しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、時事問題などをぼやく。

独り言

独り立ちへ少しずつ・・・

ハシブトガラスの雛、独り立ちへ少しずつ・・・。
繁殖期も終盤となり、今は雛の独り立ちへの訓練の時期であります。



日本全国各地で見られるハシブトガラス。

IMG_4643

IMG_4649

IMG_4647

厄介者扱いされることも多いですが、雛は表情をよく見ると結構かわいいかも?

パット見では成鳥と変わりませんが、羽毛が揃っておらず、嘴もまだ赤っぽく、目つきもまだ成鳥のような鋭さが無く、逆に幼さを感じられます。

IMG_4642

IMG_4648

この個体が止まっている手すりのすぐ傍には木があり、その木の上に向かって大きな鳴き声を発していました。
目を木の上に向けてみると・・・、

IMG_4636

木の上に巣があり、もう1羽、ハシブトガラスの雛がいました。
兄弟の個体に、早く巣から出て、飛んで下に降りてこいと叫んでいたのでしょうか。

巣立ちの時期、雛ガラスはまず巣から出て、ある程度の距離を飛べるようになることが課題。

その次に自分で餌を見つけて食べたりストック(貯食)したり、外で危険を回避出来るようになることが課題となります。

課題の克服にかかる時間は雛それぞれであり、すぐに出来るようになる雛も居れば、時間がかかる雛も居るようです。

人間で言えば、子どもが自転車に乗る練習をして、すぐに乗れるようになる子と時間がかかる子の両方が居るのと同じです。

IMG_4646

ハシブトガラスの親鳥が建物の隙間から、雛2羽を発破をかけながら見守っていました。

親鳥からすれば今も巣から出られない1羽の雛や、もう1羽の外をとりあえず飛べている雛もまだまだ飛ぶスピードが遅く親鳥についていけなかったりして、今後が心配なのでしょう。

我々人間は見守るしかありませんが、産まれて数カ月で巣立ちし、自助を求められる鳥の世界は非常に厳しいものであることを実感します。

(2022年7月3日:宮城県仙台市青葉区仙台駅西口周辺の歩道にて)

※この写真は安全を確保したうえで撮影しています。
(我々人間が雛と気付かず近付いてしまうことで、親鳥に襲撃されケガを負う事例が毎年この時期に発生しています。注意が必要です。)

au通信障害で社会が大混乱

7月2日未明から発生しているKDDI(au)の通信障害で社会が大混乱。
記事執筆時点で復旧工事は終えたものの、完全復旧の見通しは立っていないようです。



(※2022年7月5日追記)
最初のトラブル発生から約86時間後の7月5日15時半過ぎ、KDDIが完全復旧を発表しました。

auや格安ブランドのUQモバイル、楽天モバイル、その他KDDIの通信回線を利用する他社回線で通信不能となったり、通信しづらくなる状態に。

筆者所有のauスマートフォンも障害が起きた2日は圏外→復活→圏外→復活を繰り返していました。

スマートフォン以外にも物流や自動車、銀行などといった、1日の生活に欠かせない分野にも支障が出ています。

IMG_4560
(2022年7月2日:宮城県石巻市門脇4丁目・門脇小学校跡地の石巻市震災遺構にて撮影)

当然ですが今回の騒動で利用客からはKDDIへの怒りの声や、利用客・回線利用事業者などへの損害賠償、そして総務省からの厳しい行政処分といった声が聞かれます。

今や我々の日常生活やビジネスにインターネットは欠かせないもの。
社会からKDDIに対し厳しい目を向けられるのは止むを得ません。

しかし今回の混乱は、万が一の際の良い訓練になったのではないか?と考えることも出来ます。

こんなことを書いたら怒る方もいらっしゃるかもしれませんが、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。

停電により通信が途絶えたり、復旧したと思ってもインターネットが非常に繋がりにくかったりして、情報収集に非常に苦労したことを思い出します。

あれから11年が経過しましたが、日に日にIT化や電子化が進んでいます。
今はインターネットが無ければ何も出来ない時代です。

例えば今、筆者も当たり前のように使うようになったスマートフォンのQRコード決済(〇〇Pay)も東日本大震災当時は存在しません。

また、コロナ騒動がきっかけで一気に導入が進んだテレワーク、リモートというものも、その概念自体がありませんでした。

当時よりもITや通信のレベルが上がった中、懸念されている南海トラフ地震であったり、その他想定されていないところで突然大地震が起きて停電し、通信が寸断されたらどうなるか?

その瞬間、そしてその後に耐えられるかどうかが、今、試されています。

特に今、何でもスマートフォンやオンライン、リモートで済まそうとする風潮がありますが、アナログ的な方法も残しておかなければいけないのではないか。
筆者はそのように考えます。

暑い夏こそ真冬を思い出そう!

東北北部以外で梅雨明け後、日本列島各地で連日繰り返される災害級の暑さ。
こんな時こそ"真冬"を思い出してみることにしましょう。



災害級の暑さが続くくらいなら、いっそのこと氷点下の方がマシ?
筆者はそんな気がしてなりません。

IMG_2567

IMG_2568
(2022年1月6日:横浜市中区山下公園にて撮影)

写真は今年の年明けに横浜で降雪した時のものです。
この日の最高気温は3.1度で最深積雪は8cmでした。

日中に降雪が始まり、積雪状態となった時の気温は氷点下。
関東南部平野では極めて珍しい、氷点下降雪、そして粉雪となりました。

この降雪後もしばらく手足がかじかむような寒さが続き、早く夏にならないかな?と感じてしまいましたが、ここ連日の災害級の猛さとなると、この日の氷点下の寒さが恋しく?なってしまうものです。

毎日、天気予報で日本のどこかしらで予想最高気温が39度とか40度などと言う数字が聞かれるようになりましたが、本来は25度で夏日、30度で真夏日。

最高気温30度でも危険ですので、当面の間は各地で熱中症への備えが必要です。





災害級の暑さ続く

日本列島では東北北部以外、記録的に早い梅雨明けが気象庁から発表済。
梅雨明け後は災害級の暑さが続いています。



各地で新型コロナの陽性者が増え始めているという報道もありますが、風邪を引くよりも熱中症の方がよほど危険。

熱中症予防の方が優先度は高いことは言うまでもありません。



未だにマスクを外す、外さないなどと言う論争がありますが、非常に馬鹿げています。


真夏のマスクは「ダメ。ゼッタイ。」
こう言っても過言ではありません。

DSC_3240

DSC_3238

DSC_3237


筆者は昨日6月30日の日中、所用で東京都港区芝地区を訪れていました。
照り付ける日差しは暑さを通り越し、痛みさえ覚えるほど。

同日の最高気温は東京都心で36.4度、横浜で36.1度を観測。
6月に東京都心で観測された最高気温としては最も高いそうです。

DSC_3236

オフィス街で熱気に包まれる芝地区ですが、ミスト噴射が設置されていたので一休み。
少し涼しさを感じることが出来ました。

この後も厳しい暑さが続く予想となっているようですので、熱中症には厳重警戒です。

(2022年6月30日:東京都港区芝地区にて撮影)

いつもより暗い?横浜駅中央通路

いつもより暗い?横浜駅中央通路。
節電要請の影響が身近な所にも。



平日日中の横浜駅中央通路の様子です。
写真をご覧になるとお分かり頂けるかと思いますが、照明の多くが消されていました。

DSC_3242

少し暗さを感じましたが、逆に光でチカチカするよりは普段からこれくらいの方が良いかも?しれません。

DSC_3240

指定席券売機も一部が使用停止となっていました。

今はオール電化、キャッシュレス、テレワーク、リモートなど電気使用が前提。
自動車も今は電気自動車を普及させる動きがあります。

便利な反面、台風襲来や大地震が発生して電気が使えなくなれば何も出来なくなってしまいます。

特に日本は災害大国であり、特にこれからは台風のシーズンを迎えます。

機会化、電子化が進んだ中、大きな災害が起きて耐えられるか?それが今、試されているのかもしれません。

(2022年6月27日:横浜市西区JR横浜駅中央通路にて撮影)