8月10日、プロ野球首位ヤクルトと2位DeNAのゲーム差は8に。
普通に考えれば、まだ逆転優勝は厳しいですが・・・・。



もしかしたらもしかするかも?と思ってしまう所があるのも事実。

IMG_20220810_213512
(2022年8月10日:Yahoo!スポーツナビ・プロ野球より引用)



7月3日終了時点ではDeNAが5位で首位ヤクルトに17.5ゲーム差。

この時点で2位だった巨人もヤクルトに13.5ゲーム差をつけられていて、セ・リーグの2位以下の球団は優勝争いよりもCS狙いが現実的?という状況でした。

あれから1カ月ちょっとが経過。
首位ヤクルトの失速や巨人のコロナクラスターなど色々ありましたが、DeNAは2位に浮上し、ゲーム差も8と詰めてきました。

最大17.5ゲーム差という気が遠くなるようなところから8ゲームまで詰められたのは健闘している証。

もっとも、首位ヤクルトが優位な状況は変わりませんが、今月末までにゲーム差が5を切るようなことがあれば、面白くなってくるかもしれません。