プロ野球日本シリーズ2022はオリックス・バファローズが優勝。
チーム名がブルーウェーブだった1996年以来、26年ぶりの日本一。



昨年と同じ対戦となった今年の日本シリーズ。
オリックスは昨年のリベンジを果たしました。

IMG_20221030_221748
(2022年10月30日:Yahoo!スポーツナビ プロ野球より引用)



2004年オフの近鉄バファローズとの合併後では初の日本一。

近鉄バファローズは日本シリーズ優勝経験が無かったため、長い日本のプロ野球の歴史で、"バファローズ"というが初めて日本一を達成したことになります。

また今年オリックスが日本一となったことで、21世紀に入ってから、パ・リーグ全6球団がリーグ優勝(※)と日本一を達成しました。

※2004年の西武と2005年のロッテはシーズン2位から現在のCSの前身であるプレーオフを勝ち上がりリーグ優勝。当時はプレーオフ第2ステージ勝者がリーグ優勝という規定。

大阪をはじめとしたオリックス・バファローズのファンや関係者の皆様、おめでとうございます。

ヤクルトが第3戦の時点で2勝1分としたため、2年連続の日本一へ向けて圧倒的優位と思われましたが、第4戦からオリックスが怒涛の4連勝。

筆者は特に両チームのファンではありませんが、第5戦、吉田正尚選手のサヨナラ2ランが出たあの試合で、流れが完全にオリックスに傾いたように感じました。

これで今年のプロ野球のすべての日程が終わりました。

パ・リーグはシーズン終盤までオリックス、ソフトバンク、西武、楽天が優勝争い。
最後の最後にオリックスがソフトバンクに同率1位で並ぶ激戦。

一方、セ・リーグはヤクルトのほぼ独走。
DeNAが8月に最大17.5差から4差まで猛追しましたが、4差からは詰められませんでした。
セ・リーグは来年、首位を脅かすチームが出てきてほしいものです。