また日本の南で大きな地震です。
今度はインドネシア付近のモルッカ海付近にて。



日本時間1月18日15時06分頃発生。
地震の規模を示すマグニチュードは7.2。

IMG_20230119_000533
(2023年1月18日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

この地震では一時、日本国内でも太平洋沿岸を中心に津波予報(若干の海面変動)が発出されましたが、特に海面変動による被害は報告されていません。

先日8日にはバヌアツ諸島で大きな地震。
9日には大阪湾に突然クジラがやってきて話題となりました。

また昨日11日正午前、神奈川県西部の松田町と山北町の境目付近でマグニチュード4.1。
最大震度3を観測する不気味な地震がありました。

そして先週12日にはニューギニア付近でマグニチュード7.6の大地震が発生しています。

バヌアツの法則や、鳥の異常行動、最近話題?の温泉街での温泉湯量減少などと言った地震予知を信じているわけではありませんが、被災地震や津波はいつ起きるか分からないのも事実。

一昨日17日に発生から28年を迎えた兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)も、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震も想定外の地震でした。

煽るつもりはありませんが、日本に住んでいる以上、大地震のリスクはつきものです。
やはり自分の身は自分で守るしかありません。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ