しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

コロナは5類が現実的

1月20日、コロナの感染症法上での分類見直しに関する話題が目立ちます。
結論から申し上げますと、不治の病や難病ではありません。



新型インフルエンザ等感染症から外し、5類感染症とするのが現実的でしょう。
もっと言うと、5類以下(分類外)でも良いくらいですね。

IMG_20230120_232919
(2023年1月20日:Yahoo!JAPAN 新型コロナウイルス感染症まとめにて)



早いもので4年目を迎えたコロナ騒動。
問題なのはこのブログでも再三触れていますが、ウイルスそのものではなく感染症法上の分類です。

新型コロナウイルスは当初、2類相当の指定感染症に分類。
そして2021年2月13日からは、新型インフルエンザ等感染症に分類されています。

新型インフルエンザ等感染症は政令によって、交通制限など1類相当の措置を恒久的に行える非常に厳しいものです。

保健所を介した全数把握や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離が原則です。

新型コロナウイルスが日本国内の医療水準や衛生環境でも不治の病や難病になってしまうのならば2類以上の厳しい措置もやむを得ませんが、実際は季節性の風邪かインフルエンザのようなものです。

慌てなくても何日か経てば治ります。

実は筆者も昨夏、遂にこの風邪に感染してしまいました。
昨年8月上旬のことです。

発症してから最初の3日間くらいはインフルエンザに感染した時のような激しいのどの痛みと高熱が出ましたが、休養とアセトアミノフェン服用の対症療法で自宅で隔離期間を過ごしました。

後遺症が残る?と言われていますが、筆者は感染前と全く変わらない生活を送っています。
逆に良い休養になりました。
たまには家でゆっくり休みなさいという天からのお告げ?であったと考えています。

コロナもそれ以外のウイルスも万が一感染したら休養して、自然治癒を待つしかありません。

コロナ騒動が起きる前、風邪薬エスタックイブの宣伝で「風邪でも絶対に休めないアナタに!」というキャッチフレーズがありました。

37度位の熱くらい我慢しろ!風邪で休むとは何事か!という風潮だったのが信じられません。
ここ3年ほどの話ですが、世の中変わってしまいました。
今なら体調不良で熱が出る中、仕事に行こうものなら炎上ものです。

少し話が逸れかけているので元に戻します。

実際に新型コロナウイルスに感染して後遺症が残るかどうかは人それぞれでしょうが、季節性インフルエンザでも後遺症が残る人はいます。
それでも5類感染症であり、いくら陽性者が増えようが、世の中が混乱することはありません。

季節性インフルエンザなどと同じ5類感染症扱いとすれば、発熱外来・コロナ用病床の設置や全数調査・発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離、行動制限、就業制限を行う根拠が無くなります。

逆に現在の分類が風評被害や、(どこの誰とは言いませんが)一部地方自治体の首長自身の権力欲や選挙のための空騒ぎに繋がっている面もあります。

また、現在の分類を続けていたら、救える命も救えなくなってしまうでしょう。

例えば高齢者や持病を持っている人が感染したとします。

中等症以上の症状が出て食事がとれなくなって全身の栄養状態が悪くなり、点滴などの初期治療が必要な状態になっても、特定の医療機関でしか診察・入院出来ないルールのため診療を拒否され、命に関わる事態になることも考えられます。

感染症法上のルールのせいで救える命が救えなくなるなんてことは馬鹿げていますよね?

コロナ問題に限らずルールだからダメ!と言うのは日本の国民性ですが、いい加減、我々庶民も無意味な空騒ぎは止めて、身近な風邪の感染症として捉えなければなりません。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

首都圏でも雪?気になる週明け頃の天気

1月23日(月)は首都圏でも雪の可能性?
南岸低気圧が通過する予想のようです。



記事執筆時点では1月23日(月)に前橋で曇り一時雪か雨、その他の関東各都県で曇り一時雨か雪という予報が出ています。

DSC_3824
(2023年1月19日:横浜市西区高島付近にて撮影)

先週末くらいからでしょうか。
首都圏では真冬の時期としては珍しい、梅雨のような曇りベースの空模様が続いています。
時折冷たい雨が降って来ることもあります。

気象庁と首都圏各県の地方気象台は23日、降水があった場合でも今のところ前橋以外は雨優勢の可能性が高いと見ているようですが、これは正直なところ分かりません。

関東平野、特に南部(一都三県)は積雪する機会はそう多くありません。
全く積雪しない冬もあれば、あっても一冬に1回か2回、多くて3回程度です。

しかし、その数少ない機会が来るとまとまって降ることがあります。

低気圧が進むコースの僅かな違いや気温変化でも左右されます。

東京都心や横浜市、千葉市で雪や雪優勢予報が出ていても空振りや雨に終わったり、逆に雨1本か雨優勢予報であったにも関わらず10cmを超える大雪になったこともありました。

記憶に新しい?昨年1月6日はまさに想定外の大雪。
当初は降水確率40%の曇り予報だったところが実際には予想よりも雪雲が発達して本降りとなり、一都三県と茨城県の平地で10cm前後の大雪に。

10cmで大雪と言ったら雪国の方に怒られてしまうかもしれませんが、雪に慣れていない地域ではたとえ1~2センチの積雪でも混乱してしまいます。

まだ予想にぶれがあるようですので、今後の気象情報に注意が必要です。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

また日本の南で大きな地震

また日本の南で大きな地震です。
今度はインドネシア付近のモルッカ海付近にて。



日本時間1月18日15時06分頃発生。
地震の規模を示すマグニチュードは7.2。

IMG_20230119_000533
(2023年1月18日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

この地震では一時、日本国内でも太平洋沿岸を中心に津波予報(若干の海面変動)が発出されましたが、特に海面変動による被害は報告されていません。

先日8日にはバヌアツ諸島で大きな地震。
9日には大阪湾に突然クジラがやってきて話題となりました。

また昨日11日正午前、神奈川県西部の松田町と山北町の境目付近でマグニチュード4.1。
最大震度3を観測する不気味な地震がありました。

そして先週12日にはニューギニア付近でマグニチュード7.6の大地震が発生しています。

バヌアツの法則や、鳥の異常行動、最近話題?の温泉街での温泉湯量減少などと言った地震予知を信じているわけではありませんが、被災地震や津波はいつ起きるか分からないのも事実。

一昨日17日に発生から28年を迎えた兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)も、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震も想定外の地震でした。

煽るつもりはありませんが、日本に住んでいる以上、大地震のリスクはつきものです。
やはり自分の身は自分で守るしかありません。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

プライバシーポリシーと免責事項