しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

政治・経済

朝日新聞社の五輪中止社説

5月に大炎上した朝日新聞社の五輪中止社説。
主張自体は間違っていません。

ただし五輪のスポンサーを降り、五輪関連の報道を全て止めたうえで掲載するべきでした。

IMG_20210925_174916
(2021年9月24日:文春オンライン配信記事にて)

五輪反対社説が掲載されたことで、夏の高校野球は強行するのか?という朝日新聞への批判もありました。

しかし五輪と高校野球では規模も事情も全く異なります。

五輪は言うまでもなく金儲け、国威発揚、政治屋のレガシーのための祭典と化したスポーツイベント。
建前上は平和の祭典で政治利用が禁じられていますが、もはや政治そのもの。
政治化・商業化していないという要素は何一つ見当たりません。

人の移動という点でも地球の裏側から相当な人数が往来しました。

人流が新型コロナの陽性者増大につながるというはっきりした根拠はありません。
加えて新型コロナが不治の病や難病でないのも明らかで、騒動自体がナンセンスですが、五輪強行で人流を増やす一方、庶民に自粛をしても説得力はありません。

ただ、皮肉にもコロナ騒動のおかげでIOCの本性や五輪の現実が露わになりました。

例えば五輪開幕前に炎上したIOCバッハ会長の広島滞在時の警備費の件。
IOCは殿様のように負担を拒否。

五輪組織委員会も負担を拒否して、広島県と広島市で折半することになったそうですが、そもそもその経費の出どころはどこか?
答えは簡単で、庶民の税金です。

IOCというぼったくり団体に食い物にされる祭典など、二度と日本に誘致しないでもらいたいですね。

一方、高校野球は教育の一環であり、国内の部活動の大会。
往来する人の数など他の国際大会に比べればたかが知れているでしょう。

日本高野連も財政が逼迫し、クラウドファンティングで運営費を募る事態となりました。



2020年の春夏甲子園中止。
そして今夏も事実上、無観客開催を余儀なくされ入場料収入が見込めず、PCR検査やベンチの消毒などといった感染防止対策にかかる費用が膨らみ財政が悪化したとのこと。

夏の甲子園に繋がる地方大会主催の各県高野連も同様の理由でクラウドファンティングを実施していました。

野球に限った話ではありませんが、教育のために大会や試合を行う努力をして何が悪いのでしょうか?
特に産経新聞や夕刊フジで見られた"強行"という表現も不愉快。

産経新聞は今夏の豪雨での順延が増えたことやコロナによる辞退校が出たことに便乗し、「高校野球は開催ありきではならない」なんて記事を大会期間中に掲載していましたが、五輪こそ開催ありきで良かったのでしょうか?
筆者はそうは思いませんね。



もっと言えば新型コロナが世界的にまん延する中、国境を越える祭典、政治屋のレガシー為の祭典と化している東京五輪2020については開催ありきでしたよね?

東京五輪はアスリートから感染者が出ようが打ち切りの議論は全くなし。
そればかりか濃厚接触者の14日間を隔離ルールを特例で短縮して競技出場可とするなどまさにやりたい放題で、産経新聞ではそのことにはスルー。

高校野球の粗を探し批判しておきながら五輪の弊害やIOCの本性に何も突っ込まないのは、産経新聞社は政権忖度新聞社である何よりの証拠です。

二輪や四輪はダメでも五輪はOK?

二輪や四輪はダメでも五輪はOK?
トヨタ自動車の豊田社長の日本自動車工業会会長としての不満はごもっともです。

IMG_0698
(2021年9月17日:横浜市中区JR桜木町駅前にて撮影)





日本国内で自動車レースの大会中止が相次いでいます。
新型コロナの影響で、モータースポーツの外国人選手の入国ビザが下りないことが背景にあるようです。

筆者からすれば、F1などの自動車レースも五輪の犠牲です。

おさらいです。
今夏開催された東京五輪2020は濃厚接触者でも特例で出場可能としていました。



特例を認める理由として、通常のルール(14日間隔離)に従うと濃厚接触者になった選手が本番に間に合わない事例が生じる可能性があるからと丸川五輪相が7月16日、会見で平然と述べていました。

こういう解釈で平然と特例を押し通そうという姿勢はまさに金メダル級。
桁違いの傲慢さであり、一国の大臣であることが信じられません。
陽性者や濃厚接触者となり、本番に間に合わないなんてことは他の大会や催物も一緒。

大会開催可否や出場可否、辞退などについて判断するのはそれぞれの主催者や参加団体ですが、五輪や五輪関連だけは政府や五輪組織委員、東京都、IOCもおかまいなし。

濃厚接触者の隔離ルールすら平気で捻じ曲げて特例にすると言うのなら、緊急事態宣言やまん延等防止重点措置、それに伴う自粛要請など全く説得力はなく、我々庶民は応じる必要はありません。

あれもダメ、これもダメ。でも五輪関係だけはOKという政府の姿勢。
筆者はおうち時間もステイホーム五輪もお断り。
もう閉幕してしまいましたが、五輪は二度と誘致してもらいたくないですね。

優先すべきは命・・・

優先すべきは命・・・。
学校行事や部活動程度が危険で駄目だと言うのなら、五輪の学校連携観戦は中止にするべきでしたね。茨城県。

IMG_20210911_114110
(2021年9月11日:茨城新聞クロスアイにて)



大会を控えている中高生からすれば、全然説得力が無いでしょう。

部活や課外活動もダメ、修学旅行もダメと言われながら、何食わぬ顔で五輪が開催され、茨城県においては学校連携観戦も実施されました。

しかも会場にペットボトル飲料を持ちこむ場合は、大会公式スポンサーのコカ・コーラ社製のものとするよう、小学校側が児童の保護者に向けて要請していたことも発覚し、炎上したことも思い出されるところです。



政治屋やスポンサー企業への忖度しか感じられません。
平和の祭典ではなく政治屋のレガシーと金儲けのための五輪と言ってくれたほうが潔いですね。

少し話が逸れてしまいましたので元に戻します。

そもそも中高生からすれば新型コロナなど何人感染しようが所詮は風邪程度。
不治の病でも難病でもありません。

文科省は改めて各都道府県の教育委員会や教育機関、そして大会や催物の主催団体などへむやみに中止しないよう通達を出すべきです。

加えて、新型コロナの感染症法上の分類を変え、5類相当(季節性インフルエンザ程度)の扱いとするよう、厚労省に要請するべきでしょう。
感染症法上の分類を変更しない限り、自粛や中止要請などは永遠と続きます。

青森県のような無意味な緊急対策が行われたり、鳥取県のコロナクラスター発生なら晒し首!という条例が施行されてしまうのも、新型コロナをいつまでも新型インフルエンザ等感染症に分類している弊害であるとも言えます。




週末は健康のため#おそとで過ごそう

週末は健康のため#おそとで過ごそう!
おうち時間ではなく#おそと時間

IMG_0626

IMG_0625
(2021年9月7日:横浜市中区新港地区・女神橋付近にて撮影)

関東地方は9月に入り涼しい日々が続いています。
横浜市では最低気温が17度台まで下がる日もあり、朝夕は肌寒さを感じることもあります。

みなとみらい地区や新光地区周辺ではこの日もウォーキングやジョギング、体操などで汗を流したり、ボール遊びをしたり、日光を浴びてくつろいでいる方もいらっしゃいました。
最近は雨の日が多いので、筆者もこの日は歩きながら日光を浴び、いい汗をかくことが出来ました。

やはり"おそと時間"は心身の健康維持のため、必要必急です。
決して不要不急ではありません。

関東地方全域や関西三府県など、19都道府県では9月13日以降も新型コロナ陽性者急増に伴う緊急事態宣言が延長されるそうです。
勝手にすれば?と思うところですね。

昨年のGW期間前から宗教のように叫ばれた"ステイホーム"や"おうち時間"。

はっきり言いますがこういったものは運動不足や太陽光不足で生活習慣病の悪化。
免疫力の低下にもつながります。
新型コロナはもちろん、他のウイルスや細菌性の風邪にも罹りやすくなるだけです。
精神疾患を引き起こすリスクも高くなるでしょう。

そういえば今年は乳幼児に重症化リスクのあるRSウイルスが大流行しているそうです。
RSウイルスはワクチンや予防接種などはありません。
しかし、いくら感染者が増えても感染症法上の分類を変えて、まん延防止重点措置や緊急事態宣言の対象にしようという話もありません。

他にも季節性インフルエンザやアデノウイルのように重症化リスクがあり、ワクチンや特効薬のないウイルスも多く存在しますが、感染症法上の分類を変えようなんて言う話はありません、

いかにコロナ騒動が馬鹿げたことか、ということが分かりますね。
政府による五輪中止阻止のための空騒ぎから、選挙敗退阻止のための空騒ぎに変わりました。
コロナは政治、ということです。

さざ波以下の陽性者数で大騒ぎ?

さざ波以下の陽性者数で大騒ぎ?青森県の緊急対策。

IMG_20210907_200108
(2021年9月6日:ABA青森朝日放送配信記事にて)



IMG_20210907_200021
(2021年9月7日:ABA青森朝日放送配信記事にて)



新型コロナウイルスの陽性者増加に伴う青森県の緊急対策で、青森県内では9月中の中高生の部活動が禁止になっているとのこと。

現状のままでは青森県の学校だけコンクールや大会を辞退することになってしまうなど、大きな影響が出ているようです。

青森県庁や青森県の教育委員会は自己保身しか考えていないのでしょうか?

青森県教育庁の学校教育課の課長は「部活動の禁止は感染リスクを回避するために必要な対策であることを理解してほしい」などと述べているようです。

しかし殆どの中高生からすれば理解できないでしょう。
今夏、何食わぬ顔で五輪が強行された現実を見れば、「部活動や修学旅行はダメで五輪はOKなの?」と思うはずです。

文科省は青森県庁や青森県教育委員会などから事情を聞いて、むやみに大会や試合、課外活動を中止させないよう指導するべきですね。

そもそも中高生からすれば新型コロナなどただの風邪。
不治の病でも難病でもありません。

正しい知識に基づかないことで過剰反応を起こし、青森県のような無意味な緊急対策が行われたり、鳥取県のコロナクラスター発生なら晒し首!という条例が施行されてしまうのです。



新型コロナウイルスの感染症法上の分類を変更しない限り、こういったケースは永遠と続くでしょう。