2月5日、南岸低気圧と強い寒気の影響で関東地方平野部の広範囲で積雪。
神奈川の天気予報は東部西部共に当日昼まで雨マーク(雨か雪)。



雨マークなら大丈夫と思った方も多いのではないでしょうか・・・。

DSC_5095

DSC_5071

DSC_5068
(2024年2月5日:横浜市西区高島付近にて撮影)

このブログでよく登場する横浜・はまみらいウォークの様子です。

近くには日産グローバル本社ギャラリーがありますが、歩道に積雪し、屋外の展示車も雪で真っ白になっています。

東京湾の方面を眺めてもKアリーナより先はベイブリッジすら見えないくらい視界が悪くなりました。

記事執筆時点で気象庁や各地方気象台の発表によると2月5日の最深積雪は、

東京都心8cm
横浜市4cm
千葉市3cm
さいたま市8cm
熊谷市11cm

などとなっています。

横浜では2022年1月6日以来2年1カ月ぶりの積雪となりました。

一都三県の平野で積雪となる機会は滅多にありませんが、その数少ない機会がやってきた場合、まとまった降雪となることがあり、桜の季節まで可能性があります。

雪国にお住まいの方やご出身の方には怒られてしまうかもしれませんが、一都三県では積雪2~3cmでもインフラに影響が出てしまい、10cm前後となれば大雪。
滅多にありませんが20cm超えとなれば災害クラスです。

今日6日も所によって雪の予報が出ているそうですが、数日間、道路・歩道の凍結やスリップ、転倒事故などに注意が必要です。



【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村