しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。

暮らし

昨年も降った想定外の大雪

昨年1月6日の天気予報は当初曇り40%。
仮に降水があり、雪となっても平地は舞う程度。



多い所でも降雪量は1cm程度の予想のはずだったのですが・・・。

IMG_2514

IMG_2504

IMG_2516

IMG_2517

このブログでよく登場するJR横浜タワー12階横浜うみそらデッキ付近の様子です。

粉雪が降りつけ、視界が非常に悪くなっています。
東口側は晴天で空気が澄んでいればと千葉県房総半島まで見えますが、この日はベイブリッジすら見えず。

西口側も西部山地どころか、数Km先すら見えませんでした。

そして、うみそらデッキでは芝生付近が雪で覆われ始めていました。

関東平野でまた繰り返された"想定外"の大雪。

一都三県の平野で積雪部となる機会は滅多にありません。
しかしその滅多に無い機会がやってきた場合、まとまって降ることがあります。

昨年1月6日は当日日中になり、予報ではなく実況と言っても良いくらい気象庁や地方気象台などから発表される予報や予想降雪量が小刻みに上方修正。
最終的には東京都や千葉県では大雪警報が発表されました。

気象庁や各地方気象台の発表によると昨年1月6日の最深積雪は、

東京都心10cm
横浜市8cm
つくば市8cm
水戸市7cm
千葉市7cm
さいたま市2cm

などとなっており、茨城県と一都三県が雪の影響を大きく受けました。
横浜では2020年3月29日以来の積雪。

雪国にお住まいの方やご出身の方には怒られてしまうかもしれませんが、一都三県の平地では積雪2~3cmでも本降りの雪。
仮に10cm前後となれば大雪で、インフラが麻痺してしまいます。

過去には3月末の桜満開宣言後に積雪したこともありました。
今週も10日頃、関東平野で雪の可能性が報じられていますが、しばらくは雪の情報に注意が必要です。

(2022年1月6日:横浜市西区JR横浜タワー12階うみそらデッキにて撮影)





ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

2月10日頃、関東平野でも雪か?

気象台やウェザーニュースなどによると2月7日と10日頃に南岸低気圧が通過。
後者は関東平野でも雪の可能性があるとのこと。



関東平野の雪は降ってみないと分からない面があります。

IMG_2546
(2022年1月6日:横浜市西区高島・臨港パーク付近にて撮影)

記事執筆時点で2月10日は一都三県で雨優勢予報ですが、曇り一時"雨か雪"という予報が出ています。

関東平野、特に南部(一都三県)の平野部は滅多に降雪する機会はそう多くありません。
積雪となると1年に1回あるかないか、多くても2回か3回ほどです。

しかしその数少ない機会が来ると、積雪10cmを超えるなど、まとまって降ることがあります。

低気圧のコースや気温の微妙な変化にも左右され、雪1本や雪優勢予報が出ていても空振りやチラつく程度か雨に終わったり、逆に雨1本か雨優勢、曇予報だったのに大雪になったこともありました。

このブログで何度か取り上げた今年1月6日の雪はまさに後者で、想定外の大雪でした。
写真もその時のものです。

【過去記事】


まだ当日まで4日あり、予報が変わる可能性も考えられますが、関東平野では少しでも積雪するとインフラが麻痺してしまいます。
今後の予報や当日の実況に注意したいところです。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

その瞬間は・・・、ある日突然?

その瞬間は・・・、ある日突然?
いつか起きるかもしれない?噴火や地震。



今年5月8日にコロナCOVID19が5類感染症へ移行される見込みですが、直ちに分類を5類か分類外とし、騒動を終わらせなければいけません。

IMG_1441
(2013年1月12日:静岡県上空にて)

ここ1年半くらいの間、ブログでも度々取り上げていますが、日本国内や南太平洋で不気味な大きめの地震や噴火が相次いでいます。

色々起きましたが、筆者としては日本でも津波のような海面変動が起きた昨年1月半ばのトンガ諸島の大規模噴火が記憶に強く残るところです。

あくまで週刊誌レベルですが・・・、首都直下地震や南海トラフ時巨大地震のほかに、富士山噴火の可能性を危惧する記事を多く目にする機会が多くなりました。

地震予知や〇〇の法則を信じているわけではありませんが、日本は災害大国。
自然災害による被災、明日は我が身でしょう。

本来なら何らかの災害が起きた場合、逃げ遅れる前に安全な避難所などに避難するのが当然です。

一方、5月8日より前のコロナ分類変更前に大地震や大噴火、大津波などが起きて避難が必要になった場合でも、"密"を避けるなどという理由で避難所の受入人数が制限されて、避難所に避難できないリスクが高まります。

つまり避難所難民があちらこちらにあふれ返る、ということです。

実際に2020年秋、長崎・五島列島を直撃した台風9号・10号でこのような事が起き、問題視されたのは記憶に残るところです。

マスコミは政府はマスク着用を巡る問題、最近は特に学校の卒業式にマスクを着用させる、させないということが話題となっていますが、これが話題になること自体、平時である証拠です。

マスコミはせっかく煽り報道を行うなら、上述のケースやリスクも是非、取り上げるべきでしょう。

避難指示が出ているのに安全な避難所に入れず、命に関わる事態になる。
馬鹿げた話ですが、今のままでは現実になります。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

横浜の"駅前温泉"で一風呂

この冬は厳しい寒さが続いています。
関東地方では凍える寒さに加え、真冬にしては珍しくスッキリ晴れない日が多くなっています。



凍える寒さの日はやはり温泉が恋しくなるもの。
この日は横浜の"駅前"に湧いている温泉で一風呂浴びてきました。

DSC_3833

DSC_3832

DSC_3829

DSC_3828

横浜市保土ヶ谷区の「天然温泉 満点の湯」様。
相鉄線上星川駅の南口の前にあり、相鉄ローゼンやスポーツジムなどが隣接しています。

駅前で、かつ横浜駅から相鉄線各駅停車で上星川駅まで10分くらい。
朝6時から深夜1時まで営業しているので、朝風呂に行ったり、夕方や夜の仕事帰りなどに一風呂浴びるのも良いでしょう。

お風呂の種類がたくさんありますが、露天風呂の岩風呂と寝湯、パルスマッサージ(電気浴と融合)で"天然温泉"が使われていますです。

天然温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。
別名「美人の湯」とも呼ばれています。
皮膚の表面を柔らかくする効果があるそうで、実際、肌がツルツルになります。

過去のブログで掲載した綱島やすすき野、そして宮前平の住宅街など、神奈川県東部の横浜市や川崎市にも意外と温泉があるものです。

DSC_3830

相鉄・東急直通線の開業まであと1カ月半ほどとなりました。
東急と直通し綱島(新綱島)まで1本で繋がれば、西谷以西の相鉄線沿線から過去の記事で紹介した「綱島温泉」へ行きやすくなりそうです。

(2023年2月2日:横浜市保土ヶ谷区上星川周辺にて撮影)

【関連記事】








ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ラジオの動作と備蓄用の水を点検!

1月29日夜、神奈川県大磯町の相模湾沿岸を震源とするマグニチュード4.8、最大震度3の地震が発生。
被災クラスではありませんが、普段地震が殆ど起きない地点での中規模クラスの地震。

それも夜の有感地震となると、ドキっとするものです。

DSC_3825
(画像はイメージです)

29日夜の地震の翌日、ラジオの動作と備蓄用の水を点検しました。
ひとまず問題はありません。

水を備蓄しておくことで、何らかの災害で断水状態に陥っても、数日間は凌ぐことが出来るはずです。

また現状、殆ど5類扱いのような状況ですが、万が一、新型コロナウイルス陽性となり、観察・療養期間終了まで外出不能となった場合も役立ちます。


次にラジオです。
写真のラジオは単3電池2本で動作する簡単なものです。

普段は野球放送を聴く時くらいしか使いませんが、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の時は重宝しました。

筆者宅では当時、ネット回線寸断まではしなかったものの通信が非常に不安定になり、停電でテレビも見られず、ラジオでひたすら情報収集していました。

災害で停電、ネット寸断。そんな時に役立つのはラジオです。
高額なものではなく簡単なもので構いません。
出来れば懐中電灯付きのものを用意しておいた方が良いでしょう。




現在はネット社会。
しかしこれは平時が前提であり、有事においてはインターネットなどのインフラが寸断され、何も出来なくなるという最悪のケースも考えておかなければなりません。

もっとも、他にも非常食や電池、風邪薬などなど、備蓄しておかなければならないものは数多くあります。

個人レベルでも、何も起きていないうちに災害時の備えを見直しておきたいところです。
自分の身を守る最後の砦では自分自身であります。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ