2月5日、関東平野の広い範囲で本降りの雪となりました。
その翌日の外出時、近所で見つけた雪だるま。



積雪時ならでは?の光景です。

DSC_5123

DSC_5124
(2024年2月6日:横浜市旭区内にて撮影)

落ちている枯れた木の葉や木の枝で目と口も出来ていました。
何かこちらに訴えているような?そんな雪だるまの表情にも見えます。

子どもがはしゃぐ声が聞こえたので、雪合戦をしたり雪だるまを作って遊んでいたのでしょう。

昨年度の冬は横浜は積雪はありませんでした。

関東平野、特に一都三県の平野部での積雪は年に1回あるかないかですが、その機会があると5cm~10cm程度の積雪になることがあります。

過去には3月末の桜満開後の積雪や、かなり稀ですが桜が散った後の4月中旬ごろに積雪を記録したことがあります。

実際に積雪となると混乱が大きいので、今後も南岸低気圧通過時は注意が必要です。

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村