しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民。 日々の気付きや出来事、訪問記、神奈川暮らし、時事問題などをぼやく。 神奈川の映えスポットやグルメなども時折掲載。

独り言

西九州新幹線開業から1年

2022年9月23日に西九州新幹線の長崎~武雄温泉間が部分開業。
早いもので開業から今日で1年となりました。



新幹線の開業で、武雄温泉駅で対面乗換という形ですが、長崎~博多間が最短で1時間20分で結ばれるようになりました。
新幹線開業前は在来線特急利用で所要時間が約2時間であったと記憶しています。

IMG_5776

IMG_5775

IMG_5781

IMG_5783

新幹線について現在も賛否があるのは承知しています。

長崎~博多間の所要時間の30分ほどの短縮。
そして途中の嬉野温泉(佐賀県嬉野市)に鉄路でもアクセス可能となったのは便利と感じています。
長崎からは新幹線1本で24分ほどで嬉野温泉まで行けるようになったのは大きいですね。

嬉野温泉は新幹線開業前まで公共交通で行くとなると長崎・博多の両側から高速バスか、武雄温泉駅か肥前鹿島駅から路線バスを利用するしか方法がありませんでした。

一方、対面乗り換え出来るとはいえ、長崎~博多間を鉄路で移動するのに武雄温泉で乗り換えが必要になった(1本で移動できなくなった)のは、正直なところ不便と感じる方も多いでしょう。

特に博多からの在来線の特急が武雄温泉止まりとなり、かつ料金が値上げされ、乗換が必要になったことをきっかけに、車や高速バスに乗り換えた方もいらっしゃると思います。

厳しいことを書きますが、一利用者としてはどんな形であれ、乗り換えなしで長崎~武雄温泉~新鳥栖(博多)を往来できるようにならないとメリットは減ってしまいます。

九州は高速バスが非常に充実しています。

福岡(博多)~長崎間であれば、スーパーノンストップの九州号を使えば2時間半くらいで移動可能です。
筆者も九州訪問時は高速バスで移動することが多いです。
車窓からの景色を楽しんだり、車内で仮眠していれば目的地まであっという間です。

現在のように中途半端な状態が続けば続くほど、他の移動手段に利用客が流れてしまうことが考えられます。

もっとも今更後戻りは出来ないので、一日も早く武雄温泉駅~新鳥栖駅~博多駅間と新幹線の線路が繋がること。
長崎~博多間を乗り換えなしで移動できる日が来ることを祈るしかありません。

(写真1・2枚目は2022年10月18日:佐賀県武雄市JR武雄温泉駅にて撮影)
(写真3・4枚目は2022年10月18日:佐賀県嬉野市JR嬉野温泉駅にて撮影)

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

いすみ鉄道の全線復旧長期化か?

千葉県の大原~上総中野間を結ぶいすみ鉄道、全線復旧長期化か?
今月8日の台風13号接近による記録的豪雨で被災。



線路わきの土手崩落や、線路下の砂利流出など大きな被害。

IMG_3464


IMG_3462
(2011年7月17日:千葉県夷隅郡大多喜町・いすみ鉄道大多喜駅にて撮影)

写真はおよそ一昔前、いすみ鉄道に初めて乗車した時のものです。

当時は大多喜から上総中野まで出て、そこから小湊鉄道に乗り換えて五井まで出た記憶があります。

記事執筆時点では大原~大多喜間は運転を再開しているものの、残る大多喜~上総中野間は運転再開の目処が立っていないようです。

一度台風や大地震などで被災すると、復旧までに気が遠くなるような時間がかかってしまいます。
地方のローカル線などですと、何かの災害をきっかけにそのまま廃止になることも珍しくありません。

2019年10月の台風19号(令和元年東日本台風)襲来時は箱根登山鉄道が被災。
記録的な豪雨で箱根湯本~強羅間で橋梁や道床の流出が起き、長期間不通。
2020年7月23日の全線復旧まで9カ月かかりました。

いすみ鉄道は一部報道で不通区間の年内の運転再開を目指すと言う内容もありましたが、復旧作業の妨げとなるような再度の台風襲来や地震などの災害が起きないことを祈るしかありません。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

18年ぶりの"アレ"までマジック1

プロ野球セ・リーグは9月13日終了時点で阪神がマジック1。
"アレ"という言葉が流行っていますが、18年ぶりの優勝が目前です。



先日、高知を訪れた時に土佐くろしお鉄道の阪神タイガースラッピング車両に乗車する機会がありました。

IMG_8708

IMG_8710

IMG_8715

tosa

DSC_4622

DSC_4623
(2023年9月5日:高知県内にて撮影)

車内にも阪神のラッピングがされていて、過去の安芸キャンプの写真が掲示されていました。

阪神タイガースは記事執筆時点で、秋のキャンプが高知県安芸市の安芸市民球場で実施されています。
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の「球場前駅」が最寄りです。

以前は春のキャンプも1軍2軍共に同球場で実施されていました。
誰もが知る関西の球団ですが、四国・高知にも強いゆかりがあります。

阪神は2014年に2位からCSを勝ち上がり、日本シリーズに進出していますが、優勝したのはまだ両リーグでのCSが無かった2005年(※)が最後。
二昔近く前のことなので、当時からの阪神ファンの方々は特に歓喜の瞬間が待ち遠しいでしょう。

※パ・リーグでは2004年から2006年まで現在のCSに繋がるプレーオフが行われていて、勝ち抜いた球団がリーグ優勝→日本シリーズ進出というルールでした。

今日14日にも阪神の優勝が決まるのでしょうか。
ただ正直なところ今年のセ・リーグが1強5弱となってしまったのは・・・。

(2023.09.14:追記)
阪神タイガースが9月14日、18年ぶりのリーグ優勝を達成。
おめでとうございます。

【関連記事】




ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

二度あることは三度ある?日本は地震常襲国

先週8日から鹿児島・トカラ列島近海を震源とする地震が相次いでいます。
記事執筆時点では被災クラスの大きな地震は起きていませんが・・・。



やはり2日間で200回を超える有感地震が起きるのは不気味です。

IMG_8753
(2023年9月5日:高知県室戸市室戸岬町・丸山海岸にて撮影)

高知・室戸の映えスポット、室戸阿南海岸国定公園の丸山海岸から眺めた土佐湾。
南西諸島にも負けないであろう真っ青な海が目の前に広がっており、まさに絶景です。

絶景に見とれてしまう所ですが、海ということで津波発生のリスクも無論あります。
岸壁には丸山海岸からの津波緊急避難場所と方角が記されています。

また道路を挟んで向かい側には室戸世界ジオパークセンターがあり、今後発生が危惧されている南海トラフ地震に関する資料や地震津波総合観測システムなどを見学することが出来ます。

海や海の近くにいて地震の強い揺れを感じたり、陸地から離れた海域での大地震により大津波警報や津波警報が発出された場合は、直ちに避難することが必要です。

さて、つい最近、日本国内のおよそ100年の歴史を辿ってみました。

日本国内では今年5月8日、ようやくコロナCOVID19が季節性インフルエンザと同様の5類感染症に分類変更。
これにより3年以上続いたコロナ騒動に1つの節目を迎えました。

今から105年前の1918年のスペイン風邪のパンデミックが起き、その5年後の1923年に関東大震災が発生し190万人が被災。

10万5,000人が死亡(死者の殆どは東京と神奈川)、もしくは行方不明になったと推定されているそうです。

次にこちらは比較的記憶に新しいところですが、2009年の新型インフルエンザ騒動。
メキシコ起源の新型インフルエンザH1N1のパンデミックが起きました。

日本国内では同年5月に初の感染者が確認されましたが、こちらは後に強毒性で致死率の高いウイルスでないことが分かり、日本国内では6月に厚労省が全数調査の取りやめを発表。

かなり早い段階で季節性インフルエンザなどと同様の対応となったため、ここ3年のコロナ騒動のような大きな混乱は起きませんでした。

この2年後の2011年、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きています。
2万人近い方が犠牲、もしくは行方不明に。
日本国内では第2次世界大戦後最悪の自然災害となってしまいました。

そして2020年初春から始まった新型コロナ騒動。

もちろん煽るつもりは全くありませんが、感染症パンデミック後の大地震。
「二度あることは三度ある?」ということわざが頭に浮かんでしまいます。

もちろん、災害が起きないことがベストですが、日本に住んでいる以上、どこでも大地震や大津波で被災するリスクは避けられず、地震常襲国であることを忘れてはなりません。

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ

高知・室戸の映えスポット

ブログネタ
【公式】"映えスポット"を教えて に参加中!
高知県の東部、室戸市の映えスポット。
目の前には真っ青な海が広がっていました。



絶景観光地として定番の室戸岬からもう少し足を延ばして、丸山海岸まで。
まさに絶景であります。

IMG_8733

IMG_8737

IMG_8738

IMG_8735
(2023年9月5日:高知県室戸市室戸岬町・丸山海岸にて撮影)

室戸の絶景スポットと言えば室戸岬がまず頭に浮かびますが、室戸岬から国道55号線を東洋町・徳島県海陽町方面に車か路線バスで10分ほど進むと、丸山海岸に到達します。
道路挟んで向かい側には室戸世界ジオパークセンターがあり、これが目印です。

写真2枚目3枚目は南~南西方向ですが、海のはるか向こうに入道雲が連なっているのが見えたものの、かなり沖合まで快晴だったようで、透き通るような真っ青の海でした。

個人的には、過去に何度か訪問した宮崎県の国道220号線から眺められる真っ青な日向灘と似た光景に似ているような気がします。

写真4枚目は東方向ですが、こちらは当日、東日本に接近中だった台風13号の影響か、積乱雲のようなものが多く見られました。
それでも割と空気が澄んでいたのか、海の向こうにはうっすらと陸地も見えました。
恐らく紀伊半島だと思われます。

正直なところ、室戸地区は交通の便が良くありませんが、その分混雑や騒音とは全く無縁なところです。

たまには都市部の喧騒を忘れ、南西諸島に負けないであろう真っ青で奇麗な海に癒されてみては如何でしょうか。

【関連記事】






ブロトピ:ブログ更新のお知らせ