台風15号の影響で関東地方は昨日23日から24日にかけて土砂降りの大雨。
避難を呼びかける緊急速報メールも届き、緊迫した2日間になりました。



昨日23日夜の東京・羽田空港第2ターミナルバス乗り場の光景です。

FdV2CoRaUAEifpe
(2022年9月23日:東京都大田区羽田空港第2ターミナルバス乗り場付近にて撮影)

上空から叩きつけるような雨がザーザーと降り、大量の水が跳ね、あちらこちらに水たまりが出来ていました。

昨日23日夜は愛知県と静岡県で線状降水帯と見られる雨雲が発生し豪雨に。
豪雨の影響で同日22時過ぎ、日本の大動脈である東海道新幹線の全線運転中止が決まりました。

今日24日も始発からお昼ごろまで三島~名古屋間が不通。

運転再開していた東京~三島間と名古屋~新大阪間ものぞみ、ひかりが運休し、こだまを1時間に1~2本程度を折り返し運行させる状況となり、大きな影響が出ました。

東海道新幹線が日を跨いで麻痺するのは珍しいような気がします。
それだけ愛知県や静岡県では酷い雨だったと言うことでしょうか。

台風15号は今日24日日中に温帯低気圧へ変わりましたが、台風シーズンはまだまだ続きます。
台風から離れていても台風からの湿った空気の影響により大雨になることがあるので、備えが必要です。