪開催など望んでいないとされています。
「スポーツ=五輪」でもありません。

過去の記事で再三にわたり書いていますが、筆者は日本において新型コロナは従来株も変異株も不治の病や難病とは思えません。

ただ、今回のコロナ騒動と五輪開催危機は公助ありきの五輪、そして行き過ぎた勝利至上主義やメダル至上主義を見直す良い機会ではないでしょうか。

GWは"おそと"で過ごそう!

GWは"おそと"で過ごそう!
五輪目当ての国民を馬鹿にした政府の姿勢。

五輪の為の自粛要請に応じる必要は全くありません。

コロナ騒動が始まった当初から筆者は政府・東京都による五輪中止阻止のための空騒ぎであると主張してきました。









騒動が始まった昨春の時点では、このような主張をしたところで相手にされないか批判されるかのどちらかでした。
しかし騒動から1年以上が経過し如何でしょう?
気付いてきた方も多いのではないでしょうか。

IMG_3991

IMG_3992

神奈川県は一昨日4月29日(木)こそまとまった雨となりましたが、過ごしやすい日が増えてきました。
やはりこの時期の"おそと"は気持ち良いものです。

さて、今に始まったことではありませんが、改めてもう一度。

あらゆるものを自粛・中止・延期・無観客に追い込みながら東京五輪と五輪関連行事(聖火リレーやテスト大会)だけは強硬姿勢の政府と五輪組織委員会。

そして五輪開催都市東京都や競技実施予定の他の自治体。

関西圏から流行が始まり、関東圏でも置き換わりつつあると言われる新型コロナウイルスの変異株が健常者でも重傷者リスクが本当に高いとしましょう。

西村コロナ担当相や田村厚生相は是非、政府や自治体に膨大な人数が往来する東京五輪の返上要請や五輪関連行事の自粛・中止要請を躊躇なく行ってください。

五輪出場選手やコーチ、関係者の入国後の14日間隔離の免除や濃厚接触者の隔離免除も阻止してください。
外国人新規入国の完全停止も働きかけてください。
当然、IOCバッハ会長の入国もナシ!でお願いします。

新型コロナや東京五輪の前から逼迫が問題となっている医療。
看護師500人の動員や指定病院約30か所の確保などの中止も働きかけてください。

加えて身内の会食飲み会政治屋、公務員にも「強制力を伴う措置」を取ってください。

この場に及び五輪開催ありきの姿勢などまさに政府と東京都、五輪組織委員の「気の緩み」

他にも言いたいことは山ほどありますが、上述のことすらやらずに緊急事態宣言や自粛要請など根拠ナシ!説得力ナシ!危機感ナシ!

(写真は2021年4月27日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

カラスは"おそと時間"が大好き!

カラスは"おそと時間"が大好き!
"外飲み"のカラスも出没。

IMG_3962

IMG_3963

IMG_3965

日本全国でどこでも見られるカラス。
こちらはハシブトガラスでしょうか。
この日も何匹かのカラスが地面を見ながら歩いていました。
"ごはん"になりそうなものを探しているのでしょう。

今はカラスの繁殖期。
子ども(子ガラス)に与えるご飯もストックしなければいけません。

IMG_3984

上述の個体を観察していると、別の個体がやって来ました。
こちらはハシボソガラスでしょうか(違っていたらすみません)。

ごはんを欲しいのか?
逃げることなく筆者の方をじっと見つめてきました。

残念ながら、ごはんはあげられません。

IMG_3987

また別の個体がやって来ました。
こちらは岸壁の手すりにとまり日光浴をしています。
おそとは気持ち良いな~。

日光浴をしていたと思ったら・・・、今度は"外飲み"を始めました。

IMG_3990

水道のある所に飛び移り、水道上部から微妙に漏れている水を飲んでいました。

水道上部を突いていたのでもっと水の勢いが欲しかったようです。
(この水道はレバーを上下して開閉するタイプ)

この個体はレバーを触るところまではしませんでしたが、中には水道の栓をひねって水を飲んだり浴びたりする個体もいるそうです。

我々が洗濯物を干すときに使うハンガーや木の枝を活用した巣作りも同様ですが、カラスの知恵の深さ(悪く言えばずる賢さ)を感じます。

(2021年4月27日:横浜市中区ハンマーヘッド付近の歩道にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項