しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

地域情報

【臨時】津波注意報はすべて解除

気象庁は1月16日14時、国内に発表していた津波注意報をすべて解除しました。
現在は日本全国で津波予報(若干の海面変動)に切り替わっています。

IMG_20220116_184727

IMG_20220116_185027
(2022年1月16日14時:気象庁公式サイト津波情報より引用)

今後1日程度は若干(20cm未満)の海面変動が起きる可能性があるものの、津波による被害の心配は無し。
ただし海での作業や釣りなどを行う際は注意が必要とのことです。

トンガでは津波や火山灰などによる停電や通信網の寸断が発生し、被害の全容はまだ明らかになっていないようです。
今のネット社会では、通信網が寸断されてしまえば何も出来なくなってしまうことを表しています。

幸いなことに今回、日本では人的被害はありませんでした。
しかし今、日本で大地震や大噴火が起きたらどうなるのか。

津波や家屋の倒壊、火災などに巻き込まれるリスクは当然ですが、停電でキャッシュレス決済が不能となるリスク。
それから繰り返しになりますが、安全なはずの避難所に入れないリスクがあります。

新型コロナウイルスが新型インフルエンザ等感染症に指定されたままでは、「蜜を避ける」「ソーシャルディスタンスの確保」などという理由で避難所の受入人数が制限されるケース。

それから「濃厚接触者」という扱いで、避難所で門前払いされるケースが考えられるでしょう。

今回も防災気象情報で警戒レベル4以上となり、避難指示が出た自治体もありましたが、上述の理由で安全なはずの避難所に入れず犠牲になるケースが生じれば"人災"です。

5類相当へ分類変更すればすべて解決する話なのですが、あえてコロナ騒動を長引かせたい勢力が居るのでしょうか。

トンガ諸島の海底噴火は1000年に1度の規模、という見方も出てきているようです。
噴火や地震はいつ起きるか分かりません。



新型コロナウイルスのオミクロン株を利用した選挙のための空騒ぎを続けていたら、突然大地震が起きて、未曽有の事態に陥るということも、あり得ない話では無いでしょう。

日本では風邪程度に過ぎない新型コロナ感染と、地震や噴火。
どちらが命に関わるリスクが高いか。
もはや言うまでもありません。

【臨時】日本の広範囲に津波注意報発表中

1月15日に発生したトンガ諸島の海底火山噴火が原因による津波。
日本でも鹿児島県の奄美市小湊や岩手県久慈市で1mを超える津波が観測されています。

IMG_20220116_133034
(2022年1月16日:気象庁公式サイト津波情報より引用)

IMG_20220116_120911

IMG_20220116_121122
(2022年1月16日:NHKニュースより)

記事執筆時点(1月16日13時30分現在)では、一時鹿児島の奄美群島とトカラ列島、岩手県に発表されていた津波警報は解除されています。

しかし、日本の太平洋側を中心とした広範囲に津波注意報が発表されています。
また、津波予報(若干の海面変動)も含めると、日本全国で津波に関する情報が発表されていることになります。

IMG_20220116_121055

IMG_20220116_121020

今回は地震ではなく海底火山の噴火が原因の津波とのこと。

本当に「津波」と言えるのか、過去に経験のない未知の現象で、気象庁も困惑しているようですが、津波が押し寄せた沿岸では船が転覆したり沈没する被害も出ているようです。

津波であろうが別の現象であろうが、用心するに越したことはありません。

津波注意報が解除されるまでは海岸や川の河口付近には近づかず、最新の情報に留意し、安全最優先で過ごしましょう。

(2022.01.16.14:20追記)
日本国内に発表されていた津波注意報はすべて解除されました。

【臨時】津波警報・津波注意報発表!

前回の記事を投稿してから僅か9分後の0時15分、気象庁から津波警報・注意報が発表されました。

トンガ諸島の海底噴火が原因で日本の太平洋側に発表されていた津波予報(若干の海面変動)が津波警報・注意報となったものです。

海岸や川の河口付近には絶対に近づかないでください。
もしそういった場所にいらっしゃる方はただちに離れ、可能な限り高い所へ避難するなど厳重に警戒してください。

IMG_20220116_003459

IMG_20220116_004204
(2022年1月16日:NHKニュースにて)

IMG_20220116_003643
(2022年1月16日:気象庁公式サイト津波情報より引用)

鹿児島県の奄美群島・トカラ列島では津波予報が一気に津波警報となり、高さ3mと予想されています。

その他の場所でも、太平洋側各地に津波注意報が発表されており、記事執筆時点で北海道から奄美群島までの広い範囲で津波が観測されている模様です。

気象庁などから発表されている津波の観測値はあくまで観測所でのものです。
場所によっては観測値よりも更に高い津波が襲来していたり、これから襲来する可能性があります。

夜遅い時間ですが、常に最新の情報を入手し、安全最優先の行動を!

雪が降りしきる港ヨコハマ

2022年1月6日、雪が降りしきる港ヨコハマ。
14時過ぎになると雪の勢いが増して来ました。

IMG_2547

IMG_2537

このブログでよく登場する横浜・臨港パーク付近の様子です。
人通りのない芝生広場は真っ白です。

IMG_2545

雪がどんどん降りつけ視界が悪くなります。
数百メートル先のハンマーヘッドも何とか辛うじて見えるくらいという状態。

14時に中区山手にある横浜地方気象台と東京・北の丸公園の観測点で積雪1cmを観測。
当初の予想、多い所で平地1cmという積雪にもう到達してしまいました。

雪が弱まる気配も無く、この辺りから今回の雪は積雪1cm程度では済まないな、と感じるようになりました。

"想定外の大雪"の始まりであります。

(2022年1月6日:横浜市西区高島・横浜臨港パーク付近付近にて撮影)

雪景色のヨコハマ(2022.01.06)

雪景色のヨコハマ。
2022年1月6日、午後13時半前後の横浜駅東口付近の様子です。

IMG_2522

IMG_2520

IMG_2523

当日は朝まで、関東南部では雪が降ってもチラつく程度、多い所でも積雪1cm程度という予想。

この時間から雪が本降りとなり、地上でも橋の手すりや樹木、芝生、停車中の自動車のフロントガラスなどが白くなり始めます。

IMG_2524

IMG_2526

IMG_2525

横浜駅東口の傍にある日産グローバル本社ギャラリーの展示車両もフロントガラスや天井が白くなり始めていました。

またどこを向いても白い雪のせいで非常に視界が悪くなっていることが写真でお分かりいただけるかと思います。

それでもまだ、小さな粉雪なら交通マヒが起きるほどの雪にはならないだろう、というのが筆者の勘でした。

しかしその勘は外れることになります。

(2022年1月6日:横浜市西区横浜駅東口・日産グローバル本社ギャラリー周辺にて撮影)