週末は健康のため#おそとで過ごそう!
おうち時間ではなく#おそと時間

IMG_0626

IMG_0625
(2021年9月7日:横浜市中区新港地区・女神橋付近にて撮影)

関東地方は9月に入り涼しい日々が続いています。
横浜市では最低気温が17度台まで下がる日もあり、朝夕は肌寒さを感じることもあります。

みなとみらい地区や新光地区周辺ではこの日もウォーキングやジョギング、体操などで汗を流したり、ボール遊びをしたり、日光を浴びてくつろいでいる方もいらっしゃいました。
最近は雨の日が多いので、筆者もこの日は歩きながら日光を浴び、いい汗をかくことが出来ました。

やはり"おそと時間"は心身の健康維持のため、必要必急です。
決して不要不急ではありません。

関東地方全域や関西三府県など、19都道府県では9月13日以降も新型コロナ陽性者急増に伴う緊急事態宣言が延長されるそうです。
勝手にすれば?と思うところですね。

昨年のGW期間前から宗教のように叫ばれた"ステイホーム"や"おうち時間"。

はっきり言いますがこういったものは運動不足や太陽光不足で生活習慣病の悪化。
免疫力の低下にもつながります。
新型コロナはもちろん、他のウイルスや細菌性の風邪にも罹りやすくなるだけです。
精神疾患を引き起こすリスクも高くなるでしょう。

そういえば今年は乳幼児に重症化リスクのあるRSウイルスが大流行しているそうです。
RSウイルスはワクチンや予防接種などはありません。
しかし、いくら感染者が増えても感染症法上の分類を変えて、まん延防止重点措置や緊急事態宣言の対象にしようという話もありません。

他にも季節性インフルエンザやアデノウイルのように重症化リスクがあり、ワクチンや特効薬のないウイルスも多く存在しますが、感染症法上の分類を変えようなんて言う話はありません、

いかにコロナ騒動が馬鹿げたことか、ということが分かりますね。
政府による五輪中止阻止のための空騒ぎから、選挙敗退阻止のための空騒ぎに変わりました。
コロナは政治、ということです。