1月6日の天気予報は当初曇り40%。
仮に降水があり、雪となっても平地は舞う程度。
多い所でも1cm程度の予想のはずだったのですが・・・。

IMG_2548

IMG_2537

IMG_2544

このブログでよく登場する横浜臨港パーク付近の様子です。

芝生広場は雪で覆われています。
東京湾を眺めてもこの日は本降りの雪の影響で房総半島はおろかベイブリッジすら見えないくらい視界が悪くなりました。

関東平野でまた繰り返された"想定外"の大雪。
前回の記事にも書きました。

一都三県の平野で積雪となる機会は滅多にありませんが、その数少ない機会がやってきた場合、まとまって降ることがあります。

当日6日になり、予報ではなく実況と言っても良いくらい気象庁や地方気象台などから発表される予想降雪量が小刻みに上方修正。
東京都や千葉県では大雪警報が発表されました。

気象庁や各地方気象台の発表によると1月6日の最深積雪は、

東京都心10cm
横浜市8cm
つくば市8cm
水戸市7cm
千葉市7cm
さいたま市2cm

などとなっており、茨城県と一都三県が雪の影響を大きく受けています。
横浜では2020年3月29日以来、2年ぶりの積雪となりました。

雪国にお住まいの方やご出身の方には笑われるか怒られてしまうかもしれませんが、一都三県では積雪2~3cmでも本降りの雪。
10cm前後となれば大雪です。

6日夜には大雪の峠は越えたようですが、今日7日は道路・歩道の凍結やスリップ事故、転倒による怪我などに用心しましょう。

(2022年1月6日:横浜市西区高島臨港パーク付近にて撮影)