しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2021年07月

緊急事態宣言?勝手にすれば。

緊急事態宣言?勝手にすれば。
庶民に自粛を求める一方、五輪だけは何食わぬ顔で継続するんですね。

IMG_20210729_231122
(2021年7月28日:時事通信社オンライン配信記事にて)



怒る方もいるでしょうが、コロナは所詮、風邪やインフルエンザのようなもの。
特段の対策を取る必要はありません。
不治の病でも難病でもないからです。

インフルエンザと同様、飛沫感染率が下がるのを待つしかありません。

今なら夏バテの免疫低下に加え、換気せずにエアコンをつけっぱなしの乾燥した部屋で飛沫感染することもあるでしょう。
実際、コロナ騒動前は夏にインフルエンザが流行し、学級閉鎖や学校閉鎖となるケースも散見されました。

2009年にパンデミックを起こした新型インフルエンザ(H1N1)も日本では真夏~秋にかけて大流行したことが思い出されるところです。

あとは本当に全数調査、濃厚接触者の追跡が必要なほど危険なウイルスなのでしょうか?

特定の医療機関に極端に負荷がかかる原因となる新型インフルエンザ等感染症からの除外を早急に行うべきでしょう。

逆にそれが出来ないほど危険なウイルスだというのなら、現在開催中の五輪は当然、即刻打ち切り。
パラリンピックも中止にするべきですね。

いずれにしても五輪のための空騒ぎに付き合っていられません。
緊急宣言や自粛要請に説得力も根拠も中身もナシ!

庶民にとっては五輪よりも今日明日の生活、そして身近な娯楽の方が大事。
悔いのない夏休みを過ごしましょう。

※筆者都合により数日間、休載いたします。

緊急事態宣言要請?

緊急事態宣言要請?勝手にすれば。
当然、千葉・神奈川・埼玉の3県では五輪競技の開催権は返上ですね。

IMG_20210727_185253
(2021年7月27日:共同通信社配信記事にて)


この記事ではあえて新型コロナウイルスのデルタ株が、全ての年齢層で重症リスクや致死率が極めて高い危険なウイルスであると考えてみます。

3県の知事は、医療提供体制の逼迫などデルタ株の拡大に本当に危機感を抱いているのならば緊急事態宣言の要請に加え、"東京五輪の返上"を政府と東京に申請にするべきでしょう。

そして政府と東京都は五輪関連行事の自粛要請や五輪返上(五輪の打ち切り)などの「強い措置」を行うべきですね。

筆者は1月28日の記事で、政府や東京都こそたるんでいると書きました。



1月26日の国会で橋本五輪相(当時。現五輪組織委員会長)の発言であった、東京五輪のために医療スタッフ1万人へ協力依頼という件。

そもそも年明けの11都府県を対象とした2度目の緊急事態宣言の根拠は病床数の不足など医療の逼迫だったはずです。

庶民には外出や移動自粛、飲食店に休業や時短を強く要請。

一方、五輪に向けて政府は1万人の医療スタッフを確保するため、平然と医療機関に協力を要請するという、庶民を馬鹿にした姿勢。

まさに新型コロナに関しては何の危機感も無く、ただ五輪中止阻止のために空騒ぎしているという証です。
金儲け、政治屋のレガシー、政府と都の面子のための空騒ぎ。

はっきり書きますが、五輪は他の催物や行事の足枷となっています。
五輪に関係のない生活を送っている人間の方がはるかに多いわけです。

筆者は緊急事態宣言が再発令されようが、何の根拠も真剣さも感じられないので、外出自粛や都道府県間の往来自粛などの各種要請には一切応じません

筆者は元々コロナウイルス自体は気にしていません。
日本において不治の病でも難病でも無いのは明らかです。

ただコロナを理由にあれもダメ!これもダメ!でも五輪はOK!という政府や五輪組織委員会、東京都の姿勢、そして日本を食い物にするIOCの姿勢は非常に不愉快。
それだけの話です。

台風由来の厳しい暑さ

台風由来の厳しい暑さ。
熱中症・熱射病に厳重警戒!

DSC_2696

DSC_2701
(2021年7月27日:横浜市西区みなとみらい地区にて撮影)

東北地方へ接近中の台風8号。
関東地方も全域が台風8号の強風域に入っているため、時折強い風が吹きます。

今日27日未明、強い雨も降ったようで、午前中は雨が降る時間帯もありました。
ただ午後からは青空となり急に気温が上昇し、横浜の最高気温は17時前に30.5度。
台風由来を感じさせる蒸し暑さでした。

27日は新型コロナウイルスの陽性者が東京で2848人、埼玉で593人、沖縄で354人という発表がありました。
いずれも1日の陽性者としては過去最多だそうですが、多くが無症状か軽傷。

いい加減、感染症法上の分類を変えて全数調査の対象から外したら如何でしょうか?
それが出来ないのなら、平然と五輪をやっていること自体、気の緩みですね。
台風が来ているのに海にサーフィンへ行くようなものです。

少し話が逸れてしまいましたが、現在開催中の東京五輪で7月23日にアーチェリー女子選手が熱中症となり、一時意識を失うという事例がありました。

熱中症や熱射病の方が命に直結する怖いものであり、用心が必要です。

真夏の空、そして忍び寄る台風

真夏の空、そして忍び寄る台風
7月27日は台風8号の動向に警戒!

IMG_0125
(2021年7月20日:横浜市西区高島臨港パーク広場付近にて撮影)

関東地方は梅雨明け後、厳しい暑さが続いています。
今日7月26日の横浜の最高気温も30.9と真夏日が続いています。

さすがに2018年の灼熱地獄のような酷暑には今のところなっていませんが、30度を超えれば危険。
熱中症や熱射病に用心しなければいけません。

そんな中ですが、明日7月27日は日本の東から台風8号が接近し、東北地方に上陸する予想となっているようです。



日本列島へ上陸する台風となると、あの2019年台風19号以来となります。
静岡・関東地方を直撃し、北陸や東北地方などを含め広い範囲に甚大な被害をもたらした巨大台風。
"令和元年東日本台風"と命名されました。





現在は新型コロナウイルスと開催中の東京五輪の話題ばかりですが、大雨や強風で被災しないよう、用心が必要です。

あえて”愛のスルー”?

あえて”愛のスルー”?
ごはんをねだる子。そしてそれを無視する親。

自分のごはんは自分で取りなさい!

IMG_0095

横浜・新港地区(クイーンズスクエア付近)のカラス。
この日も厳しい暑さでしたが親子で"おそと時間"。

IMG_0096

子ガラスは何度ごはんをねだっても親ガラスに無視されたので、諦めて自分で探して食べていました。

しばらく観察してみましたが、結局最後まで子ガラスにごはんを与えることなく、親子共々どこかへ飛んで行きました。

普段、人間からは厄介者扱いされること殆どのカラス。
しかし人間に近い感情や社会性?も備えています。

親ガラスは子ガラスに自立を促すため、あえて厳しく接しているのでしょう。
「自分のことは自分でしなさい!」という無言のメッセージを送っているように感じられます。

これから子ガラスは独り立ちし、厳しい弱肉強食の世界を生き抜いていかなければならないので、厳しい姿勢も当然と言えば当然でしょう。

普段の生活では恐らく気にする方は殆どいないでしょう。
ただ、カラス同士が鳴き声や仕草は何を表しているのか、どういったやり取りをしているのか、考えてみるのも面白いですね。

(2021年7月18日:横浜市西区・クイーンズスクエア付近の芝生広場にて撮影)

※関連記事※