緊急宣言下では「スポーツ大会は無観客か延期で」
NPBは政府に補償を求めるべきですね。

どうしても緊急宣言下の地域での有観客開催が駄目、補償すら出さないなら要請無視し強行突破も手でしょう。

IMG_20210423_215244
(2021年4月22日:時事通信社オンライン配信記事にて)

IMG_20210424_220557
(2021年4月24日:NPB公式サイト「NPBニュース」より)



NPBは24日、緊急宣言中の対応について改めて協議。
宣言期間中の該当地域での試合を無観客開催にすると発表しています。

NPBの斎藤コミッショナーが4月19日、Jリーグとの新型コロナウイルス連絡会議後の取材で「緊急事態宣言=無観客というジャッジはできるだけ避けたい」という旨の発言をしていました。

しかし"無観客"開催を飛び越えての中止、延期要請となりシーズン中断を余儀なくされればNPBもJリーグも腸が煮えくりかえるでしょう。

ろくな保証もなく一方的に中止・延期しろ!なんていうのは公的営業妨害そのもの。

そんなに新型コロナが危険で人流抑制をしたいなら聖火リレーやテスト大会など五輪関連行事の中止、そして東京五輪開催こそ返上してしまいなさい。
それが一番の処方箋です。

NPBだけでなくJリーグなど他のプロスポーツやエンタメ、音楽、展示会業界、百貨店業界なども同様です。

政府や自治体からの無観客開催要請や休業要請を受けるか、要請や命令を無視し、特措法45条を根拠とした過料を求められてでも通常開催、通常営業を強行するかのどちらかです。

もう一度言います。
政府と東京都は聖火リレーやテスト大会など五輪関連行事の中止、そして東京五輪開催こそ返上してしまいなさい。