しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

2021年03月

台風のような豪雨と暴風

台風のような豪雨と暴風。
3月21日、発達した低気圧が日本海を通過したため全国的に大荒れ。

DSC_2496
(2021年3月21日:気象庁公式ホームページ・ナウキャストより引用)

地元神奈川県も例外ではありません。
暴風雨、そして急激に増水する河川など、2019年台風19号を思い起こさせるような天候でした。

暴風雨との関連は不明ですが、藤沢市の一部で停電が起きているようです。

前日3月20日には宮城県沖を震源とするM6.9、最大震度5強の強い地震がありました。
この地震で地盤が緩んでいたり、古い建物が倒れやすくなっている可能性もあります。
安全最優先の行動を心がけましょう。

年度末が迫る中不気味な地震

年度末が迫る中不気味な地震。
震源は宮城県沖、マグニチュード6.9。宮城県内で最大震度5強。

IMG_20210320_203438
(2021年3月20日:気象庁公式ホームページ地震情報にて)

発生は2021年3月20日18時09分頃。
地元神奈川県でも最大震度4(横浜市中区山吹町)、広い範囲で震度3を観測。
不気味で気持ち悪くなるような揺れが長く続きました。

この地震では一時、宮城県沿岸に津波注意報が発表されましたが、19時30分に解除されました。

2月11日の記事で触れましたが、地震はいつ起きるか分かりません。
実際、この記事を書いた2日後の2月13日には福島県沖でM7.3、最大震度6強の非常に強い地震が起きました。

天災は忘れた頃にやって来ます。

煽るつもりはありませんが、自分の身は自分で守るしかありません。

今夜は寝る前に、万が一強い地震が起きた際、物の下敷きになるリスクが無いか点検してから寝床に入ることにしましょう。

横浜でも桜開花

横浜でも桜開花。
2021年3月17日、横浜地方気象台が開花宣言。

DSC_2495
(2021年3月19日:横浜市旭区上川井付近にて撮影)

この3日前の3月14日、お隣東京都心でも気象庁から桜の開花宣言がありました。
横浜でも開花まで秒読みの状況でしたが、正式な開花宣言がなされました。

暖かい桜満開の時期が待ち遠しいところです。

余談ですが前年2020年は桜満開宣言後の3月29日、関東平野で季節外れの雪。
東京都心と横浜でも1cmの積雪を観測しました。



気温の変動も激しい季節。

ここ数日は新型コロナウイルスの変異株や一都三県での緊急事態宣言解除の是非。

また、陽性者下げ止まりからのリバウンドや宮城県での陽性者急増が話題になっているようですが、病気、景気の気は「気持ちの気」。

私はそのように考えます。

3.11の給食に赤飯は不適切?

3.11の給食に赤飯は不適切?
自粛警察の象徴のような情けない話です。

IMG_20210317_212322
(2021年3月17日:AERAdot.オンライン配信記事にて)

横浜市の一部の小学校の3月11日の給食で提供予定だった「赤飯」が差し替えられたという話。

例年、年度末になると卒業や進級を祝うために献立に赤飯が提供されていたそうですが、今年は東日本大震災の発生から10年という節目。

今年の3月11日に「赤飯を出すのは如何なのもか」という声が一部の学校関係者の間で上がり、赤飯差し替えの判断が下されたとのこと。

2万人を超える犠牲者や行方不明者の発生など、戦後最悪の災害となった平成23年東北地方太平洋沖地震。

被災者心情などに配慮し、発生から10年を迎える2021年3月11日は喪に服すべきだという考え方も分からなくはありません。

しかし、給食のおかず1品にまで自粛を求めて何になるのか。

長引くコロナ騒動でストレスが溜まっている人も多いのでしょうが、八つ当たりそのものです。
大した問題ではありません。

今日も夕陽が落ちる

今日も夕陽が落ちる。
3月に入り暖かい日も多くなりましたが、夕暮れを迎えると気温が下がり寒さを感じます。

DSC_2486

前日3月13日の関東平野は発達した低気圧の影響で夕方前までに豪雨に。
雷もゴロゴロと鳴っていました。
筆者は気付かなかったのですが、横浜市内ではひょうが降ったところもあったようです。

台風襲来を思わせるかのような大荒れの1日でしたが、翌14日はそれが嘘のような晴天。
空気が澄み、沈んでいく夕陽と富士山が奇麗でした。

14日、東京では桜の開花宣言がありました。
横浜も恐らく開花宣言は秒読みと思われます。

暖かい桜満開の時期が待ち遠しいところですが、前年の2020年は桜満開後の3月29日は関東平野で雪となり、東京都心と横浜でも1cmの積雪を観測しました。



気温の変動も激しい季節。
最近は新型コロナウイルスの変異株が話題となっているようですが、"風邪"を引かないよう注意したいものです。

(2021年3月14日:横浜市瀬谷区・相鉄三ツ境駅付近にて撮影)