ブログネタ
鳥全般 に参加中!
長引くマンボウ。カラスの食糧逼迫も深刻化?
マンボウの更なる延長により飲食店も引き続き時短・休業のため。

東京では4回目の緊急事態宣言再発出。沖縄も延長へ。

IMG_5033

IMG_5030


海岸の泥や流されてきた樹木、ポイ捨てされた空き缶を掻き分けながら"ごはん"になりそうなものを探すハシブトガラス。

先月末から続く関東南部や東海地方太平洋側の大雨。

この日も雨が強く降る時間帯があり、カラスもずぶ濡れでしたが、おそとに出なければ"ごはん"をゲットできません。

雨にも負けず風にも負けず・・・、もはや、なりふり構わずでしょう。

IMG_5035

親鳥(奥)が雛(手前)に嘴でビニール袋を破いてごはんを取る方法を教えている光景。

IMG_5041

こちらのカラスも口の中が赤かったので雛のようです。
自力でビニール袋を破りごはんをゲットしていました。

雛であろうとも、生まれて数カ月で自力で飛び回り、ごはんをゲットして食べなければいけません。

こういう光景、正直、人間から見ればほめられたものではありません。

しかしカラスに限ったことではありませんが、野鳥の世界はそれだけ弱肉強食、厳しい競争社会であることを感じずにはいられません。

それと同時に、飲食業などに対し公的営業妨害を平然と行う一方、法外な額の給料が保証される"先生"をインターネットのニュースなどで見ると腹が立って仕方がないものです。

今夜もさぞかし高級なごはんを食べていらっしゃるのでしょうか。

ニコニコと楽しそうに会見している分科会の"先生"、良いご身分ですね。
経済再生担当相を名乗る西村康稔経済破壊担当相。

今週も酒提供自粛拒否の飲食店に対する金融機関からの融資を巡る発言が炎上していますが、五輪担当相と同様、不要不急のポストの1つです。



(写真はすべて2021年7月3日:神奈川県藤沢市江ノ島にて撮影)