しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

2022年11月

夜の紅葉が見ごろ。横浜・山下公園通り

ブログネタ
【公式】秋を感じるものは何ですか? に参加中!
11月22日の記事で触れた横浜・山下公園通りと日本大通の紅葉。
今回は夜の山下公園通りの紅葉を撮影してみました。



日中とはまた異なる、何か幻想的な雰囲気を感じるのは筆者だけでしょうか。

IMG_6159

IMG_6160

IMG_6163

黄金色となった銀杏並木と、リニューアル工事を終え今年9月1日から営業再開したマリンタワーのライトアップ。
これが我々歩行者やドライバーを温かく迎え入れてくれるように感じます。

周辺を歩いていると、普段の生活にある喧騒を、一時だけ忘れることが出来ます。

IMG_6151

17時20分頃に撮影した氷川丸。
この時間になるともう真っ暗で、海から冷たい風が吹いてきます。

夕方や夜の紅葉散策は寒さ対策を万全にして行いましょう。

(2022年11月26日:横浜市中区山下公園付近にて撮影)

【関連記事】





地域情報ランキング


国内旅行ランキング

熊本城復旧は15年遅れ?

熊本城の復旧は2037年度から2052年度へ15年遅れ?
2016年の熊本地震で被災。



やはり一度、大地震で被災すると復旧まで気が遠くなるような時間がかかってしまいます。

IMG_4301
(2022年6月7日:熊本県熊本市中央区「サクラマチガーデン」にて撮影)

今年6月の、熊本市中心部にあるサクラマチクマモトの屋上庭園「サクラマチガーデン」から眺めた熊本城の様子です。

復旧工事が進んでいる箇所もあれば、写真中央のように石垣や塀などが崩落したまま、手付かずの状態となっている箇所もありました。

熊本地震の発生が2016年なので、復旧工事完了が2037年なら地震発生から21年後、2052年なら地震発生36年後ということになります。

その頃には少子高齢化や人口減少が一層進み、悲惨な世の中になっているような気がしますが、まずは復旧工事の足枷となるような別の災害が起きないことを願うしかありません。

【関連記事】

大自然の中にある野湯

明日11月26日は"良い風呂"の日。
肌寒くなり温泉が恋しくなる季節ですが、過去の写真を整理していたらこんな温泉が出てきました。



鹿児島県霧島市硫黄谷にある温泉です。
自然探勝路の中にあります。

DSC_1814

DSC_1816

探勝路の中を歩いて行きます。
足場が悪いので、転ばないように要注意です。

DSC_1817

DSC_1819

DSC_1820

DSC_1822

DSC_1824

DSC_1821

滝のように流れる温泉と岩風呂が見えてきました。
霧島温泉「目の湯・川の湯」。

温浴施設などではなく、霧島の自然の中にある"野湯"です。

野湯なので入浴料は無料。
筆者は足だけ温泉に浸かった記憶があります。

勇気が必要?かもしれませんが、実際に入浴を楽しんでいられる方もいらっしゃるようです。
たまには日常や現実を忘れ、骨の髄まで大自然の中の温泉に浸かるのも良いかもしれません。

(2020年7月3日:鹿児島県霧島市硫黄谷付近にて撮影)

【関連記事】


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

"アレ"に感染した話

2022年11月22日、塩野義製薬の新型コロナ飲み薬「ゾコーバ」緊急承認の報道がありました。
今年5月に創設された「緊急承認制度」初の適用。



そして国産初のコロナ飲み薬に。

町医者で診察と季節性インフルエンザの飲み薬「タミフル」や「リレンザ」のように処方できるようになれば、コロナ"騒動"としては収束するでしょう。

そのためにはまず、政府が新型コロナウイルスを新型インフルエンザ等感染症から5類感染症に分類変更しなければいけません。

新型コロナウイルスが日本国内の医療水準や衛生環境でも不治の病や難病であるならば2類以上の厳しい措置もやむを得ませんが、実際は季節性の風邪かインフルエンザのようなものです。

慌てなくても何日か経てば治ります。

実は筆者も今夏、遂にこの風邪に感染してしまいました。
今年8月上旬のことです。

発症してから最初の3日間くらいはインフルエンザに感染した時のような激しいのどの痛みと高熱が出ましたが、休養とアセトアミノフェン服用の対症療法で自宅で隔離期間を過ごしました。

IMG_20221122_195350
(画像はイメージです。)

後遺症が残る?と言われていますが、筆者は感染前と全く変わらない生活を送っています。
逆に普段、家でゆっくりすることが無いので、良い休養になりました。

たまにはゆっくり休みなさいという天からのお告げ?であったと考えています。
新型コロナもそれ以外のウイルスも万が一感染したら休養して、自然治癒を待つしかありません。

コロナ騒動が起きる前、風邪薬エスタックイブの宣伝で「風邪でも絶対に休めないアナタに!」というキャッチフレーズがありましたが、今となっては炎上もの。

37度位の熱なら我慢しろ!風邪くらいで休むとは何事か!みたいな風潮だったのが信じられません。
ここ2年半くらいの話なのですが、世の中変わってしまいました。

少し話が逸れてしまいましたので元に戻します。

実際に新型コロナウイルスに感染して後遺症が残るかどうかは人それぞれでしょうが、季節性インフルエンザでも後遺症が残る人はいます。

少なくとも強毒性で致死率が高い想定の「新型インフルエンザ等感染症」に分類しなければいけないほど危険なウイルスではないでしょう。

また、季節性インフルエンザなどと同じ5類感染症扱いとすれば、発熱外来・コロナ用病床の設置や全数調査・発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離を行う根拠が無くなります。

そうなればコロナ対応だけをやっているわけではない保健所の業務負担も少しは軽減されるはずです。

新型コロナウイルス自体が問題なのではなく、感染症法上の分類が問題なのです。

現在の分類が風評被害や、どこの誰とは言いませんが、一部地方自治体の首長自身の権力欲や選挙のための空騒ぎに繋がっている面もあります。

逆に現在の分類を続けていたら、救える命も救えなくなってしまうでしょう。

例えば高齢者や持病を持っている人が感染し重い症状が出て、点滴などの初期治療が必要な状態になったにも関わらず、特定の医療機関でしか診察・入院出来ないルールのため診療を拒否され、命に関わる事態になることも考えられます。

感染症法上のルールのせいで救える命が救えなくなるなんてことは馬鹿げています。

コロナ問題に限らずルールだからダメ!と言うのは日本の国民性ですが、いい加減、無意味な空騒ぎは止めて、身近な風邪の感染症として捉えなければいけません。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

横浜駅東口ポルタ内地下街の担々麺・麻婆豆腐専門店

ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!
タバコも吸わずお酒もほとんど飲まないしがない庶民の筆者。
その代わり、筆者は食べることが大好きです。



今回はたまに行くお店。
本当にたまにしか行かない分、時間をかけて料理を味わってしまうものです。

DSC_3729

DSC_3730

横浜駅東口直結ポルタ内の担々麺・麻婆豆腐専門店「匠」様。

肌寒くなってきた今日この頃。
メニューの模型を見ると辛いものが恋しくなってきます。
担々麺、麻婆豆腐両方食べたかったのですが、熟考の末・・・。

DSC_3727

麻辣麻婆豆腐を頂くことにしました。

まろやかで甘みを含む韓国産赤唐辛子と辛みと香りが強い中国産の唐辛子で仕上げた辣油を使っているそうです。
甘すぎず、辛すぎずちょうどいい辛さで、体が温まりました。

料理が出てきた時の香りも食欲が出てきます。

横浜駅付近で食事される機会がある方は、是非一度行ってみてください。

(2022年11月22日:横浜市西区高島横浜駅東口ポルタ地下街B1F「匠」様にて)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜市情報へ
にほんブログ村