しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。

独り言

一都10県でマンボウ?

一都10県でマンボウ?
あっ、そうですか、勝手にすれば。

IMG_20220117_201800
(2022年1月17日:共同通信配信記事にて)



昨夏、緊急事態宣言を発出し、庶民には夏の帰省や旅行を控えるよう呼び掛けておきながら、五輪を返上するそぶりすら見せず。

また、五輪後のIOCバッハ会長の銀座散策も「不要不急かどうかは本人が判断するもの」と政府はスルーしていました。



今更マンボウや緊急事態宣言が発出されようが、全く根拠が感じられません。

昨夏は「おうちで五輪」、「ステイホーム五輪」なんて言葉も出てきました。
入国後の隔離ルールや濃厚接触者の待機期間も特例で短縮したり大会出場可とするなどやりたい放題だったことが思い出されるところです。

あれもダメ!これもダメ!でも五輪なら何でもあり!
22年冬の北京五輪を控えた中国が今、そんな感じですね。
中国の「ゼロコロナ」政策、庶民からすれば迷惑そのものでしょうし、迷惑五輪と思われているでしょう。



話を戻します。
そもそも「ゼロリスク」とか「ゼロコロナ」自体があり得ない話。

特に日本においては不治の病や難病ではなく風邪、インフルエンザ程度です。
今、都道府県の首長が政府に要請しなければいけないのは、マンボウや緊急事態宣言の発出ではなく、新型コロナの分類見直し要請です。

新型インフルエンザ等感染症から、5類相当の感染症に分類を変更すればコロナ騒動は簡単に収束します。



5類にすれば専用の病床や隔離施設を設置する根拠や、保健所による全数調査や発生源、濃厚接触者の特定や追跡、隔離などを行う根拠が無くなります。

そうなれば医療資源の逼迫や保健所のコロナ対応の負荷、エッセンシャルワーカーの出勤不能によるインフラ麻痺といった問題は解決するはずです。

しつこいようですが、何度でも言います。
コロナを5類にすればすべて解決。
マンボウも緊急事態宣言も必要ありません。

いつか起きるかもしれない?噴火や地震

いつか起きるかもしれない?噴火や地震。
しかし今、大きな災害が起きても安全な場所に避難できない懸念があります。

早急に新型コロナウイルスを5類扱いとし、騒動を終わらせなければいけません。

IMG_20220110_234718
(2022年1月10日:AERAdot.配信記事にて)



最近、首都直下地震や南海トラフ時巨大地震のほかに、富士山噴火の可能性を危惧する記事を週刊誌レベルですが多く目にするようになりました。

日本は言うまでもなく災害大国。
自然災害による被災、明日は我が身でしょう。

本来なら何らかの災害が起きた場合、身に危険が迫る前(逃げ遅れる前)に安全な避難所などに避難するのが当然です。

一方、新型コロナ騒動が収まらない場合、"密"を避けるなどという理由で避難所の受入人数が制限されて、避難所に避難できないリスクが高まります。

実際に2020年秋、長崎・五島列島を直撃した台風9号・10号でこのような事が起き、問題視されたのは記憶に残るところです。

1月9日から沖縄・山口・広島の3県でまん延防止等重点措置が適用されました。

同31日までの予定となっていますが、恐らくズルズルと延長され、適用範囲が拡大したり、緊急事態宣言に格上げされる可能性もあります。

案の定、飲食店いじめや米軍バッシング。
そして我慢や自粛を美徳とするような報道や無料のPCR検査場に行列が出来ている映像の放映が始まりました。

マスコミはせっかく煽り報道を行うなら、上述のケースやリスクも是非、取り上げるべきですね。

避難指示が出ているのに安全な避難所に入れず、命に関わる事態になる。
馬鹿げた話ですが、今のままでは現実になってしまいます。

【関連記事】

昨年末から相次ぐ不気味な地震

正月明け早々、小笠原諸島で強い地震です。

日本各地で昨年末から相次ぐ不気味な地震。
一体、日本列島付近の地下で何が起こっているのでしょうか。

IMG_20220104_203554
(2022年1月4日:気象庁公式ホームページ地震情報より引用)

この地震は1月4日朝6時9分頃発生。
震源は父島近海で地震の規模を示すマグニチュードは6.3。
最大震度5強を母島で観測、父島でも震度4を観測しています。

この地震による津波の発生はありませんでした。

前日の1月3日には東シナ海の台湾と沖縄与那国島の境界付近でM6.3の地震が発生。
八重山諸島で震度1~2を観測しています。

地震はいつどこで起きるか分かりません。
今夜、もしくは明日にでも被災者となってしまう可能性があります。

1月4日夜、この日の新型コロナウイルスの陽性者が沖縄225人、東京151人、大阪124人、広島109人などと発表されました。

第6派として予想通り殆どのメディアが煽り報道を始めましたが、不治の病や難病ではなく風邪の一種。
過度に恐れる必要はありません。

むしろ今懸念されるのは、新型コロナウイルスが新型インフルエンザ等感染症に指定されたまま大地震や大津波が襲来したらどうなるのか?ということです。

"密を避ける"という理由で避難所の受入人数が制限され、避難指示が出ているのに安全な場所に避難できないケースが続出するでしょう。

実際、長崎・五島列島を直撃した2020年台風9号・10号で実際にこのような事例が起き、問題視されたことは記憶に新しいところです。

当然、安全な場所に避難できなければ命に関わります。

もし大地震が発生したその地域で新型コロナ陽性者が急激に増え、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言が発出されていた場合、より深刻な事態を招きそうです。

メディアの皆様はせっかく煽り報道を行うなら、こういったケースやリスクも是非取り上げて頂きたいものです。

令和も4年目に

2021年が終わり、2022年を迎えました。
令和も早いもので4年目に突入です。

IMG_20220101_225151

長引く新型コロナ騒動。
昨年と一昨年は新型コロナ関連や東京五輪関連で厳しい内容の記事が多くなりました。
東京五輪は終わりましたが、新型コロナ騒動は今も続いています。

筆者の新型コロナや五輪に対する考え方は過去の記事をご覧になればお分かりいただけるかと思いますが、大きな刺激は要りません。
平穏な日常で十分です。

2022年は2019年以前の日常、生活様式を取り戻そう!

乱文となってしまい恐縮ですが、本年もよろしくお願いいたします。
読者の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2022年(令和4年)元旦

帰省が楽しみだった頃

2021年も今日大晦日を残すのみとなりました。

今回の年末年始は長引くコロナ騒動の中、特に"帰省"を心待ちにしていた方は多いのではないでしょうか。

2021.12.31
(2010年9月20日:東京都千代田区・JR東京駅20番ホームにて撮影)

写真は一昔前の古めのものですが、イメージです。

筆者は現在、長期休みなどに帰省することはありませんが、子どもの頃は夏休みと冬休み、祖父が住む田舎に家族で帰省していました。

国内では今週28日(火)頃から帰省ラッシュが始まりました。

新幹線ホームや空港、高速道路が混雑している光景がニュース映像などで流れているところを見ると、当時、帰省が楽しみだった頃のことを思い出すものです。
写真の200系新幹線に乗るのも楽しみでした。

今回の年末年始は強い寒波が日本に襲来し、大雪や低温の予報が出ています。

年末年始に帰省先や行楽地などで過ごされる方、地元でゆっくりされる方、曜日関係なくお仕事の方もいらっしゃるかと思いますが、ご安全にお過ごし下さい。

2022年(令和4年)がこのブログの読者の皆様にとり、良き1年になることを祈念いたします。