新型コロナウイルスの分類変更、いつやるの?今でしょ!
不治の病や難病ではありません。



5類相当への扱い変更こそ現実的です。

IMG_20220803_000545
(2022年8月2日:関西テレビ配信記事にて)



新型コロナウイルスの分類を5類相当に変更するべきだという声が日に日に高まってきています。

問題なのはウイルス自体ではなく、このブログでも再三触れていますが、感染症法上の分類です。

新型コロナウイルスは当初、2類相当の指定感染症に分類。
そして2021年2月13日からは、新型インフルエンザ等感染症に分類されています。

保健所を介した全数把握や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離が原則となっています。

新型インフルエンザ等感染症は政令によって、交通制限など1類相当の措置を恒久的に行える厳しいものです。

再三報道されている通り、今は重傷者の増加やウイルスの強毒化などではなく、医療スタッフなどのエッセンシャルワーカーが濃厚接触者扱いされ出勤不能となり、人手不足に陥るケースが問題となっています。

感染症法上や新型インフル等特措法に基づく全数把握や濃厚接触者の特定、後追い、隔離ルール。
これは言うまでもなく人間が作ったものです。

重傷者が増えたりウイルスの毒性が強くなったわけでもなく、人間が作ったルールや制度によってインフラが麻痺するのは完全な人災です。

そして今のルールが続いたまま、被災クラスの地震が発生したらどうなるのでしょうか?

"密を避ける"、"ソーシャルディスタンスの確保"、"ワクチン未接種者"などという理由で避難所の収容人数が大幅に制限され、安全なはずの避難所に避難できず命に関わるケースが続出するでしょう。

何度でも言います。

政府が直ちにやらなくてはいけないのは新型コロナの感染症法上の分類を5類相当へ変更。
まん延防止等重点措置や緊急事態宣言などもってのほかです。
BA.5対策強化宣言などというパフォーマンスも必要ありません。

逆に季節性インフルエンザなどと同じ5類相当の扱いにすれば、全数把握や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離などを行う根拠が無くなるのでコロナ騒動などすぐに収束します。