しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

2020年03月

【雑記】横浜公園のヒザクラ満開(2020.03.18)

IMG_8109

IMG_8108

IMG_8107

3月も中旬ですが、新型コロナ騒動で落ち着かない日々が続きます。
先が読めません。いつになれば終息するのでしょうか。



さて、3月18日午前中、横浜でも桜(ソメイヨシノ)の開花発表がありました。
同日午後、熊谷でも開花発表があったようです。
横浜は全国の観測点で2番目に早く、熊谷は3番目に早い開花となりました
尚、開花発表トップは3月14日の東京です。

横浜と熊谷の桜開花は平年より1週間早く、過去2番目に早い記録とのことです。
やはり記録的な暖冬の影響なのでしょうか。

ソメイヨシノの満開も待ち遠しいところですが、横浜公園では一足早く、濃いピンク色のヒザクラが満開を迎えています。
通りがかった方が写真に撮影したり、小さなお子さんを連れた方が花見を楽しまれていたのが印象的でした。

(2020年3月18日:横浜市中区横浜公園内にて撮影)

【独り言】五輪は"平和の祭典"の大原則

IMG_20200317_224228

新型コロナウイルスの世界的流行で五輪関連の予選会が次々と中止になっています。

東京五輪の開催、果たしてどうなるのか?
通常開催?無観客開催?延期?中止?様々な話が毎日のように飛び交い錯綜しています。

以下、筆者私見です。

世界的に混乱する中、やはり改めて考えなくてはいけないのは、五輪は"平和の祭典"という大原則ではないでしょうか。

現状では"平和"に開催できるイメージが沸きません。

まず東京五輪が開催となれば世界中、それこそ地球の裏側からも膨大な人数が出入りするでしょう。

今年2月末から日本国内で続く"自粛"や"一斉休校"で仮に感染拡大を防げていたとしても、再感染・再拡大するリスクや選手村で集団感染が発生するリスクも考えられます。

WHOは新型コロナウイルスのパンデミック終息の見通しについては言及していません。

ウイルスという目に見えないものが蔓延し、終息が見込めない中、五輪を通常開催する考えは選手や関係者などを命の危険にさらすことになり、"平和の祭典"という大原則に反しています。

また、医療水準が低かったり、衛生環境が悪かったり、国民皆保険制度が無い国で拡大し歯止めがかからない状況になれば、それは緊急事態に当たるでしょう。

あくまで五輪の開催権は日本政府や東京都ではなくIOCにあります。

五輪は"平和の祭典"という大原則が生きていて、それに基づくのなら少なくとも今夏の通常開催はあり得ないのではないでしょうか。

【雑記】自粛ムードとは無縁?横浜みなとみらいの野鳥(2020.03.12)

IMG_8065

IMG_8069

IMG_8067

IMG_8051

新型コロナウイルスや横並びの自粛論や同調圧力が蔓延しているおかげで世の中全体が殺伐としています。

この1か月半くらいでしょうか、娯楽やイベントをやろうものなら多方面からバッシングされる世の中。
非常に窮屈に感じます。いわゆる"コロナ疲れ"でしょうか。



そのような中、地元横浜みなとみらいの野鳥は自粛ムードとは無縁?

写真を撮影した日は快晴でしたが、何事も無かったかのように、普段通り元気よく飛び回ったり太陽を浴びたりしていました。

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、"コロナ疲れ"緩和のヒントは野鳥にあるのかもしれません。

野鳥のような"普段通り"という行動。
過去の記事(※)でも似たようなことを書きました。

情報過多に惑わされず、過剰反応せず、普段通り過ごす。
この日、野鳥をずっと観察していて、筆者は何となくですが、そんな気がした次第です。

(写真は全て2020年3月12日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

※関連記事
【雑記】"コロナ疲れ"緩和のヒントは野鳥の動きにあり?【2020.03.03】
http://shiganaishomin.com/archives/23845456.html


【独り言】自粛、もはや限界?(2020.03.15)

DSC_1564

DSC_1565

2月末から続く政府からのいわゆる"自粛要請"と全国の小中高の一斉休校要請。
地元横浜市でも"自粛要請"の弊害が日に日に鮮明になって来ています。



上記写真はその一部である「アンパンマンミュージアム」の様子です。
2月29日から当面の間、臨時休業と掲示されています。
営業再開日は未定のようです。

通常ならこの辺りは混雑していますが、2枚目の写真の通り閑散としています。

政府からの"自粛要請"がいつまで続くのか?
いつ解除されるのか、いつ緩和されるのか分からなければ、営業再開に踏み切れない商業施設も多いでしょう。

この間に倒産するイベント業者も多く出て来ると思われます。
アーティストの方も公演がいつまで経っても自粛や中止を余儀なくされていては商売にならず死活問題でしょう。

自粛、もはや限界?

横並びの自粛論や同調圧力が広まり、経済状況は一気に悪くなりました。

日経平均株価やNYダウの下落が毎日のように報じられていますが・・・。

身近にある商業施設の長期臨時休業、そしていつも混雑しているような市街地が閑散としているところを見ると、経済が明らかに冷え込んでいることを実感します。

この春卒業予定の学生の就職内定取り消しも出て来ているようです。
東日本大震災やリーマンショックの後も同様の事が起こり、社会問題となりました。

就活も売り手市場から一転、リーマンショックを上回るような超氷河期、そして大不況となる可能性も考えられます。

新型コロナウイルスに感染するよりも、自粛ムードの蔓延や同調圧力で経済が壊滅することで生活に困窮し、命に関わる事態に陥るリスクの方が高いと考えます。

(写真は4枚ともに2020年3月15日:横浜市西区高島にて撮影)

【時事】2020年夏の東京五輪の開催可否、果たして?

2020年夏の東京五輪開幕予定日まであと4か月。
もっとも新型コロナウイルス騒動で通常開催は現実的ではないでしょう。

2020年夏の東京五輪の開催可否、果たして?



DSC_1583

DSC_1585

五輪関連やコロナウイルス関連では毎日様々な話が錯綜しています。

世界の多くの国々が新型コロナウイルス対策で外国人の入国禁止や制限、渡航自粛などを行い、いわゆる"鎖国"状態となっています。

もし仮に通常開催の方針を貫いたとしても多くの参加国からボイコットされ、世界大会として成立しない可能性もありそうです。

ボイコットされなくても新型コロナウイルスの感染が終息せず、世界中で鎖国状態が続き、選手団が往来できず参加不能となるケースも想定されます。

東京五輪開幕まであと4か月。通常開催、延期、中止の三択でしょう。

IOCは臨時の理事会を開き、今後4週間以内に何らかの方向性を示すとしています。
ただ、延期ならいつまで延期していつどこでやるのか?それとも中止するのか?

現状のままでは他のイベントがいつまで経っても停滞状態から抜け出せません。

自粛や中止、延期を余儀なくされているイベントや行事は数えきれないでしょう。
IOCからしたら全く関係ないのでしょうが、主催者側からしたら死活問題。

4週間以内ではなく早急に方向性を示してもらいたい。

(写真は2020年3月22日:横浜市中区横浜市役所付近にて撮影)