早いもので今年も4月。
関東平野では寒暖差が大きくなっています。



この時期は寒暖差で疲れが溜まりやすいもの。
特に寒い日は温泉が恋しくなるものですが・・・。

DSC_5158

DSC_5160

IMG_20240404_213123

今回は温泉入浴ではなく、温泉水を再購入した話です。

購入したのは「温泉水99」。

鹿児島・桜島の麓、垂水温泉の地下750mから47度で湧く天然の温泉水。
硬度2以下のとても軟らかい、まろやかな水です。

高いアルカリ性により体調を整える効果もあると言われています。

神奈川県ではなかなか見られませんが、鹿児島県では自動販売機でも温泉水が販売されているのをよく見かけます。

常温の飲料水としてはもちろん、料理やお酒の水割りとしても使えます。

500Lで1本あたり約180円と超えと飲料水としては価格がかなり高めですが、自分の口に入れるもの。
ただ安ければいいというわけではなく、むしろ「健康への投資」と考えれば割り切れます。

また最近は日本国内や周辺国で不気味な地震が相次いでいます。
一昨日4月3日には台湾東部沖でM7.7、花蓮県で最大震度6強を観測する地震が発生したばかり。

万が一の際の備えとして購入しておくのもありかもしれません。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村