しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

雑記

考えることは一緒?梅雨入り前のおそと時間

梅雨入り前の季節、貴重なおそと時間。
人間もカラスも考えることは一緒?です。



5月最後の週末。最近は雨が多かったですが、この日はようやく快晴。

IMG_8008

まさに #最高の土日 であります。

また、この時期にしては空気も澄んでいて、横浜・臨港パークからも対岸の千葉県房総半島がよく見えました。

臨港パーク付近では海を眺めながらのんびりくつろいだり、ウォーキングをされている方も多くいらっしゃいましたが、

IMG_7999

IMG_8001

IMG_8002

ハシブトガラスも木の枝の上や建物の上で日差しを浴びながらくつろいだり、ごはんを食べたりしていました。

せっかちで、バタバタしていることが多いカラス。
特にカラスは繁殖期後半の雛の巣立ちのため、忙しそうにイライラしているこの時期にしては珍しい光景のように感じます。

もしかしたら束の間の休みで、のんびり日差しを浴びながらごはんの確保や、我が子をどうやって一本立ちさせる。
また最近は不気味な地震も多いので、万が一の際にどう過ごすか、カラスなりに考えているのかもしれません。

週明けからは雨予報が続き、関東地方では2011年以来12年ぶりに5月中に梅雨入り宣言の可能性があると報じられています。
6月に入ると季節外れで台風2号が本州南岸を進み大きく影響して来るという予想もあるようです。

今回の週末は、梅雨入り前の貴重な晴れ間。
有効に使いたいものです。

(2023年5月27日:横浜市西区臨港パーク付近にて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

久々に川崎・武蔵小杉を散策

先週末、久々に川崎・武蔵小杉を訪れる機会がありました。
生まれてから30年以上神奈川県内に住んでいますが、横浜のお隣の市なのに普段意外と行かないものです。



正直、こんな施設や建物あったっけ?と思うことばかり。

IMG_7967

DSC_4331

IMG_7968

IMG_7969

複合商業施設グランツリー武蔵小杉。
2014年11月に開業し、およそ160店舗が入っているとのこと。
周囲には他にも高層ビルや建設中のタワーマンションなどが多く見られます。

DSC_4330

2022年度(令和4年度)、武蔵小杉駅がある中原区は区制50周年を迎えたとのこと。

昔から現在に至るまでの写真が掲示されていますが、武蔵小杉と言えば殺風景な工場地帯が広まっていたことを思い出します。
年月の経過は恐ろしいものです。

(2023年5月20日:川崎市中原区武蔵小杉駅周辺にて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

頴娃シーホーウォークを制覇

ブログネタ
【公式】"映えスポット"を教えて に参加中!
鹿児島・南九州市の頴娃地区にある"頴娃シーホーウォーク"を制覇。
本土最南端?の"映えスポット"でもあります。



番所鼻自然公園から釜蓋神社を結ぶウォーキングコース。
全長は2.5kmほどです。

18425063_1282725515179798_80237161532921609_n

18446757_1282725561846460_6891762151210203370_n

18447625_1282725595179790_5361076356500784458_n

18403587_1282725111846505_5352146827695963639_n

18485578_1282725075179842_4813066843830296338_n

18403741_1282725468513136_3422246208799731583_n

18423978_1282725365179813_1080441467241930889_n

18447388_1282725251846491_1089255953844166254_n

18423805_1282725205179829_5904383826429044737_n

18446919_1282725158513167_8298959066890004467_n

18447636_1282725035179846_8752760397111618296_n
(2017年5月14日:鹿児島県南九州市頴娃地区にて撮影)

快晴の日、海岸線から見える真っ青な東シナ海や開聞岳は非常に見ごたえがありました。

途中、足場が悪いところもあり何度か転びそうになりましたが、どうにか2.5kmを歩き切ることが出来ました。

いわゆる鹿児島県の"南薩"地区。
映えスポットや温泉など魅力がたくさんあります。
また機会を作って訪問したいところです。

【関連記事】










ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

子育ての真っただ中

カラスは子育ての真っただ中。
我が子が可愛いのは人間もカラスも同じです。



電信柱の上にマイホームを作ったハシボソガラス。

親ガラス(上)が子ガラス(下)を見守っている様子です。
ごはんを食べさせたり、あやしたり、外敵が来ないよう見張っています。

IMG_7952

IMG_7954

木の枝のマイホームに体の大半が隠れてしまっていますが、子ガラスが2羽いるのが分かります。

子ガラスもパット見では親ガラスと変わらない大きさですが、羽毛が揃っていなかったり、顔つきも幼いので、巣立ち直後のものであれば、よく見ると子ガラスであることが分かります。

IMG_7966

カラスのマイホームの先には日産スタジアムが見えます。
割と人通りの多い所ですが、電信柱の上となると我々人間は案外気付きにくいものです。

6月に入れば子ガラスも巣立ちの時期。

まず雛ガラスは巣から出て、枝に止まったり、自分で近くにある餌を食べる練習を始めます。

次に、ある程度の距離を飛べるようになるように親ガラスと練習。

そして、自分で餌を見つけて食べたりストック(貯食)したり、外で危険を回避できるよう練習します。

一定の時期になると親ガラスは可愛い我が子の独り立ちを促すのでしょう。
子ガラスを見放してしまいます。

カラスに限った話ではありませんが、産まれて数カ月で巣立ちし、独り立ちを求められる鳥の世界は厳しいものです。

(2023年5月20日:横浜市港北区JR小机駅内にて撮影)

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

東急ではなく"相鉄"横浜駅に乗り入れる東急車

"相鉄"横浜駅に乗り入れる東急車。
東急の横浜駅と錯覚してしまいそうです。



相鉄・東急直通線(新横浜線)の開業からまもなく2カ月。

DSC_4329

相鉄本線の海老名といずみ野線の湘南台から西谷の間を走る東急車はいつもの日常になりました。

東急車は西谷からは羽沢横浜国大方面、そしてその先の新横浜線(新横浜・新綱島方面)へ直通する運用が殆どですが、一部で相鉄本線の横浜駅に乗り入れる運用があります。

この運用は限られた数しかなく、筆者は試運転以外で"相鉄"横浜駅に乗り入れる東急車を自分の目で見たのは実は初めてでした。

相鉄は今春の東急直通線開業と2019年11月のJR直通線開業で様々な種類の電車が走るようになり、バラエティ豊かになった気がします。

(2023年5月14日:横浜市西区相鉄本線横浜駅内にて撮影)