しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2021年04月

カラスは"おそと時間"が大好き!

カラスは"おそと時間"が大好き!
"外飲み"のカラスも出没。

IMG_3962

IMG_3963

IMG_3965

日本全国でどこでも見られるカラス。
こちらはハシブトガラスでしょうか。
この日も何匹かのカラスが地面を見ながら歩いていました。
"ごはん"になりそうなものを探しているのでしょう。

今はカラスの繁殖期。
子ども(子ガラス)に与えるご飯もストックしなければいけません。

IMG_3984

上述の個体を観察していると、別の個体がやって来ました。
こちらはハシボソガラスでしょうか(違っていたらすみません)。

ごはんを欲しいのか?
逃げることなく筆者の方をじっと見つめてきました。

残念ながら、ごはんはあげられません。

IMG_3987

また別の個体がやって来ました。
こちらは岸壁の手すりにとまり日光浴をしています。
おそとは気持ち良いな~。

日光浴をしていたと思ったら・・・、今度は"外飲み"を始めました。

IMG_3990

水道のある所に飛び移り、水道上部から微妙に漏れている水を飲んでいました。

水道上部を突いていたのでもっと水の勢いが欲しかったようです。
(この水道はレバーを上下して開閉するタイプ)

この個体はレバーを触るところまではしませんでしたが、中には水道の栓をひねって水を飲んだり浴びたりする個体もいるそうです。

我々が洗濯物を干すときに使うハンガーや木の枝を活用した巣作りも同様ですが、カラスの知恵の深さ(悪く言えばずる賢さ)を感じます。

(2021年4月27日:横浜市中区ハンマーヘッド付近の歩道にて撮影)

東京五輪は濃厚接触者も試合出場可?

東京五輪は濃厚接触者も試合出場可?
五輪組織委員の認識は「コロナはただの風邪!」

ステイホーム、おうち時間など馬鹿げたことはやめよう!
五輪組織委員会などろくでもない。

IMG_20210425_082849
(2021年4月24日:日刊スポーツオンライン配信記事にて)



新型コロナは日本において不治の病でも難病でもありません。
また感染ゼロリスクと言うのもあり得ません。

ただ百歩譲って、健常者でも重傷者リスクがあるらしい?新型コロナの変異株。

命が最優先、アスリートファーストなら選手の隔離免除などあり得ません。
政府や東京都は五輪に浮かれている場合でしょうか。

しかしよく考えてみると、こういった姿勢に我が国でのコロナ騒動の答えがあります。

どういうことかと言うと、政府も五輪組織委員会も、五輪が中止にならなければ何でも良いということです。

そのために五輪に関係のないものを潰しても構わないということ。
都内の寄席への休業圧力など、まさにその典型です。



4月25日からの一都三府県での三度目の緊急事態宣言もIOCと国際世論へのパフォーマンスのつもりなのでしょう。
ただ結果的に五輪強硬姿勢は国内世論、そして国際世論を逆撫でしていますが。

我々庶民や五輪に関係のない業界は政府と東京都の面子のための自粛要請、休業要請等に応じる必要はありません。

自粛してほしかったら東京五輪開催権こそ返上したら如何でしょうか。
話はそれからです。

五輪組織委員会は何様か?

五輪組織委員会は何様か?
公助ありきの五輪など庶民には全くもって不要。
五輪は生活に必要な大規模イベントには該当しません。

IMG_20210427_184200
(2021年4月27日:読売新聞オンライン配信記事にて)



4月27日に報じられた五輪選手の入院先や指定病院約30か所確保。
そして日本看護協会への看護師500人の動員要請。

東京五輪やその前の聖火リレー、五輪テスト大会が開催ありきの時点で緊急事態宣言に説得力ナシ!根拠ナシ!そして危機感ナシ!

ちょうど1年前の2020年4月28日、NHKで放送されている国会中継の一部を視聴する機会がありました。

その中で橋本五輪相(当時。現五輪組織委員会長)が、東京五輪出場予定だった選手の不安やスポンサー企業との契約、強化費の減少、選手選考見直しなどについて触れる場面がありました。



厳しいことを書きますが、これは我々庶民からすれば贅沢な悩みです。

"コロナ倒産"などという言葉を耳にするようになり久しいところです。

コロナ騒動による自粛・休業要請でどれだけの人が今日・明日の生活すらままならない状態になったことでしょうか。

地元でもそれ以外でもシャッターが下りたままの店舗や事業所、借り手のない空きオフィスを目にする機会が増えました。
商売はボランティアではないという事をしみじみと感じる今日この頃です。
休業協力金や持続化給付金が受け取れたとしても雀の涙程度でしょう。

一方、五輪は公助ありき。
そもそも五輪関連予算は庶民の税金です。
政府と五輪組織委員会、そして開催都市である東京都にはそういう自覚が全く感じられず、無神経極まりありません。

筆者が五輪反対を主張するのは、新型コロナウイルスの流行ではなく、政府と五輪組織委員会、東京都のこういった姿勢です。

この状況で開催しても選手が後ろめたさを感じるものとなるでしょう。

筆者はスポーツ観戦は嫌いではありませんし、否定するつもりは全くありません。
しかし「スポーツ=五輪」でもありません。

五輪以外のことに目を向けてみます。

日本国内では3度目の緊急事態宣言(一都三府県)により、またしてもあらゆるものが殆ど中止や延期、自粛、無観客開催に追い込まれています。

例えばプロ野球。
4月26日以降、緊急宣言地域で開催予定の試合は延期、もしくは無観客試合となっています。

4月27日の夜はフジテレビで生中継されていたヤクルトvs巨人戦(神宮・無観客開催)をテレビで視聴していましたが、鳴り物応援も観客も無しでは寂しいものです。

やはり満員の観客の大歓声や鳴り物応援もプロ野球と感じます。
これはJリーグなど他のプロスポーツやライブ、コンサートも同様でしょう。

高揚感はテレビやインターネットなどのオンライン視聴ではなく、会場へ足を運ばないと味わえません。

もちろんこれらは自助が原則。

補償も無しに自粛しろ!延期しろ!無観客で開催しろ!と政府や行政が要請するのは公的営業妨害です。

五輪開催の為には何でもあり?

五輪開催の為には何でもあり?
五輪出場の選手やコーチ、関係者など入国後14日間の待機免除。

IMG_20210425_082915
(2021年4月25日:読売新聞オンライン記事にて)



4月25日から一都三府県で緊急事態宣言の期間に入りました。
昨春同様、あらゆるものを自粛・中止・延期に追い込みながら五輪だけは開催ありき。

まさに「欲しがりません勝つまでは?五輪の為に!」という政府の姿勢。

もっとも日本において新型コロナウイルスは不治の病でも難病でも無いことは明らかになってきました。
せいぜい風邪か、風邪に毛が生えたようなものです。

ではなぜそこまで大騒ぎするのか?理由は簡単で政府と開催都市東京都の面子です。
五輪中止阻止のための空騒ぎということです。

昨年2月25日、IOCの幹部がAP通信の取材を通じて新型コロナウイルスの感染が5月末までに終息しなかった場合、東京五輪の延期や中止に言及したことが日本のニュースでも報じられました。



2月25日以前まで政府としては、自粛を要請するものではないとしていました。

その政府の動きがあわただしくなり、翌2月26日に安倍首相からイベント自粛・中止・延期要請、翌27日に全国一斉休校要請等が行われました。

東京五輪中止を恐れた政府のIOCへのパフォーマンス、そして後手後手とされる政府批判を払拭するためのものであることは明らかです。

戦争以外で五輪中止となれば史上初めてのことであり、政府や東京都の面目丸つぶれ。

その時点での首相や都知事は史上初めて五輪中止になった時の首相・都知事と言う汚点が残ってしまいます。

安倍前首相は持病に加え、五輪で有終の美を飾れず、逆に汚点が残ることを見越して、昨秋に退いたと考えることも出来ます。

少なくとも「海外からの観客を入れた完全な形での五輪開催」は無くなりました。



犬猿の仲とされる菅首相と小池都知事が共通しているのは「五輪開催」。

建前上は「コロナに打ち勝った証」や「人類の団結の象徴の証」などとしていますが、汚点を残さないための五輪開催でしょう。

現実として商業主義と化し、そして政治化された五輪。
こんな祭典、庶民からすれば迷惑です。
スポーツ=五輪でもありません。

五輪のための"ステイホーム"はお断り!

五輪のためのステイホームはお断り!
徹底的におそとで過ごそう!

IMG_20210425_173225
(2021年4月25日:ABEMA TIMES配信記事より)



今に始まったことではありませんが、弱者に厳しく強いものに媚びる西村大臣。
関西圏を中心に流行している新型コロナウイルスの変異株が健常者でも重傷者リスクが本当に高いとしましょう。

是非、コンビの尾身分科会会長と一緒に聖火リレーや五輪テスト大会など五輪関連行事の自粛・中止要請と五輪開催権返上を主張してください。

夜中に何度も目が覚めるくらい強い危機感を持っているんでしょ?

五輪出場選手やコーチ、関係者の入国後の14日間隔離の免除や濃厚接触者の隔離免除も断固反対するべきですね。

五輪、及び五輪関連行事には「強い措置」を取ってください。

この場に及び五輪開催ありきの姿勢などまさに政府と東京都、五輪組織委員「気の緩み」

加えて身内の会食飲み会政治屋、公務員にも「強制力を伴う措置」を取ってください。

そして、自粛してほしかったら東京五輪返上を提言して下さい。

それも無しに自粛しろ、中止しろと言われても説得力ゼロ、根拠ナシ!