しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

2022年01月

一都10県でマンボウ?

一都10県でマンボウ?
あっ、そうですか、勝手にすれば。

IMG_20220117_201800
(2022年1月17日:共同通信配信記事にて)



昨夏、緊急事態宣言を発出し、庶民には夏の帰省や旅行を控えるよう呼び掛けておきながら、五輪を返上するそぶりすら見せず。

また、五輪後のIOCバッハ会長の銀座散策も「不要不急かどうかは本人が判断するもの」と政府はスルーしていました。



今更マンボウや緊急事態宣言が発出されようが、全く根拠が感じられません。

昨夏は「おうちで五輪」、「ステイホーム五輪」なんて言葉も出てきました。
入国後の隔離ルールや濃厚接触者の待機期間も特例で短縮したり大会出場可とするなどやりたい放題だったことが思い出されるところです。

あれもダメ!これもダメ!でも五輪なら何でもあり!
22年冬の北京五輪を控えた中国が今、そんな感じですね。
中国の「ゼロコロナ」政策、庶民からすれば迷惑そのものでしょうし、迷惑五輪と思われているでしょう。



話を戻します。
そもそも「ゼロリスク」とか「ゼロコロナ」自体があり得ない話。

特に日本においては不治の病や難病ではなく風邪、インフルエンザ程度です。
今、都道府県の首長が政府に要請しなければいけないのは、マンボウや緊急事態宣言の発出ではなく、新型コロナの分類見直し要請です。

新型インフルエンザ等感染症から、5類相当の感染症に分類を変更すればコロナ騒動は簡単に収束します。



5類にすれば専用の病床や隔離施設を設置する根拠や、保健所による全数調査や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離などを行う根拠が無くなります。

そうなれば医療資源の逼迫や保健所のコロナ対応の負荷、エッセンシャルワーカーの出勤不能によるインフラ麻痺といった問題は解決するはずです。

しつこいようですが、何度でも言います。
コロナを5類にすればすべて解決。
マンボウも緊急事態宣言も必要ありません。

赤レンガ倉庫広場付近も真っ白に(2022.01.06)

正月明けの1月6日に関東南部を襲った大雪。
横浜・赤レンガ倉庫広場付近も真っ白になりました。

IMG_2550

IMG_2551

6日の雪は関東南部平地では極めて珍しい氷点下での乾いた雪。

幹線道路や人通りの多い歩道には積もりにくい反面、芝生や樹木、路地などには降った雪が解けることなくそのまま積もっていきました。

IMG_2549

誰も座っていないベンチ(写真右側)普段、カラスや鳩、スズメなどの野鳥がご飯を探したり日向ぼっこしている芝生も真っ白に。
野鳥の姿はこの日、殆ど見られませんでした。

野鳥たちにとっても6日の大雪はいつもと異なる日常だったようです。

(2022年1月6日:横浜市中区新港・赤レンガ倉庫広場付近にて撮影)

【臨時】津波注意報はすべて解除

気象庁は1月16日14時、国内に発表していた津波注意報をすべて解除しました。
現在は日本全国で津波予報(若干の海面変動)に切り替わっています。

IMG_20220116_184727

IMG_20220116_185027
(2022年1月16日14時:気象庁公式サイト津波情報より引用)

今後1日程度は若干(20cm未満)の海面変動が起きる可能性があるものの、津波による被害の心配は無し。
ただし海での作業や釣りなどを行う際は注意が必要とのことです。

トンガでは津波や火山灰などによる停電や通信網の寸断が発生し、被害の全容はまだ明らかになっていないようです。
今のネット社会では、通信網が寸断されてしまえば何も出来なくなってしまうことを表しています。

幸いなことに今回、日本では人的被害はありませんでした。
しかし今、日本で大地震や大噴火が起きたらどうなるのか。

津波や家屋の倒壊、火災などに巻き込まれるリスクは当然ですが、停電でキャッシュレス決済が不能となるリスク。
それから繰り返しになりますが、安全なはずの避難所に入れないリスクがあります。

新型コロナウイルスが新型インフルエンザ等感染症に指定されたままでは、「蜜を避ける」「ソーシャルディスタンスの確保」などという理由で避難所の受入人数が制限されるケース。

それから「濃厚接触者」という扱いで、避難所で門前払いされるケースが考えられるでしょう。

今回も防災気象情報で警戒レベル4以上となり、避難指示が出た自治体もありましたが、上述の理由で安全なはずの避難所に入れず犠牲になるケースが生じれば"人災"です。

5類相当へ分類変更すればすべて解決する話なのですが、あえてコロナ騒動を長引かせたい勢力が居るのでしょうか。

トンガ諸島の海底噴火は1000年に1度の規模、という見方も出てきているようです。
噴火や地震はいつ起きるか分かりません。



新型コロナウイルスのオミクロン株を利用した選挙のための空騒ぎを続けていたら、突然大地震が起きて、未曽有の事態に陥るということも、あり得ない話では無いでしょう。

日本では風邪程度に過ぎない新型コロナ感染と、地震や噴火。
どちらが命に関わるリスクが高いか。
もはや言うまでもありません。

【臨時】日本の広範囲に津波注意報発表中

1月15日に発生したトンガ諸島の海底火山噴火が原因による津波。
日本でも鹿児島県の奄美市小湊や岩手県久慈市で1mを超える津波が観測されています。

IMG_20220116_133034
(2022年1月16日:気象庁公式サイト津波情報より引用)

IMG_20220116_120911

IMG_20220116_121122
(2022年1月16日:NHKニュースより)

記事執筆時点(1月16日13時30分現在)では、一時鹿児島の奄美群島とトカラ列島、岩手県に発表されていた津波警報は解除されています。

しかし、日本の太平洋側を中心とした広範囲に津波注意報が発表されています。
また、津波予報(若干の海面変動)も含めると、日本全国で津波に関する情報が発表されていることになります。

IMG_20220116_121055

IMG_20220116_121020

今回は地震ではなく海底火山の噴火が原因の津波とのこと。

本当に「津波」と言えるのか、過去に経験のない未知の現象で、気象庁も困惑しているようですが、津波が押し寄せた沿岸では船が転覆したり沈没する被害も出ているようです。

津波であろうが別の現象であろうが、用心するに越したことはありません。

津波注意報が解除されるまでは海岸や川の河口付近には近づかず、最新の情報に留意し、安全最優先で過ごしましょう。

(2022.01.16.14:20追記)
日本国内に発表されていた津波注意報はすべて解除されました。

【臨時】津波警報・津波注意報発表!

前回の記事を投稿してから僅か9分後の0時15分、気象庁から津波警報・注意報が発表されました。

トンガ諸島の海底噴火が原因で日本の太平洋側に発表されていた津波予報(若干の海面変動)が津波警報・注意報となったものです。

海岸や川の河口付近には絶対に近づかないでください。
もしそういった場所にいらっしゃる方はただちに離れ、可能な限り高い所へ避難するなど厳重に警戒してください。

IMG_20220116_003459

IMG_20220116_004204
(2022年1月16日:NHKニュースにて)

IMG_20220116_003643
(2022年1月16日:気象庁公式サイト津波情報より引用)

鹿児島県の奄美群島・トカラ列島では津波予報が一気に津波警報となり、高さ3mと予想されています。

その他の場所でも、太平洋側各地に津波注意報が発表されており、記事執筆時点で北海道から奄美群島までの広い範囲で津波が観測されている模様です。

気象庁などから発表されている津波の観測値はあくまで観測所でのものです。
場所によっては観測値よりも更に高い津波が襲来していたり、これから襲来する可能性があります。

夜遅い時間ですが、常に最新の情報を入手し、安全最優先の行動を!