しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

2021年12月

帰省が楽しみだった頃

2021年も今日大晦日を残すのみとなりました。

今回の年末年始は長引くコロナ騒動の中、特に"帰省"を心待ちにしていた方は多いのではないでしょうか。

2021.12.31
(2010年9月20日:東京都千代田区・JR東京駅20番ホームにて撮影)

写真は一昔前の古めのものですが、イメージです。

筆者は現在、長期休みなどに帰省することはありませんが、子どもの頃は夏休みと冬休み、祖父が住む田舎に家族で帰省していました。

国内では今週28日(火)頃から帰省ラッシュが始まりました。

新幹線ホームや空港、高速道路が混雑している光景がニュース映像などで流れているところを見ると、当時、帰省が楽しみだった頃のことを思い出すものです。
写真の200系新幹線に乗るのも楽しみでした。

今回の年末年始は強い寒波が日本に襲来し、大雪や低温の予報が出ています。

年末年始に帰省先や行楽地などで過ごされる方、地元でゆっくりされる方、曜日関係なくお仕事の方もいらっしゃるかと思いますが、ご安全にお過ごし下さい。

2022年(令和4年)がこのブログの読者の皆様にとり、良き1年になることを祈念いたします。

年の瀬の不気味な地震

工事の振動かな?と思ったら、地震!
年の瀬の不気味な地震です。

IMG_20211229_231126
(2021年12月29日:気象庁公式サイト地震情報より引用)

12月29日11時33分ごろ発生。
東京都杉並区が震源で地震の規模を示すマグニチュードは3.4。
最大震度3(東京都練馬区)でした。

特に大きな地震ではありませんでしたが、一瞬、ドスンと下から突き上げられるような気持ち悪い揺れを地元でも感じました。
東京23区が震源の地震というのも珍しいですね。

地震は台風や豪雨、豪雪などとは異なり予想できるものではなく、突然やって来ます。

同日の東京都の新型コロナ陽性者数が2か月半ぶりに50人を超えた(76人)ことばかり話題になっていますが、いつやって来るか分からない災害の備えを今一度見直したいところです。

自分の身は自分で守るしかありません。

自助、共助、公助。まずは自分でやってみる。
まさに"自助"が原則であります。

五輪の幻想から目を覚まそう

真っ二つに分かれた今夏の東京五輪開催の是非。
筆者はこれに関し、非常に厳しいことをこのブログで述べてきました。

IMG_20211226_222233
(2021年12月26日:共同通信社配信記事より)



五輪反対派の意見として、新型コロナウイルスの毎日の陽性者数やワクチンの開発・供給状況、新たな変異株の出現やまん延状況が根拠になることが殆どでした。

しかし筆者はコロナの有無に関わらず、東京五輪の予定が残っていることによる弊害を感じていました。
理由は他の催物や行事に支障が出るからです。

東京五輪の競技会場や資材置き場などに指定されたことで、東京ビックサイトや幕張メッセ、さいたまスーパーアリーナなどの使用が大きく制限されました。

東京五輪の2021年夏への延期により、制限がかかる期間も1年延長となりました。

こうなると仮にコロナ騒動が収束したとしてもコミックマーケットやライブ、コンサートの開催に支障が出ます。

音楽・エンタメ・展示会業界などはまさに「五輪開催」「五輪延期」「新型コロナ」の三重苦です。

コロナ騒動以降、有観客でのライブやコンサートが殆ど開催されなかった時期がありました。
開催している方からすれば重要な仕事であり収入源。
当然、"自助"が基本です。

自助しかないのに政府や行政が営業を自粛しろ!なんて言うのは路頭に迷えと言っているようなものです。

庶民の生活にもっと身近なところでは、花火大会も全国で軒並み中止。
五輪があることで警備員が動員され、確保できないのが原因でした。
花火大会会場周辺の祭りに出店するお店にとっては貴重な収入源です。

上記は五輪の犠牲となった催物や行事のごく一部。
実際にはありとあらゆるものが犠牲となってしまいました。

決して選手やその競技自体に罪はありません。

ただ、2030年冬の五輪について札幌で招致する動きもあるようですが、五輪は二度と日本に誘致してもらいたくないというのが本音。

東京五輪が閉幕してから読者の皆様の生活は良くなったでしょうか。
また五輪は平和の祭典と言われていますが、五輪開催で世の中が良くなったでしょうか。

加えて、五輪憲章で政治利用が禁止されているのに実際は五輪が国威発揚のための行事と化していないか。

いい加減、この国も五輪の幻想から目を覚まさなくてはいけません。

【関連記事】





ごはん、くれないかな?

今日も動き回って腹が減った。
誰かごはん、くれないかな!?

そんなおねだりの気持ちを表情から感じます。

IMG_2455

横浜・ポルタ付近にいた1羽のハシブトガラス。
カメラを向けたり近付いても逃げようとしません。

横浜駅東口前の人の往来が非常に多いところですので、人に慣れているのでしょう。

IMG_2453

この鋭い嘴。
小さな鳥や虫は一度捉えられたらひとたまりもありません。

でもよく見ると、目つきは結構かわいいような?気がします。
あくまで筆者の感覚です。

IMG_2452

IMG_2451

一度近くの木に飛び、葉を加えて戻って来ました。
葉についている虫を食べようとしているのでしょうか。

しばらくここで葉をいじくった後、首都高の橋脚の方へ飛んで行きました。
あの後、ごはんは見つかったのでしょうか・・・。

クリスマスイブの寒い夕方のどうでも良い、つまらないお話でした。

(2021年12月24日:横浜市西区横浜ポルタ前付近にて撮影)

今やらないで、どうする?

新型コロナウイルスの感染症分類見直し。
今やらないで、どうする?

IMG_20211226_211541
(2020年1月27日:日経新聞配信記事より引用)



新型コロナウイルスは2020年2月1日、二類感染症に準じる指定感染症となりました。

この扱いはPCR検査などで陽性反応が出れば、無症状であってもその人は原則隔離されてしまいます。
保健所による全数調査や感染経路、濃厚接触者の調査の対象にもなります。

昨年8月28日、安倍首相(当時)が辞任を表明する直前、「二類相当」の扱いを見直し。

入院対象は重症者や重症リスクの高い人に特化させ、軽症者や無症状者の病床を減らし医療機関の負担を軽減させることを明言しました。

この時点では、ようやく季節性インフルエンザなどと同じ扱いになるのかと思いました。
しかし次の菅政権は2021年2月、「新型インフルエンザ等感染症」に分類してしまいました。

これは政令により、さらに厳しい一類相当の措置行えるものです。

新型コロナウイルスが本当に強毒性であり、日本の医療水準や衛生環境においても不治の病や難病となってしまうほどのものなら、強い措置も止むを得ません。

ですが、実際はどうでしょうか?

新型コロナウイルスは不治の病や難病でもなく"風邪"程度であることは明らかです。
多くの人は自然に治癒してしまうもの。

風邪薬というものは昔から存在せず、対症療法しかありません。

季節性インフルエンザなどと同様五類相当の扱いに変更し、全数調査も濃厚接触者の追跡も中止。

重傷者以外は自宅療養とすれば、自ずと病床数不足や自治体、保健所の重いコロナ関連の負担も解決するはずです。

12月26日夜、安倍晋三元首相の「アベノミクス路線を転換すべきではない」という内容の発言が炎上しました。



改めておさらいです。

2020年初頭に新型コロナ騒動が始まり、二類に準じた指定感染症としたのも安倍氏。
そして首相辞任表明直前、「二類相当」の扱い見直しを明言したのも安倍氏でした。

安倍氏は新型コロナウイルスの感染症分類の見直しを現政権に強く求め、1秒でも早く騒動を終わらせてもらいたいですね。

東京五輪も終わったことだし、もう良いでしょう。

この2年間、新型コロナを理由にあれもダメ、これもダメと自粛を強要しながら、何食わぬ顔で五輪や五輪関連行事が強行されたこと自体、コロナ騒動が空騒ぎである証拠です。

【関連記事】