しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

雑記

いつの間にか30年、そして・・・。

1994年(平成6年)のデビューからいつの間にか30年。
そして見る機会が減って来たJR東日本E217系。



長らく横須賀線・総武快速線の顔として活躍。

IMG_1966

IMG_1965
(2024年6月8日:横浜市神奈川区金港町付近にて撮影)

2020年から後継車両E235系の導入が始まり、E217系は横須賀線・総武快速線から引退する予定となっています。

あと何編成が残っているのか、完全引退がいつになるかまでは筆者は分かりませんが、感覚的にも最近はE235系の方が見る機会が多くなってきた気がします。
かなり置き換えが進んでいるのではないでしょうか。

筆者が子どもの頃、まだ横須賀線でいわゆる"スカ色"の113系がまだ走っていたのを覚えています。
E217系と混在していました。
その113系の後継として登場したE217系もさらに後継のE235系にバトンダッチする時期。
正直なところ年月の経過を感じずにはいられません。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

桜島火山の恵み?飲む温泉水を購入

早いもので今年も6月半ば。
昨日8日に気象庁から九州南部で梅雨入りの発表がありましたが、関東でも梅雨入りはそう遠くないでしょう。



この時期は高温多湿で疲れが溜まるもの。
暑い日の夕方はぬるい温泉が恋しくなるものですが・・・。

DSC_5230

IMG_20240608_202511

IMG_20240608_202455

購入したのは「天然アルカリ温泉水 財宝」500ml。

鹿児島・桜島の麓、垂水市の地下1000mから湧く天然のアルカリ温泉水。
非常に軟らかい、まろやかな水です。

鹿児島では街中に設置されている財宝の自動販売機で、1本80円で購入出来ます。

あらゆるものが値上がりし、自販機で販売されている500mlのペットボトル飲料は1本170円から180円が当たり前になってきた今、とても財布に優しい価格です。

常温の飲料水、また料理やお酒の水割りとして使う方もいらっしゃるようです。

飲む温泉水も雄大な自然、桜島火山がもたらしてくれた恵みであると感じます。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

梅雨入り前の #おそと時間

関東地方では6月に入り、平年並みか平年よりやや高い気温となっています。
ただ、今のところ極端な高温の日は殆どなく、今年は例年より過ごしやすいような気がします。



このブログでは定番、横浜うみそらデッキからの光景です。

IMG_1952

IMG_1953

この時期にしては空気が澄んでいて、横浜駅東口側ではベイブリッジよりも更に奥の海域の船舶、そして対岸の千葉県房総半島の姿も見えました。
上空には綿あめのような雲があり、まさに夏の空。

熱中症対策でこまめな水分や塩分補給、適切なクーラーの使用は当然。

一方、クーラーの効いた部屋でおうち時間、ステイホームばかりでは健康に悪いので、無理のない範囲で日差しを浴び、暑さに体を慣らしたり汗をかくことも大事です。

(2024年6月8日:横浜市西区JR横浜タワー12階うみそらデッキにて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

3羽でおそと時間

カワラバトのおそと時間。
親子か仲間内かは不明ですが、仲が良さそうな3羽でのんびり。



日差しを浴びながら何を思っているのでしょうか。

IMG_1873

IMG_1874

このブログではお馴染み、横浜・臨港パークの芝生広場付近からの光景です。

この場所は特に遊興施設などはありませんが、のんびり景色と自然を楽しむことが出来ます。
空気が澄んでいる日ですと、ベイブリッジよりも更に先の船舶や、千葉県・房総半島も見えます。

平日は特に空いており、お勧めのスポットです。

(2024年5月21日:横浜市西区高島臨港パーク付近にて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

カラスも暑さ対策?

早いもので5月も下旬。
関東地方でも夏日、あるいは所により真夏日を観測する地点もあり、暑さを感じることが多くなぉつて来ました。



来週の初めから関東地方では雨が続く予報で、梅雨入りも近そうですが、熱中症に注意しなければいけません。

IMG_1892

IMG_1895

IMG_1900
(2024年5月21日:横浜市西区高島・臨港パーク付近にて撮影)

普段、外を元気に飛び回っているハシブトガラスもこの日は暑さに堪えたのか、木の上の日陰でゆっくり過ごしていました。
カラスもカラスなりに熱中症にならないよう、色々暑さ対策を考えているのでしょう。

カラスの世界ではこの時期は繁殖期。
親ガラスも疲労やストレスが溜まっていそうです。

この時いたハシブトガラスは怒っている感じはしませんでしたが、雛の巣立ちの時期になる6月頃からはイライラし始め、上空から人を突然襲ってくることがあるので要注意です。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村