しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

地域情報

横浜・綱島に湧く泉質最高の黒湯温泉

2024年も5月半ば。
全国的に寒暖差が大きく、天候も不安定になっています。



この時期は特に寒暖差で疲れが溜まりやすいところですが、疲れた時こそ身近にある温泉でのんびり!

横浜・港北区の綱島に泉質最高の黒湯温泉が湧いています。

438164988_7456840011101620_2157877531252366079_n

438145880_7456767697775518_4170734151533749117_n

441950771_7456796534439301_7903920276747103818_n

横浜市港北区樽町にある綱島源泉湯けむりの庄様。
県道140号線沿いにあり、周囲は住宅街。

東急東横線綱島駅から徒歩18分。
2023年3月18日に新たに開業した東急新横浜線新綱島駅からは徒歩15分くらい。
横浜市営バス・川崎鶴見臨港バスの「樽野谷」バス停前にあります。

尚、綱島駅駐車場(新綱島駅の向かい)と湯けむりの庄様を結ぶシャトルバスも運行されています。

上述の通り、鉄道駅から徒歩15~18分と駅から歩けない距離ではありませんが、少し離れているので、シャトルバスを利用するのも良いでしょう。

JR・京急の鶴見駅と川崎駅からも路線バスでのアクセスが可能で、この場合は上述の「樽野谷」バス停が最寄りです。

温泉の色は黒褐色(黒に近い茶色)で、泉質はナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉のようです。
入浴すると肌がツルツルになり、疲れが抜けて体が軽くなります。

もちろんどの泉質が合うかはもちろん人それぞれですが、筆者には黒湯や黒褐色のナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉が合っているようです。

大浴場には多くの種類のお風呂がありますが、筆者は露天岩風呂と源泉かけ流し風呂、最近は炭酸琥珀湯、うたた寝湯にゆっくり浸かりながら過ごすのが好きです。

露天風呂の1つが生源泉かけ流し源泉風呂となっていて、これが非常に気持ち良いです。
夏の暑い時期だと加温なし、25~29度の生源泉風呂になっていることもあります。

綱島地区は東海道新幹線が開業する1960年代まで神奈川県を代表する温泉郷であり、一番多い時期で70~80軒の温泉旅館があったと言われています。

現在マンションが立ち並ぶ鶴見川沿い(大綱橋付近)にもかつては複数の温泉旅館が存在したようです。

筆者が生まれるはるか前の話であり、正直なところ全然イメージが湧きませんが、今でも地下深くには泉質最高の温泉がたくさん眠っているのでしょう。

(2024年5月9日:横浜市港北区樽町3丁目にて撮影)

【関連記事】








ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

横浜の新しい映えスポット

このブログで何度か取り上げた横浜市西区高島にあるKアリーナプロジェクト。
早いもので2023年9月30日の開業からおよそ半年が経ちました。



Kアリーナプロジェクトは「Kタワー」、「Kアリーナ」、そして「ヒルトン横浜」の3つの建物がセットになっています。

DSC_5238

DSC_5241

DSC_5243

3つの建物のうちKアリーナは9月29日に先行開業。
Kアリーナではライブが頻繁に行われています。

ライブ目的で訪れる方も多く、ミュージックテラス付近の広場には3つの飲食店の屋台も出ている時があります。
ライブ開催日はKアリーナ周辺も来場されている方で非常に混雑します。

写真を撮影した日は平日だったこともあってか特に催物は無く、写真のようにとても閑散としていました。

DSC_5239

Kアリーナのミュージックテラス駐輪場付近から撮影した東京湾の様子。
帷子川の河口付近と横浜臨港幹線道路、その先に東京湾とベイブリッジ。
更にその先には千葉県房総半島が見えました。
非常に空気が澄んでいる証拠です。

横浜の新しい映えスポットと言っても良いでしょう。

DSC_5240

DSC_5244

Kアリーナのミュージックテラスから眺めた高島水際線公園付近の様子。
公園でのんびりしたり、高島線(貨物線)を行き来する貨物列車を眺めることが出来ます。

DSC_5246

DSC_5247

横浜駅東口に高島水際線デッキの建設工事も進んでいました。

現状、Kアリーナでのライブ終了後、横浜駅へ向かう観客の大混雑(いわゆる"退場渋滞")が問題となっています。
Kアリーナから横浜駅まで徒歩10分の所が、1時間以上かかってしまうほどです。

横浜駅への新たなルートとなる「高島水際線デッキ」が開業して、少しでも混雑が緩和することを願うことにしましょう。

(2024年5月9日:横浜市西区高島・Kアリーナ付近にて撮影)

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

川崎でも雨風に負けず

川崎でも雨風に負けず。
まだ桜が見られます。



横浜では今月7日に桜満開が横浜地方気象台から発表。
しかし先週9日、午前中からお昼過ぎにかけて台風のような強雨。

IMG_1533

IMG_1538

せっかく満開になった桜が早々と散ってしまうことが心配されましたが、意外と粘っています。

記事執筆時点では今月17日頃に神奈川で雨予報が出ているようですので、予報を鵜呑みにすれば今日14日は今年最後の日曜日のお花見日和。

次の降雨予報の前日に当たる明後日16日頃までは桜を楽しむことが出来るかもしれません。

気温が平年より高くなり、最高気温25度以上の夏日予想となっている所もあるようですので、お花見などではこまめな水分補給を行い、熱中症予防に努めましょう。

(2024年4月13日:川崎市幸区堀川町付近にて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

大雨に耐えた桜

今月9日、関東地方では発達した低気圧の影響で大雨になりました。
花散らしの雨になってしまうかなと感じておりましたが・・・、



意外と大雨に耐えたようで、多くの桜が残っていました。

DSC_5172

DSC_5173
(2024年4月12日:横浜市旭区内にて撮影)

夜になり、街灯がともっています。
夜桜と街灯のセットが非常に奇麗でした。

毎年春の夜の光景ではありますが、嫌なことも全て忘れさせてくれるものです。
いつかは桜が散ってしまいますが、何だか勿体ないですね。



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

雨にも負けず風にも負けず

雨にも負けず風にも負けず。
横浜・臨港パーク付近の桜。



横浜では今月7日に桜満開の発表が横浜地方気象台から出ています。
しかし昨日9日は午前中からお昼過ぎにかけて台風襲来時のような強雨。

DSC_5163

午後も時折雨が降り、風も強かったので、せっかく満開になった桜が早々と散ってしまうことが心配されました。

DSC_5169

DSC_5167

実際には予想以上に桜が強雨に耐えてくれました。

昨日9日は多くの学校で入学式が行われたようですが、満開の桜の下で新しい生活を迎えられた方も多いのではないでしょうか。

桜はいつか完全に散ってしまいますが、毎年、勿体ないなと感じてしまうものです。

(2024年4月9日:横浜市西区高島臨港パーク付近にて撮影)



ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村