2020年5月24日の横浜スタジアム付近の様子です。
プロ野球開幕が延期となる中、人も少なく、その辺にいる雀が目立つくらいでした。

IMG_9077

IMG_9079

人が少ないせいもあるのでしょうか、野鳥がのびのび過ごしているような印象があります。

さて、5月25日夜、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されました。
これを受けてNPBは同日、プロ野球を6月19日に開幕することを正式に発表しました。

IMG_9081

NPBは記事執筆時点で、下記のように発表しています。

・開幕後、当面の間は無観客での試合開催。

・2020年は交流戦とオールスターを中止。

・野球協約上、シーズン成立となる年間120試合(各12球団のホーム球場で60試合)

・日本シリーズは11月21日から開催。

・クライマックスシリーズ(以下CSとします)は記事執筆時点で開催可否未定。

詳しい日程などは、後日明らかにされるものと思われます。

ここから先は、あくまで筆者私見です。

今年はCSを止め、2003年以前のようにリーグ優勝球団同士が日本シリーズに出場する方式に戻してみては如何でしょうか?

6連戦ベースで、1か月に24~25試合前後。
雨天順延や台風襲来なども考えられ、予備日もある程度確保しなければいけません。

年間120試合を実施するには最低でも5か月が必要です。

今年に限って言えばCSを実施する余裕は全く無く、公式戦120試合を何とか実施できるか否か、瀬戸際のラインだと思います。

雨天順延が重なり後ろが痞えればダブルヘッダーも実施も視野に入るのかもしれませんが、これは負担が大きいでしょう。

CSや交流戦自体も導入されてから長い年月が経過し、マンネリ化してきた印象があります。

ただ、CSをどうするかは別としても、日常を取り戻す!という意味で開幕は重要と考えます。

非科学的な自粛論・中止論の一掃。
他の競技や催事の開催指針となり、開催を促す効果にも期待したいところです。

史上最遅、3ヶ月遅れのプロ野球開幕となりますが、楽しみになって来ました。

(写真は2020年5月24日:横浜市中区横浜公園付近にて撮影)